「デトロイト・メタル・シティ」 若杉 公徳

2007.02.13 Tuesday

0
    R25で見かけて以来、気になっていたデトロイト・メタル・シティを購入。

    ストーリーは、気の弱い、フレンチポップスの好きな好青年、根岸君が本人の意思に反し、デスメタル系バンドデトロイト・メタル・シティのクラウザー鏡い箸靴謄リスマ的人気を得てゆく。

    いや〜、クラウザーさん、最高っす(^^)
    こんな風に叫べたら、気持ちいいだろうな〜
    普段、言いたい事が言えない分、こう、ガーっと叫んでみたいものです。

    ところで、なんでクラウザーさんは「さん」でシャギは「様」なんだろうね…?

    ↓これからもDMCからは目が離せませんよ!
    デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
    若杉 公徳 白泉社 売り上げランキング: 812


    ↓2巻の帯の推薦文はなんとハチクロの作者・羽海野 チカさん!
    デトロイト・メタル・シティ 2 (2)
    若杉 公徳 白泉社 売り上げランキング: 1281


    「きょうの猫村さん」卓上カレンダー

    2007.01.14 Sunday

    0
      「きょうの猫村さん」卓上カレンダーが出るんですってよ!奥さん!(笑)
      なんですって!全部描き下ろしだっていうじゃない!

      「きょうの猫村さん」卓上カレンダー 2007年4月から2008年3月まで
      「きょうの猫村さん」卓上カレンダー 2007年4月から2008年3月まで
      ほし よりこ

      「ハチミツとクローバー 10」 羽海野チカ

      2006.09.10 Sunday

      0
        いよいよ「ハチミツとクローバー10」最終巻となりました。
        それぞれが進むべき道を見つけ、浜美を離れてゆく、本当の意味での卒業。
        大怪我を負いながらももう一度絵筆を握るため、はぐちゃんは、支えてくれた花本先生と生きていくと決める。

        「才能」のために人にねたまれ、距離を置かれる森田さんは、「生きていてくれればいい」とはぐちゃんと逃げようとするけれど、はぐちゃんは逃げなかった。自分の運命に立ち向かう決心をしていたから。

        私は、「(才能を)持たざるもの」なので、「(才能を)持っているもの」がひどく妬ましいし、正直「才能さえあれば他には何も要らない」とさえ思った事もある。けれど才能を持つものは、その反動として苦しい事やつらい事がたくさんあるのかも知れないな。
        はぐちゃんは、そんな運命に立ち向かってゆく。
        それははぐちゃん自身が持っていたものもあるだろうし、みんなと過ごす中で成長した部分もあるのかもしれない。

        はぐちゃん、竹本君、あゆ、森田さんのストーリーは一応の完結を見たけれど、真山君は果たしてあのままでいいのだろうか…
        あの終わり方だと「片思い」というより「ストーカー野郎」の印象が強いんですが…がんばれ真山。

        最終巻に掲載されていた短編もすごくいい。
        星のオペラ」は、「ドラえもんの道具をつかって物語を作る」というテーマで作られた作品。
        あたたかくてかわいらしくて、切なくて、何度も何度も(ハチクロ本編より(^^;))読み返している。

        ハチミツとクローバーという名作を生み出し、それが巨大化してしまったがゆえに、羽海野 チカ先生の今後を(勝手に)心配していたのですが、この2つの短編を読んでみて、そんな心配が杞憂だということがわかりました。
        この人の生み出す作品は、独特の世界観やテーマがきっちりとしていて、それは「ハチクロ」であろうと、他の作品であろうと変わらないのだと。





        スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜→
        JUGEMテーマ:おすすめの漫画


        「月館の殺人 下巻」 佐々木 倫子・綾辻 行人

        2006.08.04 Friday

        0
          月館の殺人下巻、ついに発売!
          佐々木倫子と綾辻行人、異色のミステリコラボ、ここに完結。

          上巻ではテツ(鉄道オタク)の一人、日置さんが殺されたため、他のテツとともに月館に向かう主人公・空海。
          実は月館に向かう列車「幻夜」にはある仕掛けがあった。。

          とにかく、細部の設定が緻密で、架空の駅名やテツの設定など、読み込めば読み込むほど面白い。同時期にIKKKI連載していた「鉄子の旅」にも少しハマってしまった。普通の人間をテツに引きずりこもうとする「月館の殺人」恐るべし。

          また綾辻先生の作品には「名前」にある種の符号や事件のキーワードを持たせることが多いけれど、主人公・空海ちゃんの名前も「空と海」、陸がない。つまり鉄道が走る陸を取り払ってしまったわけですね。これはテツ嫌いのお母さんの命名でしょうね(^^;)

          下巻は、物語の結末だけでなく、作中の展示物に関するテツ編集長のマニア解説や佐々木さんが描いた打ち合わせ漫画、そして綾辻さんのあとがきなど特典がたくさんあってちょいと高いけれど買っておく価値あり。
          特に原作者綾辻行人さんのあとがきが本のある部分に隠れているのだけど、探さないとどこにあるのかわからない。ネタバレはしませんので、みなさん、がんばって探してみてください。
          ヒントは黒。

          →月館の殺人 上巻 感想



          月館の殺人 (下)  
          月館の殺人 (下)  
          posted with amazlet at 12.01.12
          綾辻 行人 小学館


          「十角館の殺人」→
          「水車館の殺人」→
          「迷路館の殺人」→
          「時計館の殺人」→
          「奇面館の殺人」→
          「月館の殺人 上巻」→

          JUGEMテーマ:ミステリ


          90年代の医学生ライフ 「メディックス」 西村しのぶ

          2006.07.27 Thursday

          0
            西村しのぶ、幻のコミック「メディックス」、ついに単行本化!

            なにせ連載が90年代なので、ファッション(ボディコン、紺ブレ!)などはその当時のままなのですが、医大生のリアルな日常が描かれていて、今までになかった西村しのぶ漫画かも。


            主人公・浩一君のウチは開業医でなく普通のおうちの子。
            そのためバイトに励んだり、2人のちっちゃい弟の面倒見たり、合コンをしたり、その合間に教授秘書・ルリに恋をしたりする。

            初めての解剖にびびったり、試験前のドタバタは「動物のお医者さん」のよう。

            医学部の学生なんてちゃらちゃらしていて金持ちで遊んでばかりいると勝手に偏見をもっていたが、メディックスに出てくる学生さんたちは、とても真面目に勉強している。(でないと進級できないからね)

            もしかかりつけのお医者さんがいれば、世間話に医大性時代の話を聞いてみても面白いかもね。いろんなエピソードをもっていそう。


            メディックス (IKKI COMICS)
            西村 しのぶ 小学館


            西村しのぶ作品
            「ライン」→
            「ライン4」→
            「一緒に遭難したいひと」→
            「一緒に遭難したいひと2」→
            「一緒に遭難したいひと3」→
            「一緒に遭難したいひと4」→
            「アルコール」→
            「アルコール2」→
            「アルコール3」→
            「西村しのぶの神戸・元町 下山手ドレス2nd」→
            JUGEMテーマ:漫画/アニメ

            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            「うちの3姉妹」とウチの3姉妹

            2006.07.14 Friday

            0
              毎日、昼休みに見ながら爆笑しています。
              松本ぷりっつさんちの3姉妹が繰り広げる日々の出来事(武勇伝?)を綴ったマンガブログ・うちの3姉妹

              実はわたしも3姉妹。
              女きょうだいの様子を見るにつけ、自分の子供時代を思い出しております。
              私は松本家のちーちゃんとおんなじで末っ子で、小さい頃はかなりの社長気質(?)でした(^^;)
              祖母の家に遊びに行ったとき、お客さまが長居しているのをみて
              2階にいた姉に「まだ帰んないよ〜!」と、大声で報告してみたり。
              (あとでばあちゃんにこっぴどく叱られた)
              家のゴハンに飽き足らなかったのか、お気に入りの絵本やおもちゃは食べ物の絵が描いてあるものばかりという、まんま小僧っぷりを発揮しておりましたっけ。

              次女が自由人=リベロというのもおんなじ!
              ウチの次女も昔からかなりの自由人。
              今では2児のよき母ですが、スピリットは子供のころと変わらないので、人生の節目節目にいろいろとやらかしてくれます

              ウチの長女はおっぺけぺと言うよりは、家族の影の実力者。
              今も昔も、この人の発言で家族の方針が決まります(^^;)

              ぷりっつさんの奮闘振りをみるにつけ、母のことを思い出し、
              「あ〜、お母さん、タイヘンだったんだなぁ、ありがとう」
              と感謝せずにはいられません。
              そんな母も、今はかなりの自由人っぷりを発揮し、ムスメ達を振り回しています(^^;)
              地震があったとき電話をしたら連絡がとれず、かなり心配していたら「お祭りの打ち合わせにいってたのぉ〜」とのんきに答える。
              せめて行き先を近所の姉に言ってってくれ、母よ…

              子育て中の方も
              そうでない方も
              この3姉妹の日常には思わず笑みがこぼれてしまいますよ。
              うちの3姉妹 1
              うちの3姉妹 1松本 ぷりっつ 主婦の友社 2006-04-20売り上げランキング : 1431Amazonで詳しく見るby G-Tools
              うちの3姉妹 2 うちの3姉妹 3 うちの3姉妹 4 ぴよぴよ保育園あいこせんせい 1 (1) すくすくパラダイス 2007年 05月号 [雑誌]

              BRUTUS特集に猫村さん

              2006.07.01 Saturday

              0
                急に暑さが増してくる今日このごろ。
                冷たいくて甘いスイーツでも食べて夏を乗り切りたいものです。

                BRUTUS 7/1号

                BRUTUS 7/1号

                このブルータスの特集、たくさんの冷たいスイーツが紹介されていて、眺めているだけでも楽しいのですが、なんと、あの猫村さんがご出演なのですよ。しかもカラーで。
                おもてなしのここを学びにいった京都で、いろんなスイーツを体験する猫村さん。そのほかにも犬神家のたかしぼっちゃんとのコラボ企画もあり、ネコムラーの皆さん、必見ですよ!

                「ゾッチャの日常」 生藤 由美

                2006.07.01 Saturday

                0
                  家猫ゾッチャの愛と冒険の日常物語(^^)
                  ゾッチャをはじめ、猫たちが描写がとてもリアル。
                  若年寄のおやっさん、おデブちゃんのブラボーなど
                  家の近所を見回せば実際にいそうな猫たちばかり。

                  それにしても、家猫の人生(猫生か)ってそれほど変化はないように思うけれど、ゾッチャの人生はなかなか波乱万丈。(漫画だから?)

                  何度も迷子になってウチに帰れなくなる。
                  餌につられて拉致される。
                  飼い主が変わる。
                  などなど。
                  いろんな体験を通じて成長するかと思えば、結局ドジなままのゾッチャ君。
                  でも、そこがまた愛らしく、ハマってしまうのです。

                  ゾッチャの日常 9 (9)
                  ゾッチャの日常 9 (9)生藤 由美 集英社 2007-04-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
                  ゾッチャの日常 (8) ゾッチャの日常 (7) チーズスイートホーム 4 (4) ゾッチャの日常 6 (6) ゾッチャの日常 4 (4)
                  JUGEMテーマ:猫マンガ


                  「きょうの猫村さん2 湯けむりバージョン」 ほしよりこ

                  2006.06.06 Tuesday

                  0
                    待望の「きょうの猫村さん 湯けむりバージョン」をゲットしました。
                    通常版とは表紙も違うのね。
                    おまけには石けんと手ぬぐいがセットになってます。
                    もちろん、もったいなくて使えません。



                    さて、お話の方もぐぐっと面白くなってきました。
                    ご主人の愛人・スケ子さんも登場したり、仲居探偵・ぼたんさんのスペシャルストーリーも紹介されてます。

                    おまけに猫村さんが前回に増してかわいいのです。
                    わたしのすきな猫村さんベスト3は
                    ●スケ子さんのまねをして腰を「くねくね」させる猫村さん。
                    3コマもくねくねしてます。もう、かわいいですラブ

                    ●日曜日、屋根の上で日なたぼっこしながらぼっちゃんのことを
                    思う猫村さん。奥さんに呼ばれて振り向いたときの手のしぐさが、なんともいえません。ときめき

                    ●そしてそして、見ているだけで癒されるのは、わんこのステテコとまあるくなってごろんごろんとしている猫村さん!
                    うわ〜!かわええ〜!見ているだけで癒されるわ〜!
                    ここだけ切り抜いて飾っておきたい〜!

                    切り抜き用に通常版も買おうかしら…

                    きょうの猫村さん 2~湯けむりバージョン
                    ほし よりこ マガジンハウス 売り上げランキング: 113135

                    きょうの猫村さん 2
                    きょうの猫村さん 2
                    posted with amazlet at 09.06.01
                    ほし よりこ マガジンハウス


                    どこの書店でも平積み!おまけにこんな猫村さん販促グッズも
                    きょうの猫村さん人形


                    ↓きょうの猫村さんグッズがセットになった「猫村さんお楽しみボックス」発売
                    猫村さんお楽しみボックス (マガジンハウスムック)
                    ほしよりこ マガジンハウス (2011-11-29)



                    ↓ダ・ヴィンチ 2006年02月号では特集も。
                    ダ・ヴィンチ 2006年 02月号
                    メディアファクトリー


                    「猫村さんお楽しみボックス」→
                    きょうの猫村さん1
                    きょうの猫村さん3
                    きょうの猫村さん4→
                    きょうの猫村さん5→
                    カーサの猫村さん1→
                    カーサの猫村さん2→
                    きょうの猫村さん人形

                    カーサの猫村さん1→
                    カーサの猫村さん2→
                    カーサの猫村さん 旅の手帖→
                    きょうの猫村さん 生協の白石さんとコラボ

                    JUGEMテーマ:きょうの猫村さん

                    鎌倉時代、宮中の愛憎 「後宮1」 海野つなみ

                    2006.05.13 Saturday

                    0
                      いろんな意味で衝撃作、海野つなみの「後宮」
                      原作は鎌倉時代の後深草院に仕えた女房、二条の波乱万丈の日記、「とはずがたり」。
                      原作をもとにした小説「新とはずがたり」の感想→

                      後宮 あらすじ


                      鎌倉時代。執権北条時宗の時代。蒙古襲来を控え緊張を深める幕府とは裏腹に、政権を幕府に奪われた貴族達の生活は朝廷での権力争いと、自分の人生を「源氏物語」のように演出することにウエイトが置かれていた。

                      後深草院(御所様)の女房として幼い頃から御所様の近くで育ち、女房となった二条。彼女には将来を誓い合った西園寺家の実兼がいたのだが、彼女の母を初恋の人にもつ御所様に無理やり妻にされてしまう…

                      両親に愛されずに育った御所様は、救いを初恋の人、「すけ大」に
                      求めるけれど、彼女は結婚して御所さまの下を去っていってしまうし、努力もむなしく彼の愛するものは手の中からこぼれてしまう。

                      だからすけ大の娘の「二条だけはなんとしても!」って思いが強すぎて、返って彼女に不信感と不安を与えてしまうことになり、そこにつけこんでいろんな男たちが入ってくるわけで、愛情がどんどんからまわりしていってしまうわけですよ。

                      もうちょっと俯瞰的に見れればいいのだけれど、ただでさえ閉鎖的な都、そのなかでも別世界の後宮では無理な話なのかもしれないな〜。

                      しかし、もうすぐ蒙古が襲来してくるってのに、かなりのんきです。都の人たち。権力争いも、ヘタすると国ごと無くなるってのにねえ。

                      1巻目もかなり衝撃的な内容ですが、現在連載中の内容はさらにどろどろと、二条の人生に影を落とし始めます。
                      しかしどんなにシリアスな話でも海野先生独特のギャグセンスは健在で、うま〜く配置されています。


                      後宮(1) (KC KISS)
                      後宮(1) (KC KISS)
                      posted with amazlet at 14.09.17
                      海野 つなみ 講談社



                      ↓こちらもオススメ!「回転銀河」は私の去年のベストワン漫画です。
                      回転銀河(1)
                      回転銀河(1)
                      posted with amazlet at 14.09.17
                      講談社 (2014-07-18)



                      ●海野つなみ作品
                      回転銀河1〜4→
                      回転銀河5→
                      回転銀河6→
                      デイジー・ラック1〜2→
                      海野つなみ作品集 「tsunamix」→
                      「キスの事情」→
                      「彼はカリスマ」→
                      「くまえもん」→
                      「豚飼い王子と100回のキス」→

                      JUGEMテーマ:おすすめの漫画