2012.12.21 Friday

本でレトロ香港を旅する『香港セピア物語』 大村 真紀

ノスタルジックな雰囲気をもつ、都市の歴史を読むのが好きです。
特に上海・香港・大連などの中国の都市は(侵略・譲渡など悲しい歴史もあるけれど)様々な国の文化が入り混じり、異国情緒あふれる独特の都市の雰囲気は、どのようにしてうまれたのか。

香港セピア物語」は、香港のはじまりから、成長までの歴史をまとめた本ですが、作者の大村真紀は紀行作家でもあるので、まるで、昔の香港を旅しているような、小説を読んでいるような感覚で読めました。

香港のはじまりにはアヘンが関わっていました。アヘン戦争で譲渡された香港は岩だらけの田舎で、価値といえば優良な港だけ。そんな荒地の香港を、イギリス人商人たちがアヘンで得た富で香港を都市としてつくりあげていきます。

イギリス人は自分たちの文化・風俗をそのまま香港に写しこみ、英国式の建物を建てアフタヌーンティーを楽しみます。大陸から流入してきた中国人を安い賃金で差別しながら…。

また、香港には革命家たちも愛した街でした。孫文は革命の準備を香港ではじめ、高杉晋作や幕末の志士も欧州へ向かう途中に香港へ立ち寄ります。新しい思想を受け入れる土壌が香港には育っていたのでしょうね。

そして、香港の華やかな時代が始まります。ペニンシュラホテルの開業、中国人の富裕層の誕生、女性たちは流行のチャイナドレスに身をつつみ、ホテルではダンスやパーティーが行われます。戦争の影が迫る上海を抜け出し、作家や文化人も香港へ。

ラスト、コーション」の原作者・張愛玲も、美しい香港の町を舞台とした恋愛小説を書いています。当時、国際都市として都会的だったのは上海の方で、香港はまだ田舎のリゾート的な都市だったというのは、今ではかんがえられませんね。


香港セピア物語
香港セピア物語
posted with amazlet at 13.04.10
大村 真紀 大和書房 売り上げランキング: 1,006,213



ジャッキー・チェンの名作アクション映画「プロジェクトA 」も香港統治時代のお話。イギリス人とジャッキー演じる水上警察が協力して敵を倒しますが、実際は中国人が香港総督に会って説得するなんてできない時代だったんだろうな…。

プロジェクトA [Blu-ray]
プロジェクトA [Blu-ray]
posted with amazlet at 12.12.19
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-11-11)売り上げランキング: 3630


古き良き香港の面影を写した映画「慕情」レパレス・ベイでの海水浴シーンは有名。
慕情 [DVD]
慕情 [DVD]
posted with amazlet at 12.12.19
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-08-04)売り上げランキング: 2887


レトロモダン関連
「ラスト、コーション 色・戒」→
「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」→
「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」
「上海モダンの伝説」→
上海租界時代の復刻ポストカード→
「グ印亜細亜商会」→

JUGEMテーマ:香港

2012.11.29 Thursday

レトロポーチつき 中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER

付録つき雑誌のムックに中原淳一が登場しました!レトロ好きならこれは買いでしょ!(*´∀`)ノ 中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER は、中原淳一の美しいイラストやスタイル画に、女性が美しく生きるための言葉が添えられています。そしてかわいいポーチつきなのです!

中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
宝島社 (2012-08-27)売り上げランキング: 16321


中原淳一 JUNICHI NAKAHARA FOREVER (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

付録にはひまわり柄のキルトポーチがついてきます。これがまた、レトロっぽくてかわいいの!バッグインバッグとしてコスメやハンカチを入れるのにも便利だし、このポーチだけ持っていてもおしゃれです。

中原淳一デザイン・キルトポーチ

また、身の回りの小物を自分の手でつくれるように、ミニバッグやぬいぐるみの作り方や型紙が掲載されています。中原淳一は、日々の暮らしを整え、心豊かに過ごすことが、美しく生きることだと説いています。
それはなにも高価なものを揃えることではなく、ていねいに愛情深く過ごすということなのでしょうね。

中原淳一デザイン手作りバッグ

水原希子さんが中原淳一のスタイル画にある洋服を忠実に再現されています。水原希子さんの服の着こなしは、本当に美しくて、スタイル画から抜けだしてきたようです(*´∀`*) これほど中原淳一の世界を体現できるモデルさんは、浅丘ルリ子さん以来ではないでしょうか。

中原淳一デザインの服を着る水原希子

中原淳一ショップ それいゆ


最近では中原淳一の公式ショップ「それいゆ」の通販サイトで中原淳一グッズが売られています。
ムックを手に入れられなかった方はこちらの「それいゆ」もおすすめです。
がま口ポーチもムックとはちがうデザインでこちらもかわいい♪

《中原淳一×AYANOKOJI》5寸がま口コスメポーチ・あなたがもっと美しくなるために

価格:3,456円
(2018/4/15 22:37時点)




かわいいデザインのタンブラーも。

中原淳一 ステンレスタンブラー(350ml)・蝶々夫人【メール便不可】

価格:2,106円
(2018/4/15 22:54時点)





●中原淳一関連の書籍
中原淳一ステーショナリーセット→
『少女の友』創刊100周年記念号→
エッセイ集「しあわせの花束」→
レシピ集「中原淳一の幸せな食卓」→
中原淳一の料理担当「エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味」→


レビューポータル「MONO-PORTAL」

2011.12.04 Sunday

憧れのレトロ上海航路!「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」

レトロ好き垂涎モノの、すごい本を見つけてしまいました。「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」は大正・昭和初期、長崎ー上海間を渡った定期航路の歴史と、当時の長崎・上海の街の様子、観光パンフレット、定期連絡船の豪華な船内など、レトロ好き、上海好きにはたまらない内容です。

上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海


戦前には長崎から上海まで定期航路が存在していました。日華連絡船の長崎丸・上海丸には食堂・喫煙室・カフェー・社交室などあらゆる設備が充実し、人々はゆったりと船の旅を楽しむことができました。
昭和3年のフルコースには、伊勢海老・ヒレ牛肉のステーキ、七面鳥など、豪華メニューが並んでいます。

また、上海から長崎への外国人観光客のために用意された雲仙の英語パンフレットや、今も残る、長崎の老舗の広告、上海の着色絵はがき、姑娘が微笑む総天然色の老上海広告…。

総天然色・老上海広告

レトロデザイン好きの欲しいものが、この1冊に凝縮されています。
実はこの本は、長崎文献社という、長崎の出版社が発行した本で、通常の書店では扱っていません。
私も長崎へ行った時、土産店で購入しましたが、この本を買えたことが旅先での一番の思い出です。


上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海
長崎文献社 売り上げランキング: 318678


レトロモダン関連書籍


「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」→
「上海モダンの伝説」→
『香港セピア物語』→
「グ印亜細亜商会」→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2011.08.21 Sunday

着色絵はがき 「江ノ島の思ひ出 総天然色」

鎌倉旅行に行った時に購入した、古い江ノ島の絵はがき「江ノ島の思ひ出 総天然色

白黒写真に着色した、昔の絵はがきです。昔の展望塔が写っています。洞窟の入口は木組みなのが時代を感じますねえ。

昭和30年代くらいかな。

江ノ島の思ひ出 総天然色


昭和30年代モダン観光旅行
長澤 均 講談社 売り上げランキング: 246498


着色写真コレクション
上海租界時代の復刻ポストカード(着色絵はがき)→
レトロ神奈川観光案内(英語版)→


2011.03.24 Thursday

「映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東篇」

片桐はいりさんの「もぎりよ今夜もありがとう」を読んでから、懐かしい映画館の風景がみたくなりました。 「映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東篇」はキネマ旬報で昭和28年から34年まで連載された関東の都市にあった映画館と、その街の盛り場をレポートしたもの。

昭和30年代には繁華街や商店街の中、あちこちに映画館がありました。
上野には地下鉄駅前の地下道に映画館があり、浅草六区は戦前の華やかさを残していて、映画ののぼりや看板が溢れていました。当時は上映している映画ごとに俳優さんたちの顔を切り抜いた看板やタイトルが映画館の前に飾られていました。
それだけ映画産業が景気がよかったんでしょうね。人件費も安かったからできた技だと思います。

タイトルに「盛り場」とあるように、映画館以外の娯楽施設、ストリップやキャバレーなどの歓楽街についてもについてもレポートされています。
また、未だ戦争の影がのこる時代ですので、GIが街をうろつき、彼らが特殊婦人(こういう言い方をするらしい)たちと映画館を利用するので、映画館にとってはいいお得意さまだったのだとか。

今ではほとんどが消えてしまった街の映画館。
こうした映画館で観る映画は、きっと今の最新設備のシネコンで観るのとはまた、ちがった楽しさがありそうです。いつか、まだ残る懐かしの映画館で映画を観に行きたいなあ。


映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東篇
キネマ旬報社
キネマ旬報社
売り上げランキング: 357792


2011.02.23 Wednesday

「昭和30年代パノラマ大画報」 コモエスタ八重樫

これを見れば昭和30年代がわかる!テレビ、映画、東京タワーに新幹線、オリンピックに三種の神器、イカス当時の流行を網羅した「昭和30年代パノラマ大画報」。
レトロファンにはたまらない1冊です。

・デザイン
画面の小さな脚付きテレビ、モダンな椅子は今でも人気のインテリアですね。丸っこい形のテーブル、家にもありました。大きなボタンのAラインコートや帽子の30年代ファンションは今でも着れそうなデザインです。デパートの包装紙や企業のロゴなどもその時代の特徴があり、30年代はポップで丸っこいデザインやフォントが多い気がします。

・テレビ番組
まぼろし探偵や月光仮面といった、子供向け人気番組当時はハラハラドキドキしたんでしょうね。
今観るとものすごくチープな感じがしますが…


真面目にコツコツ働けば、幸せな生活が待っていると希望に燃えていた時代。
戦争中とは違った意味で、日本人がみんな同じ方向を向いていた時代。
古き良き時代がすべていいわけではないけれど、この頃の生活にはどうしてもノスタルジックや憧れを感じてしまうんですよね。




ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
バップ (2006-06-09)
売り上げランキング: 3231


2010.12.10 Friday

「なつかしき東京―石黒コレクション 総天然色写真版」

着色写真で紹介するなつかしい東京の風景。
なつかしき東京―石黒コレクション 総天然色写真版
日本橋、銀座、築地、上野、浅草…
明治、大正、昭和にかけての東京の各地域の変遷が当時の絵はがきを通じて伝わってきます。
大正から昭和にかけての歓楽街・浅草六区の絵はがきは派手な色使いで着色され、映画や芝居興行ののぼりがたちならび、現在よりも賑やかで、今の渋谷といった感じでしょうか。

上野の不忍池は今と変わらない蓮が広がっていて、西郷さんの銅像が立っています。
西郷さんは明治時代から同じ場所に建っているんですね。
上野駅の外観も変わっていません。

今でも当時の面影を残す場所もあれば、まったく変わってしまった場所も。
この本を片手にかつての東京の姿を想像しながら散歩をするのも楽しいかもしれません。



なつかしき東京―石黒コレクション 総天然色写真版 (講談社カルチャーブックス)



昭和30年代モダン観光旅行
長澤 均
講談社
売り上げランキング: 147746

「幕末・明治のおもしろ写真」
「昭和30年代 モダン観光旅行」


JUGEMテーマ:気になる書籍

2010.11.27 Saturday

[DVD] ACC 50周年企画DVDシリーズ〜 もう一度観たい 日本のCM 50年

先日、このDVD発売に合わせたのか、テレビで日本のCM特集をやっていました。
私はいわゆる「懐かしCM」が大好きで、こういった番組はよく観ています。
最近はYouTubeなんかでも懐かしCMがあがってますね。

このDVDには昭和30年代から最近のものまで掲載されているそうです。
珍しいところでは当時12歳の宮沢りえさんのCM。これは資生堂提供の番組限定で放映されていたのでほとんど観たことがない幻のCMとなっています。

個人的に好きだったのは、CG使いまくりの豊川悦司と山崎努が卓球するビールCMとか、JRのシンデレラエクスプレススシリーズでしょうか。シンデレラエクスプレスはまたシリーズ化すればかなり話題を集めるんじゃないかと思うんですけど。

写真が東京タワーってのがまた、昭和世代にぐっとくる。

〜ACC 50周年企画DVDシリーズ〜 もう一度観たい 日本のCM 50年
エイベックスイオ (2010-11-24)
売り上げランキング: 12


こっちはこっちで、ものすごく気になる。(笑)

関根勤のおもしろ地方CM大賞 スゴイ編 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-12-01)
売り上げランキング: 654

2010.11.12 Friday

「上海モダンの伝説」 森田 靖郎

古き良き「老上海」の本をまた見つけてしまいました。「上海セピアモダン」は、魔都・上海の成り立ちと文化・歴史などを紹介していましたが、「上海 モダンの伝説」は上海という「魔都」に魅せられた日本人を取り上げています。革命家、諜報機関、宗教家、反戦活動家、根無し草の詩人など、種々雑多な日本人が上海を訪れていますが、特徴的なのは大連など中国北部へ向う人は立身出世を目指してくるのに対し、上海に集まる人は、日本を追われたり、落ちぶれて上海に逃げてくるといった退廃的な人が多かったのだそうです。

上海と内山書店


「内山書店」と聞いてピンと来る人は、相当の読書マニアでしょう。内山書店の店主、内山完造は若くして中国に渡り内山書店を開く一方で、魯迅や孫文とも親しく、中国と日本との有効に務めた人物です。上海を訪れる食い詰め日本人は彼の元を頼ったそうです。

人を惹きつける街・「魔都」上海


築地本願寺をつくった大谷光瑞という人は、ものすごく変わった思想の持ち主で、チベット探検にいったり、美少年だけの新人類新民族を誕生させようとしていたのだとか。(^^;)その大谷光瑞は上海にも本願寺を作り、布教活動の傍ら日本軍の諜報活動をしていたそうで、かなり過激な戦争論をぶちまけています。この人、もう僧侶の枠を超えてますね。

デラシネの詩人・金子光晴。パリに向かうつもりが上海に腰を落ち着け、エ○小説を書いたり、強請まがいで絵を販売したりと、あまりほめられた生活をしていませんでした。(^^;)その後、パリ、東南アジアを旅し、その時のことを「どくろ杯」や「マレー蘭印紀行
」に書き残しています。この風変わりな詩人のことは今後もう少し調べてみようと思います。

その他、映画「ラスト、コーション」にも出てきた特殊工作部隊、ジェスフィールド76号に関わった日本軍人や、ミステリアスな経歴を与えられて活躍した日本人ダンサー、「上海バンスキング」のモデルとなったジャズマンなど、戦前の上海に魅せられて集った人々の記録が載せられています。


上海 モダンの伝説
上海 モダンの伝説
posted with amazlet at 10.11.04
森田 靖郎 JICC出版局 売り上げランキング: 953345


マレー蘭印紀行 (中公文庫)
金子 光晴
中央公論新社
売り上げランキング: 76512


レトロモダン関連
「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」→
「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」
上海租界時代の復刻ポストカード→
『香港セピア物語』→
「グ印亜細亜商会」→
「そんへえ・おおへえ―上海生活三十五年」→
JUGEMテーマ:気になる書籍

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2010.10.17 Sunday

「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」 森田 靖郎

横浜中華街で上海租界時代の復刻ポストカードを買ってから、もっと老上海のことが知りたくなり、本を探していたところ、ぴったりの本に巡り会えました。

上海セピアモダン―メガロポリスの原画」は、上海という都市の誕生から、「魔都」と呼ばれた怪しくも蠱惑的な都市へ変貌してゆく様子や、戦争中や文革中の上海の状況など、現代史と照らし合わせながら、レトロでノスタルジックな上海の魅力に迫る一冊です。

表紙の写真がすてきです。

上海セピアモダン―メガロポリスの原画


阿片戦争後、上海では外国の租界がつくられ、冒険家たちが上海での成功を夢見て渡ってきた時代から、1930年代、上海に住む中国人たちは西洋風の都市に反して、快楽や犯罪が支配するアンダーグラウンドな「魔都」を創りだしてゆきます。


上海では、海外の資本家はもちろん、地方からの労働者や革命家、文化人、秘密結社(!)に軍部など、上海は種々雑多な人々がうごめく混沌とした時代でした。映画「ラスト、コーション」のように恋愛も革命も暗殺すらも日常茶飯事だったのです。
大世界(ダスカ)」という娯楽施設では、賭博や射的、売春窟などありとあらゆる悦楽がそろっていました。大世界の顔役は一方でか秘密結社のメンバーでもあったのだとか。


「魔都」と呼ばれる一方で、上海は流行の発信基地としての役割もになっていました。西洋からはジャズがもたらされ、断髪のモダンガールたちがチャイナドレスでデパートで買い物を楽しみ、映画館で明星(女優)たちの演技や歌に酔いしれた時代。


この頃の上海は街のどこを切り取っても、映画になりそうな時代でした。やがて日本軍の支配が始まると上海は輝きを失い、文化大革命中は退廃的な雰囲気を払拭されてしまいます。しかし、上海は破壊のたびに不死鳥のように甦り、今また発展を続けています。
センチメンタルでノスタルジック、セピア色をしていてなおかつモダンな都市。懐かしくも妖しい都市の記憶を受け継ぎながら発展してゆく上海。これからもその魅力で人々を惹きつけていくのでしょう。


上海セピアモダン―メガロポリスの原画
森田 靖郎 朝日新聞社 売り上げランキング: 731121




レトロモダン関連書籍
「上海セピアモダン―メガロポリスの原画」→
「上海航路の時代―大正・昭和初期の長崎と上海」
「上海モダンの伝説」→
上海租界時代の復刻ポストカード→
『香港セピア物語』→
「グ印亜細亜商会」→
JUGEMテーマ:レトロな街へ!



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    日月
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
    日月
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM