「ワタシは最高にツイている」 小林聡美

2007.12.21 Friday

0
    女優・小林聡美さんの日常を、独特のテンポの良い文章で書かれたエッセイ。

    まずタイトルがいいです。
    ワタシは最高にツイている

    「ツイている」って言い切ってしまう
    小林さんの潔さがすてき。
    でも冒頭からいきなり大殺界の話なんですケド。(^^;)
    今後3年間、新しい事を始めずにジッとしていなければならいと
    占い師にいわれ、なんとか有意義な大殺界ライフ(?)を過ごそうと、その前に新しい事をつぎつき始めることにしたマダム小林。前向きです。

    他にも、ターシャ・テューダーのDVDにハマリ、
    ガーデニング好きの友人とともに事務所の別荘の庭を
    勢いで掘り返す。やっとのことで整えた庭に、愛犬とびが
    駆け回ってしまったり、なんの因果か、大嫌いなはずのホラー、「エクソシスト」を人生で4回も見てしまったり。
    (そのうち2回は夫・三谷幸喜氏によって、だ。)

    今までのエッセイでもそうだったけれど、
    小林聡美さんという人は、身の回り現象を
    おもしろいコトバに変換できる天才です。( ̄▽ ̄)
    「バブル山荘」「おさるルパン」など、
    日常のなんでもないことがこの人にかかると
    とんでもなくおかしな出来事に思えてくる。

    可笑しくて、ほっこりする極上のエッセイ集。
    おためしあれ。

    エッセイには映画「めがね」のロケの様子も。映画で見たままの風景が広がるロケ地では、実際に役者のみなさんも「たそがれ」てしまい、セリフがなかなか頭に入らなかったんだとか。


    「バブル山荘」「おさるルパン」の意味が知りたい方はぜひ。

    ワタシは最高にツイている
    小林 聡美 幻冬舎 売り上げランキング: 43297


    JUGEMテーマ:エッセイ
    コメント
    コメントする
    トラックバック
     ささやかな出来事が、簡単にシアワセにしてくれる。どうにも笑えて、味わい深い。3年間に書きためた、待望のエッセイ集。 単行本は2007年9月に出てるのでそれ以前のエッセイになります。小林聡美さんのエッセイといえば旅ものも多いのですが、今回は仕事2割、
    • みかんのReading Diary♪
    • 2010/04/05 12:35 AM
    この記事のトラックバックURL