2008.01.29 Tuesday

明治時代のハチャメチャ科学「明治ワンダー科学館」 横田 順弥

明治時代のSFや科学書は今読むとコメディにしか思えない。
ギャグ漫画としか思えない宇宙人がでてきたり
天候を管理するため大うちわで雲を吹き飛ばしたりと
荒唐無稽で破天荒な明治のSF。

そのなかでも割合まともなのは百年前の未来予測
未来では葉巻型の列車で東京−神戸間2時間半で着く。

東京−神戸間の列車が17時間以上かかる当時、
かなり正確に予測されているのにはおどろき。
他にもFAXやテレビ電話など現代ではあたりまえの
技術が予測されている。

現代ほど情報も知識もない時代、
現代の人が考える未来よりもずっとおもしろい未来を
明治の人たちは想像していたのでしょうね。

明治ワンダー科学館
明治ワンダー科学館

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/722985

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    日月
  • 『白銀の墟 玄の月』第二巻 感想(ネタバレ)
    苗坊
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM