「獣の奏者」がアニメ化だそうですよ。

2008.11.15 Saturday

0
    上橋菜穂子先生の名作ファンタジー、「獣の奏者」がプロダクションI.Gによってアニメ化されるそうです。
    それも1年間という長いスパンで。

    放送予定:教育テレビ 2009年1月10日(土)〜
    教育テレビ 毎週土曜 午後6時25分から6時50分
    放送予定(全50回)
    めずらしく地上波でやるようですね。BSから地上波だと長く待たないといけないんでうれしいです。( ̄▽ ̄)
    闘蛇編半年、王獣編半年といったところでしょうか。

    プロダクションI.Gが上橋作品をアニメ化するのは「精霊の守り
    人」に続き2作目。タイトルは「獣の奏者エリン」だそうです。
    NHK的には「宮廷女官 キム尚宮(さんぐん)」みたいに主人公の名前をタイトルに入れるのが流行ってるんですかネ?
    私は原作どおり「獣の奏者」がいいと思うんですが。

    上橋先生ご自身も攻殻機動隊の草薙素子のファンで、プロダクションI.Gとかかわりの深い上橋作品ですが、「精霊の守り人」シリーズのイラストを手がけているのは、スタジオジブリのアニメーターでもある二木真希子さんです。
    ダヴィンチの企画で二木さんがかかれた王獣の姿があまりにもかっこよかったので、ジブリ版「獣の奏者」も見たいかな〜と、思っていたのですが、やはりなじみのプロダクションI.Gの方がいいのかもしれませんね。

    精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)
    上橋 菜穂子 二木 真希子 偕成社 売り上げランキング: 110934


    獣の奏者 I 闘蛇編
    獣の奏者 I 闘蛇編
    posted with amazlet at 08.11.14
    上橋 菜穂子 講談社 売り上げランキング: 15276

    獣の奏者 II 王獣編
    獣の奏者 II 王獣編
    posted with amazlet at 08.11.14
    上橋 菜穂子 講談社 売り上げランキング: 11403


    ●「獣の奏者」の感想はこちら→

    下手をすれば炎上しかねない感想は以下(^^;)
    後で消すかも。
    私の勝手な感想ですが、アニメ「精霊の守り人」は小説の世界観を大切にして、そこからアニメ用にげずったり、肉づけしたりして作られている気がしました。原作を知る私には、ときおり原作の世界を垣間見ることもできた気がします。
    ジブリの場合は、あまりにも圧倒的な存在感のため、「まったく別の作品」となってしまいそうな気が。いや、I.Gの「精霊の守り人」も全く別と言われればそうなんだけど…

    図書館戦争の作者・有川浩さんは自作のアニメ・漫画化にあたり「小説もアニメもマンガもどれも公式」とおっしゃっていましたが、ジブリが原作ものを手掛けるとどうしてもジブリ作品が「公式」の地位を得てしまいそうで(^^;)。
    原作のイメージを圧倒的に凌駕してしまう気がするんですね。それをまったく望んでいなくても。

    いや、I.G作品がすごくないってことじゃ全然ないし!むしろ原作を大切にしているっていうか…いや、ジブリが原作大切にしてないなんてことでは…(((; ゚д゚)))
    どうもうまく言えませんが、とにかく「獣の奏者」のアニメ化は楽しみです。はい。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL