ハリー・ポッターとあしながおじさんの共通点

2005.09.12 Monday

0
    ハリー・ポッターとあしながおじさんには結構共通点がある。ということ仮説(?)をたててみました。みなさんはどう思われますか?

    ●主人公が孤児で養い親が意地悪。


    【ハリー】…ダーズリー家
    【あしながおじさん】…孤児院のリペット院長。
    どちらの養い親も利己主義で自分勝手だけれど自分達はそう思っていないところがそっくり。


    ●親友が赤毛で家庭環境に恵まれている。


    【ハリー】…ロンの家は魔法一家で大家族。貧乏だけど愛情にあふれている。
    【あしながおじさん】…サリーの家は縫製工場を営んでおり、そこそこ裕福。家族も多い。台所にはいつでも子供達がパンを焼けるように、パンだねをとっておいてくれる。

    どちらの家も、主人公たちが切望していた「家庭」を与えてくれる存在。暖炉もあり。
    あしながおじさん (新潮文庫)
    ジーン ウェブスター
    新潮社 (2017-05-27)
    売り上げランキング: 50,616



    ●食べ物の描写が多い


    【ハリー】…ティーンエイジが好みそうなお菓子がたくさん。
    いたずらお菓子も。
    かぼちゃジュース、カエルチョコレート、バタービールなど。

    【あしながおじさん】…女子大なのでやはり食べ物描写が多い。
    そば粉のクレープ、ハチミツ、チョコレート、アイスクリーム、ワッフルなど。

    ●後見人がいる。


    【ハリー】…シリウス・ブラック他多数。
    「アズガバン」ではクリスマス・プレゼントに箒が届く。
    送り主はシリウス・ブラック。その他、リーマス・ルーピン、
    ダンブルドア校長などがハリーを見守っている。

    【あしながおじさん】…無論、あしながおじさん。孤児院の評議員。主人公、ジュディの書いた詩を気に入って大学へ進学させる。
    クリスマスプレゼントやバラの花束を贈る。

    ハリー・ポッターシリーズ全巻セット
    J. K. ローリング
    静山社 (2008-07-23)
    売り上げランキング: 5,775



    ●卒業後、秘密が明かされる?


    【ハリー】…ヴォルデモートと決着?
    【あしながおじさん】…好きな人があしながおじさんだった。
    ラストはおなじみ、どんでん返しのハッピーエンド。

    こうくると、「ハリー・ポッター・シリーズ」終了後、外伝で描かれるとすれば、ロンが孤児院の院長*になる話だろうか。。。?
    ロンを主人公にした話が読んでみたい。

    *「続・あしながおじさん」は、主人公・ジュディの親友・サリーがジュディの育ったジョン・グリア孤児院の院長になるという話である。
    続あしながおじさん(新潮文庫)
    新潮社 (2017-11-24)
    売り上げランキング: 20,132



    コメント
    こんにちは。TBありがとうゴザイマシタ。こちらからもさせていただきました。
    ハリーポッターとの共通点、なるほど!と関心いたしました。両方とも女流作家の作品でもありますしね。
    いろいろな作品について語っておりますね。これからも楽しみに拝見させていただきます。
    maxine27さま、こちらこそ、ありがとうございます。
    私も日本版の「あしながおじさん」マンガ読みました。
    見事に昭和初期の日本に状況が置き換えられていて、
    面白かったです。
    児童文学は、大人になってから読むと、またいろいろな発見があって
    楽しいです。ハリーも最後は幸せになって欲しいです。
    • by 日月
    • 2005/09/17 1:02 PM
    コメントする
    トラックバック
    小説ハリーポッターのレビューブログをトラックバックで募集。 ハリーポッター感想・
    • レビュートラックバックセンター
    • 2005/09/13 2:29 PM
    今月号のヤングユーに 勝田文先生があしながおじさんを原作に 読み切りを描いておりました。 とてもかわいらしいお話でありました。 舞台を昭和初期に置き換えて おじさんを若い男性に置き換えて描かれておりました。 主人公の女の子の着物もいちいち柄が手書き
    • 二七のOTAKU☆日記
    • 2005/09/16 10:47 PM
     書籍から始まり、映画、関連商品などで大きな売上げを上げる「ハリーポッター」の完結編が今夏に発売されるという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  ハリーポッターと言えば、書籍で大きな売上げを上げ、映画化された作品も世界各国で大ヒットとなった
    • 総合情報ニュース徒然草
    • 2007/02/02 1:36 PM
    この記事のトラックバックURL