2015.04.23 Thursday

歴史と不思議の織りなす物語 「かたづの!」

戦国時代、青森・南部家に実在した女領主・寧々の生涯を、一本角のカモシカ「かたづの」によって語られる不思議な物語「かたづの!

読んでいて、どこまでが史実で、どこからが幻想なのか、まったくわからなくなり、気がつくと、遠野物語の世界へも、足を踏み入れてしまうのです。

「かたづの!」あらすじ



戦国時代の青森・八戸で、角が一本しかない羚羊・片角が、八戸南部家の姫・弥々と出会う。弥々に命を助けられた縁で、片角は城にも出入りを許され、弥々の幼い姫たちと幸せな時間を過ごし、天珠をまっとうする。

「かたづの」が角だけの存在なった頃、弥々の周囲では夫や息子が相次いで亡くなり、叔父である三戸領主・信直から無理難題を言い渡され、弥々は女領主になることを決意する。


歴史と不思議の、美しい織物のような作品


「かたづの!」は史実を縦糸に、不思議を横糸にして模様を編んだ、美しい織物のような物語です。

悲劇の末に女領主を迎え、やがて遠野へ国替えになるという、八戸南部氏の激動の歴史を描いた作品ですが、その一方で、遠野物語のベースとなるような、不可思議な話が随所に織り込まれ、どこからが幻想で、どこからが史実なのだか、本当にわからなくなります。

特に、私がすきだったのが、河童の総大将が弥々に惚れてしまい、彼女と顔立ちの似た河童の娘を娶り、弥々子と名乗らせたエピソードに興味をひかれました。実はこの弥々子は、後に利根川に墨付、関東河童の総大将となるのです。弥々子がどれほど強いかは、畠中恵さんのしゃばけシリーズ「えどさがし」でも描かれています。

女領主の一代記


戦国時代の女領主と言えば、橘訐藺紊箘羂膨掌廚覆匹有名です。彼女たちは、家長を亡くし、家を守るため知恵を絞り、男たちを渡り合います。

私はそんな、女性領主たちのさっそうとした姿に、憧れをもっていたのですが、「かたづの!」の弥々の女領主生活は、多難だらけで、ちっとも気の休まる暇がありません。そのたび、弥々の知恵と、かたづのの神通力で苦難を乗り越えてきたのですが、大きすぎる力は、疑心を呼び、家臣や娘たちからも距離を置かれてしまいます。

いくら戦国の世とはいえ、その苦悩や悲しみが、切なくて。
女領主は女性が活躍するというよりは、危ない橋を最初に渡るかのような、危うい場面の連続なのですね。

それでも、弥々は大切な人々を守るため、最後まで力をつくします。そしてまた、かたづのも、最後まで弥々につきしたがうことになります。そんな、奇妙で不可思議で、でもあたたかい絆に感動しました。

かたづの!
かたづの!
posted with amazlet at 15.04.21
中島 京子 集英社 売り上げランキング: 19,916






遠野物語remix (角川文庫)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2014-06-20)売り上げランキング: 10,747


JUGEMテーマ:オススメの本


中島京子作品感想
「のろのろ歩け」→
「小さいおうち」→
「女中譚」→
「冠・婚・葬・祭」→
「花桃実桃」→
「FUTON」→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.15 Wednesday

「ケルトの白馬」 ローズマリー・サトクリフ

2015年本屋大賞を受賞した、上橋菜穂子さんにも影響を与えた、イギリスの作家ローズマリー・サトクリフ「第九軍団のワシ」を読んで以来、ローズマリー・サトクリフの描く物語の世界に惹かれています。

「ケルトの白馬」は、「第九軍団のワシ」から200年くらい前のお話。イギリスに残る「アフィントンの白馬」の遺跡をモチーフに、その地に住むケルト人、イケニ族の若者・ルブリンが丘陵に「アフィントンの白馬」を描くまでのエピソードが描かれます。

私はもともと、ケルトの紋様のデザインが好きでしたので、そうした紋様をつくった人々の話にも興味がありました。紀元前のイギリスでそれらの紋様は、どのように生まれ、かたちづくられていったのか。

ローズマリー・サトクリフは、実在する出土品や遺跡から、それらを作り、使った人々の物語を紡ぎだすのが本当にうまいんですよ。まるで、歴史そのものを垣間見ているような気持ちになれます。

「第九軍団のワシ」ほど、長くないので、さくっと読めます。

「ケルトの白馬」あらすじ


族長の息子、ルブリンは、幼いころから自然や動物が、作り出すかたちに興味をもち、独特の感性で描き残すことを好んだ。また彼は親友のダラとともに、商人から伝え聞いた北の大地と、先祖の冒険をなぞらえて、いつかの冒険に出ることを夢みていた。

しかし、ダラが妹の夫として族長の継承者となり、一族もまた、南からの部族によって壊滅的被害を受ける。奴隷となったルブリンは、敵の族長にかけあい、丘に巨大な馬の姿を描くことで、一族を開放しようと試みる…。

ケルトの氏族


ルブリンが属するイケニ族は、馬の放牧を行う種族で、馬の女神をまつり、一族の長の継承者は女性。世継ぎの姫と結婚したものが族長となる、女性の血統が重視されています。他にも、吟遊詩人や賢者(ドルイド)なども登場し、まるで、ファンタジーの登場人物のようです。


ケルトの白馬
ケルトの白馬
posted with amazlet at 15.04.07
ローズマリ サトクリフ Rosemary Sutcliff ほるぷ出版 売り上げランキング: 467,364


ケルト紋様の幾何学: 自然のリズムを描く (アルケミスト双書)
アダム テットロウ 創元社 売り上げランキング: 92,027



私がはじめてケルト人を知ったのは、このマンガでした。

クリスタル・ドラゴン 25 (ボニータコミックス)
あしべ ゆうほ 秋田書店 売り上げランキング: 25,292


・ローズマリー・サトクリフ作品
第九軍団のワシ
JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.14 Tuesday

「鹿の王 還って行く者」 上橋 菜穂子

「鹿の王 還って行く者」 あらすじ


岩塩鉱で黒犬によって移された伝染病から、奇跡的に助かった主人公・ヴァンは、同じく助かった幼女・ユナとともに、トナカイ放牧民の青年、トマもとへ身を寄せ、トナカイの放牧を手伝っていたが、呪術師スオッルに招かれた先で、ユナが何者かにさらわれてしまう。「偶然」居合わせた女狩人・サエとともにユナを追いかける旅へ。

一方医術師ホッサルは、黒犬病が狼と犬の混血犬によって媒介されることを発見し、核心に迫るものの、媒介者たちに捕らえられてしまう。

ヴァンとホッサル、全く異なる2人が会合したとき、病の謎と陰謀の姿が明らかになっていく…。

異世界と現世は表裏一体


「鹿の王」の後半は、伝染病の原因と、その裏側にある、国や民族の対立が浮き上がってきます。ひとつを結び目を解くと、また別の結び目ができてしまう、そんな複雑な背景がみえてくる。普通、ファンタジーというのは、善とか悪とか、二分化された単純なものが多いですが、上橋菜穂子さんの作品は、だれも悪ではなく、視点を変えれば、だれもが悪で、善でもあるんです。

普通の人々が、追い詰められ、自らの氏族を守ろうとするあまり、相手を犠牲にしてもかまわない。そんな考えに取り憑かれてしまう。

「鹿の王」は架空の国の話ですが、一方的な支配や闘争、伝染病の蔓延は、今の世界情勢にシンクロしています。本当に人間を描いた作品には、絵空事なんてないんです。そんな中で、この物語を読むことで、自分はどう考え、どう生きればいいのか、とても考えさせられるのです。

人と自然との結びつき


人は、生きていく土地によって、食べるものも、環境も違います。育てる家畜も、馬であったり、トナカイであったり様々。

土地にあった作物や家畜を育て、その土地の自然を神として祀る、そんな社会環境が構築されていきます。けれど、そのシステムが無理やり変化させられてしまうとしたら、やはりそこには歪みが生じ、それが闘争の原因となっていきます。

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 2


外伝が読みたいっ!


「鹿の王」発売から日も浅いのですが、もう外伝が読みたくて仕方がないんです。マコウカンの一族の話とか、サエの跡追いの話とか、あと、できればユナが大きくなった話とか、物語の世界で他にどんなことが起こっていたのか、これから起こるのか、それをぜひ読みたい。

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 1


JUGEMテーマ:オススメの本


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.08 Wednesday

壮大な命の物語 「鹿の王 生き残った者」 上橋 菜穂子

上橋菜穂子さんの新作「鹿の王 生き残った者」を読みました。素晴らしいです。命をめぐる壮大な物語は、読んでいるうちに体の不思議について考えさせられます。

「鹿の王 生き残った者」あらすじ


アカファ王国は東の東乎瑠(ツカル)帝国に屈し、属領となるが、北部で抵抗を続けていた戦闘集団「独角」の長であるヴァンは、とうとう捕らえられ、奴隷として岩塩鉱で過酷な労働を強いられるれることに。

ある時、岩塩鉱で謎の犬達に襲われ、奴隷や、東乎瑠の兵、そのすべてが命を落とすという事件が起きる。生き残ったヴァンは、同じく隠されて生き延びた赤子とともに逃亡する。

一方、もうひとりの主人公、オタワル国の貴人の血を引く天才医師・ホッサルは、岩塩鉱での事件を調べていくうちに、かつて自分の故国を滅ぼした病・黒犬病だと確信する。

ヴァンとホッサル、それぞれの立場と役目、そして国や民族のさまざまな思惑が絡まり合い、黒犬病にまつわる一連の事件はアカファ王国を揺るがしかねない事態に陥っていく…


ファンタジーと医療


異世界を描いた「ファンタジー」と「医療」は、一見、相反する要素のように思えますが、上橋菜穂子先生は「鹿の王」執筆にあたり、いとこの内科医の方に医療監修をお願いしたのだそうです。そのため、伝染病や薬学、免疫など、医療に関する描写がすごいのです。

「鹿の王」の重要な鍵である黒犬病という伝染病、これの発生源や発病の過程、そして、かかるものとかからないものを隔てる要因、それらはすべて、自然と人間との関わりによって生まれるものなのです。

たとえ、架空の異世界であろうと、人が生き、生活する社会には、その土地の気候、風土、食べ物、宗教、社会構成などが存在するのが、当たり前といえば当たり前なのですが、上橋菜穂子さんほど、その人の社会性を、物語として表現された作家さんはいないのではないでしょうか。

獣の感覚


「鹿の王」で、主人公ヴァンが病原をもつ犬に噛まれてから起こる体の変化。その、感覚が鋭敏になっていく様、獣のように匂いが鮮明になり、自分が制御できない感覚。読んでいて、まるで自分もヴァンと一体となって走っていけるような、そんな気持ちになるのです。


鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 69


鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 76


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.08 Wednesday

本屋大賞に上橋菜穂子さんの「鹿の王」

2015年の本屋大賞、大賞は上橋菜穂子さんの「鹿の王」に決まりました!(*´∀`)ノ

私も「鹿の王」を読ませてもらいましたが、納得の受賞だと思います。だって、すごい話なんだから。

この物語のすごいのは、社会生活、歴史と風俗、医療など、人間の生活のすべてが詰まっていることです。とくに医療の描写は、日本医療小説大賞を受賞するくらい、ファンタジーでありながら、医療についての描写がリアルなのです。

上橋菜穂子先生は、「鹿の王」を書く際に、内科医のいとこの方に、医療監修をお願いしたのだそうです。だから医療描写が、正確で、養老孟司さんや、医療関係者にも「鹿の王」のファンは多いのです。

本屋大賞HP→


「鹿の王 生き残った者」

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 3



「鹿の王 還って行く者」

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 4


JUGEMテーマ:オススメの本


2015.04.07 Tuesday

[映画]少林寺

ジェット・リーのデビュー作「少林寺」を鑑賞。カンフー実力者によるアクションシーンは圧巻、そして、あどけなさの残る若かりし頃リー・リンチェイがかわいい。

少林寺あらすじ


隋王朝末期、将軍・王世充が圧政をふるっていた時代、父親を将軍に殺された小虎は、瀕死の状態で少林寺の僧たちに助けられる。将軍への復讐のため、小虎は僧見習い・覚遠として少林寺で修行をすることになる。

けれど、修行の単調さに寺を抜けだした覚遠は、タン師匠の娘・パイが将軍にさらわれたのを助け、将軍に敵対する李世民と出会う。

李世民を助けたことで、少林寺は王世充に攻撃され、覚遠とタン師匠、仲間たちは13人で少林寺を守るため立ち上がる…。

リー・リンチェイのデビュー作


今ではアクションからコメディ、文芸作品にまで幅広く活躍するジェット・リー。彼がまだ、リー・リンチェイと名乗っていた頃のデビュー作が少林寺なのです。役者としては新人ですが、この頃リー・リンチェイは中国の武術大会に5回も優勝していて、そのアクションは圧巻。

アクションだけではなく、映画が進むに連れ、あどけない表情から、僧となり戦うことで、キリッとした感じに表情が変化していくんです。ストーリー順に撮影されたわけではないのでしょうが…。


少林寺/少林寺2 アルティメット・ツインパック 【DVD】
キングレコード (2013-06-12)売り上げランキング: 37,945





レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.06 Monday

[映画]バス停留所

マリリン・モンロー主演映画「バス停留所」を鑑賞。モンローの歌と演技は抜群ですが、設定が今の世だとちょっと賛否両論ありそうだ…。

「バス停留所」あらすじ


モンタナの牧場育ちの野生児ボーは、ロデオ大会に出場するためアリゾナ州フェニックスにやってくる。そこで酒場のショーガール・シェリーに一目惚れ。強引にチェリー(ボーはこう呼ぶ)と結婚を迫り、逃げ出そうとするシェリーを無理やりバスに乗せてしまい…。

現代の感覚ではセクハラ及びストーカーで捕まってるww


公開が1950年代ですから、女性差別や男尊女卑がまだまだアメリカでもあった頃ですから、仕方がないにしても、ボーがいやがって逃げるシェリーを投げ縄で捕らえたり、いきなり担ぎあげたりと、動物や奴隷のような扱いは観ていて不快でした。

ボーは大声で「しけた店だな!」とか言っちゃうし、あんなにシェリーに執着してたのに、自分が負けた姿を見られたとたん「みっともないから別れる」とかいいだすし、自分の感情ばかりを前面に押し出して、相手の感情をそんたくしない。

確かにピュアではあるんだけど、私は嫌だわ、こういう男。現代だったらすぐセクハラ容疑で通報されるぞ。

お目付け役のヴァージルの、
最初は、あの人がお前に相応しくないと思ったが、今は、お前が、あの人に相応しくない。」ってセリフがボーとシェリーの関係性をうまく表していて好きです。

それにしても、「第三の男」のホリー、「慕情」のマークといい、50年代の男は、女の気持ちをお構いなしに自分の気持ちを押し付ける男が目立つ…。


マリリンの演技


アクターズ・スタジオ後の出演映画、そのせいか、マリリンの表情ひとつひとつに深みがあって美しかったです。やっぱりマリリンはかっこいいよなあ。


バス停留所 [DVD]
バス停留所 [DVD]
posted with amazlet at 15.04.05
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) (2012-08-03)売り上げランキング: 42,438


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.04 Saturday

[映画] マイライフ・アズ・ア・ドッグ

1950年代のスウェーデン。母の病気のため、家族と離れて暮らすことになった少年、イングマルの成長を描いた映画「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」鑑賞。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ [HDマスター] [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D) (2014-10-24)売り上げランキング: 56,225


「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」あらすじ


スプートニク・ショックにゆれる1950年代。宇宙へ送られたライカ犬と、自らの不幸を比べる少年イングマルは、病気の母親の療養のため、母方の叔父の元へ夏の間預けられる。

叔父の務めるガラス工場では、風変わりな人々と出会い、サッカーやボクシングに興じ、おじさんのな小屋づくりを手伝い、楽しい夏のひとときを過ごす。

チームのボーイッシュな女の子に興味をもち、年上のお姉さんの裸を覗いて、性への淡い目覚めを覚えたり。

しかしふたたび、家に戻ると母の病気が進行し、冬にはまた叔父の元へ預けられることになり…。


めんどくさくて、愛おしい少年


この映画は今回2度目。1987年の公開で観た時と、現在とでは、だいぶ印象が違いました。それはきっと、私が年をとったからなのでしょうね。

昔は、イングマルの報われない行動や孤独感の方に共感したものだけれど、今、見直すと正直「面倒くさいガキだな」と思いました(笑)

イングマルって子は、大人から見ると、めんどくさい子なんですよ。お母さんに喜んでもらおうとするのに、いつも行動が空回りして、結局、お母さんや大人たちの神経を刺激してしまいます。

でも、そんなイングマルの言葉にならない気持ちもわからなくもない。周りの大人に勝手にいろいろ決められるし、お兄ちゃんは暴力的だし、お母さんともうまくいかないまま死に別れてしまうし。

ただ、そんなイングマルを、おじさんやガラス工場の大人たちも、友人たちも、彼を普通に扱うんですね。それがイングマルの救いにもなったのかも。


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.04.04 Saturday

くるねこ人情絵本 「やつがれと橘の木」

くるねこの人情時代劇、やつがれシリーズ五作目「やつがれと橘の木

今回もまた、ほっこりと、そしてちょっと切ない人情噺です。

棒手振りの八朔(やつがれ)は、拾い子のチビ太と女房のお夏、5人の子どもたちに囲まれ、のんびり暮らしている。あるとき、鍼のせんせー家族とピクニックを楽しんでいると、カラスの落とし物から守ってくれた武士・橘九太郎とであう。

旅立つという橘九太郎から、「橘の盆栽をもらってほしい」と頼まれた八朔は、二朱(約一万円)でひきとることにする。

その帰り道、骨董商の立花八十助なる男から「盆栽をゆずってほしい」と言われ、盆栽は10両で売れたものの、正直者の八朔は、その金を橘九太郎へ返そうとするが、がんとして受け取らず、しまいには刀で脅される始末。

鍼のせんせーたちと相談し、半額を橘九太郎へ収めてもらうよう、死に装束で再び九太郎のもとへ。

実は、そこで、九太郎と八朔の昔の因縁が明らかになり…。

今回はじめて八朔の過去が明らかになります。小さいころは奉公先でいじめられて、その奉公先が火事になり、泣いているところを助けてくれたのが九太郎だったわけです。

八朔は、ちいさいころからひとりぼっちで苦労をしてきたけれど、だからその分、関わった人にやさしいんだろうな。

やつがれと橘の木
やつがれと橘の木
posted with amazlet at 15.03.31
くるねこ 大和 幻冬舎 売り上げランキング: 29



登場人物の橘九太郎、立花八十助は、以前、くるねこ宅で預かっていた斑目九太郎、八兵衛がモデルのようです。前作の「あん胡郎」のように、くるねこ家で面倒をみた猫たちが、こうしてまた物語として登場してくれるのはうれしいことです。

くるねこ 14
くるねこ 14
posted with amazlet at 15.03.31
くるねこ大和 KADOKAWA/エンターブレイン 売り上げランキング: 2,929


やつがれとあん胡郎
やつがれとあん胡郎
posted with amazlet at 15.04.03
くるねこ 大和 幻冬舎 売り上げランキング: 9,582


「やつがれとあん胡郎―絵本漫画」→
「やつがれと枕荒らし―絵本漫画」→
「やつがれと甘夏―絵本漫画」→

2015.04.01 Wednesday

どうか、読んでみてください。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 佐々涼子

こんなにも、読むのが大変だった本はありませんでした。数ページ読むごとに、涙がでてしまうから。

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 は、東日本大震災で壊滅した日本製紙石巻工場の復興ドキュメントです。

この本をもとに再現されたドラマを観て、「あの」池上彰さんがテレビにもかかわらず、涙を流していました。この本を読んで、その意味がわかりました。

紙つなげ!  彼らが本の紙を造っている
佐々 涼子 早川書房 売り上げランキング: 4,074


第一章「石巻工場壊滅」
第二章「生き延びた者達」
第三章「リーダーの決断」
第四章「8号を回せ」
第五章「たすきをつなぐ」
第六章「野球部の運命」
第七章「居酒屋店主の証言」
第八章「紙つなげ!」
第九章「リーダーの決断」


マスコミが伝えなかった、震災


第一章「石巻工場壊滅」、第二章「生き延びた者達」第七章「居酒屋店主の証言」では、東日本大震災発生直後から、津波に飲み込まれた石巻の凄惨な描写が続きます。

その日、工場に出勤していた従業員は、総務課の徹底した危機管理によって、全員無事でしたが、街の中には津波に流され、壁一枚向こう側であがいている人々を助けることが出来なかったこと、津波が押し寄せた工場の1階に流されていた無数の遺体、震災後、無法地帯と化した街では強盗事件が続発したこと…。

この本を読んで、いったい私達は何を観てきたのだろうかと、衝撃をうけました。マスコミでは美談、もしくは悲劇しかつたえませんから。これらの描写は、震災を体験した人々の生の、心の声が詰まっています。

文中、壊滅した街をみて「戦時中のようだ」と表現されましたが、そんな悲惨な光景が、ほんの4年前に日本の東北で起こった事実を、忘れてはならないんです。

紙つなげ!工場再生の駅伝レース


被害状況がわかると、工場の再生は不可能だろう、そう思う人が大半でしたが、2人のリーダーが動きます。

倉田工場長は、「工場を半年で稼働する」という目標を行員たちに掲げます。
芳賀社長は「銀行と話ををつけてきた、金の心配はするな」と、石巻工場再生に向けてのバックアップを約束します。

工員たちは半年復興の目標に、最初は難色をしめしたものの、工場の復旧作業を続けることに希望を見出していくようになります。紙を作るためには、電気、ボイラー、タービンなど、各部署の設備を復旧しなければならず、工程を遅らせることなく、次の課にバトンタッチしなければならない。

この「紙つなげ!」のタイトルには、駅伝のように各部署が復興のたすきをつないで、最後の抄紙機を動かすまでが描かれています。凄惨な状況で、それでも勝つと信じ、ひたすら突き進んでいく石巻工場の人々の姿に、人間の底力を感じました。そして、涙がとまりませんでした。


日本の紙の現状


『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』では、紙がいかにしてつくられていくか、どのような材料を使い、どのように作られていくかが描かれています。

紙には会社によってそれぞれ特徴があり、読む者のことを考えて嵩高く、それでいて軽く、裏移りせず、めくった時の感触の心地よさといった技術は、熟練のオペレーターの腕に支えられているというのも、この本を読むまで知りませんでした。

意識もせず、めくるページのその中に、技術者たちの、たゆまぬ努力の結晶が詰まっているのだとおもったら、一枚一枚、ページをめくるのが愛おしくなりました。

本文の中にこんな表現があります。
紙には生産者のサインもない。彼らにとって品質こそが、何より雄弁なサインであり、彼らの存在証明なのである。

そんな技術者たちがの思いがこもったこの本のページは、めくりやすく、優しくて、読むたび指になじんでいきます。

作者の佐々さんはこの本の最後に、使用した紙の名前と、8号抄紙機の名前を記しました。それは出版業界から、日本製紙への感謝の気持ちだったのではないかな、と思うのです。


JUGEMテーマ:オススメの本

レビューポータル「MONO-PORTAL」


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

オススメ

おすすめ記事

Powered by 複眼RSS

おすすめ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • [映画]バクダッド・カフェ in 東京ごはん映画祭
    latifa
  • どうか、読んでみてください。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 佐々涼子
    日月
  • どうか、読んでみてください。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』 佐々涼子
    苗坊
  • ずるい考え方、ビジネス編。 「ムダが多い人ほど、よく伸びる」 木村尚義
    日月
  • ずるい考え方、ビジネス編。 「ムダが多い人ほど、よく伸びる」 木村尚義
    木村尚義
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    rose_chocolat
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    クマネズミ
  • 「旅のグ」 グレゴリ青山
    日月
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    日月
  • 神保町に、住みたくなる。[映画] 森崎書店の日々
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM