北の零年(伝え聞き感想)

2005.05.22 Sunday

0
    先日、田舎の母が出てきたので一緒に食事をしてたときのこと。
    母の妹と姉の3婆で「北の零年」を見にいったというので、
    その感想聞いてみた。
    渡辺謙と吉永小百合の演技に大変感動したそうだ。
    ただひとつ気にかかるのは、「農作業のやり方が変」だったそうな。
    「鍬の使い方はあんな風じゃない!」農作業を身近に見ている田舎の婆には映画での農作業はどうも納得がいかんらしい。

    監督の行定氏は40前で、メジャー作品からマイナー作品まで、若者向けの映画で脚光を浴びた人だ。スタイリッシュな作品が多い監督のことだから、
    実際の形よりも美しい映像を優先したのかもしれないが、婆たちにはちょと不評のようだ。
    まあ、彼が年寄り受けする作品などこれからも作るとは思えないが。

    北の零年 通常版
    北の零年 通常版
    コメント
    コメントする
    トラックバック
     珍しくブログで事前に調べていたら、酷評ばかりで、ちょっとびっくり。「北の零年」(行定勲監督)のことである。実はこの映画、僕にとって、ことし初めての映画鑑賞だった。元日のWOWOWで「血と骨」の前にやっていた。「血と骨」も2時間半ぐらいと長いが、「北
    • 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
    • 2006/01/03 1:08 AM
    この記事のトラックバックURL