「おいピータン!! 11」 伊藤 理佐

2009.01.07 Wednesday

0
    とうととう「おいピータン!!」にも手を出してしまった。
    KC Kiss連載をずっと読んではきているものの、コミックスを買うのは初めて。デブで漢前、B級グルメ好きな大森さんと、彼の周りの人々の、食べ物にまつわるちょっといい話のオムニバス。

    特にお気に入りなのは、大森さんの義姉、片付け魔の忍さんが、夫の実家から送られた大量の夏野菜でいろんな料理や保存食をつくる話です。きゅうりはつけもの、ナス、ししとう、トマトでラタトゥイユやスープカレー、味噌炒め煮…
    次々と料理をつくり片づけていくのですが、その料理がおいしそう。わたしもよく実家から野菜が届くと、無駄ににしないために、すぐ料理につかわなければならず、忍さんの苦労がしのばれます…

    その他には、大森さんと彼女の渡辺さんが改装中のお店をめぐって、どんな店ができるか、いろいろと想像をめぐらせます。
    お蕎麦屋さんはどうだろう?そばのタイプやおてもとのデザイン、メニューなども決まり、空想上の「そば おおもり庵」は開店間近だったのですが、徐々にお店の改装が終わり始め、「そば おおもり庵」(空想)は閉店を余儀なくされることに…
    空想上でお店を開くのって楽しいですよね。わたしも子供のころ、ケーキ屋、CDショップ、花屋、本屋の入ったテナントビルのオーナーになるのが夢でした。

    表紙の人形は、「スーパーマーケットマニア」の著者、森井ユカさんです。



    よりぬきピータン!! 基本編→
    おいピータン!! 12→
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL