2015.09.02 Wednesday

[映画]アーティスト

かっこいい映画だなあ。見終わったあと、素直にこう思いました。1920年代、映画がサイレントからトーキーへの移行期。当時のハリウッドとサイレントスターへのオマージュにあふれた作品。けれどもちっとも古く感じない。

アーティスト あらすじ


1927年のハリウッド。サイレント映画のスター、ジョージ・ヴァレンティノは、かけだしの女優・ペピー・ミラーと出会う。ジョージの主演映画で端役として出演するペピーに惹かれるものを感じたジョージは、彼女につけぼくろをつけ、印象付けるようアドバイスする。

やがて、時代はトーキーへと変わり、サイレントにこだわるジョージは私財を投入し映画を製作するものの、ヒットに恵まれず、落ちぶれてゆく。一方でペピーはトーキーの時流にのって大スターに。ペピーは落ちぶれたジョージを常に見守っているものの、悲観したジョージは突発的にフィルムに火をつけ、焼身自殺を図ろうとする…。

果たして、ペピーの思いは通じるのか、ジョージは再起できるのか…。

アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2012-10-17)売り上げランキング: 12,007



古き良きスタイルと、新しい手法


温故知新とはよくいったものです。サイレントの手法をとっているけれど、映像や演出は現代の手法もつかれれています。昔のサイレントは、単に音が出せなかっただけだけれど、「アーティスト」は、多くを語らないことで、観客を映画の世界へ引き込んでいきます。

ペピーがジョージのタキシードに袖を通し、ひとりでラブシーンを演じるところは、20年代ではなかった演出なのだろうな。映像の演出がかっこいいな、と思ったら、これ、フランスの映画でした。

フランスの俳優さんを起用しているのに、まるっきりハリウッドなので驚きました。映像演出がおしゃれなのはフランスだからかな。

ラストシーンが、ほんとかっこいい。全編、音楽と効果音のみで構成された映画に最後の最後で印象的に使われる音。


影の助演男優賞・わんこ


ジョージの忠犬、ジャックラッセルテリアのジャックがもう、かわいいの。

ペピーがジョージの私物を買い取っていたことがばれ、彼が出ていこうとしたとき、自分の(鼻の)せいでご主人が窮地になっちゃったときの焦った感じとか、ご主人が自殺しようとするのを必死で止めるところとか。

「アーティスト」は、セリフのない映画なので、セリフをもたないジャックの演技はまさに適役。残念ながらジャック役のアギーはなくなってしまったのだとか。ご冥福をお祈りいたします。彼がいなければ、この映画も少し味気ないものになっただろうから。


JUGEMテーマ:映画の感想


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.08.17 Monday

「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ

少し前に映画化され「ラスト2行のどんでん返し」に興味をひかれて読んでみた「イニシエーション・ラブ」。噂に違わぬラストのオチのインパクトに、他の読者同様、最後の2行を読んでから、最初から気になるところを読み返しました。

「イニシエーション・ラブ」あらすじ


鈴木は人数合わせで参加した合コンで、成岡繭子に一目惚れする。どうやら、繭子も好意をもってくれたらしく、電話番号を渡されたとこがきっかけで、2人は付き合うことに。(Side-A)

やがて鈴木は静岡から東京に転勤になる。最初のうちはマユのために、足繁く静岡へ帰る鈴木だったが、同僚の女性・石丸から好意を寄せられるようになり…(Side-B)


イニシエーション・ラブ (文春文庫)
乾 くるみ 文藝春秋 売り上げランキング: 549



恋愛小説が、どうミステリに化けるのか


恋愛小説ではあるんです。殺人らしきものは起こらないし、探偵もでてこない。けれど、その張り巡らされたトリックが解き明かされた時、殺人とはまた違った怖さを感じました。

「イニシエーション・ラブ」は、80年代後半が舞台で、前半と後半でSide-A、Side-Bと設定され、それぞれに70〜80年代に流行った音楽のタイトルがつけられています。

実はこれが、この物語の最大のヒントだと思うのです。若い方はなじみがないかもしれませんが、昔、レコードというのは、A面、B面裏表があり、「ひっくり返さないと」裏の面が聞けないというしくみが、物語の軸となっています。

あと、繭子の部屋にあった「十角館の殺人」もヒントといえばヒントかも。ラストシーンはもちろん違いますが、ラストに至る過程とか、細密なトリックな感じが似ている気がします。「十角館の殺人」を知っているミステリファンが、それを踏まえて読めば、謎は溶けるんじゃないかな。

ひとつ、残念なのは、もともと恋愛小説が苦手なのと、80年代に生きていたせいか、その頃の恋愛描写が、なんかこう、痛痒い感じがして、感情移入ができなかったことですかね。あくまでミステリの前振りとして読んでしまっているので、恋愛ターンに「ときめき」が感じられなかったのが残念。

イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS-
堤 幸彦(監修) ソニー・ミュージックダイレクト (2015-05-20)売り上げランキング: 37,415


JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.08.12 Wednesday

異色の異世界ファンタジー 「烏に単は似合わない」

表紙絵と、奇妙なタイトルに惹かれて読んだ「烏に単は似合わない」、面白いです。八咫烏が支配する土地、「山内」を統べる金烏、その世継ぎの御子へ入内をめざす四家の姫が、宮中で遭遇する事件を軸に、華麗な八咫烏の世界が描かれます。

烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ (文春文庫)
文藝春秋 (2015-06-19)売り上げランキング: 5,291


「烏に単は似合わない」あらすじ


八咫烏の世界「山内」を統べる金烏の世継ぎの若宮へ入内を果たすべく、貴族の頂点である東西南北を司る四家からそれぞれ姫が登殿する。

東家の二の姫・あせびは病気の姉の変わりに登殿することになった。西家の真緒の薄、南家の浜木綿、北家の白珠、各家の姫たちそれぞれが競い合い、若宮の心を射止めようとする。

実はあせびは幼いころ、一度若宮に会ったことがあり、それ以来、若宮への思いを募らせていた。

しかし、やがて宮中でさまざまな事件が起こり、は四人の姫たちを巻き込んでいく…。

斬新な八咫烏シリーズの世界観


モチーフとしては「十二国記」「後宮小説」「源氏物語」などの設定に共通点がみられるものの、八咫烏が支配する世界というのがなかなか斬新で、読んでいくにつれ、徐々に八咫烏の世界の謎が解かれるのが面白いですね。

八咫烏の世界は、日本の平安時代に似ており、東西南北を司る四家を頂点にした「宮烏」と呼ばれる貴族は、人の姿をとり、烏の形になることはなく、一方庶民の「山烏」は烏の形へたびたび変化する。(烏の形をとらない=別の移動手段をもつことが、ステータスらしい)

異世界恋愛ファンタジーかと思ったら、叙述トリックミステリだった


幼いころ、心を通わせた少年少女が時を経て再会したとき、何が起こるのか。当然、読者は古典の「筒井筒」のような純愛をイメージします。

それが、「普通」で、「通説」だったから。それに物語の構成が春夏秋冬、再びの春となっていて、これだけみたら、どうしたって純愛を期待してしまうのだけど、読んでいくうち、「?」「!」といった展開に。

おもえばこの否定形のタイトル「烏に単は似合わない」にも、物語の本質が隠されているような気がします。

このラストの展開は見事でしたが、私はちょっと後味の悪さを感じてしまったな。でも、まともな展開じゃなかったからこそ面白いのですが。

続編も出ているようなので、ぜひとも読みたい。

烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ (文春文庫)
文藝春秋 (2015-06-19)売り上げランキング: 3,597

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.08.12 Wednesday

[映画]未知との遭遇

スティーヴン・スピルバーグ製作のSF映画「未知との遭遇」を鑑賞。名前は知っていても、みるのは初めてで、実際に見てみて「ああ、こういう話だったのか」と。

「未知との遭遇」の「未知」の部分はほとんど出てきません。「彼ら」と遭遇し、啓示を受けた人々の人間ドラマが描かれます。

未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-02-23)売り上げランキング: 3,581


「未知との遭遇」あらすじ


「未知との遭遇」は、第二次世界大戦中、行方不明になった戦闘機が新品の状態で砂漠から発見され、同じ頃、アメリカでも謎の飛行物体が現れ、「彼ら」と遭遇したロイ、息子が彼らに付いて行ってしまったジリアンは、ともにある風景にこだわり、模型や絵に映し出す。

ロイは、そんな異様な行動のため、家族に逃げられ、頭のなかに残る風景、デヴィルズタワーへ向かう。そこでは政府と科学者たちが異星人との遭遇に備えたプロジェクトが展開されていた…。

SFというよりも…


SFというよりも、異星人に啓示をうけた主人公のロイがどんどんのめり込んでいく様が怖かったですね。バリー少年が異星人たちについていってしまうシーンもちょっとホラーっぽいし。

啓示を受けた人間たちは、ただ憑かれたように「彼ら」へ向かえばいいけれど、残された家族は大変だよなあ。ロイの奥さんも辛いだろうし、子供たちにもトラウマになりそう。


JUGEMテーマ:SF映画 一般


2015.08.11 Tuesday

テリー・ギリアム風、ほらふき男爵 [映画]バロン

未来世紀ブラジル」や「モンティ・パイソン」を制作した異色の監督テリー・ギリアムが、ほらふき男爵をモチーフにした奇想天外な物語。テリー・ギリアムの独特の映像美が美しく、ブラックユーモアも効いていて、楽しい映画でした。

バロン [DVD]
バロン [DVD]
posted with amazlet at 15.08.11
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2009-07-03)売り上げランキング: 49,427


「バロン」あらすじ


トルコから攻撃を受けているドイツのとある街。その街の劇場では「ほらふき男爵」が上演されていた。しかし、いきなり舞台に上がりしゃべりだす謎の老人が現れる。彼こそ本物の「ほらふき男爵」ミュンヒハウゼン男爵その人だった。

男爵はトルコ軍の攻撃は、過去に皇帝と因縁のある自分を狙ったものだといい、街を救うため、手作りの気球(ご婦人方の下着でつくった)で昔の仲間を集める旅にでる。気球に隠れていた座長の娘サリーとともに。最初に訪れた月の世界では、首と胴が別々に動く月の王に捕らえられるものの、王妃の機転で逃げ出し、俊足の部下


CGなんてなくていい


とにかくも、美術がかっこいい。舞台の書割のような月の世界(メリエスの「ジョルジュ・メリエスの月世界旅行」のよう)、手作りの気球、テリー・ギリアムの独特の感性が見事に活かされたデザインは観ていてワクワクします。

今の時代ならCGが当たり前だけれど、CGではこの「質感」はきっと出せない。もっとも、そうしたセットにお金をかけすぎてしまった…という噂も。


ブラックテイストなお伽話


テリー・ギリアムがただのお伽話をつくるわけがない、と思っていたら、案の定、トルコの皇帝も男爵も平気で首をぽんぽん跳ねちゃうような、ブラックな描写も。

パンズ・ラビリンス」ほどダークじゃないけれど、そこここにブラックユーモアが散りばめられておりました。けど、それがいいのよねえ。(・∀・)



モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-03-21)売り上げランキング: 51,934


JUGEMテーマ:映画の感想

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.08.10 Monday

しゃばけシリーズ 「なりたい」 畠中恵

しゃばけシリーズ「なりたい」は、若だんなの将来、「なりたいもの」の話を軸に、いろんなあやかしたちが「なりたい」ことに巻き込まれていくお話です。

なりたい
なりたい
posted with amazlet at 15.08.02
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 147


妖になりたい


病のため、普通の人のような働き方はできないと考えた若だんなは、妖たちと協力して新しい薬を考えます。

その薬には蜜蝋が必要で、長崎屋と取引のある名主の甚兵衛さんに頼んだものの、甚兵衛さんから蜜蝋取引の条件として「妖になりたい」と言われ、一方では羽をなくし、坊主となった黒羽坊の友人赤山坊は、黒羽坊をもとにもどせと若だんなにせまり…

人になりたい


出入りの日限の親分から、親友の修行先の親方が殺人事件に巻き込まれたときき、調査を開始する若だんな。

ところが殺されたはずの菓子職人、勇次は生きており、おまけに出自は元道祖神だという。元のように菓子職人として暮らしたいと頼まれる若だんなが、殺人(未遂)事件の謎を解きます。


猫になりたい


猫又のおしろから、元人間の猫又・春一を紹介される若だんな。春一は猫又になりながらも、傾きかけた弟と店を守る思いが強く、猫又になった。

ちょうど、縁のあった戸塚の猫又・虎と藤沢の猫又、熊一が猫又の頭を決めるため、若だんなの元へ。裁定人として春一が選ばれ、無事勤めれば猫又たちと取引することができる。
けれど、そこへ、長崎屋の大福帳が盗まれる事件が起き…。


親になりたい


長崎屋の奉公人・おようが見合いをすることになるが、相手のもらい子・三太が急に暴れ出してしまう。

どうやらその子は妖らしく、若だんなは縁談をまとめるべく三太のもとの居場所を探そうとする。ところが、三太には別の父親をなのる人物があらわれ…。


りっぱになりたい


長崎屋とも取引あった古川屋の若だんな万之助が亡くなり、通夜に参列した若だんなだったが、幽霊となった万之助からある頼み事をされる。

一方、通夜の騒ぎで万之助の妹が行方しれずになり、身代金の請求が。若だんなは、野辺送りまでに万之助の願いと、妹の救出、どちらも解決しなければならなくなり…。


実は、最後に、若だんなのなりたいものがきまるのですが、それは外伝「えどさがし」の話に繋がっているのです。

大妖の血を継いでいるとはいえ、若だんなは普通の、それもめっぽう体の弱い人間なので、いつかはあやかしたちとも別れなければならない。どうやら、それは、避けられないようです…。


えどさがし (新潮文庫)
畠中 恵 新潮社 (2014-11-28)売り上げランキング: 4,133



しゃばけシリーズ感想


「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→
外伝「えどさがし」感想→
「しゃばけ読本」→
2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→

JUGEMテーマ:オススメの本

2015.08.03 Monday

校正会社のブックカフェ かもめブックス

神楽坂にあるブックカフェ、かもめブックスにいってきました。

かもめブックスは、校正会社・鴎来堂さんの経営するカフェなので、ほかのブックカフェとはまた、一味ちがったセレクトの本が楽しめます。

面白いのは、一部の本はあらかじめ包装されていて、題名も内容もわからないようにしてある本

一応、キーワード(旅とか青春とか)が提示されているので、お客さんは、カンで選んで買うことになります。

闇鍋ならぬ闇本といった感じでしょうか。情報が制限されている中から選ぶのって、なんだかワクワクしますね。

かもめブックス|神楽坂|本屋 かもめブックス


面白そうな本の企画も。
かもめブックス・企画展

テラス席もあり。のんびり読書しながらお茶が楽しめます。道路に面した側がカフェスペースは、奥が本と雑貨コーナーになっています。
かもめブックス・カフェスペース

珈琲とスコーン
かもめブックス・カフェ

他にも、かもめブックスで本を買うと、こんなステキなブックカバーをしてくれます。
かもめブックス・ブックカバー

ちなみに、買った本はこちら「本を読む人のための書体入門 (星海社新書)
書体(フォント)によって、文章のイメージがこんなに変わるのか、と、驚かされます。ふだん何気なく読んでいる書体も、文章に合わせて最適な書体を選んでいるってことがわかります。

本を読む人のための書体入門 (星海社新書)
正木 香子 講談社 売り上げランキング: 283,997

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店


2015.08.02 Sunday

NHKドラマ「精霊の守り人」 メインキャスト決定!

NHKドラマ精霊の守人の2016年に放映予定のメインキャストの配役が発表になってました。

これまで、NHKでアニメ化もされた作品ですが、実写となるといろいろと勝手が違う。ましてや歴史物ではなく、異世界ファンタジーですから、まったく新しい挑戦になりそうです。

以下、私の感想。イメージ通りも、意外なキャスティングも。

・バルサ…主人公。帝に追われる第二皇子チャグムを守ることになるの女用心棒バルサには、綾瀬はるかさん。放映時はちょうどバルサと同じ30前後、大人の女性の強さと母性を見せて欲しいです。

・タンダ…東出昌大さん
バルサの相棒、薬草師兼呪術師見習いのタンダ。優しさと忍耐力を合わせ持つ人物。原作の朴訥さと、アニメのイケメンさを併せ持つ感じですね。

・チャグム…小林颯さん。子役の男の子です。HPみたら結構なキャリアの持ち主。チャグムとともに成長されていく姿がみれそうです。

・カガイ…吹越満さん。シュガのライバル、シュガより能力は劣るものの、宮廷での陰謀作術に長けているので、シュガの追い落としを図る役。うん、ぴったり♪

・狩人(帝直属暗殺集団)頭・モン…神尾佑さん

・狩人(帝直属暗殺集団)ジン…松田悟志さん
おおー!この辺カッコいい人たちが!ぜひ、綾瀬バルサとのアクションシーンを披露してほしい。神尾さんは「SP」でのアクションがカッコ良かったし、松田悟志さんも身体能力の高い役者さん(決して、NHKでバスにばかり乗っているわけではない)ですから、アクションシーンが楽しみです。

・ジグロ…吉川晃司さん
バルサの養父でカンバル王国の短槍の名手。国を追われ、幼いバルサをつれて逃亡の旅へ。
これは、かっこいい!吉川晃司さんは体格的にもジグロっぽいです。映画「るろうに剣心」でみせた鬼気迫る殺陣を披露して欲しいですね。

・シュガ…林遣都さん
若き星読博士シュガには林遣都さん。シュガはもっと文系なイメージなのですが。知的好奇心旺盛なところはイメージにあってるかな?10年前ならチャグムでもいけたかも…。

・聖導師…平幹二朗さん
星読博士の最高位。年若いシュガをとりたてたりと、割りと頭が柔軟な方。しかし、ラスボス感がすごい…。

・帝…藤原竜也さん
うーむ、ラスボス感がハンパない(^^;) 帝は原作ではそんなに活躍しないのですが。原作と異なる展開なら、帝=ラスボスもありそうな…

・トロガイ…高島礼子さん
この配役は…どうなんだ?原作でもアニメでも、トロガイは結構なおばあちゃんなのですが(^^;)高島礼子さんのトロガイはシャーマンというより、巫女っぽくなりそう。


精霊の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子 新潮社 売り上げランキング: 936


精霊の守り人オフィシャル・ガイド (TJ MOOK)
宝島社 売り上げランキング: 781,317


JUGEMテーマ:綾瀬はるか


2015.08.02 Sunday

イケメン白血球があなたを守る!細胞擬人化まんが 「はたらく細胞」

これは面白い!

「はたらく細胞」は、細胞の擬人化まんが。私たちの体の中にいる細胞がどんな働きをするのか、読みながら体の仕組みがわかるので、勉強になります。

はたらく細胞(1) (シリウスKC)
清水 茜 講談社 (2015-07-09)売り上げランキング: 32

斬新すぎる、だがそれがいい、細胞の設定


・イケメンだけど、侵入者(ウイルスや細菌)を見つけると、凶暴化する白血球

・血液を通って、いろんなものを届けてくれるがんばりやさんの運び屋、赤血球

・ほんわかした美少女、でも実は殺傷能力最強レベルのマクロファージ

・仕留められなきゃ脾臓送り、厳しい掟の戦闘集団、キラーT細胞

・みかけは小学生、しかしその実体は傷口を修復するプロフェッショナル、血小板

これらの細胞たちが、体におこる様々な障害(肺炎球菌、スギ花粉、インフルエンザ、すり傷)を、力を合わせて立ち向かいます。

「働く細胞」を読むともう、かさぶたを無理やりはがせなくなりますよ…。




JUGEMテーマ:おすすめの漫画


2015.07.23 Thursday

まんまことシリーズ 「まったなし」

今回、NHKでドラマ化もされた「まんまこと」主演の麻之助役の福士誠司さんはじめ、イケメン俳優さんが清十郎や吉五郎を演じてらして、眼福です。そして、まんまことシリーズ5巻め「まったなし
」も発売。

今回は、麻之助の親友、八木清十郎の結婚話を中心に、麻之助の初恋の人で、清十郎の義母であるお由有の過去絡みの事件もおき、麻ノ介が友の縁談をどのようにまとめていくかが物語の軸になってきます。

清十郎の縁談が決まると、先代の後添いのお由有さんは再婚し、家をでることが決まっている。

友の結婚は、お由有さんとの別れも伴うわけで、麻之助としては、ちょっと寂しいことでしょうね。

読んでいるこちらからすると、何とか2人が初恋を叶えて、一緒になってくれないかと思うのですが…。

今回は、麻之助の年上の親友である高利貸しの丸三と、その妾のお虎さんも活躍します。高利貸しとして悪名高い丸三も、年下の友達に嫌われたくないと、一生懸命、友のために働く姿がいじらしいというか。

お虎さんも初登場ですが、丸三といいコンビで、すっかり麻之助たちの世話を焼いています。

さて、今後、お由有さんの過去の因縁がどうかかかわってくるか、麻之助がこんどこそお由有さんを守れるかが話の筋になってきそうです。楽しみ。


まったなし
まったなし
posted with amazlet at 15.07.23
畠中 恵 文藝春秋 売り上げランキング: 1,198

JUGEMテーマ:オススメの本


「ときぐすり」→
「こいしり」→
「こいわすれ」→
「まんまこと」→

レビューポータル「MONO-PORTAL」


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>

オススメ

おすすめ記事

Powered by 複眼RSS

おすすめ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

お買い得

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • [映画]アーティスト
    こに
  • ジョーカー・ゲームシリーズ 「ラスト・ワルツ」 
    日月
  • ジョーカー・ゲームシリーズ 「ラスト・ワルツ」 
    latifa
  • ジョーカー・ゲームシリーズ 「ラスト・ワルツ」 
    日月
  • まんまことシリーズ 「まったなし」
    日月
  • まんまことシリーズ 「まったなし」
    苗坊
  • ジョーカー・ゲームシリーズ 「ラスト・ワルツ」 
    Roko
  • まんまことシリーズ 「まったなし」
    日月
  • まんまことシリーズ 「まったなし」
    Crambom
  • 「ミッドナイト・バス」 伊吹 有喜
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM