「天と地の守り人」 上橋菜穂子 −戦いの描写と、人の醜さ・強さについて

2007.10.07 Sunday

0
    精霊の守り人」から続く守り人シリーズの最終章。
    とはいえ、新ヨゴ皇国の皇太子チャグムが主人公の旅人シリーズのラストから話は続くので、「虚空の旅人」、「蒼路の旅人」をよんでから、この3部作を読むことをオススメします。

    南の大国・タルシュ帝国の侵攻を防ぐため、
    隣国ロタとカンバルに同盟を求め、
    チャグムは決死の旅に出ます。
    女用心棒バルサは、新ヨゴの海士からチャグム生存の話を聞き、
    彼を助けるためロタ王国へ向かいます。
    クモの糸を手繰るようなあやうい冒険をくりかえし
    ようやく故国へたどりついたものの、そこでチャグムを待ち受けるのは、自分を暗殺しようとした父親との対面でした。
    一方、バルサの幼馴染の薬草師・タンダは、
    草兵(民から集める兵)としてタルシュとの激戦に
    駆り出されてしまいます。

    この物語のすごいところは、一応こども向けの物語なのにも関わらず、戦争の描写がすごくリアルに描かれているところです。

    タルシュとの戦の場面では、焼け焦げたたくさんの屍を
    馬で踏みながら進まねばならない場面や、
    投石器で下敷きになった兵の肉片が飛び散るなど、
    こども向けとは思えぬ壮絶な描写が続きます。
    大人でも思わず読むのに躊躇するような場面です。

    けれど、こどもたち、どうか目をそらさずに読んでください。
    これは、架空の国・新ヨゴで起こった戦ですが、
    こちらの世界でも戦いは決してカッコイイだけのものでは
    ないのですから。

    「天と地の守り人」シリーズは、「精霊の守り人」のようにファンタジー色は少なく、南の帝国・タルシュとの戦に巻き込まれる人々の思惑や、戦のなかでの人の醜さや、立ち向かう強さが描かれている物語だと思います。


    天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)
    天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)

    天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)
    天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)

    天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)
    天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ)

    上橋作品感想


    「物語ること、生きること」→
    「精霊の守り人」→
    「闇の守り人」→
    「夢の守り人」→
    精霊の守り人シリーズ外伝「流れ行く者」→
    精霊の守り人シリーズ外伝「炎路の旅人」→
    精霊の守り人レシピ集「バルサの食卓」→
    「獣の奏者 闘蛇編・王獣編」→
    「獣の奏者掘|亀翳圈廣
    「獣の奏者検ヾ扱詈圈廣
    「獣の奏者 外伝 刹那」→
    「<守り人>のすべて 守り人シリーズ完全ガイド」→
    守り人レシピ「バルサの食卓」→
    狐笛のかなた→
    JUGEMテーマ:オススメの本


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    天と地の守り人(第1部) 天と地の守り人(第2部) 天と地の守り人(第3部)  短槍の超絶名人バルサの用心棒シリーズを本篇に  バルサに守られて登場したチャグム皇太子のシリーズを外伝にして  続いてきた守り人シリーズの完結編。  本編と外伝が見事に
    • ボケ防止ブログ★By★50代ベテランまま
    • 2010/11/15 3:24 PM
    この記事のトラックバックURL