2018.11.12 Monday

校閲ガールの周りの人々『校閲ガール ア・ラ・モード』

校閲ガール続編『校閲ガール ア・ラ・モード』読了。しかし今回、校閲ガールはほとんど登場しません。彼女の周囲の人々のお話です。俺様な編集男子の本にかける情熱だったり、リア充編集者の意外な悩みなど、前作『校閲ガール』ではわからなかった彼らの人物像が深く描かれていきます。

校閲ガール ア・ラ・モード (角川文庫)

中古価格
¥38から
(2018/11/8 22:34時点)




登場人物たちの意外な一面


『校閲ガール』は、ファッション女子の河野悦子が畑違いの校閲部で起こる事件や人間模様を描いたお話ですが、当然のことながら主人公・悦子の視点から描かれています。

逆に『校閲ガールア・ラ・モード』は、悦子の周りの人々が、本編とはちがった側面が描かれています。

悦子の同期でリア充にみえる元読モでファッション誌編集の森尾。読モってだけで人生の勝ち組、ヒエラルキーのトップでのうのうとしていてもいいのに、彼女はあがくんですね。

あまり深く考えぬまま入った編集部での仕事、モデルとして成功した友達への複雑な気持ち、そして高級ファッション誌からのヘッドハンティング、ひとつひとつ向き合って行こうとする森尾かっこいいな。

校閲部で悦子と仲の良い米岡。彼(彼女)も、普段は明るいのですが、やはりジェンダーについて悩んだりしています。彼(彼女)の校閲を仕事にするまでのお話も興味深く、少女漫画に文字の間違いを指摘したファンレターを書いたら、編集部から「校閲のお仕事」を勧められたから。

読者から間違いを指摘されたら嫌だろうに、「校閲」という道を米岡に示したその編集者さん、すてきですね。こどもにとっての本や漫画は、子どもたちの一生を決めうる力があるんですから、それらに携わる人々がこういう意識を持って仕事をしてくれていると、読者もうれしい。

『校閲ガール』感想

校閲ガール (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2018/11/12 23:26時点)




出版界の暗黒面と編集者たち


そんな、こころなごむ話とは真逆の、出版界の暗黒面を描いたお話もありました。
いつも悦子に面倒を押し付ける編集の貝塚。常に強引で嫌われ気味の貝塚ですが、編集者としての情熱(新人作家の本を出す)は持ち合わせているんですね。そのためには作家のご機嫌取りや周りへの無茶振りも辞さない。

そんな姿はちょっといいかな。って思います。ちょっとだけど。

それにしても、出版を巡る事情はどんどん深刻になっていきますね。
表現者は増えているが、その表現に興味を持つ人(読者)は減っている」という言葉が刺さります。賞をとってもデビューできない新人作家たち、本が売れない現状、高慢な作家たち…

しかし、編集者に土下座させる作家って本当にいるんですかね…。いるとしたらそんな作家の本は絶対に読みたくない。


大泉洋を宛書した「騙し絵の牙」でも、出版業界の暗黒面に立ち向かう編集長・速水の奮闘が描かれます。こちらもおすすめです。

騙し絵の牙

中古価格
¥162から
(2018/11/8 22:42時点)



JUGEMテーマ:オススメの本



2018.11.11 Sunday

無印良品アドベントカレンダー2018

11月にはいり、いよいよクリスマス商品が解禁となりました。

愛する無印良品でもアドベントカレンダー(今はカウントダウンカレンダー)が発売中です。毎年、どんなデザインのカレンダーが発売されるか楽しみなのですが、今年はお家の形でした。

無印良品クリスマスカレンダー2018



カウントダウンカレンダー/1セット






24種のお菓子/24種24袋











こちらもおすすめ。輸入食品店カルディのアドベントカレンダー。

【カルディ限定】 アドベントカレンダー ウッドボックス ブック型 木製

新品価格
¥5,970から
(2018/11/10 23:55時点)


JUGEMテーマ:クリスマス




自分でつくる クリスマス型抜きクッキー/約20枚分(10袋分)




2018.11.06 Tuesday

小型バッテリーとソーラー充電で停電対策

豪雨や地震が続く昨今。防災グッズはできるだけあつめておこうと思う今日このごろ。これまでにもスマホ充電用のソーラーモバイルバッテリーや、ソーラーライトなどを購入してきましたが、もっと本格的な停電対策をしなければと思うようになりました。

スマホ充電用のソーラーモバイルバッテリー
折りたたみ式ソーラーライト

停電対策にソーラー充電とポータブル電源


北海道地震の停電のすさまじさをみるにつけ、いざというときに電力会社に頼らないエネルギーを確保するのは重要だなと思い、こちらの思い切ってこちらのポータブル電源を購入しました。


 


写真は充電中のバッテリー。最初に充電しておけば安心です。充電時間は7〜8時間。たぶん、ソーラーパネルだともっとかかるだろうな。
ポータブル電源バッテリー

付属コードいろいろ。ACアダプターやシガーソケット。シガーソケットはタバコを吸わないのでいらないかな、と思ったけれど、火がつけられるのはありがたいかも。

充電はUSBの他に通常のコンセントが使えるので、非常用電源として家電を動かすことができます。
ポータブル電源蓄電池付属コード

【セール開催中】Suaoki ポータブル電源 S270 防災グッズ 40500mAh/150Wh ミニ発電機 家庭用蓄電池 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に


こちらはもっと本格的な蓄電池タイプの発電機。メーカーによってさまざまなタイプの充電器がでているので、ご自分のタイプに合ったものを選ぶことができます。一家に一台あれば安心ですね。
騒音・排気ガスなし、ガソリンも不要!?発電機をお探しの方はこちら




JUGEMテーマ:太陽光発電



2018.11.05 Monday

読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい

『校閲ガールア・ラ・モード』を読んだ時のこと。
表現者は増えている。しかし、その表現に興味を持つ人は減っている」という一文に、確かになあ、と実感しました。ネットの普及で自分の表現を簡単に発表できるようになりました。

その反面、発表された作品を読む「読み手」、本を読む人は少なくなっています。

校閲ガール ア・ラ・モード (角川文庫)

中古価格
¥11から
(2018/11/5 15:26時点)




これからどんどん本を読む人は少なくなり、ついには書き手より、純粋な読み手が少なくなる時代がくるのでは…。と考えていたら、なんかこれSFになりそうだな〜。と思い、ちょっと書いてみました。


遠い未来。世には「表現者」が溢れていたが、彼らの作品を読み、感想を書く読者は極端に少なくなっていた。表現者たちは自分の作品を読み、評価してくれる「読み手」を巡って、激しい攻防が繰り広げられた。

「読み手」たちは争いを避けるため、ネットの海の小島や、本の森をさまよった。彼らはそこで自分の好きな作品を読み、感想を残してその場を去っていく流浪の民と化していた。

しかしある時、武装モノカキ集団「出版社」と「作家」が「読み手狩り」をはじめた。多くの優秀な「読み手」が捉えられた。彼らは本を無理やり読まされ、作家たちの自己顕示欲の慰み者にされていた…。

この劣悪な状況を打開するため「読み手」の上位種である「本読み」たちは、力を合わせ「読む自由」を勝ち取るための戦いを始めるのだった…


みたいな。作風で言ったら『横浜駅SF』とか、『文豪ストレイドッグス』みたく、あり得なさそう、でもちょっとだけリアルを感じさせる世界観で、「作家」と「本読み」が対決したりして。

私は文才がみじんもないので、だれか書いてくれないかしら…。

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

中古価格
¥36から
(2018/11/5 15:46時点)




2018.10.25 Thursday

麹と水だけでつくる甘酒の作り方


私がいつも作るのは米麹と水だけでつくる「はや作り」です。お米がいらないのでその分手間が省けて簡単だし、甘さも深まります。

この方法で作る甘酒の味はコンデンスミルクの乳感がない感じ、と言ったところでしょうか。自然な甘みです。

麹と水だけでつくる甘酒の作り方


甘酒づくり、私はいつも「みやこ麹」を使っています。「みやこ麹」はスーパーで手軽に買えるし、量もちょうどいいのでおすすめです。

伊勢惣 みやここうじ四角型 200g

新品価格
¥285から
(2018/10/25 20:02時点)




  1. 麹200gをボールにバラバラにほぐして炊飯釜に入れる

  2. 炊飯器にほぐした麹

  3. 60度のお湯300〜400mlを注ぎながらかき混ぜる
    ※お湯の量は少なければペースト状に、多ければドリンクとして使用できます。お好みで調節してください。私は料理やお菓子に使うので少し水分少なめで作ります

  4. 炊飯器にお湯と麹を入れ、湿らせたふきんをかぶせ、蓋を開けたまま保温スイッチを押す

  5. 4〜6時間放置。時々開けてかき混ぜる。発酵時間もお好みで調節をお願いします

  6. できあがったら粗熱をとり、フードプロセッサーにかける。フードプロセッサーを使うとお米のつぶつぶ感がなくなりペースト状になって食べやすくなります。

  7. 甘酒をフードプロセッサーにかける

知識ゼロからの甘酒入門

中古価格
¥950から
(2018/10/23 19:30時点)




甘酒の保存


余った甘酒は製氷皿に入れて冷凍しておきます。砂糖代わりに料理に使うと肉や魚が柔らかく仕上がります。
甘酒を製氷皿で保存


チョコ甘酒


ココア(無糖)を入れればチョコ甘酒がつくれます。ココアの量はお好みで。私は200gの甘酒にココア大さじ3〜4杯入れます。冷凍しておいてパンに塗ったり、ホットミルクに入れても美味しいですよ。

甘酒にココア

市販の甘酒


作るのが大変な方は市販の甘酒で代用してください。手作りの甘酒も美味しいですが、やはり、プロが作った甘酒は美味しいので。

河童の甘酒 使い切タイプ 米麹 砂糖不使用 ノンアルコール たべる糀 ローカロリー麹 米糀 30g×50本

新品価格
¥3,564から
(2018/10/25 15:18時点)


2018.10.23 Tuesday

『校閲ガール』宮木 あや子

ずっと読みたかった『校閲ガール』読了。校閲とは書籍や雑誌の記述や考証をチェックして間違いを正すお仕事。そんな校閲のお仕事には、てっきり「本にまつわる謎とき」があるのかと思いきや…。

校閲ガール (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2018/10/23 18:16時点)



校閲ガール、河野悦子登場!


河野悦子はファッション大好き女子。おおよそ小説にも活字にも興味がなく、校閲部にいるのも憧れのファッション雑誌「Lassy」の編集部に入れなかったから。

しかし彼女はすぐれた記憶力と直感力で、小説の齟齬を見つけ出し、作家の意図を探り当ててしまう。こう書くと、いかにもミステリ小説風ですが、実は『校閲ガール』は「お仕事小説」あるいは「恋愛小説」に近く、ミステリ要素はおまけと言った感じ。

それにしても、小説内の電車移動の時間までわかるなんて、やっぱり校閲ってすごい仕事だなあ…。

校閲ガール ア・ラ・モード (角川文庫)

中古価格
¥36から
(2018/10/23 19:20時点)




でも、悦子をはじめ登場人物たちが個性的で、オネエっぽい同僚・米岡くんや、作家絡みのトラブルに悦子を巻き込む貝塚とのやりとりが面白くて、だんだんミステリ展開に期待するのどうでもよくなってきましたww

校閲のさまざまな仕事をするうちに、だんだん校閲の楽しさにも目覚めていく悦子。そんな彼女の仕事への成長とか、偶然知り合った覆面作家・是永 是之との恋の行方もきになるところ。

悦子の唯一無二の目標は「ファッション誌への移動」で、校閲の仕事はその手段に過ぎないし、「好きなのは顔」と、堂々と言い放つ。

本好きでファッションに疎い私からすれば、ちょっと気後れしてしまうのですが、自分の好きなものがしっかりとあって、それが揺るがないのは読んでいて気持ちがいいです。
本当は校閲部でもっといろいろ活躍してほしいですが、一方で悦子の目標がかなってほしいなとも思います。

校閲ガール トルネード (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2018/10/23 19:22時点)





校閲が活躍する物語


こちらもおすすめ!『重版出来!6』では、忠臣蔵の討ち入りの時の天気までもチェックする校閲さんのプロ知識がすごい。

重版出来! (6) (ビッグコミックス)

中古価格
¥1から
(2018/10/23 18:23時点)





多様な作家・宮木あや子


作者の宮木あや子さんてR-18文学賞の『花宵道中』書かれた方なんですね。ジャンルの違いにびっくり。もっと他の作品も読んでみたくなりました。

花宵道中 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2018/10/23 18:47時点)


JUGEMテーマ:オススメの本



2018.10.21 Sunday

俳句ゼミという異世界。『ほしとんで』本田

ガイコツ書店員 本田さん (1) (ジーンピクシブシリーズ)』で本屋スタッフの忙しくも刺激的な日々を描いた漫画家の本田さん。

今度は「俳句」をモチーフに、はからずも俳句ゼミはいってしまった主人公と、ゼミ学生たちの物語『ほしとんで』を発表。俳句という未知の分野に四苦八苦しながらも俳句の魅力に目覚めていく主人公・流星と、仲間たちのやりとりが軽快で面白いです。

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)

新品価格
¥648から
(2018/10/21 00:16時点)





本田さんの世界観


漫画でも小説でも、面白いものって「特定の中だけで通じる言葉や雰囲気を、どれだけ外に(わかりやすく)伝えられるか」じゃないかと思うんです。物語ってだいたい小規模なコミュニティで展開しますしね。

『ガイコツ書店員本田さん』では、コミック売り場の個性的な面々(なぜかみんな、様々なかぶりものをしている)や本屋の専門業務、身内(オタク)しかわからないワードを使っているにもかかわらず、そこに読者を引っ張り込んでしまうんです。

『ほしとんで』も、俳句という一見とっつきづらい学問を、新入生である主人公が最初から学んでいくことで、読者にも俳句のしくみや魅力が伝わってきます。

こうしたそれぞれのコミュニティ独特の世界観と、一般社会に共通する部分とのさじ加減を、本田さんは捉えるのがうまいのだと思うんです。

ガイコツ書店員 本田さん コミック 1-3巻 セット

新品価格
¥1,782から
(2018/10/21 00:22時点)





個性的で愛おしい登場人物たち


また、八島芸術大学(やし芸)の愉快な仲間たちの魅力的なことと言ったら…!特に流星くんと仲良しの春信くん。彼は丸メガネにボブ、語尾に「〜ですぞ」をつける典型的(で古典的な)オタク青年なのですが、彼がまあ魅力的で。キモいはずなのに、読んでいくと愛おしささえ感じてしまう。

ほかにもゼミの坂本先生はじめ、ハーフのレンカさん、子連れゼミ生のみどりさんなど、彼らのキャラがすばらしい。流星くんのおじさんでイケメン教授や幼なじみのイケメン俳優など、どこをとってもおいしい(愛おしい)登場人物たち。これから彼らと流星くんが俳句を通してどんなことを学ぶのか(しでかすのか)。

続きが本当に楽しみな漫画です。

こちらはKindle版。

ほしとんで01 (ジーンLINEコミックス)


JUGEMテーマ:オススメの本



2018.10.14 Sunday

ポイントサイトでこつこつお小遣い稼ぎ

ポイントサイト、使っています。ためてます。最近ではスマホのアプリでポチっと押すだけでもポイントをためることができるので、合間にちょこちょこお小遣い稼ぎをしています。

副業サイトよりポイントサイトが便利な点


最近ではネットの副業サイトが人気ですが、渡しの場合、平日働いて疲れているのに、夜や週末にまた副業…となるとものすごく疲れてしまいます。

なので、あまり頭を使わず、ぼーっとしながらでもできるポイントサイトだと、副業サイトより案外お金がたまりやすかったりします。

私が使っているポイントサイト


実際に登録してつかっているポイントサイトをご紹介。

ちょびリッチ


アンケートや買い物でポイントが貯まるのは他のポイントサイトと同じですが、私がオモシロイと思ったのは、楽天市場の店によって高額ポイントがもらえるシステムです。

楽天はポイントが溜まりやすい反面、ポイント率が低いことが多いんですが、高還元率のお店があるのはうれしい。





マクロミル


インターネットマーケティングの老舗・マクロミル。さまざまなポイントサイトのアンケートでも使われているので安心感があります。LINEやTwitterのアカウントなどがあれば登録できるので、あらたにID、パスワードを設定する必要がないのもうれしい。

メールで届くアンケートに答えるだけでポイントが貯まります。





ポイントタウン


GMOが運営するポイントタウンは、20ポイント=1円と、交換レートは低めと思われますが、たとえレートが低くても表示されるポイント数が大きいと、気分的に多く貯まったような気になるので、貯める達成感がある。

・20ポイント=1円
・楽天やyahooショピングなどで買い物する時、ポイントタウンを経由することでポイントが得られる
・スマホアプリ対応(アプリのみのコンテンツ充実)
・現金への交換可能
・ゲームが豊富
・レベルが上がると交換レートがアップ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モッピー


モッピーは、1ポイント=1円なので一度に貯まるポイント数は少ないものの、貯まったポイント数がそのまま現金化できるのが魅力。アンケートは毎日コツコツやれば月に数百円になるので、とにかくコツコツためています。
ライティングは、文章入力でポイントを多く貯めることができるので、文章を書くことが好きな方にはおすすめです。

・1ポイント=1円
・楽天やyahooショピングなどで買い物する時、モッピーを経由することでポイントが得られる
・アンケートが多い
・タイピングやライティング機能が充実
・スマホアプリ対応

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018.10.14 Sunday

『明治大正 翻訳ワンダーランド』鴻巣 友季子

以前、黒岩涙香の『幽霊塔』の感想に「物語は大変面白かったものの、明治のトンデモ翻訳、英国なのに日本人名やら歌舞伎のような台詞回しに難儀した」と書きました。

ところが翻訳家・鴻巣友季子さんの『明治大正 翻訳ワンダーランド』を読んでみたら、明治時代の翻訳者の功績について書かれており、先人たちが創意工夫・悪戦苦闘の末、海外文学の翻訳を行っていた姿を知り、失礼なことを言って、も申し訳ない気持ちに…(そうは言っても、やはりわかりづらいけれど…)

明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)

中古価格
¥99から
(2018/10/12 22:04時点)




悲劇がハッピーエンドに?明治のトンデモ翻訳事情


明治は言文一致運動(それまで書き言葉と話し言葉がちがっていたので一緒にしよう、という運動)が始まったばかりの時代。その中で外国語の知識と、読者に伝わる日本語センスをもった翻訳者は希少な存在であり、突出した才能の持ち主たちでした。

そして、明治大正の翻訳者は、その才能ゆえか、作品も人生もかなり個性的なのでした…。

奇想天外・黒岩涙香


個性的な翻訳と、奇想天外な展開で人気を博した黒岩涙香。そんな黒岩涙香が手がけた「レ・ミゼラブル」は「あゝ無情」、「モンテ・クリスト伯」を「巌窟王」と日本名にわかりやすくしたのは涙香の功績なのだとか。

黒岩涙香は英語小説を毎日読むことを自らに課し、「百冊に一冊」翻訳に値する小説を探しては日本の読者にわかりやすく、面白い小説を提供してきましたが、中には「翻訳」の域を超えてしまった作品も。

著作権や版権の感覚が現代とは違う明治時代、なんと涙香は小説の結末をも変えてしまったのです…!
「鉄仮面」という小説ではそもそも主人公は鉄仮面をかぶっていなかった!そしてアンハッピーで終わるはずのラストを大胆にも大団円に書き換えてしまったのです…。さすがは「翻訳」ならぬ「翻案」と呼ばれた黒岩涙香…。

『幽霊塔』感想→

幽霊塔

中古価格
¥450から
(2018/10/14 17:46時点)



その他にも、トルストイやドストエフスキーが好きすぎて翻訳してしまった翻訳家の話、日本語に翻訳されたことで、忘れられた原作が再び注目された話など、翻訳黎明期の翻訳者にまつわるさまざまなエピソードが満載です。

ちなみに、日本でよく知られている『フランダースの犬』の最初の翻訳ではネロは清、パトラッシュは斑(ぶち)と訳されていたそうな…

フランダースの犬 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2018/10/14 17:09時点)




こちらもおすすめ『翻訳百景』

翻訳百景 (角川新書)

中古価格
¥1から
(2018/10/14 17:13時点)


2018.09.28 Friday

明治の推理作家 VS 天才棋士『涙香迷宮』

以前『幽霊塔』を読んだのは『涙香迷宮』を読む前に黒岩涙香の作品を知っておきたかったから。
『幽霊塔』で明治の翻訳表現に苦しみながらもページをめくる手が止まらなかった涙香のすごさがわかりました。

『幽霊塔』感想→

そんな涙香をモチーフにしたミステリ『涙香迷宮』は、天才棋士が、明治時代のミステリ作家・黒岩涙香が残したいろは歌にまつわる謎を解いていくというもの。暗号、殺人、いわくありげな洋館、そして嵐の山荘…。ミステリ要素が満載の作品でした。

涙香迷宮 (講談社文庫)

中古価格
¥7から
(2018/9/26 20:36時点)




『涙香迷宮』あらすじ


若き天才棋士・牧野智久は知り合いの刑事から事件の意見を求められる。その人物は碁を打っている最中に後ろから刺され、絶命していた。智久は碁石の数が通常より多いという事実に引っかかりを感じた。

一方、智久の彼女・類子はミステリサークルのイベントで黒岩涙香の研究家である麻生に声をかけられる。麻生は涙香の企画展を計画しており、涙香が残したとされる洋館の発掘調査を行うという。

そこへ智久も招待され、ほかにも歌人、ゲーム作家、編集者などさまざまなミステリマニアが集まり、洋館の地下に残る涙香の暗号を解き明かそうとするのだが…。

日本ミステリの始祖、黒岩涙香


いろは唄はひらがなを一文字ずつ使った和歌で、「いろはにほへと」が有名ですが、その他にも様々ないろは唄がつくられいて、黒岩涙香はいろは唄の達人でもありました。

その他にも涙香は「連珠」と呼ばれる五目並べやビリヤードなど、遊芸百般と言われるほど様々なことに才能を発揮していたそうです。

星座盤を模した天井、十二支を配した部屋にそれぞれ置かれたいろは唄。ミステリ要素がふんだんに含まれていたのは楽しかったです。涙香は自分の新聞社で実際に宝探し懸賞企画をおこなったので、自分のハマった趣味である「いろは唄」や「連珠」で「宝探し」の謎解きをさせるのは実際にあってもおかしくないモチーフですね。

黒岩涙香のこと




ただ、これだけワクワクするモチーフがありながら、宝と内容だとか、殺人事件の結末だとかはいまひとつ盛り上がりに欠けた感じも。十二支いろは唄の部屋は、詳細に描かれていたので、部屋そのものにもなにかあるんじゃないかと期待してしまったんです。

綾辻行人さんの館シリーズを読んでいると特に「部屋の配置図=謎がある」と思っちゃうんですよ…

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

中古価格
¥123から
(2018/9/28 18:50時点)




いろは唄の解説も、明治期のかな文字表現がむずかしいので、自分で考えられず探偵役が解き明かすのをただただ感心するばかりなので、あまり物語の中に入り込むという感じはなかったかな。

とはいえ、明治の偉大な推理作家と若き天才棋士の頭脳戦は面白かったです。本当の犯人というか仕掛け人は黒岩涙香なのかもしれません。

幽霊塔

中古価格
¥478から
(2018/9/28 18:49時点)





Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM