「優しい音楽」 瀬尾まいこ

2008.04.29 Tuesday

0
    瀬尾まいこさんの本を読むと、いつもこころがほっこりやさしくなれる。「優しい音楽」はどこにでもいそうな恋人達の、愛しくてせつなくて、ちょっと笑える物語。

    「恋人達」の話と見せかけて実は「家族」を描いているのが、瀬尾まいこさんらしいですね。

    優しい音楽<新装版> (双葉文庫)

    新品価格
    ¥530から
    (2019/7/2 16:57時点)




    優しい音楽


    駅のホームで突然見知らぬ女性・千波から声をかけられたタケル。
    それがきっかけで付き合うようになったふたりだが、彼女はタケルを家族に会わせたがらない。
    それには彼女の悲しい過去が関係しているのだけれど…

    切なくてやさしいお話です。

    お寿司の食べ方みたいな、なにげない生活習慣の違いに驚いたり、家でだらだら過ごしたりする、恋人達の日常のなにげない様子にほっこり。

    タイムラグ


    不倫中の彼、平太の娘を旅行中預かることになってしまった深雪。平太の娘・佐奈に「お願い」されて、母親との結婚のことを許していない祖父のところへ説得をしに乗り込むことに。

    途中まで読んでいて「平太(不倫中の男)はなんてやな奴だ!」と思っていたけれど、平気で不倫相手に娘を預ける平太にもいい部分が見えてきたり、人間て嫌な面といい面を両方兼ね備えた生き物なのだなぁと実感させられましたね。

    おっかなびっくりふたりの距離が縮まっていくところが、なんともかわいらしい。
    「不倫カップルとその家族」でドロドロ以外の物語がかける瀬尾まいこさんは偉大だ。

    ガラクタ効果


    ガラクタ集めが好きな恋人、はな子が「拾ってきた」のはなんとおじさん。
    おじさんは、佐々木さんといい、大学をリストラされた元教授で離婚して一文無しになったため、ホームレス生活をしていたところをはな子に拾われたのだという。

    知識はあるけれどもどこか社会とずれている佐々木さんがなんだかとてもかわいらしいんです。

    佐々木さんの指導で年賀状を書いたり、書初めをしたりと、いまどきの若者カップルと佐々木さんとの共同生活にも新しい発見があり、マンネリ気味のカップルにもいい影響を与えてゆきます。佐々木さんの今後に幸あれ(^^)


    瀬尾まいこさんの作品感想


    「おしまいのデート」→
    「ありがとう、さようなら」→
    「天国はまだ遠く」→
    「強運の持ち主」→
    「図書館の神様」→
    「幸福な食卓」→

    JUGEMテーマ:オススメの本


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こんちには。
    コメントとTBありがとうございました。

    >「不倫カップルとその家族」でドロドロ以外の物語がかける瀬尾まいこさんは偉大だ。

    あはは!そうですよねぇ、本当に。
    なんか妙に温かく感じたりして(笑)

    最新刊も素晴らしかったので、早くも次を期待している私です。
    • by ゆう
    • 2008/08/22 5:58 PM
    ゆうさん
    コメントありがとうございます。
    瀬尾まいこさんのお話は
    読むといつも「ほっこり」します。
    あたたかくて安心できる。

    映画化しているものはまだ読んでいないので、こちらもあとで読んでみますね。(^^)
    • by 日月
    • 2008/08/22 11:15 PM
    こんばんは。
    この作家はダメな人でも最後には憎めない人に変えちゃいますよね。
    本作でいえば、平太であり、はな子でした。
    始めはイラッときましたけど、いつの間にやら愛すべきダメな人でした(笑)
    ユーモアと優しさというスパイスが利くのでしょうか。
    しんちゃんさん
    コメントありがとうございます。
    瀬尾さんの作品のひとたちは、やっぱり最後憎めないんですよね。みんなどこかしらやさしい。だから読むとほっこりするのかもしれません。
    • by 日月
    • 2009/05/12 1:39 AM
    優しい気持ちがわいてくるお話でした。
    人と人のつながりが温かくて、よかったです。
    • by 藍色
    • 2009/08/24 2:58 AM
    登場人物がみんなやさしくて
    不倫中のお調子男・平太ですらいい面が見えて単純にいやな奴と思えなかったり読んでいてあったかかい気持ちになりました。
    • by 日月
    • 2009/08/26 11:06 PM
    コメントする
    トラックバック
    優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)(2008/04/10)瀬尾 まいこ商品詳細を見る 表題作「優しい音楽」 長居タケルは、見知らぬ女の子から駅でいきなり声をか...
    • しんちゃんの買い物帳
    • 2009/05/11 8:17 PM
    受けとめきれない現実。止まってしまった時間。 だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。 三編収録。現実離れの設...
    • 粋な提案
    • 2009/08/24 2:56 AM
    瀬尾まいこによる短編集。05年に出たのでやや古い。 「こんなのありえない!」と思いつつ、楽しんで読んだ。    【送料無料】優しい音楽 [ 瀬尾まいこ ]価格:500円(税込、送料別) 「優しい音楽」 駅で声をかけてきた女子大生とつきあうようになった男。 彼女は
    • りゅうちゃん別館
    • 2012/11/26 7:44 AM
    この記事のトラックバックURL