新撰組!! ネタバレ感想其の二!!

2006.01.08 Sunday

0
    前回は、感動にまかせなぐり書きだったため、
    本日前半部分のみ見直し。
    別な発見がいろいろとあったので
    今回はそのあたりの感想を。

    ●理想の上司
    榎本総裁、大鳥さん、副長の3人て現代の会社組織にもあてはまる関係ですね。
    部下に慕われ、実務を仕切る副長。
    全てを統括するおおらかで腹の据わった総裁。
    そして、下からは突き上げられ、上からは難問を言い渡され、ちょっと胃のイタイ感じの中堅管理職の大鳥さん楽しい

    大鳥さんはともかく(失礼!)
    函館での副長はまさに、理想の上司像だと思います。
    (榎本さんは理想のCEOね。)

    特に市村鉄之助が戦場を離れ、多摩に行く事を拒んだとき、
    最初は剣で脅し→「命令を聞かなければこの場で切る!」
    最後は信頼して託す→「こんなこと、お前の他に誰に頼める?」

    こんな風に言われたら市村君でなくとも、みんなどんな命令も聞いちゃいますよ、副長ォォ!


    ●榎本さんで続続編希望
    島田魁や斉藤一、永倉新八もいいのですが、ここはあえて片岡愛之助さん主演でその後の榎本総裁を描いて欲しい。
    このまま歌舞伎界に帰ってしまうのは、いかにももったいない。
    愛之助さんを、いや愛之助さん演じる榎本をもっと見てみたい。

    そのぐらいかっこよかった榎本総裁。おしゃれで紳士的で、でも砕けた江戸弁で。土方副長の圧倒的な存在感を前にしても一歩も引けをとらないし。
    (ある意味、大鳥さんが「オチ」部分を担当してくれたので2人の存在がとても際立った。ありがとう大鳥さん!)

    敵側の大将であった黒田清隆(当時は了介)が頭をそり上げてまで助命を願い、後に彼の内閣で活躍したその後の人生ドラマでできないだろうか。
    その時には、京都を訪れた際、当時西本願寺にいた島田魁を呼んで語り合おうとしたら、「そちらから出向け」と断られたエピソードも是非やってほしい。

    →ネタバレ感想其の三へ続く…かも。


    ↓また読み直さなければ!!

    新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD]
    ジェネオン エンタテインメント (2006-04-21)売り上げランキング: 15058


    新選組!! 土方歳三最期の一日 ネタバレ感想!!→
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL