男性視点のあしながおじさん、「Daddy Long Legs」 勝田 文

2008.06.30 Monday

0
    孤児院育ちのジュディは、あるとき評議員のひとり「あしながおじさん」から文学的才能を評価され、大学へ行かせてもらえることになる。あしながおじさんの後見の条件は1つ。毎月、ジュディが手紙を送ることー。

    あしながおじさん」はジュディが大学に入学したときから彼女が綴る手紙の形式で書かれているため、今まではジュディの視点から読んでいたのですが、実は男性側からの視点で読むと、結構ベタ甘要素が多いことに気がつきました。

    そんな、あしながおじさん側からみたジュディを描いたのが、勝田文先生が舞台を昭和の日本に移して描いた「Daddy Long Legs 」です。
    原作を忠実に追いながらも、男性側の心理や葛藤などが加えられ、すばらしいラブストーリーでした。

    Daddy Long legs (クイーンズコミックス)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/6/5 13:58時点)




    私は今まで「あしながおじさん」は、あしながおじさんであるジャービスさんがジュディの恋心をコントロールしているような気がして、正直、ジャービスさんのことをあまり好きではありませんでした。

    ただ、ジャービスさん側から見れば、年の離れた後見人が後見している女の子に恋をするのはいろいろと葛藤があったようです。そんな男性の視点から描いた「Daddy Long Legs」、おすすめです。

    「Daddy Long Legs」あらすじ


    大企業の御曹司・千博(ジャービス)は、支援している孤児院である少女が書いた面白い文章に興味を持ち、彼女の後見人として女学校へ入学させる。

    その少女・いつき(ジュディ)が後見人から提示された条件は、毎月「あしながおじさん」へ手紙を書くこと。いつきは持ち前の好奇心と努力で、女学生としての生活にも慣れていく。同室のさえ(サリー)や千博の銘の純子(ジュリア)とも仲良くなり、学生生活を謳歌しているところへ、正体を隠した千博がいつきの前に現れ…。

    新装版となった「あしながおじさん」表紙にはジュディが描いたイラストが。こういうイラスト入りの手紙って楽しいですよね。

    あしながおじさん (新潮文庫)

    中古価格
    ¥275から
    (2018/6/5 14:01時点)





    ジュディに振り回されるあしながおじさん


    まずファーストコンタクトは彼女が二年生の時。姪・純子に会いに来たという口実でいつきの様子を見に来ます。偶然にも構内を案内してもらう事に成功。

    その後また学校を訪ねていき、今度は3人を東京のお芝居に招待する。うれしそうないつきだったけれど、偶然さえちゃんの兄が現れ、動揺する千博。
    千博さん、さえ兄のことを一方的にライバル視してます。

    純子が帽子を買うところをうらやましそうに見ていたいつきに、余分なおこづかいを渡すと「気持ちはありがたいけれど必要以上はいりません。」と断られてしまいます。彼女の家族にはなれない…と落ち込む千博。

    このあたりからもう、いつきちゃんのことを意識しまくりです…。

    さえちゃんちへのご招待を許さないで、いつもの農場に行く事を強制(^^;)。そりゃ、いつきちゃんじゃなくても「おじさまのアホー!」と言いたくなりますよ。

    その後何気ない風を装って農場を尋ねていくんですが内心はいつきちゃんに嫌われているのではとヒヤヒヤ。
    「うれしそうな笑顔を見てほっとしてしまった。」もうこのあたりから千博さんがかわいくてしかたありません。ああ、ベタ甘…・゚・(*ノД`*)・゚・。

    きれいになり、自立心がでてきたいつきがアルバイトをしたり給費生(奨学生)になることについても良い顔をしない千博。もうー、過保護すぎだよ、千博さん…

    ヨーロッパにいってからも、いつきちゃんへ強がりの手紙を送ったり、さえ兄にやきもきしたり。お互いに意識しているのに気づかないのは本人達だけです(^^;)

    卒業後、いつきちゃんは農場で小説を書きながら過ごしていますが、千博さんから突然のプロポーズを受けます。

    でもいつきちゃんは、プロポーズを断ってしまいます。理由はさえ兄の事なんかではなく、身分違いになると判断したからでした。千博さん、またここでさえ兄のことを勘違。(^^;)最後までさえ兄はいい当て馬だったな…


    最後に、いつきから千博への本当の思いを相談された手紙を受け取り、あしながおじさんといつきは対面することに。千博さん、よほどうれしかったのでしょう。「ぼくがあしながおじさんだったのがわからなかった?」といった時の、うれしそうな、照れくさそうな顔といったら!

    いつきちゃんじゃなくても惚れてしまうでしょう。
    時代や設定が変わっても「あしながおじさん」は永遠のラブストーリーなのです。

    こちらはKindle(電子書籍版)

    Daddy Long Legs (クイーンズコミックスDIGITAL)





    ●ジュディの親友・サリーが孤児院の院長になる「続あしながおじさん」→

    続あしながおじさん (新潮文庫)
    ジーン ウェブスター 新潮社 (2017-05-27)売り上げランキング: 123,642

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    私 このページみて初めて
    「あしながおじさん」
    を読みました(`ω`*)

    ジュディが素敵すぎですっ゚+.

    Daddy Long Legs
    をみて読むと坊っちゃんがかわいいです♪♪

    このページのおかげでいい本読めましたっ(`∀`*)ゝ
    • by さなこ
    • 2008/07/16 8:36 PM
    さなこさんへ
    気に入っていただいてすごくうれしいです。( ̄▽ ̄)
    みなさんにいただくコメントは私の宝物です。

    私は恋愛部分よりもジュディの学園生活の方が好きだったのですが
    「Daddy Long Legs」を読んでから原作を読むとジャービスさんが
    好きになりました。
    でも、ほんと、あんなにあたまのよいジュディちゃんが何でジャービス=あしながおじさんとわからなかったのでしょうね?
    • by 日月
    • 2008/07/16 10:17 PM
    こんにちは。小夜です。
    また日月さんに影響を受けて、この漫画を買ってしまいました。
    坊ちゃん、かわいいですよね。
    いつきちゃんもかわいいですし。

    この記事をブログに書いたら、初めてTBに成功しました〜。嬉しいです(余談ですいません)
    • by 小夜
    • 2008/10/05 8:46 AM
    小夜さん
    Daddy Long Legsを気に入っていただいてありがとうございます。
    原作のジャーヴィスさんはもっとおっさんぽいのですが、千尋ぼっちゃんはかわいいです(^^)

    原作も大好きだったのですがDaddy Long Legsは原作のエピソード本当にうまくアレンジした逸品だと思います。(^^)
    わたしのほうからもTBさせてもらいますね。
    • by 日月
    • 2008/10/05 11:04 PM
    コメントする
    トラックバック
    勝田文先生の『Daddy Long legs』。 本屋さんで「絵がかわいいなぁ」と思って、前から気になっていたのですが、 日月さんの
    • 月の舟
    • 2008/10/05 8:43 AM
    この記事のトラックバックURL