2018.04.05 Thursday

電子書籍(楽天Kobo)を使ってみた結果。

以前、自分にあった電子書籍選びのコツについてブログを書きましたが、現在はポイントやらポイントやらポイントやらの関係で楽天Koboを使っています。

自分にあった電子書籍えらびのコツ

最初は「やはり紙で読んでこその本!」と思っていました。今もその気持はありますが、快適なんですよ、電子書籍。自分でもこんなにハマるとは思いませんでした。

電子書籍(楽天Kobo)の(私なりの)メリット


・何冊の本を外出先でも楽しめる
・100円均一本の取扱がある
・読んだところに栞をつけられる
・青空文庫が読みやすい
・1日6分読むとポイントがもらえる

無料や安い本もうれしいし、ポイントがもらえるのもうれしいですが、「外出先で何冊も本が読める」というのが最大のメリットではないかと。

紙の本だと、文庫や新書といった軽めの本でもバッグに二冊が限度です。また、読んでいる時にほかの話の関連を知りたくなった時も、すぐに調べられるので便利。

今読んでいるのが八咫烏シリーズの外伝「まつばちりて」こちらの主人公は第2作「烏は主を選ばない」に登場していますので、電子書籍で揃えておくと、登場人物や展開を確認しつつ読むことができます。

八咫烏シリーズ外伝 まつばちりて【文春e-Books】【電子書籍】[ 阿部智里 ]

価格:300円
(2018/4/5 20:02時点)




烏は主を選ばない【電子書籍】[ 阿部智里 ]

価格:720円
(2018/4/5 20:03時点)
感想(0件)




そういうわけで電子書籍の面白さ、便利さにめざめてしまいましたが、やはり紙の本はその存在感、デザインともに電子書籍には及ばない素晴らしさがありますので、最近では紙の本と電子書籍の読みわけを行っています。

・小説(単行本)、漫画は紙の本
・自己啓発、専門書、新書、オールカラー漫画は電子書籍

自分の読書傾向に合わせて、読みやすい、読みたい方を選んでいけたらいいではないかと。そうなると紙の本は昔のように装幀デザインに凝った高級志向になっていきそうな気も…。それはそれで、所有してみたいですが、

楽天Kobo電子書籍ストア


買うつもりはなかったけれど、今では電子書籍リーダーがあったら便利かも…と思い始めています。いやいや、タブレットを買ったほうが…、いやでも軽量のKoboも捨てがたい…。

【送料無料】 KOBO 電子書籍リーダー Kobo Aura Edition 2 N236-KJ-BK-S-EP[N236KJBKSEP]

価格:9,504円
(2018/4/5 19:50時点)
感想(0件)


JUGEMテーマ:電子書籍





2018.01.24 Wednesday

『向田邦子と昭和の東京』川本 三郎

向田作品の根底にあるものはなにか。それを彼女が育った昭和という時代と、東京という文化圏にある。作者の川本氏はそう解説します。

昭和ことばに、懐かしい時代をうつす


向田作品には印象的なちょっと古い言い回しの言葉がよくでてきます。「べそをかく」「たち」「ご不浄」など。
私がすきなのは「こしらえる」(「作る」の古い言い回し)です。

「つくる」よりも手間がかかっている気がして。実際、昭和の台所仕事は今よりもずっとたいへんだったので、弁当ひとつとっても「こしらえる」方がしっくりきます。

向田作品の昭和ことばは、直接的な言い回しの現代のことばとちがい、やわらかくつつんでくれる。
昭和のことばは、向田作品の重要な役割を果たしていました。人に言えない家族の秘密を絶妙なことばでつつむように。

向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)
川本 三郎 新潮社 売り上げランキング: 312,292


食と家族


昭和の時代は、漬物をつけたり、梅干しをつくったりと、台所仕事にも年中行事がありました。私も昭和生まれの人間なので、家族で保存食を「こしらえる」思い出を持っています。
向田作品には食事はもちろん、それをこしらえるところもよく描かれていました。

嫁に行った娘は、婚家にあわせておむすびの形をかえたり、母親の手伝いで白菜をつけたり、今では懐かしい情景です。

最近ではそんな季節感を見直す動きもあり、こうした季節の本をよく見かけます。
わくわくほっこり 二十四節気を楽しむ図鑑
君野 倫子 二見書房 売り上げランキング: 70,993



家族思いの父親


向田作品にたびたび登場する父親。苦労して支店長までのぼりつめた、いわゆる昭和の仕事人間ですが、向田エッセイによると「怒りっぽくてすぐどなり、家に会社の人間をよく招いては、家族に負担をかけていた。」とあり、

てっきり自己中心的な昭和の父親だと思っていたら、実は子ども思いで教養高く、やさしい父親だったのだとか。向田さんのエッセイでは父親が亡くなる前にテレビでプロレスを見ていた。とありましたが、本当は娘の脚本の番組をみていたそうです。

他にも、娘の受験が夢にまででてくるほど心配していたり、なかなか可愛いところがあるお父さんだったようです。
そんな父親の影響からか、向田作品では父親の不倫がよくでてくるけれど、家族はそれをどこか容認していることが多い。

今のドラマなら噴飯ものでしょうけれど、向田さんは長女で、父親の苦労を身近でみてきたからか「仕事で戦う父親が安らげる場所」が家族以外に求めることに寛容だったのです。

新装版 父の詫び状 (文春文庫)
向田 邦子 文藝春秋 売り上げランキング: 7,510

JUGEMテーマ:最近読んだ本



2016.08.15 Monday

かもめブックスのシークレットブック 『熱帯夜』

東京、神楽坂にあるかもめブックス。校閲会社「鴎来堂」という本のプロがつくったこの本屋さんは、毎回、面白い企画で本好きを楽しませてくれています。

先日、お店に立ち寄った時、開催されていたのが「Secret Book 〜熱帯夜ブックス〜 」でした。シークレットブックとは、本の表紙が隠された状態で売られているので、作者も、内容も全くわからないのです。
ガイドとなるのは選者の推薦コメントのみ。

今回は夏に合わせて、夏に読むのにふさわしい本が選ばれていました。

私の買ったのは、この本。推薦文が美しくて、薄くて持ち歩いて読むのにちょうどよいので購入。さっそく開いてみると、自分だったらたぶん選ばない翻訳ものの本でした。
水にまつわる不思議で幻想的な物語。

こうして、自分ではなかなか選べない本に出会えるのも、本屋さんの醍醐味だと思うのです。ありがとう、かもめブックス。

かもめブックスのシークレットブック 『熱帯夜』



この本を飲みものにたとえるとしたら、水だ。
体を満たし、喉を潤す。
あまりに身近で、存在を意識することもない。
だけれど、夏のある日、この無味透明な液体が、突然、味わい深く感じることがある。
ただ、その味を説明することは難しい。
水は水の味がするように、この本にはこの本にしかない味がする。



Secret Book 〜熱帯夜ブックス〜 | かもめブックス
Secret Book 〜熱帯夜ブックス〜 かもめブックス



鴎来堂の社長さんは漫画「重版出来!」にも登場しています。
重版出来!(6) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-11-06)売り上げランキング: 8,350


かもめブックスには、カフェも併設。美味しい珈琲と本、至福の時間です。
かもめブックスカフェ

レビューポータル「MONO-PORTAL」

2014.11.27 Thursday

元ネタ発見。「雨柳堂夢咄」の、中国茶器にまつわる話

骨董にまつわる不思議な物語「雨柳堂夢咄」は、骨董屋「雨柳堂」店主の孫の蓮は、骨董についているもののけや精霊達の姿を見ることができるため、蓮の「能力」を見込まれた人外のものたちから、さまざな事件が持ち込まれます。

そんな「雨柳堂夢咄」の中に、「午後の清香」という話があります。蓮と顔見知りのイギリス人教授・グラント先生が不思議な中国の茶器を手に入れ、間違ったお茶を入れたことで茶器の精霊の怒りを買う、というお話があります。

そこで蓮から中国茶器にまつわる逸話を聞かされます。

昔の中国では茶道楽のため家を傾け、乞食になった男がいたが、乞食になってもお気に入りの茶器を手放さなかった。


雨柳堂夢咄 其ノ6 (ソノラマコミック文庫 は 28-6)
波津 彬子 朝日新聞出版 売り上げランキング: 356,925



それほどに、中国の人とお茶、茶器への執着を示したエピソードなのですが、先日谷崎潤一郎・上海交遊記 (大人の本棚)という本を読んだ時にこの逸話の元ネタが載っており、さらにはその話の続きが書かれていました。

茶器を手放さなかったその乞食は、ある時街の金持ちの家に物乞いを行うついでに、その家の主人のたてる茶を所望する。

面白がった主人が乞食にお茶を振る舞うと、今度は乞食が自分の茶器で茶を入れたところ、同じ水、同じ茶葉を使っているのに、主人の茶とは比較にならないほど美味しかった。
その後、乞食と主人は茶道を通じて生涯の友となったー。


これは、谷崎潤一郎が上海を訪れた時、上海の若手作家たちに聞いた話として書かれています。こうした逸話の元ネタを偶然発見するのは、本好き、漫画好き、歴史好きにとって、遺跡を発見してしたような驚きと嬉しさがあります。

谷崎潤一郎・上海交遊記 (大人の本棚)
谷崎 潤一郎 みすず書房 売り上げランキング: 740,492




2014.08.14 Thursday

読書感想文におすすめ、短くても面白いお話

そろそろ、学生のみなさんは宿題に追われているころかもしれませんね。この時期、ブログのアクセスキーワードをみると、「読書感想文 コピペ」だの、「(本のタイトル) 読書感想文」など、よからぬキーワードが浮上します。

確かに普段本を読まない子どもたちには、読書感想文は難関なのでしょうけれど、そうはいっても本を読むのは楽しいですし、ふだん派手な男子、女子が本を読んでいる姿はギャップ萌えとしてアピールポイントになりそうですし、読書感想文をきっかけに、たまにはラノベ以外の本もいいものですよ。

ぜひ、本を読む習慣をつけてほしいとおばちゃんなんかは思うわけですよ。

読書感想文におすすめ、短くて読みやすいお話


普段読書の習慣のないひとに、いきなり長い話を読めっていうのも大変なので、比較的短くて読みやすく、面白い(と私が思う)本を、難易度順に集めてみました。ただ、課題図書がでている場合は使えませんが…。

ここにあげた本の対象は、小学校高学年から中学生くらい。なかには難しい表現もあるかもですが、たまには大人ぶった読書もいいもんですよ。
いま、わからなくても、将来読み返すと初めて作者の意図や意味がわかることもあります。

読書は、一生楽しめる娯楽なのですよ。


「トリツカレ男」 いしいしんじ


読みやすさ★★★★
とても短くて、読みやすいお話です。いしいしんじさんの物語は、童話のようなのですが、大人が読んでもじんとくるし、とても物語が深いのです。

いろんなことに没頭(トリツカレ)てしまうジュゼッペと、孤独な少女・ペチカの物語。かわいいラブロマンスです。

トリツカレ男 (新潮文庫)
いしい しんじ 新潮社 売り上げランキング: 15,322


「O・ヘンリ短編集」 O・ヘンリ


読みやすさ★★★
教科書にもよく取り上げられる「最後の一葉」や「賢者の贈り物」の作者、O・ヘンリの短篇集。ユーモアが効いた社会風刺が痛快。

短編なのでどれか一作を取り上げて読めば、わりと楽。100年前のアメリカが舞台なので、そのころの社会情勢がわからないと理解できない部分もありますが、それでもストーリーの大枠はわかりやすいし、短いのでおすすめ。「今でしょ!」の林修先生もおすすめしてます。


O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)
O・ヘンリ 新潮社 売り上げランキング: 34,742


「沈黙の王」 宮城谷 昌光


読みやすさ★★
ファンタジー、ラノベ好きにおすすめ。歴史物ですが、ファンタジー的な要素もあります。「沈黙の王」は文字を発明したと言われる古代中国の王の冒険譚。

文体は多少難しいですが、冒険物語なのでラノベ好きには読みやすいかも。ちょっと大人なファンタジーとして。


沈黙の王 (文春文庫)
沈黙の王 (文春文庫)
posted with amazlet at 14.08.09
宮城谷 昌光 文藝春秋 売り上げランキング: 113,867



JUGEMテーマ:オススメの本


2014.03.27 Thursday

古書価値がつきそうな作中作、劇中作を考えた。

ビブリア古書堂の事件手帖」「せどり男爵」「ブンブン堂のグレちゃん」「月魚」など、古書店を舞台にした小説や漫画が大好きです。

そこには、新刊の書店にない驚きや、骨董のように意外な本につく高値、希少本をめぐるミステリなど、物語になりそうな話題に事欠きません。

なかでも、戦前、旧満州で発行された芥川賞受賞作「雑巾先生」という小説が、今では美品で100万以上するということには驚きました。

おそらく戦前、しかも満州での発行のため、なかなか手にはいらないため、希少価値が高いのでしょうね。

それ以来、物語やドラマの中で、これは今だったら希少価値が高い古書になっているかも…と、考えるようになりました。


朝ドラ「ごちそうさん」の室井さんの小説「阿呆の仏」


これはもう、かなり古書価値がつきそうですwww
特に発禁になった本や、初期のおでんの本など、発行部数も少なそうだし、今なら神保町あたりで偉い値段がついていそう。

室井さんの書簡集は、つくろうとする出版社が現れず、桜子さんが室井さんの死後、自費出版しそうなので、こちらも価値がでそうです。でも、めい子さんがそれまで持っているかどうかは微妙ですけどね…。

NHK連続テレビ小説 ごちそうさん レシピブック
【製作協力】NHKドラマ制作班+広里貴子 朝日新聞出版 (2013-12-20)売り上げランキング: 479


百鬼夜行(京極堂)シリーズ、関口くんの小説「目眩」


京極堂シリーズの登場人物、小説家関口くんの単行本「目眩」などは、発行部数も少なそうだし、昭和20年代後半の策なのでまだまだ紙質も悪く、美品でとっておくのは難しいでしょう。

京極堂には何冊か在庫がありそうですが、偏屈な店主は売ることはないでしょうね…。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
京極 夏彦 講談社 売り上げランキング: 30,104



JUGEMテーマ:ごちそうさん


JUGEMテーマ:ひとりごと


2013.08.16 Friday

夏の読書感想文について

夏ですね、暑いです(;´д`)ノ
学生のみなさんは宿題に追われていることでしょう。
まだ読書感想文の提出なんてあるんですかね?
大人になってから好きな本の感想文をブログで書くのは楽しいのに、なんで小さい頃ってあんなに読書感想文がいやだったのでしょうか?

学校の読書感想文がつまらなかったのは
無理矢理やらされている感」があったからかもしれません。
あるいは文字数とか、期限とか、制限がついてくるからかも。

漫画でも携帯小説でも、指定されない、ほんとうに自分が好きな読み物の感想を一度書いてみれば、もっと読書感想文は楽しくなるかもしれない。学校側もそれを許してくれればもっと生徒のやる気を引き出せるんじゃないかとおもうのだけど。

読書感想文に悩んでいる学生さんたちにアドバイスするとしたら、
面白かったところや感じたことを、まずメモに書き出してみる
ですかね。

書き始めって案外難しいので、なにも最初から起承転結通りに書く必要はなく、「承」でも「転」でも、とりあえず書いてみて、後からまとめたほうが書きやすいと思います。

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)
齋藤 孝 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-06-22)売り上げランキング: 5,767


伝わる!文章力が身につく本
小笠原 信之 高橋書店 売り上げランキング: 5,415

2013.05.28 Tuesday

ビブリア古書堂シリーズで使われた古書が一冊の本に。「栞子さんの本棚」

古書にまつわるミステリを描いたベストセラー「ビブリア古書堂の事件手帖」に登場する古書は、時には事件のヒントとなる内容が隠されていたり、登場人物の感情とリンクした表現として引用されています。

そして、「ビブリア古書堂シリーズ」を読んだことがある人なら、作中にでてくる古書を読んでみたい、と思ったことがあるんじゃないかと思います。私もそのひとりで、特にロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」は、他のSF小説でも紹介されていたため、ぜひ読んでみたい、と思っていたのですが、残念ながら絶版で手に入れることができませんでした。他の古書も同様でなかなか読む機会に恵まれません。

そんな読み手のフラストレーションを一気に解消してくれたのが、ビブリア古書堂シリーズに出てきた古書の内容を一冊に集めた「栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)」です。

ビブリア古書堂シリーズにはたくさんの本が紹介されているので、その全て、というわけにはいきませんが、物語のタイトルを飾った本や、文中にちらっと登場しただけの本まで、短編、長編あわせて12編が抜粋・掲載されいます。

巻末には作家・三上延氏の書き下ろしとして、本の解説とエッセイも掲載されていて、ビブリア古書堂ファンにはたまらない専門書になったと思います。欲を言えば、抜粋が多いため、掲載数をへらしてもいいから全編を掲載して欲しかったけれど。まあこの本を読んで気に入れば全部を読んでみたくなりますが。


栞子さんの本棚  ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)
夏目 漱石 アンナ・カヴァン 小山 清 梶山 季之 坂口 三千代 アーシュラ・K・ル・グイン F・W・クロフツ 宮沢 賢治 ロバート・F・ヤング 国枝 史郎 太宰 治 フォークナー 角川書店 (2013-05-25)売り上げランキング: 240


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延 アスキーメディアワークス (2011-03-25)売り上げランキング: 1,094


ビブリア古書堂がきっかけで、いろいろな本が世にでるきっかけになりました。「落穂拾い」は書店でよく見かけるようになりましたし、「たんぽぽ娘」も2013年復刊されました。これを機会に世に埋もれた面白い本が気軽に読めるようになればいいですね。(*´∀`*)

たんぽぽ娘 (奇想コレクション)
ロバート・F・ヤング 河出書房新社 売り上げランキング: 224


「ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち」
「ビブリア古書堂の事件手帖2〜栞子さんと謎めく日常〜」
「ビブリア古書堂の事件手帖3〜栞子さんと消えない絆〜」
「ビブリア古書堂の事件手帖4 〜栞子さんと二つの顔〜」
「ビブリア古書堂の事件手帖5〜栞子さんと繋がりの時〜」
JUGEMテーマ:古本・図書館

2013.01.07 Monday

十二国記新刊がいよいよ発売!

ファン垂涎、十二国記の新刊が今年の夏、12年ぶりに発売されるそうです。「十二国記」新潮社公式サイトの情報では2013年7月に発売予定とか。これまで発表された「丕緒の鳥」、「落照の獄」の2編に加え、書下ろしの短編がはいるのだとか。

やった〜!(*゚∀゚) 長いこと、本当に長いこと待ったかいがありました!
ただ今まで新潮社から発表された短編に書き下ろしを加えたものなので、残念ながら泰麒の話は望めないでしょうね…。(ただ、今後長編執筆も予定されているので、こちらに期待したいところです。)

たけど、久しぶりに新しい十二国記の話が読めるのは本当にうれしいです。(*´∀`*)

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト|新潮社


風の海 迷宮の岸  十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 3,226



JUGEMテーマ:本の紹介


2012.12.16 Sunday

読みたい本リスト 

12月から年明けにかけて、すきな作家の新刊がつきつぎと発表されていきます。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
いくらボーナスシーズンといえど、こちとらボーナスなしの職業なので、読みたい本が山積みです。
とりあえず、忘れないように読みたい本をメモ。


有川浩さんのネコと飼い主のロードノベル。キャラメルボックスの阿部丈二さんが立ち上げた劇団で舞台化が決定しています(*´∀`)ノ

旅猫リポート
旅猫リポート
posted with amazlet at 12.12.14
有川 浩 文藝春秋 売り上げランキング: 233



夢をかなえるゾウ」の続編。今回はお金にまつわる話しらしい。またガネーシャに会えるのが楽しみです。

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
水野敬也 飛鳥新社 (2012-12-12)売り上げランキング: 17



武士の家計簿」の作者・歴史学者の磯田道史先生が古文書から読み解く歴史エッセイ。磯田先生の文章は読みやすいので、下手な小説を読むよりも面白いのです。

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)
磯田 道史 中央公論新社 売り上げランキング: 659



四十九日のレシピ」の伊吹有喜さんの最新作。不遇な環境の子どもたちが出会うはなし。伊吹さんの作品は、痛みと癒しが両方書かれているので好きです。

なでし子物語 (一般書)
伊吹 有喜 ポプラ社 売り上げランキング: 7780



神去なあなあ日常」の続編。山林業に携わることになった男子と、破天荒な指南役・ヨキ、神去村でのできごとや山の話がまた読めるのはうれしいです。

神去なあなあ夜話
神去なあなあ夜話
posted with amazlet at 12.12.14
三浦しをん 徳間書店 売り上げランキング: 473



こちらは漫画。お花屋さんの日常を描いた「花福日記」のこざるさんが、愛猫・直角との思い出を綴った猫エッセイ。飼い猫の直角は19歳くらいまで生きた長寿猫。

花福ねこ日記
花福ねこ日記
posted with amazlet at 12.12.14
花福こざる イースト・プレス



JUGEMテーマ:小説全般



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    日月
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
    日月
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM