「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」 鈴井貴之

2007.07.01 Sunday

0
    ミスターこと鈴井貴之監督の映画「銀のエンゼル」の小説版、「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」。通常、映画のノベライズはストーリーをそのまま小説化したものが一般的だけれど、これは映画のストーリーの1年後の話。この文庫版ではさらに「その後の北島家」として、9年後、娘の由希が嫁ぐ日のショートストーリーも加えられている。

    東京の美大に進学した娘・由希が夏休みに帰省したところから物語りは始まる。どうやら由希は東京でつらい恋を終わらせてきたらしい。そんなことはつゆしらず、相変わらずお人よしの父・昇一は、夏祭りの実行委員長に選ばれ、トラブルに見舞われる。
    祭りのメインとなる演歌歌手の出演を頼んでいたプロモーターが前金をもって音信不通になってしまったのだ。

    由希を慕う配送運転手・ロッキー(映画では大泉さんの役)の協力で、札幌までプロモーターを探しに行くことになった昇一。せっかく帰ってきた娘との会話もそこそこに…

    果たして、昇一はプロモーターを見つけだし無事に祭りを成功させられるのか?傷ついた由希の心は癒されるのか?
    映画「銀のエンゼル」を見ておくとより物語が味わえますが、映画を見ていなくても十分楽しめます。

    読んでいると、自然と北海道の自然や、舞台となる田舎のコンビニに集う人々の映像が浮かんできます。
    ぜひ、この続編も映像化して欲しい。

    [追記]
    祭りに呼ぶはずだった演歌歌手は、もしかしたら御社亜樹だったりして(^^)

    銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して (幻冬舎文庫)
    鈴井 貴之 幻冬舎 売り上げランキング: 129072

    銀のエンゼル (日活から再発売) [DVD]
    NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) (2009-07-10)売り上げランキング: 27325


    映画「銀のエンゼル」→

    JUGEMテーマ:水曜どうでしょう
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    銀のエンゼル―出会えない5枚目を探してミスターこと鈴井貴之監督の映画「銀のエンゼル」の小説版、「銀のエンゼル―出会えない5枚目を探して」を読んだ。 通常、映画のノベライズはストーリーをそのまま小説化したものが一般的だけれど、これは映画のストーリーの1年後
    • 最新ニュース記事特集
    • 2007/08/22 1:25 PM
    この記事のトラックバックURL