しゃばけシリーズ  「おまけのこ」 畠中恵

2007.09.17 Monday

0
    しゃばけ」シリーズの名物キャラクター・鳴家(やなり)が大好き。
    この小さい鬼は顔は怖いけれど、とても愛嬌があって「きゅわきゅわ」と鳴き、いつも大勢で行動する。

    例えるなら「チャーリーとチョコレート工場」のウンパルンパや、ジブリアニメのススワタリのように、それほど話の主筋に関わるわけではないけれどいるだけで場が和む、「しゃばけ」シリーズの癒し的な存在。

    おまけのこは、
    屏風のぞきから「おまけのこ」と言われた鳴家(やなり)が
    奮闘しながら大冒険を繰り広げるお話。

    長崎屋から真珠の入った袋が盗まれた。
    ひょんなことから盗まれた真珠を賊の手から
    取り戻してはみたものの、賊の手に弾き飛ばされてしまった
    鳴家(やなり)は、
    川でおぼれそうになったり、カラスにつかまってしまったりと、
    長崎屋から遠くに離れてしまった。

    真珠と鳴家(やなり)を探すため
    鳴家(やなり)たどったらしき足跡を追う、
    若だんなと仁吉、佐助の妖(あやかし)たち。

    物語の最後で若だんなと再会したとき、鳴家(やなり)がどんなに若だんなに会えてうれしいかが伝わってくる。ほんとうに鳴家(やなり)は若だんなのことが大好きなのだ。

    そのほか、
    人をトラブルに巻き込んでしまう孤独な妖怪
    「狐者異(こわい)」
    幼い頃の一太郎の冒険を描いた「動く影」
    若だんなの知り合いで、心の悩みから厚化粧をしてしまう
    お雛さんと、屏風のぞきのヘンテコな交流「畳紙」
    若だんなが吉原の娘と駆け落ち(?)をすることになる「ありんすこく」
    など、事件に会うたび、若だんなの推理はますます冴えるのだが、そのたびにますます寝込んでしまうのだった。

    まあ、そんなところが若だんならしいのだけど。(^^)

    おまけのこ (新潮文庫)
    畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 168

    おまけのこ
    おまけのこ
    posted with amazlet at 08.11.30
    畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 5588

    2007しゃばけドラマ感想→
    2008しゃばけドラマ感想→
    「しゃばけ読本」→
    「しゃばけ」感想→
    「ぬしさまへ」感想→
    「うそうそ」感想→
    「いっちばん」感想→
    しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
    「ころころろ」感想→
    「ゆんでめて」感想→
    「やなりいなり」感想→
    JUGEMテーマ:読書感想文


    コメント
    シリーズ第四弾は、脇役にスポットライトを当てた作品でしたね。
    栄吉、お雛さん、屏風のぞき。でも一番は、鳴家の大冒険でしょうか。かわいくて、感動でした。
    今回はやっぱり鳴家の大冒険ですよね(≧∇≦)
    若だんなと離れて心細いシーンはこっちも切なくなりました。
    • by 日月
    • 2009/06/21 3:01 PM
    キュートな鳴家の活躍、可愛かったですね〜。
    ちょっとキュンとさせられました。
    とても優しい気持ちになれました。
    • by 藍色
    • 2009/07/20 2:53 AM
    藍色さんへ
    お雛ちゃんのお話や一太郎の小さい頃のお話も好きだったのですが、やっぱり鳴家の大冒険がいちばんでした。
    そして鳴き声で自分のうちの鳴家がわかってしまう若だんなはすごい!
    • by 日月
    • 2009/07/20 1:56 PM
    コメントする
    トラックバック
    おまけのこ (新潮文庫)(2007/11)畠中 恵商品詳細を見る 一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖...
    • しんちゃんの買い物帳
    • 2009/06/20 7:56 PM
    親友・栄吉との大喧嘩、「屏風のぞき」の人生相談、小さな一太郎の大冒険。 今回も面白さてんこ盛り。お待ちかね、大好評シリーズ第四弾。 ...
    • 粋な提案
    • 2009/07/16 2:51 AM
    この記事のトラックバックURL