校閲ガールの周りの人々『校閲ガール ア・ラ・モード』

2018.11.12 Monday

0
    校閲ガール続編『校閲ガール ア・ラ・モード』読了。しかし今回、校閲ガールはほとんど登場しません。彼女の周囲の人々のお話です。俺様な編集男子の本にかける情熱だったり、リア充編集者の意外な悩みなど、前作『校閲ガール』ではわからなかった彼らの人物像が深く描かれていきます。

    校閲ガール ア・ラ・モード (角川文庫)

    中古価格
    ¥38から
    (2018/11/8 22:34時点)




    登場人物たちの意外な一面


    『校閲ガール』は、ファッション女子の河野悦子が畑違いの校閲部で起こる事件や人間模様を描いたお話ですが、当然のことながら主人公・悦子の視点から描かれています。

    逆に『校閲ガールア・ラ・モード』は、悦子の周りの人々が、本編とはちがった側面が描かれています。

    悦子の同期でリア充にみえる元読モでファッション誌編集の森尾。読モってだけで人生の勝ち組、ヒエラルキーのトップでのうのうとしていてもいいのに、彼女はあがくんですね。

    あまり深く考えぬまま入った編集部での仕事、モデルとして成功した友達への複雑な気持ち、そして高級ファッション誌からのヘッドハンティング、ひとつひとつ向き合って行こうとする森尾かっこいいな。

    校閲部で悦子と仲の良い米岡。彼(彼女)も、普段は明るいのですが、やはりジェンダーについて悩んだりしています。彼(彼女)の校閲を仕事にするまでのお話も興味深く、少女漫画に文字の間違いを指摘したファンレターを書いたら、編集部から「校閲のお仕事」を勧められたから。

    読者から間違いを指摘されたら嫌だろうに、「校閲」という道を米岡に示したその編集者さん、すてきですね。こどもにとっての本や漫画は、子どもたちの一生を決めうる力があるんですから、それらに携わる人々がこういう意識を持って仕事をしてくれていると、読者もうれしい。

    『校閲ガール』感想

    校閲ガール (角川文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/11/12 23:26時点)




    出版界の暗黒面と編集者たち


    そんな、こころなごむ話とは真逆の、出版界の暗黒面を描いたお話もありました。
    いつも悦子に面倒を押し付ける編集の貝塚。常に強引で嫌われ気味の貝塚ですが、編集者としての情熱(新人作家の本を出す)は持ち合わせているんですね。そのためには作家のご機嫌取りや周りへの無茶振りも辞さない。

    そんな姿はちょっといいかな。って思います。ちょっとだけど。

    それにしても、出版を巡る事情はどんどん深刻になっていきますね。
    表現者は増えているが、その表現に興味を持つ人(読者)は減っている」という言葉が刺さります。賞をとってもデビューできない新人作家たち、本が売れない現状、高慢な作家たち…

    しかし、編集者に土下座させる作家って本当にいるんですかね…。いるとしたらそんな作家の本は絶対に読みたくない。


    大泉洋を宛書した「騙し絵の牙」でも、出版業界の暗黒面に立ち向かう編集長・速水の奮闘が描かれます。こちらもおすすめです。

    騙し絵の牙

    中古価格
    ¥162から
    (2018/11/8 22:42時点)



    JUGEMテーマ:オススメの本



    三姉妹、三者三様。『三人屋』原田 ひ香

    2018.07.03 Tuesday

    0
      ワケあり物件に住むことを生業とする人々を描いた「東京ロンダリング」の原田ひ香さんが描く商店街の三姉妹の物語『三人屋』。

      三姉妹が朝、昼、晩それぞれ時間帯でちがった形態の店を営む「三人屋」。

      このテーマで、伊吹有喜さんが書けばやさしいくて、癒やされる話になるだろうけど、原田ひ香さんは人間のどろどろとした情感を俯瞰的に描いてみせ、人情味あふれる商店街の人々を描いた話かと思いきや、中身は意外にも向田邦子でした。(つまり、多少どろどろしています)

      『三人屋』あらすじ


      サラリーマン森野は、近所の商店街で偶然見つけた「ル・ジュール」という古い店でモーニングを始めたのに気づき、ときどきその店で朝食をとるようになった。

      その後、別の時間帯にその店の前を通ると、パンやコーヒーのメニューはなく、讃岐うどんを売っていた。不思議に思っていると商店街の常連客の飯島大輔に連れられ、「ル・ジュール」夜の姿、スナックに誘われた。実はこの店は
      朝は三女・朝日のモーニング、昼は次女・まひるの讃岐うどん、夜は長女・夜月のスナック、三姉妹がそれぞれの時間、それぞれの店を営んでおり、周囲からは「三人屋」と言われていた。

      まひるは両親の介護問題で夜月とは犬猿の仲だったが、ある時夜月が街から姿を消してしまい…。

      三人屋 (実業之日本社文庫)

      中古価格
      ¥1から
      (2018/6/30 22:55時点)




      商店街の日常


      『三人屋』のある商店街の様子や人間関係、商売について描かれ、サラリーをもらう仕事からみると、とても新鮮でした。昔の商店街は専門店が多く、玉子だけを専門に扱ってい店があったんですね。そういえば昔の商店街は
      乾物屋や味噌屋などいろいろなお店があり、今でもたまに見かけます。

      常にお金の出入りがあるため、サラリーマンとは異なる金銭感覚があるというのも、読んでみて「そうなのか!」と思うことばかりでした。

      人情もあるが、秘密もある。


      三姉妹はそれぞれいろんな問題を抱えている。とくに次女のまひるは、奔放な長女の夜月と三女の朝日に振り回され、夫は浮気するし、かなり大変。夜月とは犬猿の仲なのですが、三姉妹はどこかで絆を感じているといる気がします。

      血のつながった姉妹だからこそ、通じ合えないこともあるし、あるきっかけで通じ合うこともある。私も姉妹なのでよくわかります。

      それを形にしたものが父親のレコード(物語の鍵となる)なのでしょうね。

      しかし、登場する若い男どものゲスいことと言ったら…!大輔は夜月に心を残しつつも女が絶えず、若い彼女から結婚を迫られてものらりくらりしているし、まひるの夫は、若い子にころっと行っちゃうし、とにかくだらしがない。

      そして女たちはそんな男たちをどこかで許しているような気がします。この情けなさや人間関係のちょっとどろどろした感じが、向田邦子ぽいんだよな。


      原田ひ香さんは「事故物件に住む仕事」を描いた『東京ロンダリング』でも都会に生きる負け組・根無し草の人々を独特の視点で描いています。こちらもおすすめ。
      東京ロンダリング 感想→

      東京ロンダリング (集英社文庫)

      中古価格
      ¥1から
      (2018/6/30 22:57時点)


      JUGEMテーマ:最近読んだ本



      『花の降る午後』 宮本輝

      2017.10.15 Sunday

      0
        宮本輝の『花の降る午後』読了。久しぶりに宮本輝作品を読んだのですが、やはり宮本輝作品はいい。
        物語に出てくる人々がそれぞれ懸命に生き、困難に抗おうとしている姿が時に悲しく、愛おしいです。
        ヒューマンドラマであり、恋愛物語でありサスペンスでもある。読み始めると物語にひきこまれていきます。

        『花の降る午後』あらすじ


        夫を癌でなくした若き未亡人・典子は夫の残した神戸のフランス料理店「アヴィニョン」のオーナーとなる。その後四年必死で働き店も繁盛している。

        そんなある日、夫の療養先で購入した絵の作者・高見雅道から「絵を貸してくれ」と連絡が入る。個展を開くという雅道は典子に売った「白い家」を展示したいのだという。
        時を同じくして典子の周りでは不穏な出来事が続く。どうやらそれには、店の乗っ取りを画策する動きがあるらしい。

        恋と戦い


        若き画家との情熱的な恋、店を狙う荒木夫妻の陰謀。店の従業員絡みのトラブルが起こり、家族ぐるみの付き合いのある隣人のリード・ブラウンの家にも危害が及びます。

        典子の周りには次々とトラブルが起こるけれど、顔が利く知り合いの華僑や探偵社を利用して情報を得たり、従業員へのトラブルも4年間のオーナー経験からに臨機応変に対応。その合間を縫って、若い画家・雅道との恋に溺れていきます。トラブルと恋、そのスリルを糧にするように、彼女はしたたかに、美しく凛々しくなっていきます。

        この恋と乗っ取り計画の行方が気になり、ページを読む手が止まりませんでした。また、物語の中に時折差し込まれる亡き夫の思い出や、従業員たちの人生なども丁寧に描かれていて、人生って大変で面倒だけれど、こうして時々、愛おしいことが起こるから、きっと生きていけるのだろうな。

        典子は従業員にも姑にも周囲の人達にもが愛されすぎな気もするけれど、作者はあとがきで「善人は幸せにならなければならない」と書いています。

        主人公は作者の愛を受けて、幸せをさがし、読者もいつの間にか彼女とその周りの人々が、幸せであるようにと願うのです。

        花の降る午後 (角川文庫)
        KADOKAWA / 角川書店 (2015-11-25)売り上げランキング: 18,774


        蛍川・泥の河 (新潮文庫)
        宮本 輝
        新潮社
        売り上げランキング: 71,999


        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        訳あり物件を紹介する、仕事。東京ロンダリング『失踪.com』

        2016.12.29 Thursday

        0
          東京ロンダリングの続編『失踪.Com 東京ロンダリング』読了。失踪.comとは、相場不動産とつきあいのある失踪者専門の探偵社の名前です。

          事故や事件のあった物件について、客に提示する義務をなくすため、一度そこへ人を住まわせる「ロンダリング」という職業にまつわる短編集です。一話一話は独立していますが、全体を通して大きな流れになっており、相場不動産をめぐる、不穏な動きが見えてきます。

          東京ロンダリング 感想→

          前回は、ロンダリングを職業とする主人公りさ子が、ロンダリングに関わることで再出発してゆく話でしたが、今回はロンダリングを紹介する相場不動産と、その周囲の人々が物語の中心です。りさ子も少し、でてきます。

          物語では、相場不動産が行っているロンダリングが、何者かによって妨害されているようなのですが、そのやり方がなんとも後味が悪いというか。自己啓発に関連した人間が、相場不動産に関わる人達をじわじわと自分たちの思い通りに動かしていく。それは相場不動産の従業員、まあちゃんにも忍び寄ってくる。

          果たして、彼らがロンダリングを阻止する目的は何なのか。

          失踪.com


          今回のテーマはロンダリングよりも「失踪」のような気がします。この話を読むと、世の中にはある日突然、失踪してしまう人々が大勢いるということに驚きました。

          自分の生活や家族や友人をある日突然捨ててしまうって、私にはただ怖いとしか思わないのですが、でも、あんがいその時になってしまうと、驚くほど簡単に、捨ててしまえるものかもしれない。

          失踪.Com 東京ロンダリング
          原田 ひ香 集英社 売り上げランキング: 64,833


          東京ロンダリング
          東京ロンダリング
          posted with amazlet at 16.12.09
          原田 ひ香 集英社 売り上げランキング: 611,377


          JUGEMテーマ:最近読んだ本


          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          薄くてかわいい、文鳥文庫の本。

          2016.05.09 Monday

          0
            かわいい本を買いました。文鳥社、という小さなデザイン事務所が出版している「文鳥文庫」です。16ページ以内の短編が、折りたたまれた一枚の紙に印刷されています。文鳥が印刷されたかわいい封筒に入っていて一話150円ほど。8冊セットで1200円。

            宮沢賢治や夏目漱石など、文豪たちの名作を中心に、村上春樹など現代作家の作品も。薄くて軽いので、通勤や外出の時ににちょっと読むにも便利です。紙の肌触り、活字のバランス、本のデザインが美しくて、時々取り出して読み返したくなります。

            文鳥文庫

            文鳥文庫 幸田文 ゆきもち

            文鳥文庫

            手軽に読めるので、普段読まない作家の小説に挑戦してみるのもいいですね。わたしも今回、幸田文を初めて読みました。これをきっかけに、幸田文の作品を読んでみたくなりました。

            台所のおと (講談社文庫)
            幸田 文 講談社 売り上げランキング: 23,567

            レビューポータル「MONO-PORTAL」
            JUGEMテーマ:オススメの本


            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            「誰かが足りない」 宮下 奈都

            2015.11.09 Monday

            0
              宮下さんの「誰かが足りない (双葉文庫)」読了。レストランと食べ物の話かとおもいきや、レストランに予約を入れるまでの、様々な人々のオムニバスになっています。

              古くからの老舗で、人気のレストラン・ハライ。予約も困難なこの店に、どんなに人々が、どんな思いで食事にこようとしているのか…。

              誰かが足りない (双葉文庫)
              宮下 奈都 双葉社 (2014-10-16)売り上げランキング: 16,807


              就職活動に破れ、彼女にも去られた青年、認知症のため、愛する夫との思い出を忘れてしまう老婦人、母の死が原因でひきこもり、ビデオカメラを通じてしか人と話せない青年…。

              彼らに共通するのは「孤独感」でしょうか。状況はさまざまですが、彼らはみな、人との関わりに対して孤独感と閉塞感を感じているように感じました。たった一人でいても、心配する家族がいたとしても。

              けれど、彼らは、その状況からあと一歩、踏み出すきっかけとしてレストラン「ハライ」を訪れるのです。
              願わくば、一杯のスープやオムレツが、彼らの晩餐を彩り、明日への一歩を踏み出すことができますように。

              レビューポータル「MONO-PORTAL」

              JUGEMテーマ:オススメの本


              宮下奈都作品感想


              太陽のパスタ、豆のスープ→
              メロディ・フェア→

              レビューポータル「MONO-PORTAL」

              「蛍川・泥の河」 宮本 輝

              2015.07.02 Thursday

              0
                先日、テレビで宮本輝さんをみかけ、久しぶりに「蛍川・泥の河」を読み返してみました。物語の舞台は両方とも昭和30年代。生と死が、現代よりも濃密に感じられた小説でした。

                泥の河 あらすじ


                川のほとりにあるうどん屋の息子・信雄は、ある日、川にやって来た舟の息子、喜一と知り合う。喜一は母と姉と、舟で暮らし各地を放浪していて、喜一の母はどうやら、人に言うのがはばかられる商売をしているらしい…

                昭和三十年代はまだ、荷馬車や舟で暮らす水上生活者が多くいたり、戦争の傷跡がそこかしこに残っていた時代です。主人公は物語の中でなんども、死を含めた人との別れを経験します。

                主人公の父親も戦争帰りで「一生懸命生きて、死ぬときはスカみたいな死に方をするもんや。」と語って聞かせます。生と死が身近で、それでいてとても濃厚に迫ってくる、そんな時代だったのかもしれません。

                私が好きなのは、天神祭の場面です。お祭りの喧騒と臭いや、ふたりのワクワクした気持ちが伝わってくるようで。信雄と喜一がお小遣いをもらって、目当てのロケットを買いに行くんですが、喜一のポケットに穴が空いて、小銭を落としてしまうんです。ここがもう、切なくって…。

                お祭りって楽しいけれど、どこか寂しくて、そんな寂しさに胸がぎゅっとなるんです。


                蛍川 あらすじ


                昭和三十七年、三月。中学生の竜夫は、知り合いの銀蔵爺から、今年は蛍の大群が発生すると聞き、幼なじみの英子を誘おうと考える。英子とは昔、ホタルの大群がきたら観に行こうと約束をしていた。

                しかし、年老いた竜夫の父が倒れ、竜夫と母の生活は困窮することに…。

                ここでも、死が濃密に描かれます。年老いた父親の死、友人の死。思春期特有の父親への憎悪も描かれます。この時期の男子はとかく父親が疎ましいものです。けれど父の死後、父にゆかりのある人達と交流することで、彼が想像したこともなかった、若き日の父親像とも対面します。

                年老いた父親と思春期の少年の葛藤のような感情は、宮本輝の自伝的要素も入っていて、これらの設定はライフワークである「流転の海」にも受け継がれているのではないでしょうか。

                一方で、蛍の大群には、力強い「生」を感じます。おそらく、この蛍を観た後、主人公とヒロインは別れてしまうのでしょう。そんな別れの切なさも、蛍の乱舞が激しいほど、切ないです。

                泥の河

                新品価格
                ¥400から
                (2020/5/15 22:57時点)




                小栗康平コレクション1 泥の河 (小栗康平コレクション<全5巻>)

                中古価格
                ¥3,155から
                (2018/8/29 18:19時点)




                JUGEMテーマ:オススメの本

                レビューポータル「MONO-PORTAL」

                「ダーティ・ワーク」 絲山 秋子

                2014.05.23 Friday

                0
                  絲山秋子さんの「ダーティ・ワーク」を読みました。
                  最初、タイトルをみたときは、ハードボイルドな内容を想像したのですが、読んでみると、まったくちがいました。いくつかの男女の恋愛や、日常が淡々とつづられていきます。

                  ダーティ・ワーク」は、ローリング・ストーンズのアルバムタイトルと曲名がつけられた、数組の男女の日常の断片が描かれていく短篇集。各章に登場する人物たちは、それぞれ別の登場人物とか関わっている。

                  登場人物たちが作中でつながって物語は、読んでいてワクワクするのですが、絲山作品はそうじゃない。
                  「つながり」というより「関わり」かな?うまく表現できないのだけど。明るい「つながり」というより、もっと淡々としつつ、深い「関わり」のような気がします。

                  人は生きていく上で、かならず誰かと、どこかで関わっている。そんな人々のある日の日常や感情が描がれている。
                  すごく面白い、と言われたらそうじゃないし、ワクワクする話でもない。
                  でも、じわじわと惹き込まれる。そんな物語です。

                  ダーティ・ワーク (集英社文庫) (集英社文庫 い 66-1)
                  絲山 秋子 集英社 売り上げランキング: 124,980


                  絲山秋子作品感想
                  「沖で待つ」

                  JUGEMテーマ:読書

                  『お父さんと伊藤さん』 中澤 日菜子

                  2014.05.10 Saturday

                  0
                    父親と彼氏と私との奇妙な同居生活を描いた『お父さんと伊藤さん (講談社文庫)』を読みました。

                    『お父さんと伊藤さん』


                    彩は、34歳でアルバイト生活をしていて、同棲中の彼氏の伊藤さんとは、20年が離れている。世間からみたら負け組なふたりだけれど、本人たちはこの生活を楽しんでいる。けれど、ある日、兄のところで暮らしていた彩の父親が突然やってきて、奇妙な同居生活が始まることになり…。

                    お父さんと伊藤さん (講談社文庫)
                    中澤 日菜子 講談社 (2016-08-11)売り上げランキング: 74,441


                    取扱注意の父親


                    彩のようなアラサー世代以上の「お父さん」は、なにかと取り扱いが難しい世代です。彩と伊藤さんの生活や仕事についても、お父さんの価値観からすると、彩たちの生活も最初は「普通ではない=よくない」こととして捉えています。

                    この世代の「お父さん」は、自分の価値観と子ども世代の価値観、世間とのギャップがうまく埋められないし、伝える方法が下手なんでしょうね。

                    彩のお父さんも、家族に対してだけは甘えから、威張ったり、説教をしたりするのですが、家族のクッション役だったお母さんがなくなると、当然、子どもたちには反発されてしまいます。彩の家に来ても当初は伊藤さんと顔を合わすのが嫌で、部屋に引きこもったり、ぶらりとどこかへでかけたりして彩をやきもきさせます。

                    やがて彩は、父が兄夫婦と同居できなくなった、「本当の理由」を知ることになるのですが…。

                    彩の気持ちもわかるし、お父さん側の立場にたってみると、その切ない気持ちもわからないわけではないし。
                    家族だからこそ、難しいんですよね。特にお父さんという生き物は、自分の気持を正直に伝えるのが下手だからなあ。

                    それにしても、伊藤さんの正体、一体何者なんだ…。

                    お父さんと伊藤さん
                    お父さんと伊藤さん
                    posted with amazlet at 14.05.09
                    中澤 日菜子 講談社 (2014-01-08)売り上げランキング: 119,408


                    JUGEMテーマ:書評

                    レビューポータル「MONO-PORTAL」

                    太宰嫌いが気に入った太宰作品 「グッド・バイ」 太宰治

                    2013.10.17 Thursday

                    0
                      この間読んだ、伊坂幸太郎さんの「バイ・バイ・ブラックバード」が太宰治の「グッド・バイ」をモチーフにしていると書いてあったので、太宰治の「グッド・バイ」も読んでみました。

                      グッド・バイ あらすじ


                      闇市で儲け、10人もの愛人をかかえていた雑誌編集者の田島が、田舎の妻子を呼び寄せるため、女達と別れる決心をする。そこで闇商売でなじみのあったキヌ子という女に、女房のふりをしてもらい、女達と別れることを思いつくが、キヌ子の傍若無人な態度に振り回されてしまう。意を決した田島は、彼女をものにして、言うことを聞かせようとするのだが…。

                      グッド・バイ (新潮文庫)
                      太宰 治 新潮社 売り上げランキング: 25,215


                      太宰嫌いが気に入った太宰作品


                      私はもともと、太宰が大っ嫌いでした。女にだらしがないし、なにかっちゃあ自殺したがるし、小説を書かなければほんと「人間失格」なヘタレ野郎だと思ってたので。

                      太宰の小説も、どうせ陰々滅々としてるんだろうから、読みたくもない、と今まで思っていたのですが、「グッド・バイ」は意外にもテンポが良くて、ユニークであっけらかんとした、面白い小説でした。

                      とにかくもう、キヌ子のキャラクターがかっこいい。誰もが振り返る美人なのに、怪力で大食漢で口汚い。
                      耐えかねた田島が酒に乗じて襲おうとすると、いきなりぶん殴って放り出す!(*´∀`)ノ

                      いや〜、読んでいて痛快でした。戦後まもなくの時代なのに、キヌ子は男性に依存せず、逆に田島を手玉に取るところがよかった。

                      「グッド・バイ」は未完の小説と聞いていたので、さぞ中途半端で終わっているかとおもいきや、未完とはいえ話がきちんと収まっていて、次の展開が気になる感じで終わっている。むしろこれで完結といわれても納得できる感じの終わり方でした。


                      文豪作品を映像化したBUNGO-日本文学シネマ-


                      BUNGO-日本文学シネマ-」は文豪たちの小説をドラマ化したテレビシリーズ。「グッド・バイ」は歌手の山崎まさよしさんと、女優の水川あさみさんが出演。
                      BUNGO-日本文学シネマ- グッド・バイ [DVD]
                      アニプレックス (2010-06-19)売り上げランキング: 81,553





                      太宰関連
                      グッド・バイをモチーフにした小説「バイ・バイ・ブラックバード」
                      太宰作品をモチーフにした、ダメ男たちの舞台「はぐれさらばがじゃあねといった」

                      JUGEMテーマ:小説全般