彩雲国物語 「青嵐にゆれる月草」 雪乃 紗衣

2007.04.09 Monday

0
    【物語雑感】
    ・藍家から劉輝の嫁にと十三姫が送られることになり、あせる劉輝。
    ・十三姫暗殺の情報をつかんだ御史台は、秀麗に十三姫の替え玉を命じる。だか十三姫はふつうのお嬢さんではなく、かなり破天荒で武道の達人。
    ・その他、宮廷ではいろいろ陰謀がうずまき、どうやら秀麗も暗殺の対象になっているらしい…
    ・藍家ともゆかりの人物が暗殺に関わっているらしい。

    御史台も秀麗ペースになりそうな…
    前回、見事なまでの策略っぷりを魅せつけてくれた清雅君ですが、今回は秀麗が成長した事もあり、経験の差こそあれ、口げんかはふたりともほぼ互角という感じ。
    私としてはもう少し清雅君のいじめっ子レベルを高くしてほしかった。口げんかする時点でもう同じ土俵に立っているということだからね。


    ・今回は劉輝のだめっぷりが…
    前回は秀麗の「甘さ」やだめっぷりが目立ったけれど、今回は劉輝。「一夫一婦制」なんて言い出すから、結局藍家から十三姫を贈られる事になってしまう。
    もっといい案考えているかと思ったのに、秀麗が絡むと、このひとはちょっと間抜けというか…でもそこがいいんですが♪


    ・十三姫暗殺にまつわるいくつかの謎
    茶州から帰ってきてから謎だらけの展開がずっと続いていて
    かなりもやっと感が続く。
    この段階でもうちょっと謎をといてくれないと、最後に全て説明されてもわかるかどうか…

    ・・珠翠は何故凶手に加わったのか(洗脳されたのはわかったけど、暗殺集団にどうして加入したかが謎)
    ・・迅は何故黒狼の正体を知らなかったのか
    ・・迅の雇い主と瑠花は別人物?
    ・・何故秀麗は暗殺の対象なのか
    ・・すりむいただけで大量の出血、秀麗の体は一体…?


    4044499136彩雲国物語―青嵐にゆれる月草雪乃 紗衣 角川書店 2007-03by G-Tools

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL