しゃばけシリーズ  「いっちばん」 畠中 恵

2008.08.03 Sunday

0
    前回「ちんぷんかん」では親友栄吉が修行、兄の松之助が独立と長崎屋の近くから離れてしまい、若だんなの周りは少し寂しくなりました。
    とはいえ、妖たちは相変わらずかしましいのですが。

    ・いっちばん


    栄吉と兄の松之助の不在でさびしくなった若だんなをなぐさめるため、鳴家はお菓子、屏風のぞきは春画(^^;)、鈴彦姫たちは根付を贈ろうと計画します。
    お菓子、春画、根付、スリ捜査、4つのドタバタがいつの間にかひとつにまとまって大団円。
    犬や犯人達を追っての追跡劇はドタバタコメディーのようでした。


    ・いっぷく


    近頃、鳴家のことを探し回っている輩がいると聞き、心配して超がつくほど過保護になる兄やたち。
    一方、長崎屋は、近江からきた唐物屋の小乃屋と西岡屋に
    「品くらべ」の勝負を挑まれることになり…
    「いっぷく」では若だんなの元になつかしい顔なじみと再会します。その人の正体は最後の方までわからなかったのですが、最後の謎解きで「ああっ!」と思うような人物でした。
    久々に新しい友だちができて喜ぶ若だんな。よかったねぇ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

    ・天狗の使い魔


    いきなり若だんな空を飛んでいるという驚きのシーンからはじまる「天狗の使い魔」。w(゚ロ゚)
    若だんなは信濃山六鬼坊と名乗る天狗に拉致されてしまったでした。六鬼坊は、昔なじみの管狐を自分のもとへおきたいと狐たちに頼んだものの断られてしまい、狐の大妖・皮衣を祖母に持つ若だんなを誘拐して、自分の望みをかなえてもらおうと若だんなを誘拐したのだという。

    しゃばけ」でも己の出生のせいで起こった事件のため、人の世にいられなくなりそうになった若だんなは、自分のせいで事件がひろがるのを食い止めるため、天狗に知恵の勝負を挑みます。
    するとそこへ、狐に恨みをもつ狛犬があらわれて事態は若だんなの願いとはうらはらに、どんどん大きくなってしまいます…

    しかし、仮にも神仏につかえる天狗や狛犬が、自分の欲をむき出しにするのはいかがなものかなぁ(^^;)。

    ・餡子は甘いか


    個人的にはこの話が一番好きです。
    修行先で苦労する栄吉。後から来た要領のいい後輩・八助に追い抜かれてしまい、つらい思いをします。もう菓子づくりを辞めてしまおうか…そんな思いにかられる栄吉。

    わたしも不器用で八助みたいな要領のいい人間にいやな思いをしたことがあるので、栄吉の気持ちわかります
    栄吉の泣きながらの告白に、何もいわずに聞いている若だんな。若だんなもつらいでしょうが、あえて何も言わないんですね。そこが2人の絆をあらわしている気がします。

    ・ひなのちよがみ


    塗りかべの親戚」とまで言われた白塗り化粧のお雛ちゃんが、とうとう白塗り化粧をやめました\(^o^)/。火事で再建した店を立て直すため、自ら長崎屋に営業プランを持ち込みます。
    そのアイデアはきれいな千代紙に店の商品の白粉をいれるというもので、若だんなから千代紙を扱う店を紹介してもらうのですが…

    働く女の子ががんばる姿はいいですね。
    それに引き換え男性陣は前半だらしがないなあ。(´Д`)=3

    いっちばん
    いっちばん
    posted with amazlet at 10.07.10
    畠中 恵 新潮社 売り上げランキング: 3966


    2007しゃばけドラマ感想→
    2008しゃばけドラマ感想→
    「しゃばけ読本」→
    「しゃばけ」感想→
    「ぬしさまへ」感想→
    「おまけのこ」感想→
    「うそうそ」感想→
    しゃばけ絵本「みぃつけた」感想→
    「ころころろ」感想→
    「ゆんでめて」感想→
    「やなりいなり」感想→
    「ひなこまち」感想→
    JUGEMテーマ:本の紹介

    コメント
    やっぱり、天狗の使い魔とひなのちよがみが収録されていましたね。
    栄吉さんの話しもあるんだ。
    栄吉さんも立派に勤め上げて立派なあんこが作れるようになって戻ってきて欲しいな。
    さて、どのくらい待てば順番回ってくるかな?
    今回は早くから予約入れといたからね(^▽^;)>゛
    Crambom、さんへ
    天狗の使い魔を読んで、神仏の使いたちの自己中っぷりにあきれました(´Д`)=3 でも、みんなの希望を聞いて事態を収めようとする若だんなのほうがよっぽどえらいですよ。
    若だんなはその才覚を買われて、どうにか天界か冥界に勤められないものでしょうか。そうすれば2人の兄やや妖たちとも離れずにすむのになあ、
    と勝手に妄想しています。
    • by 日月
    • 2008/08/03 11:49 PM
    こんばんは。
    こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
    若だんなの奮闘が楽しめましたね。

    トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    • by 藍色
    • 2008/08/13 4:34 AM
    藍色さん
    こちらこそありがとうございます!
    若だんなすごいですよね。狐や天狗の揉め事も解決してしまうんですから( ̄▽ ̄)
    前回、親友とお兄さんが離れてしまってちょっと切なかったのですが、
    またあたらしい顔なじみができてよかったです(´Д`)=3
    また、是非よらせていただきますね。
    • by 日月
    • 2008/08/14 1:10 AM
    こんばんは。
    相変わらず安心して楽しめる作品です。
    白塗りの雛ちゃんのいじらしいこと。
    これから若旦那の周りはどんな広がりをみせるのやろか。
    畠中さん、大変やろけど頑張ってほしいもんです。
    ナカムラのおばちゃんさん
    コメントありがとうございます。

    雛ちゃんがんばりましたね。
    男どもがちょっとだらしなかったけど。

    若だんなのまわりも少しずつ変わってきていますね。ずっと続けて読みたいシリーズです。
    • by 日月
    • 2008/09/10 10:07 PM
    コメントする
    トラックバック
    いっちばん(2008/07)畠中 恵商品詳細を見る 装画・挿画は柴田ゆう。装幀は新潮社装幀室。「しゃばけ」シリーズ第七弾です。 今回も長崎屋の病弱...
    • 粋な提案
    • 2008/08/13 4:28 AM
    いっちばん畠中 恵新潮社 2008-07売り上げランキング : 46おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ シリーズ累計277万部突破! 大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊!! 若だんなに元気がない? それはいつものことだけど、身体じゃなくて気持ちが鬱い
    • まったり読書日記
    • 2008/09/05 10:16 PM
    いっちばん 畠中 恵 新潮社しゃばけシリーズ最新刊カバーイラスト通り 今作は 若
    • ナカムラのおばちゃんの読んだん
    • 2008/09/09 10:22 PM
    この記事のトラックバックURL