彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日

2008.08.29 Friday

0
    防災の日が近づいてきました。
    防災の日は毎年わが家で防災グッズの点検を行っています。
    食料はなんとかなるにしても、一番困りそうなのは
    水とトイレ。
    一応組立式簡易トイレもリュックに入れてありますが、はたしてこれで足りるかどうか…

    また、勤め人の場合は防災グッズのそろった家より
    職場にいる時間が当然長いため、外出先での防災を考えなければ
    なりません。私はLEDライトとホイッスル付のキーホルダーを持ち歩くようにしています。
    あと、どんなに暑くても絶対にサンダルをはいて外にでない。
    ガラスの破片、こわいですからね(((; ゚д゚)))

    彼女を守る51の方法は、主人公(読者)が彼女と一緒に街にいる時地震に遭遇し、彼女を守りつつ安全な場所まで非難するシュミレーション形式の写真本です。
    地震の発生から、情報収集、食料の確保、避難所への避難、
    心理ケア、防災ライフスタイルなど、防災生活に必要な知識が
    取り上げられています。
    そしてやっぱりここでもトイレ問題が。(^^;)

    鹿男も、**眼帯をした公務員もいない現代日本では
    こうした本で知識を貯え、自分自身できたるべき災害に備える覚悟が必要なのかもしれません。

    「彼女」役の女の子がすがるような目でこちらを見る写真は
    女の私でも「なんとか彼女を守らねば!」というナイトのような気分になります。

    彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日
    彼女を守るプロジェクト 渡辺 実 マイクロマガジン社 売り上げランキング: 47337

    防災頭巾も買おうか検討中。


    鹿男あをによし
    **諸星大二郎 「**詔命」より。
    眼帯の公務員がある日地震予防課に配属されるが…
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL