「麦ふみクーツェ」 いしいしんじ

2008.08.09 Saturday

0
    【ものがたり】
    港町でそだった「僕」は、ねこそっくりな声を出すことができる。
    おじいちゃんは町の吹奏楽のリーダーで音楽のこととなると
    人が変わったように厳しくなる。父さんは数学の教師で素数の数式の証明にとりつかれている。
    ある日「僕」は黄色い大地を「とん たたん とん」と独特のリズムで麦ふみをするクーツェに出会う。

    わたしにとって、はじめてのいしいしんじ作品です。
    童話のようで童話でない、
    不思議でちょっと切ないお話でした。
    いままで読んだことのないような、それでいてどこか懐かしいような舞台の世界と、主人公のまわりのユーモラスで優しい人々。

    物語の前半部分は吹奏楽のコンクールで優勝するものの、
    町に不思議なネズミの雨が降ったおかげで、町の様子がおかしくなったり、「ねこ」が進学した音楽学校になじめないでいたり、
    故郷に現れたセールスマンが町の人々をだましてしまったり
    辛いことも多く、読んでいて切なくなりました。

    けれど、蝶の刺青をしている盲目の「ちょうちょおじさん」に出会い、おじさんの紹介で友達の名チェリストの「先生」や、先生の娘の「みどりいろ」、「先生」がチェロを弾きに行く娼館の女性たち。こころやさしい「へんてこ」な人々との出会いは「ねこ」のこころを癒し、読んでいるわたしまでうれしい気分になってゆきます。

    やさしいリズムと音楽が本全体をやわらかく包んでいるような、
    あたたかい気持ちになる物語でした。

    プラネタリウムのふたご
    ぶらんこ乗り
    トリツカレ男

    麦ふみクーツェ (新潮文庫)
    いしい しんじ 新潮社 売り上げランキング: 10466



    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    不思議な感覚の、お話でした。 日本なのか外国なのか、今なのか昔なのか、 不思議な雰囲気と、そして浮遊感のある物語。 名前ではなく、あだ名で登場する人たち。 そしてみんながみんな、へんてこな人たち。 彼らが語るへんてこなお話は、どれもこれも、 寂し
    • *モナミ*
    • 2008/08/09 11:41 PM
    この記事のトラックバックURL