ゴースト・ハントシリーズ 「悪夢の棲む家」 小野不由美

2005.03.20 Sunday

0
    ようやっと、ゴースト・ハントシリーズ 「悪夢の棲む家」 を読みました。
    今までのシリーズはいなだ詩穂さんが描かれた漫画文庫版で拝見していたのですが、小説はこれが始めて。面白くて一気に読んでしまった。
    悪霊や怨念が出てくるシーンは確かに怖い。
    小野先生は、殺される側からの描写も、殺人の描写も、あまり難しい表現を使わず表現されているので、
    それが逆に身近に恐怖を感じて、コワイ。ほんとに。


    ところでこの「悪夢の棲む家」と漫画文庫版の間にストーリーがいくつか存在しているということをこの本読んではじめて知ってしりましたよ。。
    バカバカ!これじゃぁ図書館で貸し出し中だからって十二国記シリーズの「月影」の次に「黄昏」を読んでしまったのと同じ過ちぢゃあないか!

    【追記】その後無事、シリーズ全て読破しました。
    漫画化もされていることだし、増刷してほしいな。



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL