「フューチャー・イズ・ワイルド コミック版」 2億年後の生命世界

2007.05.12 Saturday

0
    巨大化し、陸地に住むイカ、立ち上がるカタツムリ、空を飛ぶ魚。クモの「家畜」として飼われる地球最後の哺乳類。

    これは決して遠い星のSF話ではない。2億年後の地球に存在するであろう生物たちだ。

    フューチャー・イズ・ワイルドはただの絵空事ではなく、専門科学者たちが未来の地球を徹底的にシミュレーションし、人間が滅んだあとの世界で繰り広げられる驚くべき生命の進化を描いているのだそう。

    今回、漫画版がでたので早速読んでみました。
    多少形は珍妙だが、未来生物たちが環境に適応しながら必死で餌をさがし、子孫を残そうと奮闘する姿は、今生きている生物たちと何ら変わらないのかもしれません。。

    そもそも、数億年前の地球にだって、カンブリア紀に「モンスター」と呼ばれる奇妙な生き物たちがいたのだから、2億年後に地上をイカが巨大化しても不思議ではないだろう。きっと。

    カンブリアンモンスター図鑑カンブリア爆発の不思議な生き物たち
    千崎 達也 秀和システム 売り上げランキング: 212,136



    フューチャー・イズ・ワイルド コミック版―驚異の進化を遂げた2億年後の生命世界
    ドゥーガル ディクソン ジョン アダムス 小川 隆章 双葉社 売り上げランキング: 45,592



    フューチャーイズワイルド 2億年後 超巨大大陸の出現 [DVD]
    NHKエンタープライズ (2004-08-27)売り上げランキング: 200,671


    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    ついに「タイタニック」の興行成績を凌駕した驚異の映画「アバター」。今や社会現象となってしまった感のある今作ですが、映画館で今作を観賞したときに真っ先に思いついたのが、以前旧ブログでも書いたことがある「フューチャー・イズ・ワイルド」というテレビ番組。ジ
    • 新・豆酢館
    • 2011/01/13 2:52 PM
    この記事のトラックバックURL