いまさらながら菅野よう子さんにやられてる。

2008.06.19 Thursday

0
    菅野よう子さんの音楽にやられています。

    菅野よう子さんは、マクロスや攻殻機動隊などのアニメ音楽のほか、CM音楽も数多く手がける音楽プロデューサー。
    現在マクロスF(フロンティア)関連の楽曲がヒットしているせいもあって、菅野よう子さんが今ちょっとした
    注目を集めているのだそうです。
    そういえば前にミクシイでもちょっと話題になっていましたしね。

    私が菅野よう子さんの音楽に出会ったのは、「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」のサントラでした。
    ロシア出身の歌姫・オリガが歌うオープニング曲は彼女の透き通った歌声と、どこか異なる世界の歌ような不思議な感覚。
    一度聞いたらいっぺんで菅野ワールドへ惹きこまれてしまいました。

    私はいままで、サントラというのは映像の効果的な演出手段で音楽自体が耳に残るものではないと思っていました。
    でも、菅野さんの音楽はちがうのです。
    映像の魅力を最大限に引き出しながら、音楽自体も強く印象に残る。そしてその音楽を思い出すとき、かならず映像が導き出されてくるのです。

    はっきり申しまして、わたし、菅野よう子さんを知るまではアニメ音楽を馬鹿にしていました。
    すみません、ほんとうにすみませんorz

    ハチミツとクローバーアニメ版音楽までw( ̄Д ̄;)
    多才な方ですね。




    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL