鎌倉時代、宮中の愛憎 「後宮1」 海野つなみ

2006.05.13 Saturday

0
    いろんな意味で衝撃作、海野つなみの「後宮」
    原作は鎌倉時代の後深草院に仕えた女房、二条の波乱万丈の日記、「とはずがたり」。
    原作をもとにした小説「新とはずがたり」の感想→

    後宮 あらすじ


    鎌倉時代。執権北条時宗の時代。蒙古襲来を控え緊張を深める幕府とは裏腹に、政権を幕府に奪われた貴族達の生活は朝廷での権力争いと、自分の人生を「源氏物語」のように演出することにウエイトが置かれていた。

    後深草院(御所様)の女房として幼い頃から御所様の近くで育ち、女房となった二条。彼女には将来を誓い合った西園寺家の実兼がいたのだが、彼女の母を初恋の人にもつ御所様に無理やり妻にされてしまう…

    両親に愛されずに育った御所様は、救いを初恋の人、「すけ大」に
    求めるけれど、彼女は結婚して御所さまの下を去っていってしまうし、努力もむなしく彼の愛するものは手の中からこぼれてしまう。

    だからすけ大の娘の「二条だけはなんとしても!」って思いが強すぎて、返って彼女に不信感と不安を与えてしまうことになり、そこにつけこんでいろんな男たちが入ってくるわけで、愛情がどんどんからまわりしていってしまうわけですよ。

    もうちょっと俯瞰的に見れればいいのだけれど、ただでさえ閉鎖的な都、そのなかでも別世界の後宮では無理な話なのかもしれないな〜。

    しかし、もうすぐ蒙古が襲来してくるってのに、かなりのんきです。都の人たち。権力争いも、ヘタすると国ごと無くなるってのにねえ。

    1巻目もかなり衝撃的な内容ですが、現在連載中の内容はさらにどろどろと、二条の人生に影を落とし始めます。
    しかしどんなにシリアスな話でも海野先生独特のギャグセンスは健在で、うま〜く配置されています。


    後宮(1) (KC KISS)
    後宮(1) (KC KISS)
    posted with amazlet at 14.09.17
    海野 つなみ 講談社



    ↓こちらもオススメ!「回転銀河」は私の去年のベストワン漫画です。
    回転銀河(1)
    回転銀河(1)
    posted with amazlet at 14.09.17
    講談社 (2014-07-18)



    ●海野つなみ作品
    回転銀河1〜4→
    回転銀河5→
    回転銀河6→
    デイジー・ラック1〜2→
    海野つなみ作品集 「tsunamix」→
    「キスの事情」→
    「彼はカリスマ」→
    「くまえもん」→
    「豚飼い王子と100回のキス」→

    JUGEMテーマ:おすすめの漫画
    コメント
    bbsに書き込みできなかったです。
    プロバイダー変えたからかな?
    あたしのプロバイダーからは投稿できないって…( ̄▽ ̄;)

    その2weyポシェットいいですね!
    あたしもロモいれるバック探してるんだけどなかなか無くて…
    いっそ作ってしまおうと思ってるところです。

    • by ピノ
    • 2006/05/13 3:46 AM
    >ピノさん
    申し訳ありません。
    BBSはエ●書き込みが多く、プロバイダ制限をかけておりました。
    最近追加した制限を解除しましたので、これでもう一度お願いします。
    また不具合がありましたらお手数ですが、ご連絡お願いします。

    2weyポシェット、まだ使っていません。雨続きですしね。
    早く太陽がでないかなぁ。
    • by 日月
    • 2006/05/13 9:49 PM
    コメントする
    トラックバック
    海野 つなみ 新作は、十二単の時代のお話でびっくり。でも面白い。 原作は『とはずがたり』だそうだ。 ちょっと予習してみようかな。 購入/06.05.12読了
    • chaotic library
    • 2006/05/17 11:48 PM
    この記事のトラックバックURL