人に期待しないということ

2018.07.11 Wednesday

0
    さわぐちけいすけさんの『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』を読んで気づいたのですが、どうやら人というのは家族や友人、恋人など近い存在ほど「こうしてくれるはずだ。」と期待してしまいがちです。

    『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』

    そしてその期待が裏切られる場合、相手に対して怒りや嫉妬が生じてしまいまうようです。

    ここからは私が人に期待して失敗し、ここから学んだことを書こうと思います。

    人は他人 異なる思考を楽しむ工夫

    中古価格
    ¥717から
    (2018/7/11 11:06時点)




    期待しすぎて失敗した例:友人編


    人見知りの私は、昔からなかなか友人ができませんでした。でも、ごくまれに「友だちになろうよ!」と言ってきてくれる人がおり、私は彼らに好かれようとするため一生懸命でした。

    しかし、そんな思いとは裏腹に、彼らからは立ち直れないほどの精神的ダメージを与えられました。それも、向こうから友人になりたいと言ってきた人の方が私を傷つけることが多いのです。

    ・お金や物をたかられる
    ・苦手なことを強要される
    ・夜中に電話で延々とぐちを吐かれる
    ・傷つく言葉を何度も言われる(『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』の「理不尽さん」みたいな)

    友達なのに、相手から「友達になろう」と言ってきたのに、なぜこんなひどいことをするのだろう…?

    深く傷つき、悶々と考えてでた結論は「私が、相手に期待をしすぎた」からでした。

    無意識の期待


    私は「友人になってほしい!」思った相手には、認めてもらうため、差し入れをしたり手伝いをして、相手の信頼を得るよう努力します。

    私がほかの友人にしてきた努力を、私にも返してほしい。だってあなたが「友人になってほしい」と言ってきたのだから。

    知らず知らず相手にそう期待していたんですね。「相手に期待値が高い分、私の期待に沿わないと相手への失望感が半端ない。」という結論に達しました。

    それからは、近づいてきた相手には「自分はこの人に期待していないから、何をされても対応できる」くらいに考えて期待しないようにしています。

    期待しないでラクになった例:職場のオバちゃん編


    逆に、まったく期待しないことでラクになったこともあります。以前の職場にいたオバちゃんの態度がひどく、最初はイライラさせられました。

    ・ミスをしても認めず言い訳が長い
    ・ミスを指摘すると逆ギレする
    ・喋ってばかりで仕事をしない

    イライラすると仕事もはかどらないし、自分のストレスがたまるので、ある時「ああもうこの人は何を言っても無駄なんだ」と考えて切り替えるようにしました。

    ・相手がミスや言い訳をする前提で仕事を進める
    ・仕事以外は極力接触を避ける
    ・言い訳は聞き流す
    ・すべてのミス、言い訳を上司に報告
    ※上司に報告するときは相手の悪口にならないように、彼女の行為が業務に支障をきたすので仕方なく…といった体で報告する。

    最初から相手に何ひとつ期待していないので、仕事もやりやすくなり、精神的に楽になりました。私が怒らなくなっ分、みかねた上司や周りの人がオバちゃんを怒ったり説教してくれるようになったので、それも助かりました。

    もう、怒らない (幻冬舎文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/7/11 11:46時点)




    まとめ


    ・親しい人ほど、期待をしてしまいがち
    ・「無意識の期待」を視覚化して認識し、相手に過度な期待をしない
    ・困った人には冷静に対応し、周りを味方につける

    期待していない自分

    新品価格
    ¥250から
    (2018/7/11 11:02時点)




    [やや毒]老害客の対応には、柳原可奈子のショップ店員を降臨させる。

    2018.03.13 Tuesday

    0
      私はふだん、パソコンに向かってポチポチとやるのが仕事ですが、たまに友人知人のハンドクラフトの売り子を手伝ったり、ボランティアに参加して説明係をしています。

      大抵のお客様は熱心に耳を傾けてくださるのですが、一部のご老人たちの中には、困った人たちもいて…

      ・もっと安くなんないのぉ?
      ・こんなの、私も作ったことあるわよ。
      ・私が私が私が…俺が俺が俺が…

      とにかく話が長い。そして何度も繰り返す。買わない。いや、買わないのはいいんですよ別に。説明を聞かないのもしょうがない。その人に響かないだけですから。

      でも、「そういう人は客という立場を利用して、ただ自分の話を聞いてほしいだけ」なんですね。

      しかし、昨今はネット社会ですから、下手に言い返すとどんな報復があるかわからない世の中です。

      これまでは仕方なく聞いていたのですが、ある日、解決策を思いつきました。

      芸人・柳原可奈子さんの店員キャラを頭の中に降臨させて
      「え〜、そうなんですかぁ」
      「すごぉい〜(*゚∇゚)//"" パチパチ」

      こんな調子で、ある程度話を聞いてから新しい客を見つけて「いらっしゃいませ〜♪」とその場を離れる。
      客がいなければ「すみませぇん、ちょっと…」とその場を離れる。

      頭の中はさながらショップ店員。気になっちゃう感じですかぁ?
      柳原可奈子の気になっちゃう感じですか?
      柳原 可奈子 幻冬舎 売り上げランキング: 282,194

      相槌も、ちょっとくらいの強調ならばいまのところまったく気がつかれません。なにせ彼らは「ただ自分の話を聞いてほしいだけ」ですから。ある程度、自分の話をきかせたら満足なのです。

      老害客は自己承認欲求が満たされ、聞き役は相手を頭の中で笑いにすることでストレスを軽減できる。誰も損しない、ウィンウィンな解決法です。って、あれ?毒ある?

      まあ人生、多少の毒は必要ですよ…。

      老人の取扱説明書 (SB新書)
      平松 類 SBクリエイティブ 売り上げランキング: 430


      好奇心は時に諸刃の剣という話。

      2017.01.28 Saturday

      0
        昨日、怖くて何度も目が冷めました。というのも、寝る前に怖い漫画をみたせいです。
        ネットまとめのサイトに「女の子が辛い目に合う漫画」と紹介されていたものがあり、てっきり、「まどか☆マギカ」系のダークファンタジー系なのかと思って、つい好奇心に勝てずにその作品を検索してしまったのです。

        そうすると、どうやら少女たちが性的に蹂躙されていく話らしく、第一話は、かわいいラブコメ的な展開で、怖い要素は何一つないのです。絵もかわいいし。

        でもだからこそ、余計に怖くなってしまった。彼女たちの先に何が待ち受けているのかが。
        もともと私は、「敏感すぎる人」らしく、強い刺激が苦手です。

        暴力シーンや、レ○プシーンは、うっかり見てしまった日には、何日も何日も落ち込んだり、恐怖に苛まれます。つかこうへいの名作『飛龍伝』でさえ、神林美智子さんに見舞われる数々の苦難(性的な)ものに、見ているこちらまで痛みを感じてしばらく立ち直れませんでした。(これは、黒木華さんの演技が素晴らしかった、てのもありますが


        飛龍伝―神林美智子の生涯 (集英社文庫)
        つか こうへい 集英社 売り上げランキング: 416,811


        そんな私なので、過激な表現のコンテンツには、なるべく近寄らないようにしているのですが、時々うっかり、好奇心と無知のため、そうした地雷を踏んでしまうことがあります。一度なんて、電車の隣の席の人が読んでいる青年漫画は貧しい幼女が大男に身を売る話で、うっかり目に入って、その日は立ち直れませんでした。

        私自身は、そうした過激で救いのない物語は、見たい人と見たくない人に分けて売り方や見る場所を考えて欲しい、と思うのですが、それを突き詰めると「表現の自由の侵害」とか下手すると炎上問題になりそうなので、見ちゃった私が悪いのだから、これからは好奇心に負けず、そうした嫌な気分になるコンテンツを避けていくしかないでしょうね。

        『好奇心は猫をも殺す』と言いますが、好奇心によって心が傷ついてしまうこともあるので、諸刃の剣だよなあ、というお話でした。なんにせよ、好奇心が勝ちすぎるとダメージがでかすぎるので、注意しなければ。




        傷ついた心を再生するために、「月曜から夜ふかし」の録画を2回見直し、今日、水曜どうでしょうの夏野菜スペシャルで安田さんがろくろと一緒に腕をまわしちゃた映像をみて、ようやく回復してきました。ありがとうマツコ、そして安田さん…。



        悪い運気は自分次第…なんだよね。きっと。

        2014.03.09 Sunday

        0
          引っ越しやら、いろいろあってちょっとブログをサボってしまいました。引っ越しとはいっても、近くなので、生活圏も殆ど変わりません。とはいえ、引越作業やもろもろの手続き、家事や仕事に追われて心身ともにストレスがたまっているようで、なかなか疲れがぬけません。

          そんな時は、なんだかいろいろと、悪いモノが集まってくるようで…。

          思ってもみなかった自己中な反論に、色んな意味で目からうろこ



          仕事先で、何度も同じミスをする人がいます。その人のミスを指摘しないと、私の仕事が進まないので、毎回いやいやながらも催促のメールをだします。
          ところがあるとき、ちょっと古いミスを指摘して、直してもらおうとしたら、こんな反論が返ってきました。

          「もうそのデータは消しちゃったし、なんで今さら去年のミスを蒸し返すの。」
          「日月さんが見つけちゃったから、私はもう一度作りなおさなきゃならなくなっちゃう。」
          「なんでもっと早く見つけてくれないの。」
          「ミスのチェックは上司の役目。其の時点で指摘されなかったんだから、私のミスじゃない。」

          私としては、ミスをみとめて、リカバリーをしてくれるものと思っていたし、実際に彼女のミスなのは明白だし、ここまで自分を正当化する反論に、その発想力に怒りつつもびっくりしてしまいました。
          ああ、そうなんだ〜、世の中にはこういう、言葉が通じない人がいるのね…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ。

          そういう人にあってしまうと、本当に心身ともに疲れてしまいます。

          弱っていると、悪い気につかまる


          心身ともにしんどい状態だと、あまりいい方に物事を考えられないので、さっきのような反論にも、「あほだわこいつ〜www」くらいの感じで笑い飛ばせる余裕がないのです。
          だからイライラしてしまうし、イライラがずっと続いてしまう。

          (相手に)あやまってもらって、きちんと仕事をしてほしい」という自分の欲望が叶えられないから、余計にイライラするんだろうね。

          きっと、それは、私が弱っているから、悪い気を引き寄せちゃうんだろうな。

          この本によると、マイナスの気持ちは、さらに悪い運気を磁石のように引き寄せてしまうのだとか。
          それに対向するには、こっちがプラス思考で立ち向かわねばならないので、早く普通の状態に戻して、もろもろのトラブルを笑い飛ばせるくらいにならなきゃ。

          いい運気と仲良しになれる 引き寄せ行動術 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
          卯野たまご KADOKAWA/メディアファクトリー 売り上げランキング: 17,766

          JUGEMテーマ:ぼやき


          [辛口]読書をする人間は、希少種である。そして、希少種の意見は届かない。

          2013.01.16 Wednesday

          0
            引き続き、ビブリア古書堂の事件手帖ドラマ化にまつわる話です。苦手な人はスルーお願いします。
            以前、有川浩先生がインタビューで

            「本を読む人たちは希少種。だからそうした人たちが本を買って読んでくれるのことが本当にありがたい。」といった意味のことをおっしゃっていました。(うろおぼえですが…)

            実はわたし、つい最近までその意味がわかりませんでした。家族・友人たちはみな、本を読む人たちですし(読書感想文がかけずに泣きついてくる親戚の子は別として)、そもそも本好きの人以外と、本の話をしないので、なんとなく本読みの人口って実は多いんじゃないかと。

            ●本を好きじゃない人間が、勝手なことをしよる
            ただ、今回、ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」が「改悪」とまで言われ、原作の設定を大幅に軽視した結果にいたったことで、「本読みの気持ちや意見は、本を読まない、大事にしない大勢の人間には通用しないんだ。」と痛感させられました。

            第一回目のドラマは拝見しましたが、役者さんたちの演技や配役については、もう、とやかく言うつもりはありませんが、製作者側の原作と、古書に対する愛のなさにはがっかりさせられました。ドラマのつくり自体は、それがオリジナルでさえあれば、そこそこ面白いのです。ただ、原作を無視した改変の数々が原作ファンを悲しませるのです。

            でも、いくら原作ファンの私が、ネットで声高に叫んだとしても、しょせん少数意見として、番組そのものを変える力はないのでしょう。それが悲しいです。

            昔、椎名誠の本に書いてあった川の漁師さんの言葉を思い出しました。役所の人間が洪水対策と称して護岸をどんどんコンクリート化されることに対して、川の漁師さんが「川の好きじゃない人間が勝手なことをしよる」と言っていました。ビブリア古書堂のドラマについても「本を好きじゃない人間が勝手なことをしよる」、そしてそれがまかり通ってしまうのです。


            ●原作への愛とリスペクトに満ちた、演劇集団キャラメルボックスの舞台
            この、ビブリアドラマの対極にあるもの、私はそれが演劇集団キャラメルボックスの舞台だと思っています。演劇集団キャラメルボックスは「トリツカレ男」「クロノス・ジョウンターの伝説」「キャロリング」など、原作の存在する舞台を数々行なっています。私もいくつか拝見しましたが、そのどれもが、素晴らしい舞台でした。

            キャラメルボックスの舞台には、いつも原作への愛とリスペクトあり、原作を基盤としたうえで、演劇でしかできない表現を追求し、しっかりと積み重ねていく。だから、改変された部分があっても、原作ファンも安心して見ることができるし、時に原作者たちとのコラボレーションにも発展したりします。(クロノス・ジョウンターでは舞台を元にした続編がかかれました)

            できれば、ビブリアドラマスタッフは、キャラメルボックスの舞台をみて、爪の垢を煎じて飲んで欲しい。

            ●結論
            きっと、届かないでしょうけれど、せめて、ドラマスタッフは原作を愛している人たちが悲しんでいるってことを知ってほしい。

            ドラマをみて面白いって思った人は、ぜひ原作を呼んでみてほしい。ドラマを面白くできのは、原作が面白いからです。けれど、ドラマは面白さだけを食い散らかして、原作のイメージを壊しまくっているのです…。

            ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
            三上 延
            アスキーメディアワークス (2011-03-25)
            売り上げランキング: 57



            ビブリア古書堂の事件手帖 第一回 感想→
            できるだけ冷静に、ドラマビブリア古書堂の事件手帖を見るためのポイント2つ→

            JUGEMテーマ:ひとりごと

            インプットとアウトプット

            2012.10.19 Friday

            0
              先日、原作を読んだ舞台「闇の皇太子」を観てきました。小さい劇場ながら、楽しく、極上のエンタメ作品で、1度きりのつもりが結局2回も観に行ってしまいまいた。役者さんたちのパワーあふれる演技は、疲れているはずの心と体に染み渡り、元気をいただきました。

              2回目の時は、Twitter親しくさせていただいているフォロワーさんと実際にお会いすることができ、お話をさせていただくことができました。みなさん、とても明るくてステキな方で、お会いしておしゃべりしただけで、なんだかこちらも笑顔になれました。

              最近、心身ともにちょっと疲れ気味で、イライラしていましたから…。

              私は、人のマイナスの感情、テレビでの悲惨な事件など、ダイレクトに受け止めてしまうクセがあります。

              それに、自分の中で
              ・どんな時でも友人や周囲やさしくしなければならない
              ・嫌われないために、精神と物品を尽くさねければならない
              ・理想のスケジュールをたて、そのとおりに実行しなければならない

              というきついルールをいつの間にかつくり、それができないことでストレスを発生させてしまいます。
              これは、できたときはものすごい達成感があるけれど、できない時はストレスが倍増して、周りにあたってしまうこともあり、そんな自分にまたイライラ…と、無限ループ。

              でも昨日は、ずっと笑顔でした。ステキな芝居と、すてきな人に出会えたから。

              で、気がついたのは「アウトプットばかりでは疲弊する」ってことです。周囲にひたすら気をつかい、顔色を伺い、「〜せねばならない」では自分で自分を追い込んでしまう。だから、たまには「精神の栄養」をインプットする必要があるんだな。

              これまでは「出かけてばかりで家族に悪い」という、ルールで自分を縛って、出かけてもどこか後ろめたさを感じていました。じっさい家族は、前もって伝えておけばほとんどOKなんですけどね…。

              これからは、バランスをみながら、心から楽しめるようにインプット作業も充実させていきたいな。
              自分が元気でないと、他人を元気にすることなんて、到底できないもの。

              悪い人はいない。いるのは「困った人」と「めんどくさい人」。

              2012.07.04 Wednesday

              0
                ちょっと暗くて、もやもやしていることを書きます。

                よく「悪い人ではないんだけどねえ。」と言われる人がいます。
                私の周りにいる人はこんな感じ。

                ・他人の人間関係や生活状況を、根掘り葉掘り聞きまくる
                ・聞きあつめた人の情報を、なんの躊躇もなく他の人に、べらべらとしゃべってしまう
                ・自分の価値基準以外を認めない、自分がいいものは他人にもいいものだと思い、半ば強引に押し通そうとする
                ・「これを言ったらこの人が傷つくんじゃないか」ということを考えず、思ったことをすぐ口にだす


                困ったもんです。( ´Д`)=3

                こういう人に共通するのは、よく言うと純粋でピュア。考え過ぎない。
                だからこそ、思ったことを口にしてしまう。
                本当に「悪い人」であれば、相手を傷つけるために、あらゆる手段をつくして攻撃をしてくるだろうから。
                ただ「悪い人」なら自分が相手に嫌われているのを承知しているし、対応にはケンカを買うか、無視すればいい。

                でも、「困った人」「めんどくさい人」は違います、彼らは自分が迷惑がられているという自覚がないのです。そして、そういう人は、避けられない人間関係の中に潜んでいるのです。だから対応がめんどうなのです。

                そんな「困った人」「めんどくさい人」への私の対処法はこんな感じです。

                ・「面白い人」として笑い飛ばしたり、ギャグとして人に話してストレス解消
                ・なるべく、近づかない(なるべくってのが大事)
                ・必要最低限のメール文章で返信する
                ・「あ〜、そうなんですかぁ〜」と、ゆるい返事で対応


                昔、人間関係に悩んで愚痴った私に、友人が言ってくれた名言。
                「めんどくさい人がしゃべってきたらさ、今日の夕飯何食べよっかな〜、って考えてればいいんだよ。」

                この言葉ですごく気が晴れたのを覚えています。「困った人」「めんどくさい人」には怒りや呆れを感じますが、対応はゆるやかにする(相手にしない)のが一番かもしれません。

                ここまで「困った人」「めんどくさい人」の悪口を書きましたが、もしかしたら私自身も「困った人」「めんどくさい人」になっている可能性もあるのではと思ったりもします。(多分、時々なっている…)
                だから、自分への戒めも込めて書きました。

                「困った人」の説得術
                出口 知史 伊東 明 日本経済新聞出版社 売り上げランキング: 150780





                JUGEMテーマ:ぼやき


                苦しい時を救ってくれた、言葉 「あなたの平凡さも、ある場所では非凡になる」

                2011.01.21 Friday

                0

                  苦しい時に救われた言葉


                  今から数年前、すごく苦しい時期でした。社員として務めていた会社で、同僚からの心無い言葉に精神的に追い詰められ、仕事でも未経験の仕事をいきなりまかされて失敗し、上司から「長い間いたのになんでできないんだ。」と責められ、仕事にも自信を無くしてしまい、人と話すことが怖くなり、身も心もボロボロでした。

                  そんな苦しい時に、読んで助けられたブログ記事がありました。
                  コミュニケーション能力ブログの「あなたの平凡さも、ある場所では非凡になる」という記事です。

                  たとえプロ野球選手になれる実力はなくても、野球初心者やこどもからみたら、その人は「非凡な人」であり、その人が野球の素晴らしさを教えたなら、教え子にとって「身近な大切な人」になる、というような内容で、この記事を読んだ時、目からウロコがボロボロと落ちていくような衝撃でした。(ついでにボロボロ泣きました)

                  勇気をもらって次へのステップへ


                  ここではダメダメな自分だけれど、どこかで必要とされることがあるかもしれない。
                  「逃げ」かもしれないけれど、ここでボロボロになるよりましだ!と、そう思って思い切って会社を辞めました。

                  その後、社会人サークルで書類をデザインしたとき、他にそういったことができる人間がいなかったので、すごく重宝がっていただいたり、その後の派遣先でも苦労はありましたが、「自分しかできないこと」も多く、やりがいをかんじることができました。

                  ずっとブログの記事を読み返したかったのですが、うっかりブックマークをしていなかったので、なかなか見つけることができませんでした。しかし最近、ずっと放ったらかしだったはてなブックマークを整理したらなんと、でてきたのです!その記事が!
                  久しぶりに読み返してみて、ちょっと胸が熱くなりました。

                  こんな私でも、どこかで誰かの役に立つこともあるのかもしれない。
                  そう思わせてもらい、踏み出す勇気をもらいました。ほんとうにありがとうございました。

                  あなたの「平凡さ」も、ある場所では「非凡さ」になる|コミュニケーション能力向上ブログ





                  自分が嫌な奴だなと、思う瞬間

                  2009.12.04 Friday

                  0
                    久しぶりに大風邪をひきまして、数日寝込んでいました。
                    今日は大分熱は下がったのですが、それでも楽しみにしていたM-1前のNON STYLEのルミネも、週末の仲間とのイベントも、やっぱり風邪をうつしてしまう可能性があるので泣く泣くキャンセルすることにしました。

                    で、今回風邪をひいたことでほんとに自分て根性曲がっているなと
                    思った出来事がありまして。
                    勤め先で、家族全員が風邪かインフルエンザにかかっているスタッフの方がおりまして、ご自身も風邪で熱があったそうなんです。
                    私は「たいへんだなあ」と思う反面「人にうつす可能性があるんだから出てきてほしくないなあ」と思っちゃったんですよ。
                    「うつさないでほしいなあ」とも。

                    で、私も風邪をひくことになってまず思ったのは「●●さんが無理してでてきたからうつったんじゃないのか」「●●さんのせいで風をひいて楽しみにしていた予定が狂った」「●●さんが体調崩すまで私は元気だったのに」とか、ひっどいいい草が次から次へと頭に浮かぶんです。本当に性格のいい人だったら相手を思いやるのが先なのに、私が風邪をひいたのもその人のせいじゃないかもしれないのに、まずネガティブなことばかり考えてしまうんです。

                    自分が弱っている時ほど、自分が嫌な奴だなと思い知らされるなあ。とりあえずこの週末は心も体も休ませます…

                    通販カタログの不思議

                    2009.10.08 Thursday

                    0
                      ショップ店員の営業トークがうっとおしいので、服や雑貨はなるべくカタログ通販かサイトで買うようにしています。

                      しかし一度買うと、これでもか!っていう大量のカタログが送られてきます。通販会社もいままでの履歴や個人情報を考慮してなるべく私にあったカタログを送っているらしいのですが、年相応のカタログの服はかなり高い。
                      だいたい30〜40代の女性ってそんなに自分の服にお金かけられないんじゃなかろうか。
                      こんな高いカタログの服を買えるのは、ご自身でものすごく稼いでいるか、ご主人がものすごく稼いでいるか、お金持ちの方だけじゃないですかね。
                      いいかげん服の値段を年功序列にするのは
                      やめてもらいたいものだ。(´Д`)=3

                      とんでもない買い物
                      とんでもない買い物
                      posted with amazlet at 09.10.06
                      通販生活編集部 カタログハウス 売り上げランキング: 763174