「セリヌンティウスの舟」 石持 浅海

2009.07.01 Wednesday

0
    大時化の海で遭難した六人は、信頼で結ばれた、かけがえのない仲間になった――。そんな僕らを突然襲った、米村美月の自殺。その死の意味をもう一度見つめ直すために、再び集まった五人の仲間は、一枚の写真に不審を覚える。青酸カリの入っていた褐色の小瓶のキャップは、なぜ閉められていたのか?


    「セリヌンティウス」とは「走れメロス」の登場人物で、メロスを信じメロスの代わりに人質になった人物。
    美月以外の5人は彼女の死を見つめ直していくうちに、彼女が飲んだ青酸カリのビンに不信を抱きます。
    ビンが転がっていたことで部屋にいた仲間にも青酸カリ中毒になる可能性がでてきた。美月は皆を巻き込む可能性を考えなかったのだろうか…

    「自殺が実は他殺だった」「実は仲間の中に犯人がこんなトリックを使って」というどんでん返しはまったくありません。
    なにせ美月の自殺は決定づけられた事項なのですから。

    扉は閉ざされたまま」や今回の「セリヌンティウスの舟」など石持浅海さんの小説で重要視されるのは犯人やトリックといった派手なモノではなく、「他人から見たら取るに足らないけれども、彼らにとって重要なモノ」で、それを見つけるために5人は推理の迷路に足を踏み入れて行きます。

    他人から見たら取るに足らないけれども、彼らにとって重要なモノ」を追うための推理戦は確かに面白いです。でも「一体感」によって結ばれた特別な関係の5人の推理は、彼らの絆が深い分、読んでいる人間はその空間に入れない疎外感があるような気がしました。美月の自殺の原因も私には共感できなかったし、結局この6人以外の人間はこの物語に完全に入ることはできないのかもしれません。


    セリヌンティウスの舟 (光文社文庫)
    石持浅海 光文社 売り上げランキング: 199015


    「セリヌンティウスの舟」はこっちの「走れメロス」よりもずっと物語の本質を踏襲している気がします。
    新釈 走れメロス 他四篇
    森見 登美彦 祥伝社 売り上げランキング: 3068


    「サクリファイス」 近藤 史恵

    2009.05.10 Sunday

    0
      おじゃましている読書ブログの方々が口をそろえて「面白い」と書いていた、近藤史恵さんの「サクリファイス」。
      自転車ロードレース界を舞台にしたサスペンスです。
      あまりなじみのないロードサイクルレースですが、ほかのブロガーさんがおっしゃていたように、自転車の知識がなくても物語の世界にぐいぐいひっぱられていきました。自転車ロードレースというのは役割が明確に決まっているスポーツなのだそうです。


      自転車ロードレースには「アシスト」という役割があって、アシストは自らの勝利を捨ててもエースを勝たせなくてはならない。主人公、白石誓(チカ)は陸上で将来を嘱望されたスプリンターだったけれど、走ることに重圧を感じ、自らアシストを目指してロードサイクルレースの世界に入る。

      あるアクシデントからチカはその日のレースでトップに立つことになった。しかし、チームの先輩から、エース石尾さんが3年前に起こした事件のことを聞き、彼をひそかに恐れるようになる。
      やがて迎えたベルギー、リエージュでのレース。そこにはチカのかつての恋人と、石尾さんの事故によって半身不随となった袴田の姿があった。やがて起る惨劇の犠牲者は…



      ペダルに体重をかけてこぎだす瞬間の高揚、下り坂での疾走感、スピードを感じるレースのシーンは読んでいて気持ちがよかったのですが、それとは対照的に選手たちはみな、過酷な重圧を背負って戦っています。レースにかける思いがみなそれぞれに違い、それが悲しい出来事を引き起こすきっかけになるのは切ないです。

      サクリファイス
      サクリファイス
      posted with amazlet at 09.04.23
      近藤 史恵 新潮社 売り上げランキング: 8953


      サクリファイスシリーズ


      エデン→
      サヴァイブ→
      キアズマ→スティグマータ→



      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      「隅の老人」 パロネス・オルツィ

      2009.04.18 Saturday

      0
        パロネス・オルツィの有名なミステリ「隅の老人
        女性記者がカフェの一角で謎の老人と出会い、難事件の推理を聞くという形式でつづられています。

        「隅の老人」あらすじ


        新聞記者のポリーは、行きつけのカフェで奇妙な老人に出会う。その老人は同じ席に座り、ひもを組んだりほどいたりして複雑な結び目をつくるのがくせを持っていた。
        老人は世間をにぎわす謎の難事件に、独特の推理を展開してポリーに雄弁をふるう。

        数々の難事件から真犯人を探し出した隅の老人。いったい彼は何者なのか。それは最後まで明かされない。
        けれど最後の事件でポリーは老人の「ある事実」に気づく…

        隅の老人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 34-1)
        バロネス・オルツィ 早川書房 売り上げランキング: 667466


        パロネス・オルツィは男爵家に生まれた女流作家でイラストレーターとしての才能もあった方だそうです。力を入れていたのは歴史小説の方ですが、「隅の老人」でミステリ作家としての知名度の方が高いですね。彼女の名前は綾辻さんの「十角館の殺人」でもミステリサークルのメンバーのあだ名につかわれています。

        十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

        中古価格
        ¥208から
        (2018/7/28 22:36時点)




        JUGEMテーマ:オススメの本



        「最後のディナー」 島田 荘司

        2008.12.29 Monday

        0
          ミステリーランドの「透明人間の納屋」を読んでからずっと読みたかった島田荘司作品。御手洗潔という名探偵のシリーズがあることは知っていたのですが、どの作品から手をつけてよいのかわからなからず、正方形の装丁と「最後のディナー」という響きに魅かれて読んでみました。ちょうどクリスマスの時期で、季節もあっていたし。

          文中、「龍臥亭」という記述がでてくるので、どうやら「龍臥亭事件
          」後のお話らしく、物語の重要人物であろう犬坊里美という女性が、ワトソン役の作家・石岡のところを訪ねてくるところから始まります。
          石岡による過去の事件の述懐が入るものの、独立した短編ミステリなので、ほかの作品を知らなくても読めました。

          ●里美上京
          「龍臥亭事件」の関係者、犬坊里美が横浜の大学に編入し、石岡を訪ねてくる。お互いの近況を報告しつつ、横浜の街を散策するふたり。石岡は20年前に死んだ女性のことを思い出すが、不思議と痛みや恐怖を思い出すことはなかった。
          この話はミステリではないのですが、どうやら石岡さんは里美ちゃんのおかげで過去をふっきれたらしい。

          ●大根奇聞
          里美の大学の教授と話をする機会をもった石岡は、教授から幕末の
          薩摩藩士が書き残した「大根奇聞」という本の謎解きをたのまれる。その藩士・酒向は子供のころ旅の僧侶に従って薩摩をおとづれるが、その頃の薩摩は大飢饉の最中で、病気の僧侶と幼い矢七(酒向)は村の老婆に助けられるが、助けようにも老婆の家にも食べ物はなく、このままでは餓死する運命かとおもわれたが、老婆が御禁制の大根を盗み出して2人に食わせたため、命をつなぐことができた。しかし、盗んだら死罪と言われた大根を盗んだ老婆は罰せられず、3人とも飢饉後も生き延びていた。
          彼らはなぜ、罪に問われず、生き延びることができたのか?
          こちらはちょっと毛色の違ったお話。200年近く前のミステリを日本から遠く離れた地で御手洗潔が見事謎を解き明かします。

          ●最後のディナー
          里美の強引な影響で英会話教室に通うことになった石岡。
          一緒の教室になった老人・大田原と親しくなり、言葉を交わすようになる。大田原はキリスト教徒で、浮浪者の救済を行っており、以前の脳梗塞を患ったため、英語の発音がうまくできないが、懸命に教室に通っている。なにが、彼をそこまで英語習得に突き動かすのか…
          クリスマスイブの夜、大田原は石岡と里美をディナーに招待する。遠くへ行くのでお別れのディナーだと…
          その後、大田原の消息はとだえるのだが、年明け4日の朝、死体で発見される。切なくみじめな一生とだったが、でも彼はある目的のために英語をならい、命がけでそれを行っていたのだ。
          最後のセリフが、この孤独な老人に向ける最高のたむけになっている。

          どんなに格好悪くても、どんなに惨めでに、命をかけたひたむきさは、かならず相手に通じるのだと


          最後のディナー
          最後のディナー
          posted with amazlet at 08.12.27
          島田 荘司 原書房 売り上げランキング: 246756

          「真珠郎」 横溝 正史

          2008.12.20 Saturday

          0
            真珠郎はどこにいる。」そんな書き出しから始まる横溝正史の「真珠郎」は、世間を憎んだ人物により、人里離れた山間の蔵の中で世間から隔離され、悪の心を育てられた。美しい風貌に狂気を身の内に秘めた美少年で、彼が現れるところには、必ず血なまぐさい惨劇が起こるのだった。

            大学の教師・椎名は、親しくなった乙骨三四郎とともに信州へ避暑に訪れる。寄宿先には美しい娘・由美と、その伯父・鵜藤が暮らしていたが、ある夜、椎名は湖で不思議な人物とであう。
            それこそが真珠郎であった。やがて、鵜藤は真珠郎に殺され、首を切られた遺体となって湖の洞窟で発見される。
            やがて続く第2、第3の惨劇には、実は恐ろしい真実が隠されていた。
            その真実のカギとなるのが冒頭の「真珠郎はどこにいる。」の一文に凝縮されているように思います。

            横溝正史といえば市川昆監督の映画でしか話を知らず、これまで一度も原作を読んだことがありませんでした。
            横溝ファンであるグレゴリ青山さんの漫画によると、戦前の横溝作品は、戦後の本格推理小説とは異なり、猟奇的で退廃的な雰囲気のするものが多かったのだそうです。

            もう1編の短編「孔雀屏風」は、江戸時代の屏風がとりもつ不思議な縁を描いた作品で、登場人物の戦場からの手紙が物語の発端となっており、江戸時代から伝わる屏風の中にある恋文が結ぶ恋愛と、屏風に隠された財宝のゆくえを探る冒険譚ですが、文章中には当時の世相を反映して戦意高揚を目的としたシーンが差し込まれています。

            真珠郎 (角川文庫 緑 304-16)
            横溝 正史 角川書店 売り上げランキング: 325954

            真珠郎―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)
            横溝 正史 扶桑社 売り上げランキング: 31002


            金田一耕助TVシリーズ 真珠郎 [DVD]
            角川エンタテインメント (2006-12-22)売り上げランキング: 15404


            「警視庁特捜班ドットジェイピー」 安孫子 武丸

            2008.10.24 Friday

            0
              相次ぐ不祥事のため、警察組織のイメージアップを目的に集められた5人の精鋭たち。その名も警視庁特捜班ドットジェイピー!
              とはいえ、設立のきっかけは警視総監の愛人の戦隊ヒーロー好きからというちょっとしまらない動機なんですが。(^^;)

              かくして一癖も二癖もある隊員があつまった。

              ●早峰綾(ヴァージンホワイト)は童顔で巨乳の体形からチカンやストーカーのかっこうのターゲットになりやすいが、彼女に近づいた男はことごとく病院送りになる。実は武道を極めた「人間兵器」。特に性犯罪者にはストッパーがはずれてしまい、襲った男は生死の境をさまようことに…

              ●三枝博信(ソルジャーブルー)は銃とアクション映画マニア。
              趣味が高じすぎて押収品の拳銃を自宅でぶっぱなしてしまうほど。
              また、映画の見すぎで現実と「ダーティハリー」との捜査方法の区別がつかなくなっている。
              外見はするどく威圧感がある。

              ●沢渡香蓮(ビューティーパープル)はモデル体型の美人。直感像記憶という特殊能力をもち、画才もある。
              難攻不落の美女といわれるが、実は警察官をモデルにしたBL同人誌の人気漫画家という裏の顔を持っている。

              ●窪寺類(キューティーイエロー)はフランス人とのハーフでかわいい顔立ちの美少年。でも実は○○(自主規制)で、女性の「お友達」が100人以上…(^^;)
              その「お友達」の人脈が捜査に役立つことも。
              今のところほかの2男子より有能。

              ●一之瀬瑛次(デジタルブラック)典型的なメガネの理系男子。コンピュータに精通しているらしい。人づきあいが悪いらしい。パープルのことが好きらしい。彼に関しては「らしい」しかわからないらしい。

              アクション、サスペンス、スピード、そしてエ○。(軽めですが)
              そんな個性的すぎるメンバーがあつまりさまざまな事件を解決してゆく………のかな?


              ちょっと残念だったのは、インパクトのある設定に対して立ち向かう敵がショボかったのと、類くん以外の男子があんまり活躍しなかったこと。ブラックなんて、全然特技生かしてないし、ブルーもインパクト強いけどあまり役に立ってないし(^^;)
              次回は活躍しなかった人たちを含め、もう少し巨大な犯罪にたちむかってほしいなぁ。シリーズ化してくれ、ドットジェイピー!


              妄想と現実のはざまでいかにも「ありえそう」な組織を作りだせるのは「都立水商!」や「ドスコイ警備保障」の室積光さんだけかとおもっていましたら、安孫子武丸さん、すばらしいです。
              また喜国雅彦さんの表紙イラストが作品のイメージぴったり。

              警視庁特捜班ドットジェイピー
              我孫子武丸 光文社 売り上げランキング: 100188



              「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂 幸太郎

              2008.08.17 Sunday

              0
                映画化もされ、前から気になっていた
                陽気なギャングが地球を回す」を読みました。
                痛快な娯楽小説という感じ。
                ちょっとした「特殊能力」をもつ4人のギャング。
                スリの天才で人間より動物が好きな青年・久遠に、
                正確な体内時計を持つ女・雪子。
                特に人間嘘発見器・成瀬に演説の達人、響野。
                それと、4人の協力者で偽造のプロ・田中。

                4人は最強のギャング…のはずだったが、こともあろうに
                逃走中に別の銀行強盗に遭遇し、現金を奪われてしまう。
                久遠がすった財布を手がかりに下っ端強盗の住みかをつきとめる
                ものの、そこには死体が。
                一方、ギャングの一人、雪子の息子・慎一はクラスメイトがいじめグループに連れ去られてしまい、響野たちに助けを求めるが…
                裏切り、だましあい、トリック。
                最後に笑うのは誰?


                面白かった。
                スピード感があって、車で疾走しているような爽快感。
                ただ、ちょっと先の展開が読めてしまうのが難点かな。
                裏切りやX氏の正体なんてすぐにわかってしまったもの。
                でもこの話は謎解きがメインではなく、あくまでギャングの
                非日常的な「日常」を描いたものなので、
                これはこれで痛快かも。
                「グルーシェニカー」「フラッシュが焚かれないカメラ」など、田中の変な発明や、ギャングたちの何気ない会話の中に、ラストのトリックのヒントが隠されていて、おもわずニヤリとしてしまいます。

                陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
                伊坂 幸太郎 祥伝社 売り上げランキング: 2393



                ●伊坂 幸太郎作品
                バイバイ、ブラックバード→
                重力ピエロ→
                JUGEMテーマ:ミステリ

                「時計館の殺人」 綾辻 行人

                2008.08.15 Friday

                0
                  館シリーズの中で特に「時計館の殺人」のトリックには本当にビックリさせられました。こんなことってありえるんだ…。私達が普段、生活に必要な決まりごとというか、ルールというか、それを根底からひっくり返された設定でした。そして、その大胆なトリックを成立させられるだけの根拠と世界観がつくられているのです。
                  十角館の殺人」では、犯人のあまりの意外さにびっくりし、「時計館の殺人」では、常識を覆すそのアリバイにびっくりしました。

                  [物語]
                  時計館といわれる屋敷で降霊術を行うため、学生、編集者、霊媒が数日間、屋敷の中に閉じこもる。
                  完全なる密室と化した屋敷で、次々に起こる殺人劇。一方、館の外では作家兼探偵の鹿谷門美は、異端の建築家・中村青司の残した時計館を調べるうちに、事件に関わることになる。


                  そして、このあたりから、異端の建築家・中村青司の建てた建築には何らかの「場」、あるいは「悪夢」のような力について、探偵・鹿谷は検証をしています。中村青司の建築は、所有者の「悪夢」を体現化する「場」であるなら、彼の建てた館には血なまぐさい事件が起こるのだと…

                  そして、このシリーズのワトソン役、「十角館の殺人」にも登場した江南くん、「時計館」も大変なことに巻き込まれてしまいます。
                  彼はこれからのシリーズでもいろいろと巻き込まれてしまうんですが、探偵役の鹿谷さんはひょうひょうとしていて、大変なのはいつも江南くんなんですよね。
                  がんばれ、江南くん。(^^;)


                  時計館の殺人 (講談社文庫)
                  綾辻 行人 講談社 売り上げランキング: 68393


                  「十角館の殺人」→
                  「水車館の殺人」→
                  「迷路館の殺人」→
                  「奇面館の殺人」→
                  「月館の殺人 上巻」→
                  「月館の殺人 下巻」→
                  JUGEMテーマ:ミステリ

                  ミステリーランド 「銃とチョコレート」 乙一

                  2008.06.15 Sunday

                  0
                    ミステリ作家が子供たちのために書き下ろした「ミステリーランド」シリーズ。今回は乙一の「銃とチョコレート」です。

                    登場人物にチョコレート会社やお菓子の名前がつけられていて
                    おいしそう。けれどものがたりは、おいしいだけではないんです。
                    主人公の少年は他の国からやってきた「移民の子」で、いわれの無い差別を受けたり、そうした社会問題や、大人世界の裏側に巻き込まれたりちょっとビターテイストなものがたりとなっています。

                    主人公・リンツは、移民の父親が死ぬ前に買ってくれた聖書から
                    ある地図を見つける。それは怪盗ゴディバが盗んだ宝物のありかをしるした地図らしい。
                    家が貧しいリンツは、報奨金と国一番の名探偵・ロイズに
                    会えるるかもしれないとの憧れから、宝の地図のことを
                    手紙に書く。
                    はたしてロイズが町にやってくるのだが…

                    こどもむけの話だから名探偵と盗賊の宝のありかをつきとめるだけかと思ったら、大間違い(^^;)
                    とんでもない方向へ話がすすんで行きます。
                    味方だった人が敵に、敵だった人が味方になったり。
                    最後にびっくりするような出来事もあり。
                    もちろん、謎解きや冒険も満載。
                    文中に仕掛けられたいろいろなヒントが物語の最後に
                    びっくりするような展開がまっているのです。


                    銃とチョコレート (ミステリーランド)
                    乙一 講談社 売り上げランキング: 96368


                    乙一「暗いところで待ち合わせ」→

                    ミステリーランド
                    「くらのかみ」小野不由美→
                    「魔女の死んだ家」篠田 真由美→
                    「透明人間の納屋」島田 荘司→
                    JUGEMテーマ:ミステリ


                    「探偵ガリレオ」 東野 圭吾

                    2007.11.11 Sunday

                    0
                      原作の湯川先生は、ドラマほど変人ではありません。
                      生真面目な女刑事・薫サンも出てきません。

                      物語は、大学の同期生の草薙刑事が湯川先生のもとに
                      一見不可思議で説明のつかないような事件を持ち込み、
                      その「事件」を湯川先生が科学的な検証作業で
                      解き明かしてゆきます。

                      犯人をたちは、ドラマほど魅力的ではありません。
                      みんなどうしょうもなく、感情移入もできない連中です。
                      だからその分、科学的検証で謎を解く過程にワクワクします。

                      巻末の解説によると、原作の湯川先生のモデルは、
                      俳優の佐野史郎さんだそうです。
                      確かに、佐野さんは理系の教授のイメージがありますねえ。
                      ドラマ版ではぜひ、福山ガリレオと対決する犯人役で
                      出演してほしいものです。

                      探偵ガリレオ (文春文庫)
                      東野 圭吾
                      文藝春秋
                      売り上げランキング: 634

                      JUGEMテーマ:ミステリ


                      「ゲームの名は誘拐」→
                      「容疑者Xの献身」→
                      「ナミヤ雑貨店の奇蹟」→