彩雲国物語 「緑風は刃のごとく」 雪乃 紗衣

2006.10.25 Wednesday

0
    今回は秀麗さんのだめっぷりというか、「認識の甘さ」がキーワードのような気がします。

    彼女の「甘さ」といわれる部分は、いろいろな人を救おうとする信念の表れで、それ自体は悪い事ではない。実際、茶州では支えてくれる人もいたため、そのやり方で突き進んできた秀麗。
    ところが魑魅魍魎のごとき謀略家が闊歩する朝廷では、今までのやり方では通用しなくなってきたようで…


    雪乃 紗衣 / 角川書店
    Amazonランキング:位
    Amazonおすすめ度:



    ↓秀麗に対する毒舌なので、嫌な人は読まないように!
    あれ、秀麗ってこんなにデキナイ子だったっけ…?
    というくらい、今回は秀麗の弱点やミスが浮き彫りになりました。

    官吏でなく、普通に仕事していたとしても
    やっちゃいけないことを連発してますねぇ。

    藍将軍のお宅に「仕事」(それも機密事項の受け取り)で伺ったのに、タンタン君のことが気にかかって、いきなり泣き出すのはどうなの…それは、ちょっと甘えすぎでしょう。静蘭やお父さんならともかくさ、「仕事」で行ってるんだからさ。

    塩の不正に関する調書も、置きっぱなしにして仮眠しちゃうし(^^;)上申書の内容事態は国を揺るがすくらいの犯罪の資料。
    どんなに疲れていようと、周りの人間を信頼していようと、管理を怠った秀麗が悪い。彼女の進退だけの問題ではないのだから。

    私は今回は清雅とタンタン君の味方。
    特に清雅が秀麗を眼の敵にするのもわかる。
    秀麗のように門外漢が首をつっこんで捜査をしていれば、そりゃプロの清雅はむかつくだろう(^^;)

    実力と人柄もあるけれど、わりとみんなに助けてもらっていた秀麗と、おそらく誰にも頼れず、どんなことでもしなければ這い上がれかなった清雅。

    秀麗も今回の件で自分の弱点が身にしみてわかったようだし、今後
    清雅が陰謀にどう立ち向かっていくか楽しみ♪
    コメント
    お邪魔致します^^
    TBとコメントどうもありがとうございましたっ!!

    やはり前回&今回は秀麗の欠点が明確にされた回でしたね。
    どんなに苦労していようと世情に通じていようと
    やはり根っこの部分は“お嬢様”ですからね〜。
    まだまだ経験してない汚れた世界があるんだってことです。
    でも、それを御史台で学んでもっと強く逞しくなってくれるでしょう、秀麗なら( ´∀`)b

    次巻も楽しみですね〜♪
    >イチコさんへ
    今回ばかりは清雅とタンタン君の味方ですね。わたし。

    それにしてもタンタン君はいい。「負け組」だけど卑屈にならず、
    自分のできることやるべきことの見極めがついているのは「才能」だと思いますよ。秀麗の周りにはいないタイプだったので、彼がついていれば大丈夫でしょう。

    先日、私も仕事で自分の担当案件を同僚に横槍を出された時えらくむかついたので、清雅君の気持ちはわかりますね(^^)秀麗は責任を持って行動してはいるけれど、清雅君から見たら完全に「横槍」ですし。
    (^^;)
    • by 日月
    • 2006/10/29 12:11 AM
    コメントする
    トラックバック
    ■雪乃紗衣・著/角川ビーンズ文庫 もうさすがに感想解禁ですよね?ってことでネタバレですのでご注意を!! 今回のサブタイトルは“桃色草子”に改題しても過言ではないですね。(過言だろ) こういう小ネタ大好きなんですよ〜ほんと。インパクト大でした(笑) 初心
    • ソンナカンジで。〜のろのろと〜
    • 2006/10/27 2:17 PM
    彩雲国物語―緑風は刃のごとく雪乃 紗衣 (2006/09/30)角川書店 この商品の詳細を見る いやー、面白かった!!! 先月色々言ってごめんなさい(笑) 私はこれ、前巻と合わせて上下巻でも良い気がする。 やっぱり前巻が
    • 二次元の恋人。
    • 2006/11/05 1:41 PM
    この記事のトラックバックURL