2005.09.04 Sunday

「月館の殺人 上巻」 綾辻 行人 佐々木 倫子

「館シリーズ」の綾辻行人、「動物のお医者さん」の佐々木 倫子がタッグを組んだ鉄道ミステリーマンガ「月館の殺人」

正直、読む前はどうなることか思っていたが、と綾辻さんのプロットと佐々木 倫子さんのギャグセンスが見事に融合しております。

綾辻先生の作品では、何気ない描写の中に重要なキーワードがちりばめられていたり、同じような場面の繰り返しの中にほんのわずかな違和感を感じさせる文章が「ひっかかり」となっていて、そこから推理を広げていくんですが、

「月館の殺人」の場合、上巻読んだだけでは、まったくわかりません!まったく、文章よりも絵のほうがわかりづらいだなんて!

私は「本にまとまってから読む派」だったけれど、もうそんなことも言ってられない。早く続きが読みたい。

【おまけ】
登場人物の1人、模型テツの竜ヶ森君は、綾辻先生の「暗黒館の殺人」のある登場人物を思い起こさせる。
だって台詞がそっくりなんだもん。フードかぶっているのも共通といえなくもないし(笑)なにか関係あるのかな?
「それは僕に対する質問。。?」
「それは私への質問でございますか。。?」

月館の殺人 上  IKKI COMICS
綾辻 行人 小学館


「十角館の殺人」→
「水車館の殺人」→
「迷路館の殺人」→
「時計館の殺人」→
「奇面館の殺人」→
「月館の殺人 下巻」→
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Comment
こんにちは、トラバありがとうございました。
続き気になりますよね〜^^; IKKIは吉野朔実など他にも好きな作家さん
いるし、購読か…?と迷うところです。とりあえず立ち読みかなw
あひるさま
コメントありがとうございます。
先日ようやく見つけたので、購入しました。
なるほど〜といった仕掛けがありました。
それにしても、テツの人たちの情熱はすごいなあ。
TBありがとうございました。
さすがしっかりした推理サスペンスでしたね♪
佐々木さんのもつこのおとぼけっぷりや笑いは
原作を壊してないんでしょうか(笑)
先日「キサラギ」という映画を見たんですが
同じ匂いがしました!(こちらはアイドルオタクですが)
この作品のテツといい、彼らの情熱やのめりこみぷりは
おかしさを通り越して素晴しいと思いました♪(爆)


>くろねこさま

コメントありがとうございます。
もともと綾辻行人さんも年密なプロットとどんでん返し、
佐々木さんのおとぼけっぷりが見事はまった面白いコラボ
だったと思いますよ( ̄▽ ̄)
原作といっても、漫画そのものの原作で、元になる小説は
ありません。けど、小説版も読んでみたいですね。
「キサラギ」はテレビの宣伝を見ましたが、密室劇のミステリを
彷彿とさせますね。





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/321234
『月館の殺人』がついに単行本に!綾辻行人×佐々木倫子で連載開始!のニュースに小躍りしてから半年余り…待ちました。 むむう、こうきたか。 下巻が待ち遠しいです。 それはそうと、新連載第一回目が掲載されたIKKIを買ったため、こんなものを持っているのでした!
  • あひるちゃんがゆく
  • 2005/09/07 7:30 PM
天涯孤独となった女子高生・空海(そらみ)は、まだ見ぬ 唯一の肉親(祖父)に会う為北海道へと旅立った。 莫大な遺産を持つと言う祖父に導かれ、 彼女は 夜行列車に乗り込むことになったのだが。 そこにいたのは、 奇妙
  • shaberiba
  • 2007/06/21 11:10 PM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM