おかゆにハチミツ?昔の児童文学の食べ物翻訳がおかしい。

2006.02.23 Thursday

0
    ひと昔前の童話、児童文学集には、昔の翻訳をそのまま再版しているものがあり(最近ではほとんど見かけませんが)、お菓子の説明や食べ物のシーンには前時代的表現でわれわれの頭を悩ますシロモノがあります。

    『続あしながおじさん』のスコットランド風焼き菓子


    孤児院の院長を務める主人公サリーが、うるさ型のドクトル・マックレイをもてなすのに、「スコットランド風焼き菓子を、さめないように五徳の上にのせ」という表現がありました。

    だからその、スコットランド風風ってのはどんなのよ、って話ですよね。
    あとから調べたらこれおそらくショートブレッドのことらしいです。
    作中、マックレイ医師が紅茶にひたして食べた、という記述もあったような気がするので、ショートブレッドのほうがスコーンより食べやすいですね。

    サリーもドクトルもルーツは同じスコットランド。故郷のお菓子を食べながら暖炉の前で故郷の話に花がさいたかもしれません。

    ウォーカー ショートブレッドフィンガー#110 250g

    新品価格
    ¥618から
    (2018/6/6 21:54時点)




    そして「五徳」って、いつの時代だよ…中年の私ですら、おぼろげにしかその存在を知りません。「五徳」とは火鉢にさして上にやかんなどを置く鉄輪のことだそうです。

    果たしてアメリカに「五徳」があるのかどうか…?もしかしたらストーブなどの暖房機にで保温する器具のことかもしれませんね。

    こちらの「続あしながおじさん」は1961年発行だそうですから、時代を感じますね。

    あしながおじさん (続) (新潮文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/6/6 21:54時点)





    翻訳者もまだ海外のお菓子を実際に食べたことがなかったでしょうから、こういうあいまいな訳がまかり通っていたのでしょう。

    秘密の花園の「おかゆにはちみつ」


    私が幼いころ読んだ「秘密の花園」には、主人公の女の子の朝食に「おかゆにはちみつを入れて食べる」と、書かれていました。

    子供ごごろに「おかゆにはちみつ入れてうまいのかなぁ?」と思っていたのですが、大人になってから読み返してみると真相がわかりました。おかゆ=オートミールなんですね。

    QUAKER OATS クエーカー オールドファッションオートミール4.52kg 2.26kgX2パック入

    新品価格
    ¥1,840から
    (2018/6/6 22:02時点)




    確かにこれならハチミツをかけて食べることができますね。
    たしかに「西洋のおかゆ」といえないことはないですけど。こころして読み返してみると翻訳も時代が出るというか、VOW的な要素が含まれてますね。また、近年発行された本だと、「ポリッジ」(porridge:オートミールがゆ)と表記されていました。


    NHKで放送されている「グレーテルのかまど」のレシピ本、『あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ』
    放送されたお菓子のレシピを写真付きで紹介しています。

    あの人が愛した、とっておきのスイーツレシピ

    中古価格
    ¥937から
    (2018/6/6 22:05時点)




    児童文学はけっこう食べ物の描写が多い。


    「あしながおじさん」でジャービスぼっちゃまがジュディへ贈るのはチョコレート。クリスマス休暇には厨房でキャンディをつくったり、ワッフルやアイスクリームなども出てきます。

    あしながおじさん (新潮文庫)

    中古価格
    ¥273から
    (2018/6/6 22:04時点)





    秘密の花園
    あしながおじさん
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    日月さん☆こんばんは
    当時は、翻訳していた人だって知らなかったのかも?って思います。
    わたしが一番興味を持っていたのはピッピが作るジンジャー・クッキーでした。
    そういえば、ナルニア国のターキッシュ・デライトも不思議な訳になってましたね。
    子供のころに謎だなぁって思った食べ物は、これまでにほとんど食べてみることができました。
    逆に、食べたことがあるけれど説明しにくいのがブラック・プディングです。(^_^;)
    • by Roko
    • 2010/07/06 10:19 PM
    Rokoさんへ

    >当時は、翻訳していた人だって知らなかったのかも?って思います。

    私も、そう思います。
    確かイギリスのショートブレッドもただ「イギリスのお菓子」としか訳されていませんでしたし。

    ブラック・プディングは知らなかったです。ちょっと調べてみます。今は知らないことがすぐにわかるので便利ですが、確実に想像力は衰えるような気がします…。
    • by 日月
    • 2010/07/07 9:06 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL