2015.05.19 Tuesday

勧善懲悪のない、大魔神。「荒神」 宮部 みゆき

宮部みゆきさんの「荒神」読了。いや、すさまじい話でした…。時代物、ホラー、ミステリ、ヒューマンドラマが、相反することなく見事に交わり、壮大な物語が織り上げられた感じです。例えるなら、勧善懲悪のない「大魔神」かな。

荒神
荒神
posted with amazlet at 15.05.18
宮部みゆき 朝日新聞出版 (2014-08-20)売り上げランキング: 8,713



荒神 あらすじ


享保の頃、東北のある地方。小平良山の麓の仁谷村で、村民が襲われ、生き残ったものも隣の永津野藩へ逃げ込むという事件が起きる。永津野は香山の主筋にあたるが、香山の民を狩り、非道を行っていた。そんな永津野へ村民が逃げるのは、どれほどの理由があったのか。

香山藩の若君暗殺の疑いをかけられ、城下を追われた元小姓・直弥は、原因究明のため、小平良山へ向かう。

一方、永津野藩で鬼と恐れられる曽谷弾正の妹・朱音は、養蚕振興のため、国境の名賀村へ移り住んでいた。兄と違い、心優しい朱音は、ある時、怪我をした子供を拾う。実はその子供は、隣の香山藩の子供・蓑吉だった…。


勧善懲悪のない、「大魔神」のような物語


村を襲った化け物のは「何」なのか、若君の暗殺、間者の暗躍…。香山、永津野、両側の視点から交互に描かれていき、物語の後半、個々に展開していた物語が一気に交わり、最後まで息もつかせぬ展開になっていきました。


「荒神」を「大魔神」みたいだな、と思ったのは、圧政に耐え忍んでいた人々が「人外」の力を頼む。結果、荒ぶる神は、敵も味方もなく暴れて手が付けられなくなり、美しい娘の、清い心によって怒りを鎮める。「荒神」も、大筋だけだと「大魔神」と似ているのですが、そこは宮部みゆきさんですから、いろいろな人の思い、いいものも悪いものも、全てを含めた、深い深い物語になっています。

孤宿の人」を読んだ時も思ったけれど、ちかごろの宮部みゆきさんの時代物は、こういっちゃなんだが「情け容赦がない。」なあ。


ちなみに、大魔神はこちら。おっかないんですよ…。

大魔神  デジタル・リマスター版 [DVD]
角川映画 (2010-07-23)売り上げランキング: 37,760



人の業


「荒神」は、敵対する香山と永津野、両方の住民の視点から描き、そこへ蓑吉という香山側の少年が、敵側の永津野に投げ込まれることで、双方の言い分や立場が見え始めます。

お互いに憎みあってはいるけれど、どちらの村人も、思いやりのある人々なんです。それが差別や偏見、圧政によって歪んでしまう。強大な力の前には、協力しあってことにあたればいいのに、そんな理想論は起こらず、曽谷弾正に至っては、己の野望のために怪物までをも利用しようとする。

そんな、圧倒的な力の中でも、屈することなく、小さな勇気と、知恵を絞りながら抵抗する人々もいます。
恐ろしく強大な絶望のあとには、残された希望はほんの一握り。それでも、それでも、前を向いていくしかない。

切なく、悲しい話でした。


朝日新聞連載中に描かれた、こうの史代さんの挿絵が本になった「荒神絵巻」こういうのは嬉しいですねえ。
連載中の挿絵って、本になってもみたいですもの。

荒神絵巻
荒神絵巻
posted with amazlet at 15.05.18
こうの史代 宮部みゆき 朝日新聞出版 (2014-08-20)売り上げランキング: 119,583


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.05.14 Thursday

江戸情緒。 [映画] 百日紅〜Miss HOKUSAI〜

江戸文化研究家、漫画家の故・杉浦日向子さんの名作「百日紅」がアニメになって映像化。クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲を撮った原恵一監督と、プロダクションIGがタッグを組み、今までにない江戸情緒たっぷりのアニメに仕上がってました。

副題の「〜Miss HOKUSAI〜」という、ややダサの名付けは、海外の配給を見越してのことでしょう。確かに北斎は海外でも人気だし、そこに「〜Miss HOKUSAI〜」とあれば興味を惹かれますもの。


百日紅あらすじ


絵を描くこと以外、衣食住に無頓着な、変わり者の絵師・北斎と、その娘で弟子のお栄。そこへ、居候の善次郎(渓斎英泉)、歌川国直らが加わり、彼らの日々の生業と、四季折々の、江戸の暮らしが描かれていく。

百日紅 〜Miss HOKUSAI〜 オフィシャルガイドブック

マッグガーデン
売り上げランキング: 21,900



原作のエピソードを、江戸の四季でつなげる


原作漫画「百日紅」は、一話完結のエピソードが綴られる形式ですが、この「百日紅」は、原作のエピソードからいくつかを抽出して、そこに、四季を交えて描きだしています。

短編が集合体のようでいて、長編への筋書きが、きちんと流れていく。そして、いつの間にか、お栄たちの世界に引き込まれ、観客も江戸の街の風情を味わうように馴染んでいくのです。

原作ファンの私からしても、納得の映像化。松重豊さんの、渋みのある北斎と、いきいきとした、杏さんのお栄。最初はちょっと違和感があったものの、物語が進むうち、どんどんお栄と杏さんの声が馴染んでいって、お栄が馴染んでくるんですわ。おそらく、杏さん自身が、江戸独特の言葉の意味や、言い回しをちゃんとご存知だからこそ、あのお栄が出せたんだろうな。

あえて苦言をいうなら、お栄一家の話に重きをおきすぎな気も。お猶のことも、原作では日常の一部として描かれている気がするので、あんなに盛り上げなくてもよかったかな。あと、善次郎と国直の出番が少なかったのが残念。

音が際立つ


絵師の映画なのに、音がすばらしい映画でした。(もちろん、絵もすばらしいのですが)その音の多彩さに、しびれます。それは、お栄の妹・お猶が、目が見えないというハンデがあることにも関連しているのかもしれません。橋の上で聞く、物売りの声、下駄の音、畳をはう、衣擦れの音。音の消えた、雪の世界…。

BGMも凝っていて、オープニングとエンディングはロックでバーン!とインパクトを与え、北斎がお栄の描いた地獄絵の「始末」をするときには重厚なバイオリン、三味線やピアノなども使われ、要所要所を支えている感じがいいんだ。




絵で見、耳で味わう。そんな二種類の楽しみができる映画です。
百日紅 〜Miss HOKUSAI〜 オフィシャルガイドブック
マッグガーデン 売り上げランキング: 16,126


百日紅 (上) (ちくま文庫)
杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 86


百日紅 (下) (ちくま文庫)
杉浦 日向子 筑摩書房 売り上げランキング: 98



お栄の雅号は葛飾応為。由来はは北斎が「おーい」といつも娘を呼んだことから、と言われています。
北斎娘・応為栄女集
北斎娘・応為栄女集
posted with amazlet at 15.05.13
久保田 一洋 藝華書院 売り上げランキング: 10,586


JUGEMテーマ:アニメなんでも


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.23 Thursday

歴史と不思議の織りなす物語 「かたづの!」

戦国時代、青森・南部家に実在した女領主・寧々の生涯を、一本角のカモシカ「かたづの」によって語られる不思議な物語「かたづの!

読んでいて、どこまでが史実で、どこからが幻想なのか、まったくわからなくなり、気がつくと、遠野物語の世界へも、足を踏み入れてしまうのです。

「かたづの!」あらすじ



戦国時代の青森・八戸で、角が一本しかない羚羊・片角が、八戸南部家の姫・弥々と出会う。弥々に命を助けられた縁で、片角は城にも出入りを許され、弥々の幼い姫たちと幸せな時間を過ごし、天珠をまっとうする。

「かたづの」が角だけの存在なった頃、弥々の周囲では夫や息子が相次いで亡くなり、叔父である三戸領主・信直から無理難題を言い渡され、弥々は女領主になることを決意する。


歴史と不思議の、美しい織物のような作品


「かたづの!」は史実を縦糸に、不思議を横糸にして模様を編んだ、美しい織物のような物語です。

悲劇の末に女領主を迎え、やがて遠野へ国替えになるという、八戸南部氏の激動の歴史を描いた作品ですが、その一方で、遠野物語のベースとなるような、不可思議な話が随所に織り込まれ、どこからが幻想で、どこからが史実なのだか、本当にわからなくなります。

特に、私がすきだったのが、河童の総大将が弥々に惚れてしまい、彼女と顔立ちの似た河童の娘を娶り、弥々子と名乗らせたエピソードに興味をひかれました。実はこの弥々子は、後に利根川に墨付、関東河童の総大将となるのです。弥々子がどれほど強いかは、畠中恵さんのしゃばけシリーズ「えどさがし」でも描かれています。

女領主の一代記


戦国時代の女領主と言えば、橘訐藺紊箘羂膨掌廚覆匹有名です。彼女たちは、家長を亡くし、家を守るため知恵を絞り、男たちを渡り合います。

私はそんな、女性領主たちのさっそうとした姿に、憧れをもっていたのですが、「かたづの!」の弥々の女領主生活は、多難だらけで、ちっとも気の休まる暇がありません。そのたび、弥々の知恵と、かたづのの神通力で苦難を乗り越えてきたのですが、大きすぎる力は、疑心を呼び、家臣や娘たちからも距離を置かれてしまいます。

いくら戦国の世とはいえ、その苦悩や悲しみが、切なくて。
女領主は女性が活躍するというよりは、危ない橋を最初に渡るかのような、危うい場面の連続なのですね。

それでも、弥々は大切な人々を守るため、最後まで力をつくします。そしてまた、かたづのも、最後まで弥々につきしたがうことになります。そんな、奇妙で不可思議で、でもあたたかい絆に感動しました。

かたづの!
かたづの!
posted with amazlet at 15.04.21
中島 京子 集英社 売り上げランキング: 19,916






遠野物語remix (角川文庫)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2014-06-20)売り上げランキング: 10,747


JUGEMテーマ:オススメの本


中島京子作品感想
「のろのろ歩け」→
「小さいおうち」→
「女中譚」→
「冠・婚・葬・祭」→
「花桃実桃」→
「FUTON」→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.15 Wednesday

「ケルトの白馬」 ローズマリー・サトクリフ

2015年本屋大賞を受賞した、上橋菜穂子さんにも影響を与えた、イギリスの作家ローズマリー・サトクリフ「第九軍団のワシ」を読んで以来、ローズマリー・サトクリフの描く物語の世界に惹かれています。

「ケルトの白馬」は、「第九軍団のワシ」から200年くらい前のお話。イギリスに残る「アフィントンの白馬」の遺跡をモチーフに、その地に住むケルト人、イケニ族の若者・ルブリンが丘陵に「アフィントンの白馬」を描くまでのエピソードが描かれます。

私はもともと、ケルトの紋様のデザインが好きでしたので、そうした紋様をつくった人々の話にも興味がありました。紀元前のイギリスでそれらの紋様は、どのように生まれ、かたちづくられていったのか。

ローズマリー・サトクリフは、実在する出土品や遺跡から、それらを作り、使った人々の物語を紡ぎだすのが本当にうまいんですよ。まるで、歴史そのものを垣間見ているような気持ちになれます。

「第九軍団のワシ」ほど、長くないので、さくっと読めます。

「ケルトの白馬」あらすじ


族長の息子、ルブリンは、幼いころから自然や動物が、作り出すかたちに興味をもち、独特の感性で描き残すことを好んだ。また彼は親友のダラとともに、商人から伝え聞いた北の大地と、先祖の冒険をなぞらえて、いつかの冒険に出ることを夢みていた。

しかし、ダラが妹の夫として族長の継承者となり、一族もまた、南からの部族によって壊滅的被害を受ける。奴隷となったルブリンは、敵の族長にかけあい、丘に巨大な馬の姿を描くことで、一族を開放しようと試みる…。

ケルトの氏族


ルブリンが属するイケニ族は、馬の放牧を行う種族で、馬の女神をまつり、一族の長の継承者は女性。世継ぎの姫と結婚したものが族長となる、女性の血統が重視されています。他にも、吟遊詩人や賢者(ドルイド)なども登場し、まるで、ファンタジーの登場人物のようです。


ケルトの白馬
ケルトの白馬
posted with amazlet at 15.04.07
ローズマリ サトクリフ Rosemary Sutcliff ほるぷ出版 売り上げランキング: 467,364


ケルト紋様の幾何学: 自然のリズムを描く (アルケミスト双書)
アダム テットロウ 創元社 売り上げランキング: 92,027



私がはじめてケルト人を知ったのは、このマンガでした。

クリスタル・ドラゴン 25 (ボニータコミックス)
あしべ ゆうほ 秋田書店 売り上げランキング: 25,292


・ローズマリー・サトクリフ作品
第九軍団のワシ
JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.14 Tuesday

「鹿の王 還って行く者」 上橋 菜穂子

「鹿の王 還って行く者」 あらすじ


岩塩鉱で黒犬によって移された伝染病から、奇跡的に助かった主人公・ヴァンは、同じく助かった幼女・ユナとともに、トナカイ放牧民の青年、トマもとへ身を寄せ、トナカイの放牧を手伝っていたが、呪術師スオッルに招かれた先で、ユナが何者かにさらわれてしまう。「偶然」居合わせた女狩人・サエとともにユナを追いかける旅へ。

一方医術師ホッサルは、黒犬病が狼と犬の混血犬によって媒介されることを発見し、核心に迫るものの、媒介者たちに捕らえられてしまう。

ヴァンとホッサル、全く異なる2人が会合したとき、病の謎と陰謀の姿が明らかになっていく…。

異世界と現世は表裏一体


「鹿の王」の後半は、伝染病の原因と、その裏側にある、国や民族の対立が浮き上がってきます。ひとつを結び目を解くと、また別の結び目ができてしまう、そんな複雑な背景がみえてくる。普通、ファンタジーというのは、善とか悪とか、二分化された単純なものが多いですが、上橋菜穂子さんの作品は、だれも悪ではなく、視点を変えれば、だれもが悪で、善でもあるんです。

普通の人々が、追い詰められ、自らの氏族を守ろうとするあまり、相手を犠牲にしてもかまわない。そんな考えに取り憑かれてしまう。

「鹿の王」は架空の国の話ですが、一方的な支配や闘争、伝染病の蔓延は、今の世界情勢にシンクロしています。本当に人間を描いた作品には、絵空事なんてないんです。そんな中で、この物語を読むことで、自分はどう考え、どう生きればいいのか、とても考えさせられるのです。

人と自然との結びつき


人は、生きていく土地によって、食べるものも、環境も違います。育てる家畜も、馬であったり、トナカイであったり様々。

土地にあった作物や家畜を育て、その土地の自然を神として祀る、そんな社会環境が構築されていきます。けれど、そのシステムが無理やり変化させられてしまうとしたら、やはりそこには歪みが生じ、それが闘争の原因となっていきます。

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 2


外伝が読みたいっ!


「鹿の王」発売から日も浅いのですが、もう外伝が読みたくて仕方がないんです。マコウカンの一族の話とか、サエの跡追いの話とか、あと、できればユナが大きくなった話とか、物語の世界で他にどんなことが起こっていたのか、これから起こるのか、それをぜひ読みたい。

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 1


JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.08 Wednesday

壮大な命の物語 「鹿の王 生き残った者」 上橋 菜穂子

上橋菜穂子さんの新作「鹿の王 生き残った者」を読みました。素晴らしいです。命をめぐる壮大な物語は、読んでいるうちに体の不思議について考えさせられます。

「鹿の王 生き残った者」あらすじ


アカファ王国は東の東乎瑠(ツカル)帝国に屈し、属領となるが、北部で抵抗を続けていた戦闘集団「独角」の長であるヴァンは、とうとう捕らえられ、奴隷として岩塩鉱で過酷な労働を強いられるれることに。

ある時、岩塩鉱で謎の犬達に襲われ、奴隷や、東乎瑠の兵、そのすべてが命を落とすという事件が起きる。生き残ったヴァンは、同じく隠されて生き延びた赤子とともに逃亡する。

一方、もうひとりの主人公、オタワル国の貴人の血を引く天才医師・ホッサルは、岩塩鉱での事件を調べていくうちに、かつて自分の故国を滅ぼした病・黒犬病だと確信する。

ヴァンとホッサル、それぞれの立場と役目、そして国や民族のさまざまな思惑が絡まり合い、黒犬病にまつわる一連の事件はアカファ王国を揺るがしかねない事態に陥っていく…


ファンタジーと医療


異世界を描いた「ファンタジー」と「医療」は、一見、相反する要素のように思えますが、上橋菜穂子先生は「鹿の王」執筆にあたり、いとこの内科医の方に医療監修をお願いしたのだそうです。そのため、伝染病や薬学、免疫など、医療に関する描写がすごいのです。

「鹿の王」の重要な鍵である黒犬病という伝染病、これの発生源や発病の過程、そして、かかるものとかからないものを隔てる要因、それらはすべて、自然と人間との関わりによって生まれるものなのです。

たとえ、架空の異世界であろうと、人が生き、生活する社会には、その土地の気候、風土、食べ物、宗教、社会構成などが存在するのが、当たり前といえば当たり前なのですが、上橋菜穂子さんほど、その人の社会性を、物語として表現された作家さんはいないのではないでしょうか。

獣の感覚


「鹿の王」で、主人公ヴァンが病原をもつ犬に噛まれてから起こる体の変化。その、感覚が鋭敏になっていく様、獣のように匂いが鮮明になり、自分が制御できない感覚。読んでいて、まるで自分もヴァンと一体となって走っていけるような、そんな気持ちになるのです。


鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 69


鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 76


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.08 Wednesday

本屋大賞に上橋菜穂子さんの「鹿の王」

2015年の本屋大賞、大賞は上橋菜穂子さんの「鹿の王」に決まりました!(*´∀`)ノ

私も「鹿の王」を読ませてもらいましたが、納得の受賞だと思います。だって、すごい話なんだから。

この物語のすごいのは、社会生活、歴史と風俗、医療など、人間の生活のすべてが詰まっていることです。とくに医療の描写は、日本医療小説大賞を受賞するくらい、ファンタジーでありながら、医療についての描写がリアルなのです。

上橋菜穂子先生は、「鹿の王」を書く際に、内科医のいとこの方に、医療監修をお願いしたのだそうです。だから医療描写が、正確で、養老孟司さんや、医療関係者にも「鹿の王」のファンは多いのです。

本屋大賞HP→


「鹿の王 生き残った者」

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 3



「鹿の王 還って行く者」

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 4


JUGEMテーマ:オススメの本


2015.04.07 Tuesday

[映画]少林寺

ジェット・リーのデビュー作「少林寺」を鑑賞。カンフー実力者によるアクションシーンは圧巻、そして、あどけなさの残る若かりし頃リー・リンチェイがかわいい。

少林寺あらすじ


隋王朝末期、将軍・王世充が圧政をふるっていた時代、父親を将軍に殺された小虎は、瀕死の状態で少林寺の僧たちに助けられる。将軍への復讐のため、小虎は僧見習い・覚遠として少林寺で修行をすることになる。

けれど、修行の単調さに寺を抜けだした覚遠は、タン師匠の娘・パイが将軍にさらわれたのを助け、将軍に敵対する李世民と出会う。

李世民を助けたことで、少林寺は王世充に攻撃され、覚遠とタン師匠、仲間たちは13人で少林寺を守るため立ち上がる…。

リー・リンチェイのデビュー作


今ではアクションからコメディ、文芸作品にまで幅広く活躍するジェット・リー。彼がまだ、リー・リンチェイと名乗っていた頃のデビュー作が少林寺なのです。役者としては新人ですが、この頃リー・リンチェイは中国の武術大会に5回も優勝していて、そのアクションは圧巻。

アクションだけではなく、映画が進むに連れ、あどけない表情から、僧となり戦うことで、キリッとした感じに表情が変化していくんです。ストーリー順に撮影されたわけではないのでしょうが…。


少林寺/少林寺2 アルティメット・ツインパック 【DVD】
キングレコード (2013-06-12)売り上げランキング: 37,945





レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.06 Monday

[映画]バス停留所

マリリン・モンロー主演映画「バス停留所」を鑑賞。モンローの歌と演技は抜群ですが、設定が今の世だとちょっと賛否両論ありそうだ…。

「バス停留所」あらすじ


モンタナの牧場育ちの野生児ボーは、ロデオ大会に出場するためアリゾナ州フェニックスにやってくる。そこで酒場のショーガール・シェリーに一目惚れ。強引にチェリー(ボーはこう呼ぶ)と結婚を迫り、逃げ出そうとするシェリーを無理やりバスに乗せてしまい…。

現代の感覚ではセクハラ及びストーカーで捕まってるww


公開が1950年代ですから、女性差別や男尊女卑がまだまだアメリカでもあった頃ですから、仕方がないにしても、ボーがいやがって逃げるシェリーを投げ縄で捕らえたり、いきなり担ぎあげたりと、動物や奴隷のような扱いは観ていて不快でした。

ボーは大声で「しけた店だな!」とか言っちゃうし、あんなにシェリーに執着してたのに、自分が負けた姿を見られたとたん「みっともないから別れる」とかいいだすし、自分の感情ばかりを前面に押し出して、相手の感情をそんたくしない。

確かにピュアではあるんだけど、私は嫌だわ、こういう男。現代だったらすぐセクハラ容疑で通報されるぞ。

お目付け役のヴァージルの、
最初は、あの人がお前に相応しくないと思ったが、今は、お前が、あの人に相応しくない。」ってセリフがボーとシェリーの関係性をうまく表していて好きです。

それにしても、「第三の男」のホリー、「慕情」のマークといい、50年代の男は、女の気持ちをお構いなしに自分の気持ちを押し付ける男が目立つ…。


マリリンの演技


アクターズ・スタジオ後の出演映画、そのせいか、マリリンの表情ひとつひとつに深みがあって美しかったです。やっぱりマリリンはかっこいいよなあ。


バス停留所 [DVD]
バス停留所 [DVD]
posted with amazlet at 15.04.05
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) (2012-08-03)売り上げランキング: 42,438


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.04 Saturday

[映画] マイライフ・アズ・ア・ドッグ

1950年代のスウェーデン。母の病気のため、家族と離れて暮らすことになった少年、イングマルの成長を描いた映画「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」鑑賞。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ [HDマスター] [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D) (2014-10-24)売り上げランキング: 56,225


「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」あらすじ


スプートニク・ショックにゆれる1950年代。宇宙へ送られたライカ犬と、自らの不幸を比べる少年イングマルは、病気の母親の療養のため、母方の叔父の元へ夏の間預けられる。

叔父の務めるガラス工場では、風変わりな人々と出会い、サッカーやボクシングに興じ、おじさんのな小屋づくりを手伝い、楽しい夏のひとときを過ごす。

チームのボーイッシュな女の子に興味をもち、年上のお姉さんの裸を覗いて、性への淡い目覚めを覚えたり。

しかしふたたび、家に戻ると母の病気が進行し、冬にはまた叔父の元へ預けられることになり…。


めんどくさくて、愛おしい少年


この映画は今回2度目。1987年の公開で観た時と、現在とでは、だいぶ印象が違いました。それはきっと、私が年をとったからなのでしょうね。

昔は、イングマルの報われない行動や孤独感の方に共感したものだけれど、今、見直すと正直「面倒くさいガキだな」と思いました(笑)

イングマルって子は、大人から見ると、めんどくさい子なんですよ。お母さんに喜んでもらおうとするのに、いつも行動が空回りして、結局、お母さんや大人たちの神経を刺激してしまいます。

でも、そんなイングマルの言葉にならない気持ちもわからなくもない。周りの大人に勝手にいろいろ決められるし、お兄ちゃんは暴力的だし、お母さんともうまくいかないまま死に別れてしまうし。

ただ、そんなイングマルを、おじさんやガラス工場の大人たちも、友人たちも、彼を普通に扱うんですね。それがイングマルの救いにもなったのかも。


レビューポータル「MONO-PORTAL」


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2015 >>

オススメ

おすすめ記事

Powered by 複眼RSS

おすすめ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • [映画]バクダッド・カフェ in 東京ごはん映画祭
    latifa
  • どうか、読んでみてください。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 佐々涼子
    日月
  • どうか、読んでみてください。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 佐々涼子
    苗坊
  • ずるい考え方、ビジネス編。 「ムダが多い人ほど、よく伸びる」 木村尚義
    日月
  • ずるい考え方、ビジネス編。 「ムダが多い人ほど、よく伸びる」 木村尚義
    木村尚義
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    rose_chocolat
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    クマネズミ
  • 「旅のグ」 グレゴリ青山
    日月
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    日月
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM