[アニメ] プラネテス

2008.06.08 Sunday

0
    アニメ版プラネテス見ました。
    原作の「プラネテス」とはずいぶんと違うところも多かったけれど
    映像のクオリティがすばらしかったし、オープニングに
    アポロやら歴代の宇宙ロケットが出てくるとところなんて、
    宇宙好きにはたまらんつくりとなってます。

    物語は2070年代、人類が月着陸を果たしてから1世紀後の世界が
    舞台。宇宙のゴミ・デブリが問題となっている。
    宇宙開発企業・テクノーラ社のデブリ課に新入社員・タナベが入社してきたところから話は始まります。

    デブリ課での出来事を通して成長するタナベ。
    課の先輩・ハチマキとはいつもケンかばかりだが、
    いつの間にかお互い意識するようになる。
    しかし、ハチマキは木星往還船・フォン・ブラウン号に乗るため
    会社をやめ、ひとりでいってしまう。
    フォン・ブラウン号のために、
    総てを捨てて非情になろうとするハチマキ。
    それでも彼を見捨てないタナベ。
    伝わらない苦しさ。
    一方、先進国だけの利益を優先する宇宙開発に歯止めを
    かけようとテロ組織がフォン・ブラウン号を標的に…!

    もう、このへん見てるこっちが痛くて痛くて。・゚・(*ノД`*)・゚・。

    最後の方はテロやら、人間とは、宇宙とはなどの深刻なテーマなでかなり重かったんですが、ハチマキとタナベカップルが仲直りしてよかった。愛は宇宙も地球も救うんですよ!きっと。
    原作で大好きだった「しりとりプロポーズ」があってよかった。
    あれ大好きだったのよね。・゚・(*ノД`*)・゚・。

    それにしても、原作にはない前半のハチマキ&タナベの
    恋愛未満のもどかしさは、図書館戦争の某教官&士長を
    思い起こさせます…

    プラネテス 1
    プラネテス 1
    posted with amazlet at 08.06.07
    バンダイビジュアル (2004-04-23)売り上げランキング: 11613

    プラネテス公式ガイドブック (KCデラックス)
    幸村 誠 モーニング編集部 講談社

    JUGEMテーマ:アニメなんでも


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL