「新釈 走れメロス」 森見 登美彦

2007.04.23 Monday

0
    本屋大賞2位を取った作家さんの作品なので期待して読んだけれど…
    どうも、私には向いてない。(^^;)

    「走れメロス」「藪の中」「山月記」など名作を用いてまったく違った小説として作り直してしまった作品。

    原作への興味はわいたけれど、読んで感動する類の話ではない。
    それというのも、各物語の主人公を現代の京都の大学生達にすげ替えているのだけれど、この人たちがまあ、ヘタレなんです。はっきり言って!
    未完の小説を延々と書いている男や、恋人と元彼を主人公に恋愛映画を撮る男、学校には行かないし、「詭弁論部」などというおかしな部に所属していたり、人生においてエネルギーの使い方が明らかにずれている人々ばかり。
    ただ、その(ずれた方向への)エネルギーの発散はすさまじく、そこに笑いが生じるのだけれど、どうもこの人たちにに素直に感情移入できなかったのが私の敗因。

    新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
    森見 登美彦
    祥伝社
    売り上げランキング: 8,665

    JUGEMテーマ:読書感想文


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL