2008.05.24 Saturday

「レインツリーの国」 有川 浩

ひさびさに、本で泣かされました。「レインツリーの国
ドキドキして、切なくて、読んだあと真剣に主人公達の幸せを祈らずにはいられない。

もともとは図書館戦争シリーズ・「図書館内乱」内にタイトルだけ登場していた架空の本。この架空の本が命を吹き込まれ、実際に物語になったのが「レインツリーの国」です。

レインツリーの国 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2018/6/30 23:06時点)




伸行は高校時代の思い出の本、「フェアリーゲーム」の感想をネットで探していた。感想サイト「レインツリーの国」の真摯な文章に魅かれた伸行はその感想を書いた「ひとみ」にメールを出してみる。
それがきっかけで2人はメール交換を始め、濃密な言葉のやりとりが始まる。
ちなみにこの「フェアリーゲーム」には元となる「妖精作戦」という小説が存在するのだそうです。

妖精作戦 (創元SF文庫) (創元SF文庫)

中古価格
¥1から
(2018/6/30 23:07時点)





好きな本を通じて言葉をかわし、どんどん仲良くなってゆく2人の様子は、読んでいるこっちもドキドキ。
と、ここまでは、姿が見えない相手とのネット恋愛の様子が描かれています。
親しくなれば、会ってみたくなるのは自然な感情。
「直接会うのが駄目やったら、せめて電話だけでもどうかな」
伸行はなんとか「ひとみ」を説得し、初デートにこぎつけるのですが…。

初デートにこぎつけたものの、実際の「ひとみ」はちょっと変わっていた。食事のリクエストをすれば「静かなところ」というし、映画は洋画の字幕でなければダメだという。
メールとのギャップにとまどう伸行は、エレベータの重量オーバーブザーを無視して乗り続けるひとみについにブチ切れる。
「…重量オーバーだったんですね」

ここからは先ネタバレです。

実はひとみは難聴者で、そのことを隠して伸行と会いたかったという。泣きながらその場を去る彼女に、伸行はかける言葉がみつからなかった…

さて、彼女が難聴者とわかってから、普通だったら彼が反省し、彼女を理解しようと努力して2人の愛は深まる…
というのが普通のドラマなんでしょうが、このあとも2人はいろいろとモメます。
そりゃそうでしょう。

難聴者、健聴者に限らず、人とつながるというのはドラマのように単純じゃない。

ひとみは「どうせ私は難聴者だから」とひがんだりするちょっと性格もややこしい子で、伸行もなんとか彼女を理解しようとするけれど、実際に想像つかないこともあるわけで。
それでも伸行は持ち前の明るさと関西人のノリのよさで食い下がりますが、ついにキレてしまい、自分の心の傷をさらけ出してしまう。。

お互いの気持ちを、痛いくらいぶつけ合う2人。
かなり切ない。
それが、3章と4章のタイトルに集約されてるんですよ。

「傷つけた埋め合わせに自信持たせてやろうなんて本当に親切で優しくてありがとう」

「ごめんな、君が泣いてくれて気持ちええわ」


ラストもね、完全なハッピーエンドではない気がするんです。
いろいろなことがあって2人の絆は確かに強くなったけれど、現実問題として結婚となったら自分達以外の意思が働いてくるし、文中でひとみが言っていたとおりこれからも小さなことでぶつかるでしょうし。

でもね、読んだあと一読者の私ですら思ってしまうんです。
「どうか2人が少しでも長く一緒にいられますように」と。


有川作品感想
旅猫リポート
ほっと文庫 「ゆず、香る」

クジラの彼
ラブコメ今昔
阪急電車
海の底

空の中
三匹のおっさんふたたび
三匹のおっさん

キケン
ヒア・カムズ・ザ・サン
シアター!
シアター2!

フリーター、家を買う。
植物図鑑
県庁おもてなし課
JUGEMテーマ:恋愛小説

Comment
はじめまして。
私もこの本、大好きです。
2人の幸せを祈る気持ち、一緒です。

TBも送らせてもらいました。どうぞよろしく。
>牛くんの母さん
コメントありがとうございます。

伸とひとみには幸せになってほしいですね。
ブログ拝見いたしました。
私の知らなかった本がたくさんあってすごく興味深かったです。
レインツリーの国のようにこうやって読書の幅がひろがってゆくのは
すごく幸せな事ですね。ありがとうございました。

※確認したところTBがこちらに届いていないようです…
恐れ入りますが、もう一度お送りいただけますでしょうか?
TBありがとうございます。
簡単に越えていけない問題を乗り越えていこうとするふたり。
理解しようという姿勢を忘れないでいてほしいですね。

また合う記事がありましたら、TBお気軽にどうぞ。
藍色さん
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。
ひとみが「たとえ伸と別れても髪を切ったことを後悔しない」と
言っていましたが、わたしはできれば2人に幸せになってほしいと思います。言葉や理屈といった自分のこだわりというか感覚というか、そういったところの相性がいいというのは顔や性格で好きになるよりも
深い気がします。

お言葉に甘えてこれからもお邪魔させていただきます。( ̄▽ ̄)


日月さん、こんにちは〜
TB&コメントありがとうございました♪

いいお話でしたよね〜
ひとみの後ろ向きな部分も全て包み込んであげる大きな伸がちょっと大人すぎるかもとは思いましたが、それほどひとみのことを思っていたのでしょうね〜

「重量オーバーだったんですね」とても重い言葉でしたよね。伸と同じように誰かを傷つけてしまっていることあったのかも!と反省させられました。
  • hito
  • 2008/11/10 19:04
hitoさん
コメントありがとうございます(^^)

ひとみも、もともとめんどくさい性格なのかもしれませんが、セクハラなどつらい思いをしてきたので、どうしても伸の思いに素直になれない部分もあったのかもしれません。上位に立って守ろうとするんじゃなく、できるだけ一緒同じ風景を見ようとするとする伸がいいですね。
  • 日月
  • 2008/11/10 23:05
何度もお邪魔してすいません〜

何度か挑戦しているのですが、こちらからのTB反映されないようです、すいませんっ!
  • hito
  • 2008/11/11 18:59
hitoさんへ
他のサイトさんからもTBが時々反映されないことがあるようです。すみません(^^;)
  • 日月
  • 2008/11/11 22:36
日月さん、こんにちは!
予想以上に良かったです。
ほんとこの2人が長く幸せに過ごせますように・・・と祈る気持ちでした。
面倒くさい女子のぐちゃぐちゃしちゃう気持ちとかも、あそこまでじゃないけれど、解るなぁ〜と思ったし、最初大嫌いこのバカ女!って思った同僚の女の子も、なるほどねぇ〜こういう女子とつき合うのも悪く無いかも、と思ったし、
それになんといっても、今まで難聴とかのドラマとか映画って割と見ていたけれど、全然解ってなかったなあ・・ってのをこの本読んだことで再確認したし、読んでとっても有意義だったし、面白い本でした☆
  • latifa
  • 2009/08/08 14:33
latifaさんへ
>面倒くさい女子のぐちゃぐちゃしちゃう気持ちとかも、あそこまでじゃないけれど、解るなぁ〜と思ったし

そう、結構素直になれなかったりすると切ってありますよね。傷ついちゃうと、ひねくれてしまって、でもそのひねくれた自分も受け入れて欲しいとおもっていたり。

二人にはまだまだ問題山積みなんですが、幸せになってほしいです。
  • 日月
  • 2009/08/09 15:20





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/751510
 きっかけは「忘れられない本」。 そこから始まったメールの交換。 しかし、かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった…。 メディアワークス刊「図書館内乱」の中に登場する書籍「レインツリーの国」が実物となった。(「MARC」データベースより)   「
  • Crescent Moon
  • 2008/06/30 12:56 PM
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろ...
  • 粋な提案
  • 2008/08/04 2:44 AM
 有川 浩:著 『レインツリーの国』  レインツリーの国新潮社このアイテムの詳細を見る  先日読んだ 『図書館内乱』に、  この 『レインツリーの国』 が出てきました。  とても素敵な話だよって、  ある図書館員が女の子に勧めるんですよ。  これはもう、読むし
  • miyukichin’mu*me*mo*
  • 2008/10/15 12:10 AM
「ラブコメ今昔」と「レインツリーの国」と2冊有川浩さんの本を借りて来ました。レインツリーの国は4つ☆、ラブコメ今昔の方は・・・私の苦手な軍事系の部分が結構多くて・・・
  • ポコアポコヤ
  • 2009/08/08 2:29 PM

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM