SFとレトロモダン。[映画] 2046

2006.04.19 Wednesday

0
    花様年華の続編と期待して見ると、
    ちょっとが傾向が異なるのでまったくの別物語として見たほうがよい「2046」。

    2046あらすじ


    過去の恋を引きずったまま愛した、
    美しい女賭博師(コン・リー)と別れ、
    シンガポールから舞い戻ったチャウ(トニー・レオン)。
    女遊びを覚え、その日限りの享楽に浸る。

    「2046」という部屋番号に引かれ、滞在型のホテルを住処とするが
    彼が借りれたのは隣の「2047」。
    「2046」には様々な人々が彼の前を通り過ぎてゆく。

    恋に破れたホステス。
    日本人の恋人のために日本語を勉強するホテル支配人の娘。
    偽りだと知りつつもチャウを愛してしまう女。

    「2046」とその部屋にまつわる人々との愛憎からひとつの物語が生まれた。小説の登場人物と現実の人々が交錯してゆく。

    木村拓哉さんの60年代ファッションがステキ


    2046では劇中小説の主人公と、フェイ・オンの恋人の日本人青年の二役を演じている木村さん。
    オールバックに開襟シャツ、60年代ファッションに身を包んだ姿は新鮮で印象的でとてもセクシーだった。


    「花様年華」との対比


    妻帯者同士の恋愛を描いた「花様年華」は常にタブーを引きずっていたためか禁欲的で切ないが、「2046」ではその反動のように主人公のチャウはラブアフェアーに興じている。
    でも、ラブシーンらしきものがほとんど無い「花様年華」の方がエロティックでドキドキするのはなぜだろう。

    2046
    2046
    posted with amazlet at 08.08.03
    レントラックジャパン (2005-04-27)売り上げランキング: 5175


    2046ノベライズ本。
    登場人物の細かな設定や場面の詳細が書かれている。
    映像との補完に。
    2046
    2046
    posted with amazlet at 08.08.03
    百瀬 しのぶ ウォン カーウァイ マガジンハウス 売り上げランキング: 548930




    ウォン・カーウァイ作品感想


    マイ・ブルーベリー・ナイツ→

    恋する惑星
    グランド・マスター
    愛の神、エロス〜エロスの純愛〜若き仕立屋の恋→
    天使の涙→
    花様年華→
    楽園の瑕→


    JUGEMテーマ:香港映画

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL