[映画] 殴者

2006.06.18 Sunday

0
    おそらく、俳優・虎牙光揮のファンにならなければ、絶対見なかったであろうジャンルの映画。

    明治初期、父親の敵・ピストル愛次郎に育てられた暗雷と、遊女月音の悲しい恋と「殴合」と呼ばれる地下賭博での男たちのリアルファイトが物語の主軸。
    胸患いの薬の利権をかけ、「殴合」で決着をつけることになった雷一家と蟷螂一家。「殴合」の世話役を務める暗雷は、月音を取り戻すため、「殴合」にある罠を仕掛ける…。

    虎牙光揮さん、かっこいいわぁ〜ときめきときめき
    彼が演じるは己の体のみで戦い続ける「殴者」

    勝ち続ければ大金を手にできるが、負ければごみ扱い、死体は薬の原料(この物語では肝)とされる、殴者・虎の台詞がせつない。
    戦っている時だけが、生きているって感じる。
    生きるってことは戦うってことだ。

    ヴァンダレイ・シウバとの激闘シーンは時間を決めて本当に打ち合ったのだそうだ。もちろん、シウバ選手は手加減してくれたらしいが、撮影中失神しそうになったというから、すさまじい格闘だったことが、画面からも伺える。ホントに虎牙さん、死んじゃうんじゃないかとおもったよ冷や汗

    また、暗雷を演じる玉木宏は殴者達と異なり、常に冷静だけれど、青白い炎のような静かな闘志をまとった感じ。
    虎牙光揮さん演じる熱い「虎」とクールな「暗雷」、ふたりのシーンはとても対照的。
    衣装も暗雷は青系、虎は赤系の袍着物で、色彩的にもいい画であった。
    玉木宏の新たな魅力発見。
    久しぶりに悪役をやった陣内孝則もよかった!
    破滅的で破壊的な愛次郎が魅力的。ラストはビックリでしたが。(^^;)この人は気のいい人の役よりも、こういうクセのある役の方がスキだ。

    今や「ブス恋」脚本家、マギーも雷一家のチンピラ役としてご出演。それにしてもマギー、どうしてそんなにチンピラの衣装が似合うんだ!
    三下やらせたら右に出るものいないよ。

    殴者 [DVD]
    殴者 [DVD]
    posted with amazlet at 09.04.03
    メディアファクトリー (2006-03-03)売り上げランキング: 7169


    コメント
    こんにちは♪またおじゃまします〜。虎牙くんファンの方はとても
    貴重なのでたくさんお話したいです〜(^0^)
    今回はこの記事に書き込みさせてください。これは純愛物としては
    「SHINOBI」よりも泣けた時代劇かなと思っています。
    虎牙くんは関係ないんですけどね、純愛には(^^;)。
    戦う場面は「探偵5」より血がでてない分キレイかな〜と。
    (あれだけ殴られて無傷というのもヘンですが〜)
    虎牙くんはちょんまげとかポニーテールが似合いますね♪

    私もあまり超有名になるとよけい手が届かない人になってしまうので
    (今でも充分届かないけど)虎牙くんの応援は複雑な気持ちですが
    やっぱりこれからもブログで紹介していきたいと思いますので
    よろしくお願いします(^^)
    >げんちゃんさん
    殴者の虎牙さんの役も、戦う事で自らの存在理由を見出そうとする男です。ファイトもすごいんですが、玉木宏さんと対峙して静かに話すシーンもすごくいいんです。
    オススメです(^^)

    SHINOBIは、公式サイトで筑摩小四郎さんのサイドストーリーが紹介されてますね。あれを読むと幻ノ介との関係がよりわかりやすいです。

    また遊びにいきますね(^^)
    • by 日月
    • 2006/09/17 10:14 PM
    コメントする
    トラックバック
    「PRIDE」や「K-1」が好きで『映画』が好き、ならこの企画いいんじゃない? なんて考える人はあまりいないのではないかと思うんですけど‥‥‥。 「PRIDE」を企画運営するドリームステージエンターテインメントが立ち上げた映画制作会社ならではの企画で、ある意
    • オタクの魂forビギナーズ
    • 2006/08/20 1:12 AM
    この記事のトラックバックURL