「映画篇」 金城 一紀

2009.01.12 Monday

0
    金城一紀の名作「映画篇」。
    映画をモチーフにした物語ですが、ベースとなる映画を見ていなくても十分楽しめる作品です。でも、読み終わると映画が見たくてたまらなくなります。

    映画篇
    映画篇
    posted with amazlet at 09.01.12
    金城 一紀 集英社 売り上げランキング: 23828

    映画篇 (集英社文庫)
    映画篇 (集英社文庫)
    posted with amazlet at 10.07.14
    金城 一紀 集英社 売り上げランキング: 8852


    ●太陽がいっぱい


    在日の小説家が振り返る思い出。
    映画が好きだった少年時代。彼と龍一はいつも一緒にに映画を見に行き、夜遅くまで映画の話を語り明かした。
    現在、龍一の消息はわからない。何年か前に突然「ローマの休日を見に行かないか」と誘われたきり音信が途絶えていた。主人公は救えなかった龍一と自分自身を救うために1本の話を書きあげる。
    文章から察すると龍一はもうこの世にはいないのかもしれません。
    主人公が書くストーリーは2人で見たたくさんの映画の場面をつなげたような話で、話の中の龍一はとても明るく、幸せに満ちています。でも、それが幸せなほど、本当の運命を考えると、切ない気持になります。
    太陽がいっぱい [DVD]
    [映画]太陽がいっぱい感想→

    ●ドラゴン怒りの鉄拳


    製薬会社の事件に巻き込まれ、自殺した夫。その悲しみを引きずりながら生きる妻は、あるとき夫が借りたままにしていたビデオを返しに行く。そこで若い店員・鳴海に映画を勧められたことがきっかけで彼と話すようになり、徐々に生きる力を取り戻してゆく。
    鳴海くんが彼女にすすめる「LOVE GO GO」「フライング・ハイ」もよさげな映画なんです。ほんとうに映画が好きな人のおすすめはきっとハズレがないんだろうな。

    ドラゴン怒りの鉄拳 デジタル・リマスター版 [DVD]
    [映画]ドラゴン怒りの鉄拳 感想→
    [映画]LOVE GO GO 愛情来了 感想→

    ●恋のためらい フランキー&ジョニー もしくはトゥルー・ロマンス


    高校のクラスメイトの男女ふたりが、女子の父親である弁護士が預かる被告人の保釈金を盗み出して逃避行。お互い、こころに傷をもつ同士が惹かれあい、現状を打破するために行動する。
    若い男女の刹那的な逃避行といった展開は「フランキー&ジョニー」よりも「トゥルー・ロマンス」の方が近いかも。

    [映画]恋のためらい フランキー&ジョニー 感想→
    [映画]トゥルー・ロマンス 感想→

    ●ペイルライダー


    いじめっられっ子の勇を助けてくれたのは、大きなバイクにのるおばちゃんだった。おばちゃんにバイクに乗せてもらい、風を切りながら走る。実はおばちゃんには「ある目的」ためにこの町にやってきたのだった…
    クリント・イーストウッド主演の西部劇をモチーフに、おばちゃんアウトローと少年の交流。意外性のあるヒーロー像にびっくりしました。

    ペイルライダー [DVD]
    [映画]ペイルライダー感想→

    ●愛の泉


    おじいちゃんを亡くしてから元気のないおばあちゃんを元気づけようと、孫たちはおばあちゃんがおじいちゃんと初めて見た映画(と思われる)「ローマの休日」の上映会を開こうと計画する。
    登場人物たちがみんなやさしくてあったかい。
    私は正直、死がそっとよりそう悲しいイメージの「対話篇」を書いた人物が、こんなホームドラマを書けるとは思いもよりませんでした。
    愛の泉 [DVD]
    [映画]愛の泉 感想→

    伏線として、各話の登場人物たちが「ローマの休日」の上映会を見に来ることでリンクしてるんですね。製薬会社の事件の犯人とかも全体に話のキーになってます。
    その他にもちょこっと登場するブルテリアとか、映画好きの友人とか、「対話篇」の登場人物とか、いろいろな伏線が張られているんですね。探せばもっとあるんだろうな。こうして人物や出来事が交錯する作品て大好きなんですよ。(^^)

    「今後の目標は、映画篇に書かれた映画をできるだけ見ること」と以前書きましたが、タイトルとなった映画はすべて制覇しました。面白かった映画、自分に合わなかった映画、いろいろありましたが、楽しい宿題でした。
    ただ、物語に出てきた映画はこれだけではありません。今後は作中にでてきた映画を制覇していきたいな。

    ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 [DVD]
    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2006-05-10)売り上げランキング: 2521


    ●ザ・ゾンビーズシリーズ
    ザ・ゾンビーズ最初の冒険譚
    レヴォリューション No.0→

    ここからゾンビーズの冒険がはじまります。
    レヴォリューション No.3→

    舜臣と中年サラリーマンの奇妙な師弟関係。
    フライ,ダディ,フライ→ゾンビーズと一緒に冒険する女の子が主人公の物語。
    SPEED→

    ●その他の金城作品
    GO→
    対話篇→

    JUGEMテーマ:オススメの本


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    日月さん☆おはようございます
    わたしも観たいなぁと思う映画がたくさんあって困っちゃいます。(^^ゞ
    それにしても、あのビデオ屋のお兄さんはいい人でしたねぇ。
    次はゾンビーズですね!
    • by Roko
    • 2009/01/12 10:05 AM
    こんにちは。TBさせていただきました。
    この作品では100作近くの映画が登場したらしいですが、私は2作くらいしか見た作品がありませんでした^^;
    十分楽しめましたが、映画のほうも観てみたいなぁと思います。
    • by 苗坊
    • 2009/01/12 10:29 AM
    Rokoさん
    とりあえず今年の目標は作中の映画をできるだけみることです。
    ゾンビーズでも登場人物や事柄がリンクしてたりするのでしょうか?楽しみです(^^)

    • by 日月
    • 2009/01/13 6:34 PM
    苗坊さん
    私も「ローマの休日」と「ドラゴン怒りの鉄拳」くらいです。
    一番見たいのはビデオ屋のおにいさんが勧めていたコメディ映画で、本当に80分くらい笑えるのかチャレンジしてみたいです。
    • by 日月
    • 2009/01/13 6:36 PM
    手に汗握る物語、せつなくなる物語、ほっこり温かい物語、名作を堪能できましたね。
    ビデオ屋のおにいさんが勧めていたコメディ映画、気になりますね。
    • by ia.
    • 2009/01/16 12:32 AM
    金城さんの映画への愛情が投影されていましたね。
    最後に『ローマの休日』でまとまるのがとっても素敵でした。
    • by 藍色
    • 2009/01/16 2:45 AM
    ia.さん
    どの作品もいろんな切り口で楽しかったですね。金城作品の幅広さにびっくりしました。

    ビデオ屋のおにいさんのすすめた映画も面白そうです。こちらの映画もこれから見ていこうと思ってます。
    • by 日月
    • 2009/01/17 2:54 PM
    藍色さん
    すべての作品が「ローマの休日」につながっていて、登場人物がすこしずつリンクしているのがよかったです。
    ほんとうはもっとたくさんの伏線がありそうですが、もう一度じっくり読んで探してみようと思います。
    • by 日月
    • 2009/01/17 3:13 PM
    日月さん、
    「映画篇」よかったです〜。
    今までに観た映画のことを思い出したりしながら読んでました。
    最後の「ローマの休日」の上映会での大団円、びっくりでした。伏線だったのですね。

    思わず、TUTAYAで「フライング・ハイ」を借りてきてしまいました(笑)
    日月さん、おはようございます♪
    この本すっごく良かったですよね〜私はあまり映画を見ない人なのですが、金城さんの映画への愛がすごく伝わってきました。

    最後の「愛の泉」でこのように全てがつながってくるとは思っていなかったので、びっくりするやら嬉しいやら、温かい気持ちになって涙うるうるになってしまいました。(笑)
    牛くんの母さん
    「映画篇」すてきでしたね。こういう伏線のきいた作品大好きなんです。
    近所のツタヤには「ペイルライダー」しかありませんでしたが、今度借りてきます。街を牛耳る悪党を倒す話らしいです。
    • by 日月
    • 2009/01/20 7:15 PM
    板栗香さん
    >金城さんの映画への愛
    確かにそうですよね。
    「SP」の特集記事で主演の岡田君に「この映画のこのシーンをイメージしてアクションを」といった注文をつけていたらしいです。
    それに応える岡田君もすごい役者さんです。

    • by 日好き
    • 2009/01/20 7:17 PM
    金城さんの作品は大好きで何回も呼んでいます。映画偏の「愛の泉」でSPEEDとリンクしてますよo(^▽^)o
    • by うい
    • 2009/01/30 10:58 PM
    ういさん
    コメントありがとうございます。
    SPEEDはこのあと読みたいなと思っていたので楽しみが増えました♪
    • by 日月
    • 2009/01/31 1:36 AM
    こんばんは。コメントありがとうございました。
    著者の映画好きぶりが判る作品でした。
    現在公開中の『SP』の脚本も担当するほどとは存知ませんでしたが...
    • by Hiro
    • 2010/11/02 9:42 PM
    Hiroさん
    こちらこそありがとうございます(*´∀`)ノ
    金城さんは他にも自作の映画脚本を手がけています。ブログ「映画日記」もかなり辛辣な映画評で面白いですよ。
    • by 日月
    • 2010/11/03 5:46 PM
    コメントする
    トラックバック
    扉画は鴨居まさね。装丁は岩瀬聡。書き下ろし短編集。 太陽がいっぱい:作家になった僕と永花の再会。甦る龍一との映画の日々。…再生。 ...
    • 粋な提案
    • 2009/01/16 2:46 AM
    「対話篇」に続いて、「映画篇」も読みました。 こちらのほうが、いいですね〜。 5つの連作短編が、最後の「愛の泉」で見事にリンクして、...
    • 心に残る本
    • 2009/01/19 10:51 PM
    金城さんの本を読むのは直木賞受賞作の『GO』以来久しぶり。ゾンビーズシリーズ?がえらく評判がいいのは聞いているんだけど、文庫落ちしてから読もうかなぁとのんびりしてたら数年経っちゃいました。(汗)最近では、ドラマ「SP」の脚本を書かれていましたよね。
    • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
    • 2009/01/20 8:25 AM
    映画篇著者:金城 一紀販売元:集英社発売日:2007-07おすすめ度:クチコミを見る 「映画篇」という名の長編映画。 内容(「BOOK」データベースより) 友情、正義、ロマンス、復讐、そして、笑いと感動―。五つの物語の力が、あなたを救う。今すぐ映画が見たくなる。今
    • 時折書房
    • 2010/02/02 6:25 AM
    金城一紀著 「SPEED」を読む。 このフレーズにシビれた。  わけの分からない力に対抗するためには、そうするしかないんだよ、きっと。そのためなら、ひどい目に遭ったってかまわないよ。壊れた世界の中でなんにもしないでぼんやりしてるぐらいならね。 [巷の評判] ミ
    • ご本といえばblog
    • 2010/10/09 7:49 AM
    映画篇 (表紙は内表紙) 【単行本】 不朽の名作をモチーフに、映画がきっかけで 出会った人々の友情や愛を描く5篇。 『太陽がいっぱい』『ドラゴン怒りの鉄拳』 『恋のためらい/フランキーとジョニー  もしくは トゥルー・ロマンス』 『ペイルライダー』『
    • 『映画な日々』 cinema-days
    • 2010/11/02 9:39 PM
    映画篇 (集英社文庫)/金城 一紀 ¥750 Amazon.co.jp 「GO」の金城一紀さん、こちらもとっても評判がいいのでずっと気になっていました。 先日妹が漫画化されたものを購入したきて一巻だけ読んだら・・やっぱりいいじゃないですか!これは原作でしょうー!
    • 日々のつぶやき
    • 2011/06/28 11:13 AM
    この記事のトラックバックURL