2008.08.09 Saturday

「麦ふみクーツェ」 いしいしんじ

【ものがたり】
港町でそだった「僕」は、ねこそっくりな声を出すことができる。
おじいちゃんは町の吹奏楽のリーダーで音楽のこととなると
人が変わったように厳しくなる。父さんは数学の教師で素数の数式の証明にとりつかれている。
ある日「僕」は黄色い大地を「とん たたん とん」と独特のリズムで麦ふみをするクーツェに出会う。

わたしにとって、はじめてのいしいしんじ作品です。
童話のようで童話でない、
不思議でちょっと切ないお話でした。
いままで読んだことのないような、それでいてどこか懐かしいような舞台の世界と、主人公のまわりのユーモラスで優しい人々。

物語の前半部分は吹奏楽のコンクールで優勝するものの、
町に不思議なネズミの雨が降ったおかげで、町の様子がおかしくなったり、「ねこ」が進学した音楽学校になじめないでいたり、
故郷に現れたセールスマンが町の人々をだましてしまったり
辛いことも多く、読んでいて切なくなりました。

けれど、蝶の刺青をしている盲目の「ちょうちょおじさん」に出会い、おじさんの紹介で友達の名チェリストの「先生」や、先生の娘の「みどりいろ」、「先生」がチェロを弾きに行く娼館の女性たち。こころやさしい「へんてこ」な人々との出会いは「ねこ」のこころを癒し、読んでいるわたしまでうれしい気分になってゆきます。

やさしいリズムと音楽が本全体をやわらかく包んでいるような、
あたたかい気持ちになる物語でした。

プラネタリウムのふたご
ぶらんこ乗り
トリツカレ男

麦ふみクーツェ (新潮文庫)
いしい しんじ 新潮社 売り上げランキング: 10466



レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/774216
不思議な感覚の、お話でした。 日本なのか外国なのか、今なのか昔なのか、 不思議な雰囲気と、そして浮遊感のある物語。 名前ではなく、あだ名で登場する人たち。 そしてみんながみんな、へんてこな人たち。 彼らが語るへんてこなお話は、どれもこれも、 寂し
  • *モナミ*
  • 2008/08/09 11:41 PM

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM