普通って、なんだろう?『彼らが本気で編むときは』 荻上 直子 百瀬 しのぶ

2017.02.26 Sunday

0
    かもめ食堂」「めがね」で知られる荻上直子監督が、トランスジェンダーや育児放棄をテーマにした映画『彼らが本気で編むときは』のノベライズ。

    これを読むと「普通」ってなんだろうって、改めて考えされられます。

    『彼らが本気で編む時は』あらすじ


    小学五年生のトモは母親とふたり暮らし。しかし、母親のヒロミはトモに構わず、恋人ができるとトモのことを置いてでていってしまう。今回も母親に置いて行かれたトモは、叔父のマキオのもとへ。しかし、そこにはマキオと暮らす恋人、リンコがいたが、リンコは元は男性だった女性。

    トモは最初は驚いたものの、料理上手なリンコに料理を作ってもらったり、髪の毛を編んでもらったり、時に喧嘩もしながら3人は徐々に仲良くなっていった。

    しかし、やがて、3人の生活も、ヒロミが帰ってきたことで終わりをむかえてしまう…

    彼らが本気で編むときは、
    荻上 直子 百瀬 しのぶ パルコ 売り上げランキング: 2,386



    「普通」ってそんなに偉いのか


    私もリンコほどではないけれど、「夫婦と子どもは1人以上」という、世間が求める「普通」にはなれなかったし、小さい頃にいじめもうけていたから、リンコやトモの気持ちが沁みるんです。

    物語の中で、自分勝手で育児放棄のヒロミがリンコに向かって母親であるこ優越感から「あんたは、母親にはなれないの。母でも女でもないくせに。」と言い放ちます。これはもう、武器ですね、確実にリンコを傷つける鋭利な武器。

    なんで、人は自分を棚に上げて、自分より「普通じゃない」と感じる相手にはこうも残酷になれるのか。だって、ヒロミより、リンコのほうがよっぽど母親に向いているのに、ただ母親ってだけでこんなひどいこと言えるのだろう。

    そんな、周囲の無理解の中で救いだったのが、リンコの母・フミコのおおらかな優しさです。フミコは、自分の息子が「おっぱいが欲しい」と告白したとき、そんなリンコをちゃんと受け止めて娘として接していきます。

    フミコが編み物で編んだ偽のおっぱいがあったから、リンコは辛くてもちゃんと生きられたし、編み物に気持ちをぶつける方法を見いだせたのでしょうね。


    編み物の力


    リンコは
    『すっげー悔しかったこととか、死ぬほど悲しかったりすることを、全部チャラにする。』
    といって、辛いことがあると編み物をします。

    実は編み物って、目の前の手をひたすら動かすことで、嫌なことを忘れられる、癒やしの効果があるんです。東日本大震災後、被災地で仕事を失った女性たちがはじめた編み物や縫い物は、辛い現実をいっとき忘れさせてくれ、
    その売上が彼女たちの収入をいまも支えています。

    ハートフルなさき編み 東北の地から届いた
    文化出版局編 デザイン・製作 野田治美+Tsubomi 文化出版局 売り上げランキング: 751,980



    私の「普通」じゃない体験


    果たして、普通とはなんなのでしょう。世間が求める普通(マジョリティ)って「夫婦と子ども1人以上が望ましい」だと思います。そこから外れると、「普通じゃない」んです。普通の人からみたら。

    ある時、知人(既婚者・子どもあり)の女性から、別の知人のことを聞かれました。「ねえ、あの人彼氏がいるのに、どうしていつまでも結婚しないの?」と。私は別に、結婚しようとしまいと、それは本人が決めたことだから、他人がどうこう言うべきじゃないと思うのですが、聞いてきた女性は、相手が「普通じゃないから心配」しているのだと。

    どうして、自分と同じ(結婚して子どもがいる)じゃないと、「普通じゃないから、幸せじゃない」と思ってしまうのでしょう。他にも結婚をしてない人が周りにいますが、みんな、楽しそうですし、それは他人がどうこういう問題じゃないと思うのですが。

    もちろん、理解のある人が大部分ですが、どうも、一部のマジョリティの人たちは、「普通じゃないひとはかわいそうだから、普通にしてあげなくちゃ。」という「善意」が働くことがあるようです。自分がいいと思ったことが(多数派だし)人にもいいに違いないと押し付けるのは、わたしもつい、やってしまいそうになる危険な「善意」です。

    だから、自分のおすすめを話す前は一旦冷静になって伝えるようにしています。自分にとっていいものが、他人にとってもいいかどうかは、当たり前だけど相手が決めることですから…。
    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    『ビオレタ』 寺地 はるな

    2015.12.17 Thursday

    0

      『ビオレタ』あらすじ


      婚約者に突然別れを告げられ、雨の中泣いていた妙は、ドーベルマンのような印象の女性・菫さんに「道端で泣くのはやめなさい」と、半ば強引に引きずられ、そのまま彼女の店・ビオレタで働くことになった。

      妙は、取引のあるボタン屋、千歳さんと「とりあえず」つきあうことにしたが、実は千歳さんは菫さんの元夫であり、菫さんの息子・蓮太郎くんの父親でもあると知り、妙は複雑な心をもちつつも「とりあえず」の日々をおくることにする。

      ビオレタは、菫さんがつくる美しい雑貨と、あと、風変わりな「棺桶」を置いている。時々、お客さんが来てはなにか自分にとって埋葬したいものを入れる「棺桶」を買い求め、菫さんがそれを庭に埋める。

      けれど、菫さんの部屋には埋葬されない「棺桶」が置いてあった。それは彼女の罪の証らしい。

      ビオレタ (一般書)
      ビオレタ (一般書)
      posted with amazlet at 15.12.17
      寺地 はるな ポプラ社 売り上げランキング: 46,788


      いつも心に「棺桶」を


      これは、毎朝、菫さんと妙が唱和するビオレタの社訓みたいなもの。人には、葬りたくなるような感情や思い出がなにかしらあるものです。

      菫さんや千歳さんはそうした思いを真っ向から向き合ったり、受け流したりできる人なので、妙はそんな2人の雰囲気と仲にやきもき・じたばたしちゃうんですね。でも、そういう妙の感情は登場人物の中で一番共感できるし、一番、読者に近いんじゃないかな。

      でも、実は菫さんも千歳さんも、そんなに強い人ではないんですけどね。それがわかってくると、妙の周りも変化してゆく、その流れが自然でいいなと。

      肩肘張らずに、読める本。ゆっくり深呼吸した時のような気持ちになる本です。

      ([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫)

      新品価格
      ¥713から
      (2018/5/6 21:55時点)




      JUGEMテーマ:オススメの本

      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      『朝ごはん、ぬき?』 田辺聖子

      2015.12.08 Tuesday

      0
        田辺聖子さんの「朝ごはんぬき? (新潮文庫)」は、女流作家の家に住み込み家政婦兼秘書として雇われた女性が主人公。
        女流作家一家の奇妙な暮らしぶりがユーモアたっぷりに描いいていて、読んでいると思わずニヤリとしてしまいます。

        朝ドラの「芋たこなんきん」で知ったのですが、田辺聖子先生のお家にも本当に秘書さんがいらっしゃるそうですね。テーマは身近でも、本の内容は昭和50年代当時の夫婦の関係を皮肉った感じで、ユーモアに包まれた毒がきいています。

        「朝ごはん、ぬき?」あらすじ


        交際していた男から「俺、結婚すんねん」と言われ、やけっぱちになったマリ子は、会社もやめ、ツテをたよって女流作家・秋元えりか先生の元で住み込みのお手伝いをすることに。

        ところがこのエリカ先生、女流作家の才媛さとは程遠く、小太り、オカッパ、白塗りの大阪のおばちゃん。締め切り前はイライラしはじめ「書きもんの神様」の降臨をひたすら待つ。

        その間にマリ子は編集者の電話対応に追われることに。また、えりか先生は、若くてイケメンの編集者・ノボルくんに熱をあげており、彼が来る日は朝からそわそわ、白粉をぬりたくり、喜々としてでかけてゆく。

        朝ごはんぬき? (新潮文庫)

        中古価格
        ¥1から
        (2020/8/20 12:58時点)




        どこか憎めない人々


        マリ子さんが遭遇する、えりか先生の周りの人々は、えりか先生を筆頭として、夫の土井氏や娘のさゆりちゃん、編集者のじゃがいもこと有吉氏もいっぷう変わっています。

        土井氏は、えりか先生が家事(子育ても)まったくせず、まがまま放題であっても、どこかひょうひょうとして、マイペースで自分の趣味に勤しんでいるし、娘のさゆりちゃんは、両親とほとんど会話をしないで、カップラーメンばかり食べています。

        傍から観ると、「家庭崩壊?」と思うのですが、でもこの家族、これはこれで、バランスがとれている気がするんですよね。えりか先生も、土井氏のことをおっさん呼ばわりするし、ほとんど世話をやかないんだけど、一回土井氏が倒れた時は、驚くほど取り乱しましたしね。

        えりか先生も、ものすごくわがままなのだけど、風貌もふくめ、どこか憎めない。

        田辺先生の、ユニークで軽快な大阪弁ならではの会話シーンは、おもわず「ふふふ」とほくそ笑んでしまいます。

        夕ごはんたべた? (新潮文庫 た)
        田辺 聖子 新潮社 売り上げランキング: 298,237


        田辺作品感想


        「薔薇の雨」→
        「孤独な夜のココア」→
        「おちくぼ姫」→
        「ほどらいの恋」→
        「芋たこなんきん」→
        「ジョゼと虎と魚たち」→

        JUGEMテーマ:読書感想文


        レビューポータル「MONO-PORTAL」

        「パンとスープとネコ日和」 群 ようこ

        2015.10.22 Thursday

        0
          「かもめ食堂」のスタッフが制作したWOWOWドラマ「パンとスープとネコ日和」。その原作を、群ようこさんが書き下ろした小説「パンとスープとネコ日和」読みました。

          「パンとスープとネコ日和」あらすじ


          出版社に努めていたアキコは、母の死と転属をきっかけに母の残した食堂を再建し、サンドイッチとスープ、フルーツだけを出す店をオープンさせる。そんなアキコののもとに、突然現れた猫のたろ。

          手伝いの女の子、しまちゃんも決まり、アキコのパンとスープとネコのいる、忙しくも充実した日々を送っていたアキコのもとに、あったことのない父親の話を持ってくる女性が…。

          パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)
          群 ようこ 角川春樹事務所 売り上げランキング: 4,361



          生きるのって大変


          「パンとスープとネコ日和」「かもめ食堂」と同じく、女性が食堂を開くお話ですが、こちらはちょっと切ない。アキコは母子家庭で育ち、父親はどうやら家庭のある人らしい。愛情は感じつつも、感性も、感情も異なる母親との確執についても語られます。

          私も覚えがありますが、母と娘というのはやっかいなものなのです。そんななかでネコのたろはアキコが無条件に愛情を伝えられる存在だったから、いなくなった時、あれほど悲しんだのだろうな。


          こちらは小林聡美さん主演のWOWOWドラマ
          パンとスープとネコ日和  DVD-BOX
          バップ (2014-01-15)売り上げランキング: 3,735


          レビューポータル「MONO-PORTAL」

          「続・森崎書店の日々」 八木沢 里志

          2015.03.29 Sunday

          0
            古書の街・神保町を舞台に、恋に傷ついた主人公・貴子が、 古書店店主のサトルおじさんや、神保町の人々との交流により 本の面白さに目覚め、人生を再生していく物語を描いたのが、「森崎書店の日々」です。

            その続編となる「続・森崎書店の日々」は、貴子と森崎書店を取り巻く人々との交流を描いた物語です。

            続・森崎書店の日々 (小学館文庫)
            八木沢 里志 小学館 (2011-12-06)売り上げランキング: 134,321

             

            古書街の人々


            「森崎書店の日々」では、貴子の再生とサトルおじさんとの絆を中心に描かれていましたが、「続・森崎書店の日々」は、貴子の周りの身近な人々の心情が描かれます。

            ともちゃん


            神保町で本を通じて知り合った友人のともちゃん。バイト先の高村くんが、思いを寄せているものの、相変わらず仲は進展していない。

            実はともちゃんには、恋愛に消極的な理由があって…

            和田さん


            前回、古書を通じて知り合い、恋人となった和田さん。2人の仲も、安定してきたと思いきや、突然和田さんが小説を書きたいと告白されたり、元彼女と街を歩いているところをみかけたりと、なにかと問題が…

            桃子さん


            失踪していたサトルおじさんとの奥さん、桃子さんは、貴子のよき相談相手。少し前にサトルおじさんの元に戻って森崎書店を手伝っている。

            過去に大病をわずらったため、貴子はおじさんの骨休めもかねて、2人に温泉旅行をプレゼントするものの、帰ってきたサトルおじさんと様子がおかしくて…

            貴子は以前、手ひどい失恋に傷つき、人と関わろうとしなかったのに、今回は友人や恋人、おじさんたちの力になろうと奮闘します。物語の中で「あの失恋がなかったら、みんなにであうことはなかった。」と語っていて、ああ、貴子ちゃんは本当に成長したんだなあ、と、なんだか彼女の成長がうれしくなりました。

            自身がつらい思いをしたからこそ、大切な人たちのために動けるのでしょうね。

            森崎書店の日々 (小学館文庫)
            八木沢 里志 小学館 (2010-09-07)売り上げランキング: 160,969


            映画「森崎書店の日々」感想」→

            森崎書店の日々 [DVD]
            森崎書店の日々 [DVD]
            posted with amazlet at 15.03.29
            バンダイビジュアル (2012-05-25)売り上げランキング: 36,033

            レビューポータル「MONO-PORTAL」
            JUGEMテーマ:オススメの本


            不器用でやさしい姉弟の話。「小野寺の弟、小野寺の姉」

            2014.12.17 Wednesday

            0
              片桐はいりさん、向井理さん主演で舞台化・映画化された「小野寺の弟、小野寺の姉」の原作小説を読みました。

              早くに両親を亡くし、ずっと2人で暮らしてきたより子と進の小野寺の姉弟。しっかりものの姉・より子と、人見知りな弟・進。ほっこりと日々を過ごしてきた2人の生活にも変化が。

              姉・より子は想い人浅野からデートに誘われ、弟・進も、郵便の誤配達がきっかけで元カノに雰囲気の似た薫と出会う。果たして、小野寺姉弟に春はくるのか…。

              小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)
              西田 征史 幻冬舎 売り上げランキング: 13,086



              映画と基本的な設定は変わらないものの、進くんの恋愛があまり発展しなかったり、言い間違いの平松先生は回想だけだったりと、出来事や登場人物が若干変わっています。

              でもその分、より子さんや進くんの性格や性分であったりとか、小野寺家の日々の様子や周りの人々との日常の描写が多くて、小野寺姉弟の世界がよりよくわかるようになっています。

              そして、姉と弟がどんなに相手を思いやっているかが伝わります。姉も弟も不器用でその思いをうまく伝えることができないのだけど。だから、自分の恋愛も後回しにしてしまう。

              でもきっと、伝わる人には伝わるはず。

              いつかまた、より子さんと進くんに好きな人ができたなら、姉弟の関係をちゃんと理解してくれる人であってほしい、と願わずにはいられません。

              [映画]小野寺の弟、小野寺の姉感想→

              映画版「小野寺の弟・小野寺の姉」

              小野寺の弟・小野寺の姉 特別版 [DVD]
              ポニーキャニオン (2015-02-27)売り上げランキング: 8,660



              舞台版「小野寺の弟・小野寺の姉」

              小野寺の弟・小野寺の姉 -お茶と映画- [DVD]
              ポニーキャニオン (2014-01-24)売り上げランキング: 19,635



              JUGEMテーマ:読書感想文

              レビューポータル「MONO-PORTAL」

              「なでし子物語」 伊吹 有喜

              2013.05.27 Monday

              0
                四十九日のレシピ」の伊吹有喜さんが描く昭和の少年少女の淡い思いを描く「なでし子物語

                心に傷をもつふたりの子どもが出会い、成長してゆく物語です。伊吹有喜さんの描くお話はいつも魅力的で、読み進めるとどんどん惹きこまれていきました。物語に力を感じます。

                「なでし子物語」あらすじ


                母親から疎まれ置き去りにされた燿子は、祖父が働く山間の里・峰生のお屋敷「常夏荘」へ引き取られ、お屋敷の主の息子・立海と出会います。

                お坊ちゃんで何ひとつ不自由がないように見える立海も、物心付く前に母親と生き別れになったという悲しい過去をもち、周囲の期待に答えようとするあまり、ストレスで嘔吐を繰り返すという、トラウマを背負っています。

                孤独と絶望を感じていた幼い子どもたちが出会い、心を通わせていく内に燿子も立海も次第に明るく、心も体も強くなっていきます。そんな2人の存在は、周りの大人たちの心も動かしていくのですが…。

                やさしい物語


                読んでいく内に、童話のようだ、と感じました。お屋敷の男の子と女の子が出会い、その出会いが周りの大人達の心を溶かしていく「秘密の花園」のような。作中には「赤毛のアン」のように、燿子が間違って果実酒を飲んでしまうシーンもあるし、感情の表現が不器用なおじいさんと燿子の関係は「アルプスの少女ハイジ」のようでもあるし。


                だけど、現実は童話のようにうまくいきません。立海の父親は、立海が丈夫になってきたと知ると燿子の存在がじゃまになり、強引に立海を東京に引き取ってしまいます。

                このジジイは、「植え替えるには根がはりすぎると遅くなる」と、自分の息子を成果品のように言い放ちます。この人はきっと、愛情とか絆とかを商業的にしか判断できないのでしょうね…。

                だけど、純粋にお互いを思いやる燿子と立海は、強い絆で結ばれているので、峰生のおとぎ話の天女と少年のように、いつかきっと、二人が再会できる日がくること、それまで二人がお互いを思いやっていることを願ってしまいます。

                伊吹さんの作品には、毎回美味しそうな料理がでてきます。今回は峰生の名物・くるみ味噌の五平餅や、猪鍋、燿子と立海が飲むきんかんジュースなど、味も色彩も鮮やかで美味しそうなのですが、でも決して主張しすぎず、物語を引き立ててくれています。


                ([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

                中古価格
                ¥1から
                (2018/6/2 22:54時点)




                「なでし子物語」の続編「地の星」「天の花」。おとなになった立海と燿子のその後の姿が描かれます。

                地の星 なでし子物語

                中古価格
                ¥1,458から
                (2018/5/31 22:45時点)




                天の花 なでし子物語

                新品価格
                ¥1,620から
                (2018/6/2 22:55時点)




                伊吹有喜作品 感想


                『彼方の友へ』
                『今はちょっと、ついてないだけ』
                『BAR追分』
                BAR追分シリーズ2『オムライス日和』
                BAR追分シリーズ3『情熱のナポリタン』
                『ミッドナイト・バス』
                『なでし子物語』
                『風待ちのひと』

                JUGEMテーマ:小説/詩

                レビューポータル「MONO-PORTAL」

                『旅猫リポート』 有川 浩

                2013.04.25 Thursday

                0
                  有川浩さんの「旅猫レポート」。これはたぶん、「猫バカ」にしか書けない物語だろうな。そして「猫バカ」の理想の物語ではなかろうか。

                  『旅猫リポート』あらすじ


                  ノラ猫だったナナ(オス)は、事故にあってサトルに助けられてから、彼の飼い猫、兼相棒として、しあわせな日々のを送っていた。

                  けれど、「のっぴきならない事情」で、タケルはナナを手放すことになり、ナナの新しい飼い主探しのため一人と一匹の旅が始まります。

                  旅猫リポート (講談社文庫)

                  中古価格
                  ¥272から
                  (2018/11/6 10:33時点)





                  猫にまつわる話がいろいろ


                  ナナの引き取り先を探すべく、サトルは銀色のワゴンに乗って、幼なじみのコースケ、中学の親友ヨシミネ、高校・大学時代の友人スギ夫妻を訪ねます。結局、彼らの誰もナナを引き取ることはなかったのですが、サトルとナナの訪問によって、彼らは救われる部分があったし、サトルもまた、大好きな人達との再会を果たすことができました。

                  色んな所を旅して、最後はおばさんのいる北海道へ。

                  有川浩さんも相当な「猫バカ」(最大級の褒め言葉です)のためか、猫にまつわる小さくてやさしエピソードが物語に詰まっています。

                  テレビの上で寝る猫のために、薄型テレビを使わないおうちや極寒の北海道で野良猫たちがどうやって冬を過ごすのかなど、本当のネコ好きじゃないと気づかないような猫にまつわる話がいろいろ。

                  それが猫飼育経験のない私には読んでいて新鮮だったし、なんか、幸せな気持ちになりました。


                  猫の旅、人の旅


                  猫という生き物は、自分の縄張り(家の中)がなにより大事なテリトリーであると聞いたことがあります。そんな猫であるナナが、「旅」に出るのは私達が思っているよりもそうとう大変な冒険だろうけれど、それでもナナは、サトルと一緒にいることを選んだんですね。

                  この旅の部分は、サトルとナナが本当に楽しそうで。今まで観たこともない風景やみたり、たくさんの動物達にも出会った。けれど、そんな楽しい旅は、とうとう終わりが来てしまいます。

                  最後は…。悲しいけれど、不幸じゃないんだろうな。きっと。

                  装画は村上勉さん。子供時代、一度は彼の絵の本をよんだことがあるんじゃないか、ってくらい有名な挿絵画家さんです。ノスタルジックな雰囲気が、この本の内容とよくあっています。

                  ラジオで児玉清さんの本紹介が流れるなど、ファンにうれしいエピソードがちょこっと入っているにもうれしい。

                  2018年には福士蒼汰さん主演で映画化。相棒猫・ナナの登場により映像化されました。ナナが本当に物語の中のナナみたいなんだよな…。

                  旅猫アルバム

                  中古価格
                  ¥2,808から
                  (2018/11/6 11:45時点)





                  「旅猫リポート」は、2013年4月、有川浩先生とキャラメルボックス阿部丈二さんの演劇ユニット・スカイロケットで上演されました。惜しくも見逃してしまったので、ぜひ再演してほしい!

                  スカイロケット


                  有川作品感想


                  空飛ぶ広報室
                  明日の子供たち
                  ほっと文庫 「ゆず、香る」

                  クジラの彼
                  ラブコメ今昔
                  阪急電車
                  海の底
                  空の中
                  レインツリーの国
                  三匹のおっさんふたたび
                  三匹のおっさん

                  キケン
                  ヒア・カムズ・ザ・サン
                  シアター!
                  シアター2!

                  フリーター、家を買う。
                  植物図鑑
                  県庁おもてなし課

                  JUGEMテーマ:小説/詩


                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  101歳の詩人、柴田 トヨさんの訃報と「くじけないで」の感想

                  2013.01.22 Tuesday

                  0
                    くじけないで」で有名な101歳の詩人柴田トヨさんの訃報を聞きました。
                    ご冥福をお祈りします。(;ω;` )

                    ・悲哀と慈愛
                    私がはじめて「くじけないで」を読んで感じたのは、トヨさんの「90歳のリアル」な生活と感情が、そのまま詩に描かれているんだなあということです。どうも私は、ご高齢の方は聖職者のような達観し、何事にも動じない心を持っているのだと誤解しがちです。でもトヨさんは詩や、あとがきの中でも「年をとって体が動かなくて、朝起きるのがつらい」みたいなことを書いています。あと息子が帰るのがさみしいとか(^^)。

                    でも、そんな感情を隠すことなく、それを糧にしてやさしく、力強い詩としてうたっています。
                    変に飾らず、自分の心にまっすぐに詩を読む。だからこそたくさんの人がトヨさんの歌を愛するのかもしれません。


                    ・痛みを知るということ
                    それと、驚いたのは小さい頃のイジメ体験のお話。トヨさんは小さい頃、奉公に出された先で、イジメにあっていたのだそうです。当時90を過ぎていたおばあちゃんが、そんな子どもの頃の辛い記憶を忘れられずにいるのか、というのにまず驚きました。人から受けたひどい仕打ちというのは、年月がたち、癒されることはあっても、忘れられるものではないのだと。

                    トヨさんはそんな痛みを知っているからこそ、詩にうたわれた他者への眼差しが、とてもやさしいのです。

                    震災の時、被災者にあてたトヨさんのメッセージ→
                    慈愛とやさしさに満ちたメッセージです。読む度に泣けます(;ω;` )

                    くじけないで
                    くじけないで
                    posted with amazlet at 13.01.21
                    柴田 トヨ 飛鳥新社 売り上げランキング: 2


                    百歳
                    百歳
                    posted with amazlet at 13.01.22
                    柴田トヨ 飛鳥新社 (2011-09-13)売り上げランキング: 57



                    JUGEMテーマ:気になる書籍


                    楽しき(?)団地ライフ。「たのしきわが家」 田辺 聖子

                    2012.10.23 Tuesday

                    0
                      1970年代、大阪郊外の団地を舞台にした家族のお話「たのしきわが家」今まで読んだ田辺聖子さんの短編は、場所も設定もまったく違うのが多かったけれど、ここでは同じ団地で起こる家族の人間模様が描かれています。

                      設定は70年代ではありますが、夫婦におこる人間模様は現代とさして変わりはありません。

                      「女と女房」で、夫の浮気に怒る妻が最終的にキレる理由が「愛人宅に新しい家電を買って贈ったこと」ってのが思わず「わかる!」って思いました。

                      自分は倹約して家計をやりくりしているのに、新しい家財道具を別女に与えるのって、妻として結構な屈辱なのですが、男はそんなとこ、気がつかないのよね。映画「死の棘」でも愛人に下着を買ってやったことに対して、妻の言及がありましたもん。


                      たのしきわが家 (中公文庫)
                      田辺 聖子 中央公論新社 (2010-08-21)売り上げランキング: 536685

                      JUGEMテーマ:恋愛小説


                      田辺作品感想


                      「朝ごはん、ぬき?」→
                      「薔薇の雨」→
                      「孤独な夜のココア」→
                      「おちくぼ姫」→
                      「ほどらいの恋」→
                      「芋たこなんきん」→
                      「ジョゼと虎と魚たち」→

                      レビューポータル「MONO-PORTAL」