2008.12.07 Sunday

白うさぎ、がおかした罪と罰。「子うさぎましろのお話」 佐々木 たづ

クリスマス近くになると思いだす絵本、「子うさぎましろのお話」。 今でも読み続けられているんですね。 私がこどものころからずっと読まれているなんて、ちょっと感動。 物語は子うさぎの「ましろ」が、サンタさんからプレゼントをもらうけれど、ずるをして全身に炭を塗りもう一度プレゼントをもらうことに成功しす。その結果、ましろの体は炭がとれなくなって黒いままになってしまいました。 反省した「ましろ」は、サンタさんからもらった木の種を植えると、その木には… クリスマスに読み返したい、こころがほっこりとする絵本です。
子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
佐々木 たづ ポプラ社 売り上げランキング: 43752


クリスマス関連絵本 ・「サンタクロースっているんでしょうか?」
JUGEMテーマ:クリスマス

Comment
シンプルな絵がとても素敵な絵本でしたね。
私が小さなころに読んだクリスマス絵本って何だったかな?
「モリスのまほうのふくろ」なんかも好きな絵本なんですが、こちらは今は絶版のようです。

コメント&トラバありがとうございます!
大人になってもずっと変わっていなくてうれしかったです。わたしはくいしんぼなので、作中に食べ物がでてくる話がすきです。ましろもサンタさんにお菓子をもらっていました。( ̄▽ ̄)/

牛くんの母さんに紹介された絵本も読んでみたくなりました。
  • 日月
  • 2008/12/10 00:32





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/603170
ブログの読者さんから、こんなメールを頂いていました。 >クリスマスも近いので、ブログでぜひ「子うさぎましろのお話」を取りあげてくだ...
  • 心に残る本
  • 2008/12/09 11:29 PM

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM