[映画] アタック・ナンバーハーフ

2005.11.07 Monday

0
    タイ映画はすごい。
    マッハ ! 」、「怪盗ブラック・タイガーなど、斬新な企画の、面白い作品を次々と生み出しています。

    「アタック・ナンバーハーフ」は、タイのおかまちゃんバレーボールチームが、様々な苦難を乗り越えて勝ち進むスポコン・コメディー。

    インド映画ほどクドくなく、香港より(ある意味)斬新、アジアンテイスト満載のタイ映画を味わいましょう。


    1.お化粧しなきゃパワーがでない!


    いや、もう元気なんですわ。彼女たち。ただでさえ差別が多く、無理やり家に連れ戻されたり、ストレートの彼氏に振られたり、いじめられたりするけれど、それでも前向きに「これがアタシなの!」と、胸をはってメイクしてバレーに打ち込む彼女たちは同じ女性(?)として共感する部分多し。世の中の女子はこの映画に学ぶべし。

    2.がんばってれば見ていてくれる人だっている


    人間前向きにがんばっていれば、おなべの監督や、最初は彼女たちを嫌っていたチーム唯一のストレート、チャイも認めてくれた。世の中捨てたもんじゃないってことよ。

    3.ジュン子ちゃんとその家族


    わたしのお気に入りチームのムードメーカー、ジュン子の両親。娘(?)の晴れ姿にテレビの前で飛び上がって喜んだり、ジュン子が口紅をつけようとすると、「とうさんにも貸してくれ」と冗談いったり。そんな両親だったから明るく前向きな子に育ったんだろうね。家族との間で苦労しているメンバーのが多い中でジュン子ちゃんちの両親の愛情にグッときちゃいます。

    アタック・ナンバーハーフ〈デラックス版〉 [DVD]
    クロックワークス (2001-11-23)売り上げランキング: 20544



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX / ジェネオン エンタテインメント(2004/09/24)Amazonランキング:13,849位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 面白かったです。 最初はシーンの繋ぎ方がちょっと無理矢理っぽい感じがし
    • talking vxxxxx
    • 2005/11/13 12:01 PM
    この記事のトラックバックURL