2008.07.28 Monday

しゃばけシリーズ「うそうそ」 畠中 恵

しゃばけシリーズ「うそうそ」がドラマ第2弾として放映決定だそうですね。「しゃばけ」と同じく長編なのでドラマ化しやすいのでしょう。それにしゃばけシリーズには珍しく旅のお話ですし、前作とは一味ちがった感じになるかもしれません。またドラマのしゃばけファミリーに会えるのが楽しみです。

さて、「うそうそ」のお話。
このところ江戸では地震が続いている。若だんなもなんだか妙な夢を見るようになり落ち着かない。若だんなの身を心配した両親は思い切って若だんなを箱根に湯治にやることにする。
長崎屋は廻船問屋ですので自前の船があるので、若だんなを運ぶくらいはわけないんですね。さすがセレブ。

お供として仁吉と佐助、義理の兄松之助、それと妖では鳴家が3匹、若だんなの袖に入って一緒に旅をすることに。
屏風が本体の妖、屏風のぞきや鈴彦姫はお留守番。
ドラマ版の鈴彦姫(早乙女太一)は積極的なのでついてきそうですけどね。(^^;)

船で小田原に向かう途中、仁吉と佐助の姿が見えなくなってしまった。いままでひと時も若だんなの元を離れたことがない二人が。
二人の身を案じながらも若だんなと松之助は湯治場へ向かう。
なんとか宿にたどり着いたものの、その日の夜にひとさらいにあってしまう。

誘拐したのはさる藩の武士たち。一太郎の父が育てている朝顔のタネ欲しさに一太郎をさらった。当時珍しい形の朝顔は高額で取引され、武士たちは幕府の役人への賄賂に朝顔を送るのだという。
誘拐犯だけでなく、なぜか箱根の烏天狗にも襲われてしまう若だんな。のんびりと湯治に来たというのに、若だんなは物語の最後までゆっくりとお湯につかることもできません。(^^;)

松之助兄さんが若だんなを守る姿がけなげです。
世の中でたったひとり、自分を気にかけてくれた弟、若だんなは松之助兄さんにとっての大切なよるべなのかもしれません。

今回、若だんなの印籠についていたお獅子が新たにつくもがみとして動きだしました。鳴家のよい遊び相手ができました。( ̄▽ ̄) 鳴家がお獅子にまたがったすがたが可愛らしいです。

うそうそ
うそうそ
posted with amazlet at 08.07.21
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 43649


文庫版のイラストもかわいい。
うそうそ (新潮文庫 は 37-5) (新潮文庫 は 37-5)
畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 45


2007しゃばけドラマ感想→
2008しゃばけドラマ感想→
「しゃばけ読本」→
「しゃばけ」感想→
「おまけのこ」感想→
「うそうそ」感想→
「いっちばん」感想→
しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
「ころころろ」感想→
「ゆんでめて」感想→
「やなりいなり」感想→
「ひなこまち」感想→
「たぶんねこ」感想→
「すえずえ」感想→

JUGEMテーマ:本の紹介


Comment
また、しゃばけシリーズがドラマになりますねO(≧▽≦)O
今回からお獅子が活躍してくれるのが可愛い。
お兄ちゃんと二人になっちゃうこともあるけど何とか無事に切り抜けて・・・
それにしても天狗って怖いね。
Crambom、さん
松之助にいさんも2人の兄やに似て心配性になってきました。
弟を必死でかばう姿がけなげですね。
烏天狗たちも、心配性の面では兄やたちと同じでしたね( ̄▽ ̄)
わたし、早乙女太一のファンなんですぅ〜☆
しゃばけ楽しみですよね?前回のしゃばけでは、太一さんがけっこうでてきたのに今回は、お留守番ですか。…残念です。
  • みたらし団子
  • 2008/08/24 14:46
みたらし団子さん

しゃばけの原作とドラマでは太一君の演じていた鈴彦姫の設定が大分ちがいますので、もしかしたら旅先にもついてくるかもしれませんね。
ついてこないにしても、きっと前回くらい出番はあるんじゃないでしょうか。
太一君の鈴彦姫はきれいで気が強くて
いいキャラクターでしたから。
こんばんわ。
セレブな旅のはずが、とんでもない珍道中でしたね。
読んでいる方は楽しかったですけど(笑)
ドラマ、楽しみですね♪
宮迫さんの屏風のぞき、結構気に入ってたんですよ。
(原作と少々イメージが違いますけどね)
  • ia.
  • 2008/09/16 00:42
ia.さん、コメントありがとうございます。(^^)
兄やたちと離れ離れになってから、松之介兄さんが若だんなのことを必死で守ろうとするところがけなげで…。・゚・(*ノД‘*)・゚・。
フジテレビのニュースによると宮迫さんも栄吉役の高木くんも出るようなので原作とはまた違った感じになりそうですね。





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/770988
「しゃばけ倶楽部」をよく見ているとモット嬉しい情報がΣ(゚∀゚*) 「しゃばけ」スペシャルドラマ第2弾、 「うそうそ」の放映が決定しました~。 細かいことはまだ未定らしいですが、今年の冬放送予定だそうです。 うそうそは、箱根の温泉に湯治目的で行く話です。
  • クラムボンの蹄
  • 2008/07/30 4:16 PM
著者:畠中 恵 出版社:新潮文庫 紹介文: 『しゃばけシリーズ』の第五弾。今回は長編です。 若だんなが湯治に出かけるというストリーなので、舞台はいつもの長崎屋から箱根道中へと移り、普段とは違った趣きになっています。 船に乗ったり籠に乗ったり山道を歩
  • どくしょ。るーむ。
  • 2008/09/16 12:35 AM
うそうそ (新潮文庫 は 37-5)(2008/11/27)畠中 恵商品詳細を見る 若だんな、湯治に行く。旅の前、長崎屋の離れで地震があった。そのとき、若だんな...
  • しんちゃんの買い物帳
  • 2009/07/22 5:55 PM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    日月
  • [ハッカ油活用法]ベビーパウダー+ハッカ油
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
    日月
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    苗坊

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM