2006.09.10 Sunday

「ハチミツとクローバー 10」 羽海野チカ

いよいよ「ハチミツとクローバー10」最終巻となりました。
それぞれが進むべき道を見つけ、浜美を離れてゆく、本当の意味での卒業。
大怪我を負いながらももう一度絵筆を握るため、はぐちゃんは、支えてくれた花本先生と生きていくと決める。

「才能」のために人にねたまれ、距離を置かれる森田さんは、「生きていてくれればいい」とはぐちゃんと逃げようとするけれど、はぐちゃんは逃げなかった。自分の運命に立ち向かう決心をしていたから。

私は、「(才能を)持たざるもの」なので、「(才能を)持っているもの」がひどく妬ましいし、正直「才能さえあれば他には何も要らない」とさえ思った事もある。けれど才能を持つものは、その反動として苦しい事やつらい事がたくさんあるのかも知れないな。
はぐちゃんは、そんな運命に立ち向かってゆく。
それははぐちゃん自身が持っていたものもあるだろうし、みんなと過ごす中で成長した部分もあるのかもしれない。

はぐちゃん、竹本君、あゆ、森田さんのストーリーは一応の完結を見たけれど、真山君は果たしてあのままでいいのだろうか…
あの終わり方だと「片思い」というより「ストーカー野郎」の印象が強いんですが…がんばれ真山。

最終巻に掲載されていた短編もすごくいい。
星のオペラ」は、「ドラえもんの道具をつかって物語を作る」というテーマで作られた作品。
あたたかくてかわいらしくて、切なくて、何度も何度も(ハチクロ本編より(^^;))読み返している。

ハチミツとクローバーという名作を生み出し、それが巨大化してしまったがゆえに、羽海野 チカ先生の今後を(勝手に)心配していたのですが、この2つの短編を読んでみて、そんな心配が杞憂だということがわかりました。
この人の生み出す作品は、独特の世界観やテーマがきっちりとしていて、それは「ハチクロ」であろうと、他の作品であろうと変わらないのだと。





スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜→
JUGEMテーマ:おすすめの漫画


Comment
はじめまして。
TBはらせてもらってしまいました。
私も羽海野先生の今後の作品についてちょっと心配してたのですが(爆)(^^;)、今回の短編2作を読んで、まったくいらない心配だったというか、やっぱり本物だわ!と惚れ直しました(?)(*^_^*)
暗記パンで泣ける話が書けるなんて、すごいことですよね。
それではよろしくお願いします。
  • kimi
  • 2006/09/14 00:09
>kimiさん
かつて「大作」を生み出してしまったために、そこから越える作品を作れずにいる作家さんもいる中で、羽海野先生はきっとまたステキな作品を作ってくださることでしょう。
でも、しばらくはゆっくり休んでいただきたいですね。
TBありがとうございました。いやあ、良かったですよね!

>それが巨大化してしまったがゆえに、羽海野 チカ先生の今後を
>(勝手に)心配していたのですが
私も、私も本当に心配してました。大丈夫なのかなあ...って。メディアミックスには苦痛がつきものだし、流行りモノ扱いされても作品にとっていいことないし...と思ったのですが、アニメも映画もほんと素晴らしい出来だったし、原作も最後まで見事に描き切って下さって。
心配が杞憂に終わって嬉しいですね。短編も素晴らしかったし....ど、ドラえも〜ん(;Д;)
>あひるさん

あひるさんが以前ブログで紹介されていたグ○ーン○ッ○の作者のようになってしまうのではないかと、密かに心配していたのですが、最終巻の短編はすごくよかった。「空の小鳥」の方は一見、リカさんの若い頃かと思いましたが(^^;)

スピンオフ(最近は外伝のことをこう言うんですな)も楽しみです。
私は是非、ローマイヤ先輩を復活させてほしいです♪





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/559205
ハチミツとクローバー 10 (10)
  • 白ブタさん
  • 2006/09/14 12:03 AM
6年にわたる連載もとうとう完結。 6年と言っても、読み始めたのは集英社でコミックスが出た2002年の8月。 それから、ヤング・ユーを読みつつ、コミックスを買って……それでももう4年になるのか。
  • TALKING MAN
  • 2006/09/17 8:38 AM
はい、ハチミツとクローバー 10巻収録の短編と、ハチクロ番外編について。 何と言っても美和子さん!!デス(>▽<) 彼女の発言がですね(以下、ちょっとネタバレ)
  • あひるちゃんがゆく
  • 2006/09/18 9:51 PM
ハチミツとクローバー(10) 羽海野 チカ アニメも最終回目前!…と思ったら、 もう今月最終巻出てたんすね…。 森田スキーの私としては、 いろいろ消化不良の終わり方だ。
  • fool's aspirin
  • 2006/09/19 2:17 PM
『ハチミツとクローバー』は羽海野チカ作の漫画作品。 「ハチクロ」と略される。 美術大学を舞台に、恋愛に不器用な大学生たちの報われない恋模様や自分の生き方について迷う若者たちの姿をリアルに描き、若い世代の支持を得た。Chapter.1から14まで、『CUTiEcomic
  • 気になる言葉
  • 2006/09/23 12:09 AM

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM