「慶応三年のフルコース」 市川 ジュン

2008.11.12 Wednesday

0
    懐古的洋食事情」の番外編。今度は幕末の洋食事情です。
    幕府によって港が開かれたのち、外国人居留地を中心に洋食が日本に初めて入ってきたころのお話。

    以前に明治初期の洋食事情がでてきましたが、幕末はもっとすさまじいです。なにせ牛や豚などは今まで料理したこともなかったんですから…「洋食」も娯楽性だけではなく、西洋に並び立つために必要なものと考えられていたようです。

    歴史的事実や人物など出てきますが、もちろんフィクションです。でも、どの女性たちも新しい時代を自由に生きていこうとしているのがすてきです。



    ●慶応三年のフルコース


    慶応三年、横浜。死んだ父親から西洋料理を仕込まれたおりせは、父親並の腕を持つ料理人。そんなおりせの店に外国奉行所の役人・堀がやってくる。

    将軍慶喜が外国人をもてなすためのフルコースをつくれる料理人を探してた堀は「女である」ことを理由におりせの推挙を断るが、おりせは男装してなんとかフルコースの料理人になることができた。正体を隠しフランス人シェフ・ジャンとともにフルコースづくりに励むおりせだったが…

    ●オランダ五番館の料理人


    医者の家に嫁いだ武家の娘・まさのは、足しげく横浜の居留地に通う夫が、西洋の女性に会いに行っているのではないかと疑う。

    女性から夫を取り戻すため、まさのは意を決して居留地へと向う。居留地でハーフの医者・あれくと知り合いになり、夫のもとへと案内してもらうが、夫が夢中になっているのは西洋の女性でもなければ医術でもない、西洋料理だった…


    ●馬車道開国亭


    横浜の商家の娘・なをは、居留地で写真館を営む叔父・蓮十郎のもとに足蹴く通い、新しい時代の空気に触れるのが好き。

    今日も叔父の写真館に遊びに行くと、そこには幕末の英雄・坂本竜馬が。なをは竜馬に誘われ西洋料理屋へいくものの、彼女の髪型をみて「らしゃめん」と勘違いした西洋人が竜馬と一色触発状態に。それを止めに入ったのは奉公していた幼なじみの琢郎だった。

    すっかり竜馬に参ってしまったなをは琢郎の力を借りて、竜馬のために西洋料理をつくることに…


    ●長崎ばんけっと


    長崎奉行も務めた小藩・犬村家では愛娘・晴姫の結婚式を西洋式にとり行うことになった。そのため、知り合いの英国人から料理人を借り受けることに。しかし、料理人・有吾は腕はいいが無口で無愛想。

    屋敷の料理人たちに西洋料理を教え始めるが、なぜか姫君も料理づくりに加わることになる。料理を通じ、すこしずつ心を通わせてゆく晴姫と有吾。そんなとき、晴姫の許婚が突然城を訪れることに…


    ●幕末洋食の動乱


    新撰組とも親しい医師・松本良順の身内であるえまは、医術の心得もある女性。動乱の京都に残り医療活動を行う許婚を訪ねて江戸からやってきた。その途中、喀血している若い男性と出会う。

    実は彼はあの沖田総司で、許婚のもとへ結核の治療に通っていた。沖田の小食ぶりを心配したえまは、当時食され始めたばかりの牛の肉を使い、沖田のために料理をつくる…

    新編懐古的洋食事情 全3巻完結  [マーケットプレイス コミックセット]
    市川 ジュン
    集英社
    売り上げランキング: 808,145



    ようやくこれで、懐古的洋食シリーズの感想が全部かけました。長かった…orz

    ●明治初頭から大正時代前半まで、まだ珍しい西洋料理に奮闘する「新編懐古的洋食事情1」の感想はこちら→

    ●大正時代後半から昭和初期まで、ライスカレーやオムライスが一般的になりつつある「新編懐古的洋食事情2」の感想はこちら→

    ●昭和初期から戦後まで、洋食が庶民に浸透した
    「新編懐古的洋食事情3」の感想はこちら→
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL