「十角館の殺人」書店ポップ

2007.01.10 Wednesday

0
    「十角館の殺人」書店ポップ

    書店の文庫コーナーをなにげなく覗いていたら、感動的なポップを発見した。

    「ミステリに必要なのは、時代遅れと言われようが何だろうが、名探偵に大邸宅、怪しげな住人達。血みどろの惨劇、不可能で不可解なトリック…絵空事で大いに結構。要はその世界の中で楽しめればいいのさ。」

    十角館の殺人から始まる館シリーズは、そんな「絵空事」が詰まった作品だ。
    しかし、「その世界」が果たしてまったくないと言い切れるだろうか?
    人のこころに「闇」の部分がある限り、どこかで偶然、中村青司の館に出会うことがあるかもしれない。
    その時、きびすを返してもと来た道を戻るべきか、それとも怪しい魅力を放つあの館に足が向かってしまうのか…

    十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
    綾辻 行人
    講談社
    売り上げランキング: 4,127

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL