2008.05.27 Tuesday

「沈黙の王」 宮城谷昌光

最初の文字を創造した殷(商)の名君・高宗武丁のものがたり。「古代中国歴史小説」と聞くと堅苦しい印象がありますが、「沈黙の王」は戦あり・魔法(呪術)ありの冒険ファンタジー小説として充分読めるストーリーです。

「沈黙の王」あらすじ


殷の王子、子昭(武丁)は神に唱える祝詞以外は口から言葉を発することができなかった。それを憂いた父王は彼を野に放つ決心をする。子昭は最初に賢者・甘盤のいる州をめざして旅に出る。

ある森にたどり着くと、そこには呪術者の修行をする美しい娘がいた。大蛇に襲われた彼女を救い出し、彼女の一族に歓待されるが先をいそぐ子昭は甘盤のもとへ。

やっとの思いでたどり着いた甘盤は、博学だが信用が置けない人物だった。自らを救ってくれるものを探し、子昭は祖先の霊に救いをもとめ、高祖・帝瞬の廟へと向かう。だが途中、彼は奴隷狩りの兵につかまってしまう。そこで彼は後の宰相となる人物・「説」と出会う。

貴種流離譚として


子昭の賢者を探す旅がそのまま、貴種流離譚、冒険を通じての成長、出会いの物語として楽しめます。彼が助けた少女はやがて子昭の妻となります。婦好と呼ばれたその妻は、その墓の収蔵品の多さから、武丁にとても愛されていたと伝わっています。


伝説上の神々を人間として描く


この短編集には、そのほか弓、弓術を発明した古代の王・后げいの物語や、笑わない絶世の美女・褒似、春秋戦国の悪女・夏姫を主人公にした物語が収録されています。

后げいや褒似は神や妖怪として、神話や伝説に彩られていますが、彼らを「人間」として生き生きと描かれています。宮城谷昌光先生は言葉の表現をとても追及されている方なので、彼の書く文章は表現の堅苦しい歴史小説家とは一線を画している感じがします。

「十二国記」で古代中国に興味をもたれた方なら、次は「沈黙の王」をオススメします。

沈黙の王 (文春文庫)
沈黙の王 (文春文庫)
posted with amazlet at 08.05.12
宮城谷 昌光 文藝春秋 売り上げランキング: 109011


古代中国の恋愛模様「玉人」→
古代中国の名宰相「華栄の丘」→
誕生!中国文明展→

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/748952
表題作『沈黙の王』は、生まれつき言語に障害を持って生まれ、言葉の大切さを痛感していた商の王子・昭が数々の苦難を乗越え、自分を助け代弁してくれる協力者である傅説を得て即位し、高宗武丁となって初めて甲骨文字を生み出すまでを描きます。奴隷の境遇を脱して都に
  • 電網郊外散歩道
  • 2008/07/13 6:16 AM

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM