2007.12.19 Wednesday

「暴れん坊ママ」を振り返って

先日最終回を迎えたドラマ・暴れん坊ママを振り返ってみる。

●さすが大石静
ソフトな昼ドラ風の、平凡とも思える内容を退屈させずに
最後まで視聴者を引っ張った巨匠・大石静さん、さすがです。
実は取材したところ「お受験」や「ママ茶」では
ドラマ以上にすごいことが実際に起こっているらしい。
本当の話を書くとあまりにすさまじく、嘘っぽくなるので
あれでも抑えて書いたのだとか。
ママ社会、恐るべし(((; ゚д゚)))ブルブル


●大泉・上戸夫婦
すばらしかったよこのコンビ。
回を負うごとにだんだん親らしくなっていったね。

最終回、祐樹を母親の元に返すかどうか口論するふたり。
つらいけれども祐樹の気持ちを考えようとするあゆに反対する哲っちゃん。「ウチには哲っちゃんがいればいい…」と泣くあゆ。
片方の手で(ケガしたからね)抱きしめる哲っちゃん。
も、もう本当の夫婦だよアンタたち…。・゚・(*ノД`*)・゚・。
大泉さんはこれまでも「大麦畑でつかまえて」などで優柔不断な
亭主役をやってきましたが、今回の役は今まで以上によかった。
「哲ちゃん」は、突然こどもが現れて、今の奥さん(あゆ)との間を右往左往するのだけど、だんだんとしっかりしてきて、家族をちゃんと守って行こうとする父親や夫の顔になってくる。
最後はもう、大泉洋じゃなく、哲ちゃんと結婚したい!
と思いましたもん。

大石静さんの脚本もよかったんだろうけど、「暴れん坊ママ」で大泉さんはまた新たな表現力を魅せてくれた気がします。

●最後にこどもたち
役的にはみんなちょっといい子すぎるんじゃない〜?と思ったけど、園児役のこどもたち、本当にがんばりました。
みんなひとりひとり表情豊かでかわいらしい( ̄▽ ̄)
特に祐樹役の男の子、泣いたり怒ったりむずかしい役をよく
がんばりました。
いつか彼が成長して、また大泉さんと共演することになれば(ちびノリダーみたく)うれしいな。


主題歌。

I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ(通常盤B)
mihimaru GT mitsuyuki miyake hillow10 hiroko ユニバーサルJ (2007/11/28)売り上げランキング: 2045



ある意味、挿入歌。

ナックスハリケーン/捻挫した君
オクラホマ。 TEAM★NACS TEAM★NACS オクラホマ。 下川佳代 ターナーカー 大泉洋 河野真也 サッポロサウンズ (2005/06/12)売り上げランキング: 11017

Comment
よかったですね〜私も片手でがきしめるシーンすきでした〜♪
最後のあるいてるシーンも♪
祐樹くん役の子、ほんとに
大きくなったらチビのりだーっぽく(笑でてくれないですかね〜!
あの笑顔におばさん毎回メロメロでした(笑
  •  る〜く
  • 2007/12/22 23:03
>る〜くさん
今までみた大泉君の役で一番すきでした。哲ちゃんが。
(一番はドラバラのおじいさん役ですが)

こどもの成長なんてあっという間なので
祐樹くんが共演する日もそう遠くは
ないのかもしれません。
でも、彼がもうパーマじゃないのは残念ですよね(・_・;)





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/714628
暴れん坊ママ プロフィール検索 動画検索 画像検索
  • いま話題のエンターテイメントとは?
  • 2007/12/19 7:20 PM

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM