「BEAST of EAST3」 山田 章博

2007.04.01 Sunday

0
    山田章博画伯、待望の新作、BEAST of EASTの3巻が発売されました。v(≧∇≦)v
    なんと、2巻の発売から7年ですよ、7年。
    もう続きは読めないだろうと半ばあきらめていたのに。
    待ち続けてよかった( ̄▽ ̄)

    物語は、九尾の狐(玉藻の前)に体を奪われた幼馴染・藻を救うため、鬼王丸の冒険活劇。
    そのほか安倍清明、平将門なども登場し、いろいろな講談・歴史物語が混ざりあう。そこはもう日本であって日本ではない、独特の空間が美しい絵で展開されてゆく。漫画というよりは、「絵巻物」を読んでいる感覚に近い。

    今回、玉藻の前は食らうと800年の寿命を得るという「人魚の肉」を手に入れようと画策するが、鬼王丸率いる仲間達、清明らはそれを阻止しようと、人魚を盗みだそうとする…

    今回出てきた人魚は美しいオッドアイ。それは山田先生の初期傑作「人魚變生」の人魚を彷彿とさせる。
    こうして新作と初期作品が微妙にリンクしているのも、ファンにはうれしい。

    山田画伯、お体に気をつけて(血を吐いて入院したことがあるとお聞きしたので)これからも美しい作品をお願いいたします。
    ええ、いつまででも、待ちますから。

    BEAST of EAST 3 (3)
    BEAST of EAST 3 (3)山田 章博 幻冬舎コミックス 2007-03-24売り上げランキング : 454Amazonで詳しく見る by G-Tools


    ↓2巻の帯にはなんと十二国記の作者、小野不由美さんの紹介文が!これも希少。

    BEAST of EAST 2 (2)BEAST of EAST 2 (2)山田 章博 by G-Tools


    BEAST of EAST 1 (1)BEAST of EAST 1 (1)山田 章博 by G-Tools


    「BEAST of EAST4」→
    JUGEMテーマ:漫画/アニメ


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    山田章博の「Beast of east 東方眩暈録」の3巻がでていたので、揚揚と買う。 これは珍しく本屋で発見しました。 たまには本屋も行かなくてはね。 山田章博は漫画家としても大好きなのですが、掲載誌がアレだし、山田章博だしで、もうこれの続編は望めない
    • ランプサクス 〜ディープの世界〜
    • 2007/04/04 8:51 AM
    この記事のトラックバックURL