「ぶらんこ乗り」 いしい しんじ

2008.10.01 Wednesday

0
    「ぶらんこ乗り」はいしいしんじさんの初の長編小説なんだだそうです。
    麦ふみクーツェ」や「プラネタリウムのふたご」とはちがい、ものがたりの舞台はたぶん日本のどこか。

    とってもあたまのいい少年とおねえちゃん。
    やかましやのおばあちゃんと画家のおかあさん、額縁職人のおとうさん。それに、半分毛がぬけてしまった犬「指の音」。
    ものがたりは少年が去ってしまってから見つかったノートを読みながらおねえちゃんが彼との思い出を回想していきます。

    「あのこ」と呼ばれた少年はぶらんこ乗りとお話をつくるのがとてもじょうずだった。「たいふう」「くうちゅうぶらんこのげんり」
    、それに「おばけのなみだ」。

    「おばけのなみだ」はどぶ川にすんでいたおばけが故郷の汚い川に帰れないで流すなみだはどかんどかんと物を壊してしまう。
    実際に町では物が壊れた後に水たまりができる事件がおきた。
    正体は雹だって大人はいうけれど、わたしだって川のおばけの方がずっとおもしろいとおもう。

    少年の作るお話は、まるでどれもみんな、いままで読んだことの無いようなお話で、解説の方も言っていたけれど胸がしんとなってどこかとおい、ふしぎな世界につれていってくれる。
    読者のわたしも、少年のおねえちゃんとおんなじようにわくわくしながら文中にお話がでてくるのをいつのまにか待ちかねてしまいます。

    とてもかなしい出来事のあと、おねえちゃんを立ち直らせるように少年がつくった最後のお話はとてもすばらしいウソでした。
    そういえば「プラネタリウムのふたご」でも最後の手品はすばらしいウソで、このおかげで傷ついた魂が救われることになったんだっけ。

    人の魂を救い、わくわくさせるものがたり。
    こんなウソなら信じてみたい。

    麦ふみクーツェ
    プラネタリウムのふたご


    ぶらんこ乗り (新潮文庫)
    いしい しんじ 新潮社 売り上げランキング: 34595



    麦ふみクーツェ (新潮文庫)
    いしい しんじ 新潮社 売り上げランキング: 31581


    プラネタリウムのふたご (講談社文庫)
    いしい しんじ 講談社 売り上げランキング: 64954

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL