2015.02.01 Sunday

ローマ時代のイギリス冒険譚。「第九軍団のワシ」 ローズマリー・サトクリフ

ローマ時代のイギリス冒険譚「第九軍団のワシ」を読みました。大好きな「精霊の守り人」の著者、上橋菜穂子先生が著作やインタビューで何度も取り上げられていたのがこの本です。

読んでみて思ったのは「子どもの頃に読みたかった!」です。しかし、その反面、おとなになった今だからこそ、培ってきた経験値で物語の風景や状況が想像でき、より深く、物語の世界を楽しめました。

「第九軍団のワシ」あらすじ


紀元前100年頃のローマ時代。ブリテン島(今のイギリス)では、カレドニア(スコットランド)以外の土地はローマの支配が進んでいた。百人隊長としてブリテンに赴任したマーカスは、地元の氏族との戦いで負傷し、軍を退役する。

やがてマーカスは、身を寄せていた叔父のもとで、かつて父親が所属し行方不明となった第九軍団と、その象徴である<ワシ>の噂を耳にし、叔父の友人である司令官に、<ワシ>の探索を願い出る。
奴隷剣闘士として殺される運命にあったエスカを救い、旅の道連れとしたマーカスは、ローマの支配が及ばないカレドニアへ向けて旅立つのだが…


第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
ローズマリ サトクリフ 岩波書店 売り上げランキング: 19,223



ファンタジーのような歴史小説


カレドニア(スコットランド)、ヒルベニア(アイルランド)など、ローマ時代のブリテン(イギリス)の古い呼び名は、異なる異世界のようでした。それだけでも異世界っぽいのですが、あまりなじみのないローマ時代のイギリスは、今のイギリスとは全く違う世界のようでした。


体感することのできる文章


小説の中には、読者がまるで、その世界に入り込んだような錯覚をおこさせるものがありますが、ローズマリー・サトクリフの文章はまさに、体感できる小説です。

前半、氏族との戦いでの雨の質感、丘をわたる風のここちよさ、カレドニアの氏族の聖地の暗闇、逃亡の緊迫感など、マーカスやエスカの体験が、ぴりぴりとこちらの皮膚にも伝わってくるような感覚が味わえます。数は少ないものの、食事のシーンの描写はどれも美味しそうなんです。

また、この小説を寸分違わぬに日本語で翻訳してくれた猪熊葉子さんの力もすごい、と思います。


<ワシ>と鹿の王


この物語の根幹にある民族の対立や冒険譚は、上橋菜穂子さんも影響をうけている気がします。特に上橋さんの「鹿の王」では、国との対立と人同士の絆が描かれ、両方を読んでみると、共通点があるような気がします。おそらく、「第九軍団のワシ」は、上橋作品に影響を与えた作品であることが伺えます。

「第九軍団のワシ」に描かれた支配者側と非支配者側との対立は、その違いを埋めるためにどうすればいいか、それを探す旅だったのかもしれません。それは普遍的なテーマとして、「鹿の王」に受け継がれている、そんな気がします。


明日は、いずこの空の下
上橋 菜穂子 講談社 売り上げランキング: 49,332


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.01.27 Tuesday

台湾の甲子園代表を知っていますか? [映画] KANO 1931海の向こうの甲子園

観てよかったと思える映画は多い、でも観て欲しいと言いたい映画はKANO だ。


KANO 1931海の向こうの甲子園』は1931年(昭和6年)台湾代表として甲子園に出場した嘉義農林学校(KONO)の生徒たちの成長と、民族の垣根を超えて彼らを導いた近藤監督との絆を描いた映画です。

KANO 1931海の向こうの甲子園』では、日本人があまり知らない、台湾と日本の歴史が描かれています。東日本大震災で驚異的とも言える多額の寄付が集まったのには、近年の親日ブームだけではなく、こうした古くからの絆のせいではないかと映画を見た後はそう思うです。

また、歴史的側面だけではなく、弱小チームが甲子園決勝まで到達するという、スポ根の王道ともいうべき展開(それも実話)がワクワクさせてくれるのです。3時間強と長い映画ではありますが、でも、いろいろな人に見て欲しい映画です。


台湾と日本の蜜月


台湾歴史三部作の「海角七号 君想う、国境の南」が別れと再会、セデック・バレが対立なら、3部作のラスト『KANO 1931海の向こうの甲子園』は蜜月だと思う。台湾と日本が絆で結ばれていた、本当の意味で一つの国だったころの。

映画の中では台湾人も先住民族も日本人も、みな同じようにグラウンドで汗を流し、嘉義の人々もまたそんな彼らを一丸となって応援していきます。

また、映画の中に登場し、生徒たちに激励を送る八田與一氏は、台湾のインフラ整備を行い、烏山頭ダムや灌漑設備を整備して、現地の人々から慕われた方でした。

嘉農(KONO)が台湾大会に優勝したその時、ダムの放水が始まり、水路に水が満たされます。干ばつが回避され、台湾代表が甲子園で活躍する。それはさまざまな対立や差別もあったけれど、みんながひとつになった短い幸せな時間だったのと思います。

1931年、甲子園決勝戦を目撃する


映画の後半、甲子園出場から決勝戦までが丹念に描かれます。忠実に再現された当時の甲子園球場で、決勝戦を戦う嘉農(KONO)の選手ですが、エースの呉は連投によって指を負傷。血だらけの指で投げつつける姿に、チームメイトたちは「俺達がアウトにするからお前は投げろ」と励まします。

その頃はまだ、テーピングとか絆創膏とかないんですよ、だから怪我のまま、投げ続けるしかない(;ω;` )
そんな嘉農(KONO)の選手たちの奮闘に、甲子園全体が彼らを応援します。最初は差別的な発言をしていた新聞記者まで「嘉農(KONO)びいきとなった。」とまで言わしめます。

私も途中からすっかり、1931年の甲子園決勝を「本当に」観ているような気になり、「くっそう!中京商業めえ!(# ゚Д゚)」とか「誰か、呉くんにテーピングしてあげて!(;ω;` )」とか、かなりの嘉農(KONO)びいきっぷりでした。そして迎える最終回。

この辺りはもう、泣きながら見ていました。本当にいい試合でした。映画の最中ですが、彼らに拍手を送りたかったです。

ほんとうの民族協和


「五族共和」という言葉があります。これは戦前、傀儡国家満州国が日本人や漢人、満州人などの協和を説いた嘘っぱちの言葉ですが、嘉農の野球チームには、民族の垣根を超えた本当の絆がありました。彼らはみな、同じ目的に向かって努力し、絆を深めていきました。

近藤監督は打撃力の台湾人、守備の日本人、俊足の先住民族、彼らの特性を見抜き、最強のチームを作り上げていきます。

協和とは、強制ではなく、信頼から生まれるものなのですよ、きっと。




KANO 1931海の向こうの甲子園
魏 徳聖 陳 嘉蔚 翔泳社 売り上げランキング: 1,663



「海角七号」「台湾カフェストーリー」に続き、中孝介がここでも楽曲披露。「海角七号」で主役のアガを演じたファン・イーチェンらと組んで主題歌を歌っています。

風になって~勇者的浪漫~(初回生産限定盤)
Rake ERJ (2015-01-21)売り上げランキング: 13,223


台湾映画感想


「百年恋歌」→
「台北カフェ・ストーリー」→
「台北に舞う雪」→
「海角七号 君想う、国境の南」→
「LOVE GO GO 愛情来了」→
「トロッコ」→



レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.01.21 Wednesday

辛いニュースをストレス少なく知る方法

以前放送された池上彰さんの番組イスラム国の特集で、奴隷売買の現場を撮影した映像を観てショックをうけ、しばらく立ち直れませんでした…。

辛いニュースであっても、直視すべきなのだろうけど、毎日辛いニュースばかりを見ていたら正直つらいものです。
どうにか、ストレスを少なく、知りたい情報を得る方法はないものだろうか。と考えていました。


例えば、先日読んだメンタリストのDaiGoさんの本には、ストレスを避けるにはなるべく悪いニュースを観ないと書いていました。あまりにも辛いニュースばかりを見過ぎたら、一旦そこから離れてみるのも手かもしれません。
不安や憤りだけでは、どうしてもネガティブな考えしか浮かびませんから。



辛いニュースをストレス少なく知る方法


ある時、プレジデントという雑誌で、昨今の政治経済、世界情勢などをまとめた記事を読みました。その中にはイスラム国の記事もあり、成り立ちやテロ活動、活動資金の調達などが詳細に書かれていました。

その記事を読んだだけでは、不快感や憤りはなく、ただ情報として認識することができたのです。ということは、辛いニュース、どうしても最低限知っておきたい情報は、文字で摂取したらいいのではないかと思うのです。

新聞や雑誌、ネットニュースなど活字媒体でなら、感情的にならずに必要な情報を得ることができるのではないでしょうか。映像はあまりにも、悲惨なところばかりとりあげますから…。

PRESIDENT (プレジデント) 2015年 1/12号
プレジデント社 (2014-12-22)

2015.01.21 Wednesday

[映画] 豪華絢爛・昭和オペレッタ 新春狸御殿

お正月ということで、華やかな映画を鑑賞。「新春狸御殿」(昭和34年)はオペレッタという、比較的短いオペラ喜劇を日本風にアレンジした、映画というより華やかなお芝居を観ているような感じでした。(実際、舞台で撮影されたシーンが多数あります)

新春狸御殿あらすじ


たぬきの国ではカチカチ山でうさぎに背を焼かれた泥右衛門と孝行娘・お黒が暮らしていた。2人(2匹?)は、ひょんなことから狸の国の御殿に迷い込み、捕まってしまう。しかし、お黒の顔がなんと姫君(きぬた姫)に瓜二つ。たぬきを嫌い、人間の世界に家出した姫の身代わりとして、お見合いをすることになったお黒。

お相手の若君・狸吉郎はすっかりお黒に夢中になり、お黒もまた若君を憎からず思うものの、身代わりの身分の辛さを感じる。そうこうするうち、人間との恋に敗れたきぬた姫が国に戻ってきた。娘の出世の妨げと泥右衛門は姫を討とうとするのだが…


豪華絢爛、昭和オペレッタ


こういっちゃなんですが、ストーリー自体は単純。それよりも重要なのが絢爛豪華な歌と踊りで、全体の半分以上を占めています。市川雷蔵演じる若君を迎えるための宴では、若き日の中村玉緒さんなど、当時の美人女優さんたちが多数登場。雷蔵さんとの歌と踊りに興じるさまは、昭和の映画黄金期の豪華さを感じさせ豪華さでした。


流行歌手からストリッパーまで


俳優陣も、市川雷蔵、若尾文子、勝新太郎、中村玉緒、水谷八重子(初代)など、豪華な出演陣なのですが、それ意外にも当時の流行歌手、和田弘とマヒナスターズの歌、松竹歌劇団による踊りなど、脇を固める人々もまた、歌と踊りのプロフェッショナルばかり。

面白いところでは河童の役でセミヌード(ニプレスつき)を披露している女優さんたちはストリッパー。新春狸御殿あらゆるジャンルの一流どころを集めた映画だったのですね。何度も変わる衣装と豪華絢爛な歌と踊りは観ているだけでうっとり。

初春狸御殿    [DVD]
初春狸御殿 [DVD]
posted with amazlet at 15.01.20
KADOKAWA / 角川書店 (2015-01-30)売り上げランキング: 11,697


平成のオペレッタ狸御殿も見比べてみたい。
オペレッタ 狸御殿 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2006-10-25)
売り上げランキング: 162,602


JUGEMテーマ:邦画

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2015.01.15 Thursday

[買う支援] 編んだもんだら 編ブレラ(アンブレラ:傘)グリッパー(ニシキアナゴ)

以前、南三陸のお母さんたちがつくるエコたわし「編んだもんだら」を紹介しました。

ひらめやホヤなど、海の生き物をモチーフにしたエコたわしは可愛らしいだけではなく、その緻密さ(ホヤは内臓つきだったり、ひらめの目の位置も正確)にすっかりファンになった私は、追加注文しようとネット通販のページをみたところ、こんなカワイイモノを発見してしまいました…(;´Д`)

その名も、編ブレラ(アンブレラ:傘)グリッパー(ニシキアナゴ)
アンブレラグリッパーは、傘の手元部分にかぶせるカバーのことで、ここでも編んだもんだららしく、海のいきもの、ニシキアナゴ、チンアナゴをモチーフに作られています。

これがもう、可愛いったら!編んだもんだらのこだわりで、チンアナゴの特徴がリアルに再現されているし、なにより、傘の持ち手にピッタリのデザインが素晴らしいです。

編ブレラ(アンブレラ)グリッパー(ニシキアナゴ)

他にも猫の肉球をモチーフにした「にゃんだもんだら」もあり、ビニール傘につけておけば、見間違うことはありません。なによりこの可愛らしさ!雨の日が楽しくなる傘グッズです。

編ブレラ(アンブレラ)グリッパー(ニシキアナゴ)


編んだもんだらエコたわし。一見いもむし、でもめかぶ。目がついていて可愛らしい。



購入はこちらから。売上の一部が被災地の作り手のお母さんたちの収入になります。

編んだもんだら - おんなたちの復興プロジェクト「さざほざ」

JUGEMテーマ:東日本大震災

レビューポータル「MONO-PORTAL」
JUGEMテーマ:東日本大震災

2015.01.07 Wednesday

しゃばけシリーズ外伝 「えどさがし」 畠中 恵

しゃばけシリーズ外伝「えどさがし (新潮文庫)」読了。通常のしゃばけシリーズと異なり、今回、若だんなはあまり出てきません。

おなじみの仁吉や佐助、妖が見える僧・寛朝さまや、若だんなに知恵とお菓子を拝借しに来る、親分とそのおかみさんの話など、しゃばけの登場人物たちが主人公になり、身に迫る難題を(若だんな抜きで)解決していきます。

五百年の判じ絵


これはまだ、犬神の佐助が若だんなと出会う前のお話。あてもない旅を続ける佐吉の前に、人に化けた狐・朝太が現れる。

茶店の判じ絵(絵文字)の謎を解いていくうち、どうやらそれが佐助の500年前の約束に関わることだとわかる。けれどそこへまたお稲という狐が現れ、珍道中が始まることに…。判じ絵の謎が解かれていくうち、佐助は500年前の約束事を思い出していきます。

太郎君、東へ


若だんなたちと関わりのある河童の親分・禰々子は、このところ利根川の化身・坂東太郎が荒れているのに頭を悩ませていた。

原因を探ると、人間たちが利根川の流れを勝手に変えようとしているらしい。様子を探るべく普請場へ向かった禰々子は、普請を行う侍・小日向に出会う。小日向をにくからず思うようになった禰々子は、坂東太郎に人間と真っ向勝負をするように諭すのだが…。

江戸初期、実際に行われた利根川東遷事業に案を取り、人間の都合で自然を変えられる側のドタバタを描いています。それにしても禰々子さん強い。

たちまちづき


妖退治で有名な僧・寛朝の元には、人々からの怪異に関する相談事が後を絶たない。あるとき、口入れ屋の女房お千が亭主についた「おなご妖」を払って欲しいとやってくるが、寛朝といえでも「おなご妖」など聞いたことがない。よくよく聞くと、亭主が弱腰なのを、妖のせいだと思い込んでいるようで…。

その後、大滝屋が夜道で襲われ、その後大滝屋でも奉公先の騒動が発生し、女房お千の責任問題にまで発展するが、それを解決したのは、意外な人物で…。


親分のおかみさん


時々長崎屋の離れに現れては、お菓子と若だんなの知恵を拝借していく日限の親分。その女房・おさきは病がちで夫に面倒をかけるのを申し訳なく思っていた。

あるとき、自分の長屋の中に赤ん坊が捨てられ、同時に亭主が買っておいた昼ごはんまでが消えていた。長屋の住人に相談すると「捨て子を引き取るふりをした強盗事件」があることを知らされる。けれど、強盗に使われたのは女の子だという。果たして捨てられた赤子の正体は…。

話には出てきていた親分のおかみさん。こんな方だったんですね。拾い子をしたことで彼女自身も強くなっていったようでした。推理は親分よりも上手のようです。

えどさがし


明治20年代。「京橋」と名を変えた仁吉は、「江戸の頃をおぼえているか 一」という新聞の投書の出処を調べに新聞社へ。

そこでピストル殺人事件に遭遇し、事件に巻き込まれることに。警官に化けた妖かし・秋村から、投書の情報を調べるかわりに事件を調べてほしいと頼まれ、仁吉は明治の世でも面倒事に巻き込まれます。

果たして投書の主は若だんな(の生まれ変わり)なのか、ピストル事件の真相は…

時は明治に移り、若だんなはそこにおらず、妖かしたちだけが明治の世に残されています。仁吉たちは店を守り、姿を変えて若だんなの生まれ変わりを探しているのです。

こうした形で若だんなのいないのその後を知らされるのは、なんとも切ないのですが、「しゃばけ」では神様によって一度運命が変えられたこと(ゆんでめて)があるので、あくまでスピンオフの世界として考えておこうと思います。

しゃばけ本編では、若だんなと妖かしたちがずっとずっと一緒にいると、信じていますので。

えどさがし (新潮文庫)
畠中 恵 新潮社 (2014-11-28)売り上げランキング: 1,349



「えどさがし」には畠中先生の「アイスクリン強し」に登場する洋菓子屋「風琴屋」のものらしき洋菓子がでてきます。いつか若様組や真次郎が仁吉たちに会うお話も読んでみたい。

アイスクリン強し (講談社文庫)
畠中 恵 講談社 (2011-12-15)売り上げランキング: 95,759


しゃばけシリーズ感想


「しゃばけ」感想→
「ぬしさまへ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→

「しゃばけ読本」→
2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
レビューポータル「MONO-PORTAL」
JUGEMテーマ:オススメの本


2015.01.06 Tuesday

[簡単・ちょい足し手芸] 無印メンズパジャマ+アンティークボタン=ジャケット

無印良品の男性用パジャマ、襟の部分が好みで、大きさも女性用のジャケットになりそうだったので、購入してちょい足し。

家にあったアンティークボタンに変えてみました。ズボンの部分も裾上げして、家用に使っています。

無印メンズパジャマ+アンティークボタン=ジャケット

【材料】
・起毛二重ガーゼ肩キルト首元2WAYパジャマ(無印良品)※今回はMサイズ使用
・ヴィンテージボタン 18mm 8個 (くるみボタンでも可)



起毛二重ガーゼ肩キルト首元2WAYパジャマ/紳士M・チャコールグレー






今回はアンティークボタンを使いましたが、くるみボタンをつけると、可愛い感じに仕上がります。

Maxant ミラクルボタン(打具付)/20-042 18MM
Maxant 売り上げランキング: 40,636



2015.01.01 Thursday

2015年の初日の出

あけましておめでとうございます。昨日飲み過ぎたのにもかかわらず、なんとか初日の出を拝むことができました。
ついでに、太陽礼拝ヨガもやりました。

大掃除でかたまっていた筋肉がバキバキでした。

東京地方は昨夜の雨雲が残っていて、初日の出もその分遅れていたのですが、一直線上に広がった雲の上からあがる初日の出は、なんだか水平線のようで、これはこれでカッコ良かった。

そんなわけで、今年もよろしくお願いします。

2015初日の出

2015初日の出

今年の目標は、
・二の足を踏まない
・過去できなかったことに再チャレンジ

ですかね。
人生は長いようで短いから、やりたいことをやっといたほうがいい。



2014.12.28 Sunday

「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」 三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖、今回は全編太宰治作品です。今回は「栞子さんと巡るさだめ」とあるように、彼女のルーツについて、驚くべき事実が判明します。

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
三上 延 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-12-25)売り上げランキング: 2


第一章 走れメロス


前回の巻末、太宰治の希少本「晩年」に関する脅迫文が届き、大輔は第一巻「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」で、「晩年」を巡って栞子さんに怪我を負わせた犯人、田中俊雄に接触するものの、田中から逆に祖父が持っていた別の「晩年」を探して欲しいと依頼されます。

真相をつかむためにも依頼を受けた栞子さんと大輔は、関係者へ聞き込みをはじめ、事件に巻き込まれていくのですが…。

知己の同業者に事情を聞くと、栞子さんの祖父もまた、本に関する依頼を受けていたことを知ります。

第二章 駆け込み訴へ


太宰の書き込みがあったという(田中の祖父が持っていた)「晩年」を探し、富沢という人物に辿り着いたものの、田中の祖父が起こした蔵書盗難事件によって、疎遠になってしまった太宰研究会(ロマネスクの会)のメンバーと富沢氏の娘により、事件の真相解明を依頼されます。

栞子さんは、50年近く前の盗難事件についても、本に関する明晰なさをみせ、見事に解決したのですが、そこには田中の祖父と、大輔の祖母の秘密が関わっており、田中を利用して本を手に入れようとした人物は…。

ここへきて、物語の鍵になる人物が出てきます。故人ではありますが、栞子さんの祖父の修行先の店主であり、希少本に異常な執着があり、強引な手段で手に入れる人物・久我山書房店主・久我山尚大。

その久我山の行為そのものが、今もなお亡霊のように栞子さんたちの身に災いをもたらしていきます。

この人物、これからも絡んできそうです。


第三章 晩年


栞子さんの「晩年」を奪おうとし脅迫文を送った、意外な犯人が判明します。確かに、最後まで読んでみると、一番しっくりくる動機をもっていますから。

その他、大輔が気がついてしまった、篠川智恵子(栞子さんの母)の出生の秘密。それこそが「巡るさだめ」なのかもしれません。


おまけ:ラブラブファイヤー


正体のわからない脅迫者、祖父母の代までさかのぼった因縁、もうひとつの晩年の行方…と、深刻な内容が続きますが、ちゃんとラブ要素も、それも(2人にしては)すっごいのが出てきます。(*´∀`*) まさにラブラブファイヤーですね。ちなみにラブラブファイヤーは第一巻に登場した顧客の坂口しのぶさんの命名です。


おまけ:栞子さんの母が探している本についての考察


ここまでわかっていることをまとめてみました。

・正気じゃ手に入らない、どんでもない古書である
・彼女はそれを探すため、家を出た
・「台湾」でに志田に再会
・篠川智恵子が大輔くんの病室で読んでいたのは「聖書」(HOLY BIBLE)
・栞子さんの祖父は「クリスチャン」で神父を目指していた

「台湾」というキーワードから、以前「戦前に日本国外で出版、または執筆された、日本人作家の小説」ではないかと推理しました。6巻では新たに「キリスト教」というキーワードが追加されました。

そこで、思い出したのが戦前、上海にあった内山書店です

内山書店は文芸サロンとしての役割を持ち魯迅など中国人作家のほか、谷崎潤一郎など日本の作家とも親交があり、彼らの訪中時には世話をしていました。(内山完造著「そんへえ・おうへえ」→

そして、店主の内山夫婦は、敬虔なクリスチャンでした。古書好きの間で内山書店は有名ですし、もしかしたら、栞子さんの母親が探す本は、内山書店がからんでいる希少本なのでは…と私は想像しています。


「ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち」
「ビブリア古書堂の事件手帖2〜栞子さんと謎めく日常」
「ビブリア古書堂の事件手帖3〜栞子さんと消えない絆」
「ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さん2つの顔」
「ビブリア古書堂の事件手帖5〜栞子さんと繋がりの時」
ビブリア古書堂シリーズで紹介された本が一冊に。「栞子さんの本棚」
JUGEMテーマ:オススメの本

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.12.28 Sunday

ワクワク、はじまる 〜水曜どうでしょうディレクター藤村、嬉野編〜

ネスカフェpresents「ワクワク、はじまる 〜水曜どうでしょうディレクター藤村、嬉野編〜」という、BSの番組を偶然見つけ、観てみました。内容はというと、ネスカフェのコーヒーを囲みながら、藤村Dと嬉野Dが仲の良い業界人と腹を割ってまったり話す企画の番組です。

もともと北海道テレビで放送されたのを、BSで再放送したらしいです。

ネスレアミューズ|ワクワク、はじまる。〜水曜どうでしょうディレクター 藤村・嬉野編〜



本広克行VS藤村、嬉野D


踊る大捜査線シリーズの本広克行監督と藤村Dと嬉野Dが、苫小牧にあるキャンプ場みたいなところで、焚き火を焚きつつ、珈琲をのみつつ話します。話の内容も面白いし、本広克行監督と藤村Dと嬉野Dとの信頼関係が伺える内容でした。

・水曜どうでしょうと踊る大捜査線
ちょうど同じ頃にはじまった水曜どうでしょうと踊る大捜査線。北海道と東京、まったく接点が内容に見えて実はサイコロのナレーション時、踊る大捜査線のサントラ(室井さんのテーマ)を使っていたそう。

本広監督の方も、ネスカフェの配信動画を制作する際に、専門用語を解説するために、水曜どうでしょうのテロップとナレーション方式を採用することでいい動画に仕上がったのだとか。お互いに影響をうけているようです。


・俳優、藤村忠寿(藤村D)、映画でも大活躍
本広監督の新作「幕が上がる」に、俳優・藤村忠寿(藤村D)が出演したと時のエピソードが笑えました。ももいろクローバーZ主演のこの映画、藤やんも本広監督からのオファーをうけ、百田夏菜子ちゃんとのシーンがあったらしいのですが…

・百田夏菜子ちゃんとの藤やん2人のシーンに、勝手に演出をつけてしまう藤やん。でも本広監督の感想は「助かるわあ♪」だったそう。普通、監督以外の人間が小さいことでも演出つけたらいい顔しないと思うけど、本広監督は違うんですね。それだけ、藤やんに対する信頼があってのことなのでしょうね。

・本広監督、「幕が上がる」を単なるアイドル映画で売り出さないため、「映画界、演劇界、アニメ界、今までつちかってきたあらゆるコネをつかって有名な人に褒めてもらう!( *`ω´) w」って、ぶっちゃけすぎだろ…。でも、藤やんもうれしーも面白いって言ってました。観てみたくなります。

・とはいうものの、藤やん本業はディレクターですから、出番が終わっても後学のため現場をうろうろしてたら、「この人まだ出たいんだ…」と勘違いされ、結局もうワンシーン追加してもらったらしい。藤やんらしい…

ヨーロッパ企画VS藤村、嬉野D


以前から親交のあるヨーロッパ企画の代表・上田さんと、役者の石田さん。原宿にあるネスカフェの直営店・カフェ ネスカフェ原宿店にて収録。ちょうどこ収録中は、ミスターこと鈴井さん演出の舞台「Ship in the Bottle」出演中だったらしい。

・いつもは演出をつける側の藤やんですが、舞台では演出家である鈴井さんには従順だったそう。そこへうれしーが「そりゃそうだよ、出せ出せ出せ出せって(ミスターに)強引に頼んでたんだから。」

・役者としては後輩の藤やんですが、ヨーロッパ企画の石田さんにはいつもの感じでいじってみたり。ディレクター魂がぬけません。今日も石田さんをうまいこといじり倒します。

・そして、ヨーロッパ企画と藤村、嬉野Dが以前に作ったコントDVD「<藤村・嬉野プロデュース>「ヨーロッパ企画です。」」に続き、第二弾を現在製作中とのこと。楽しみだ!



ちなみに、藤やんはなんかミルク多めのやつ、うれしーはブラックでした。藤やん、そんなにミルクと砂糖多いの飲むとまた太っちゃうよ…(;´Д`)

JUGEMテーマ:水曜どうでしょう


レビューポータル「MONO-PORTAL」


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2015 >>

オススメ

おすすめ記事

Powered by 複眼RSS

おすすめ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 辛いニュースをストレス少なく知る方法
    Crambom
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」 三上 延
    日月
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」 三上 延
    たいむ
  • 2015年の初日の出
    日月
  • 2015年の初日の出
    latifa
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」 三上 延
    日月
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ」 三上 延
    Crambom
  • 「吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ」 山本 渚
    日月
  • 「吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ」 山本 渚
    はまかぜ
  • むせかえるような、美しい映画。 「青いパパイヤの香り」
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM