[映画] 初恋のきた道

2009.01.18 Sunday

0
    チャン・ツイィーのデビュー作。「初恋のきた道
    昔、ウッチャンが絶賛していた映画です。

    教師をしている父が急死した知らせをうけ、郷里に戻る息子。残された母は伝統に従って、病院から棺を家まで担いで運ぶといってきかない。
    深い愛情で結ばれた父と母。その出会いは…

    1950年代。中国のある農村に若い教師がやってくる。
    教師に一目ぼれした少女はその日から彼の関心を惹こうと、
    お気に入りの服を着て彼の前をわざと通ったり、
    彼のために料理をつくったり。
    服を褒められたらずっとその服をきているし、彼と目が合うとうれしくて「欽ちゃん走り」をしてしまう。

    普通の物語であれば初恋は実らず、別の男と結婚して苦労するか、女郎屋に売り飛ばされるか、そんな悲しい結末になりそうなんですが、彼女はそんなヤワな女性ではありません。
    初恋を実らせるために、考えつく限りのあらゆる行動を起こします。それがまた、少女らしくてかわいらしいのです。

    村のみんなで学校を作るとき、昼ごはんづくりは女性の役目。
    彼女は一生懸命、彼に自分の作った料理が当たるように祈ります。
    その後も彼女は縁談をすべて断って、彼のことだけを思い続けますが、彼は文化大革命の影響から村を去ることに。
    でも彼女はここでも行動を起こし、極寒の道で彼を待ち続けます。
    その後倒れて熱を出してしまうのですが、彼は無事、村へ帰ってくるのです。

    チャン・ツィイーが演じたからかわいいのですが、冷静に考えると周りに迷惑かけまくりです。この人。(・_・;)
    熱出した時も村の人が心配して運んでくれたし、周囲の反対を振り切って無理やり夫の亡骸を運ぼうとするし。
    でも、それもこれも彼を愛するがゆえのことなんですよね。そんなけなげでかわいいところが、彼を含め周りの人々の心をうったのかもしれません。

    初恋のきた道 [DVD]
    初恋のきた道 [DVD]
    posted with amazlet at 09.01.18
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-05-30)売り上げランキング: 11757


    この本には映画にでてきたきのこ餃子やおやきなどのレシピが映画のエッセイとともに紹介されています。
    レシピ ド シネマ 幸せを運ぶ29のおいしい映画
    レシピ ド シネマ 幸せを運ぶ29のおいしい映画
    コメント
    日月さん、こんにちは〜!
    これ、奇遇にも2日前、両親が「なんか見るもん無い?」と言って来て、貸してあげたんですよ(好評でほっとした)
    とってもお気に入りで手元に持っている映画の一つなんです!
    この時のチャン・ツィイーはホントに可愛かった〜。今はなんか高飛車度が目立ちますが・・。「山の郵便配達」って映画と、コレと2つが、この位の時代に見た、もっとも好きな中国映画だったりします☆

    で、下の万城目学さんの本。私も凡ちゃんのキャラが好きでした。今度映画であの人・・名前が出て来ない・・「キルビル」でGOGO夕張役だった子・・が演じると聞いて、そりゃ〜違うでしょ、って思ったりもしましたが。もっと小柄な女の子ってイメージだったので。

    PS ヘタリア、まだ順番待ちが回って来ないんですが、日月さんもご存じかと思いますが、最近ニュースで知ったことには、ケーブルTVで放映される予定だったヘタリアのアニメが、韓国人の一部の方々が放映停止の動きをしたので、中止になってしまったとか・・。
    • by latifa
    • 2009/01/19 9:02 AM
    latifaさん

    中国映画はイメージ的に悲劇が多い気がするんですが、「初恋のきた道」は最後まで意思を貫いて結婚しちゃいますね。
    ちなみに「欽ちゃん走り」の命名はウッチャンがテレビで言っていたのを拝借しました。

    ふみちゃんいいですよね。私ももっとぽっちゃりなイメージがありました。
    オニたちも可愛くなりそうなので映画は原作と別物として考えた方がよさそうです。

    ヘタリアニュース、みました。
    どのみちキッズステーションでは見れなかったんですが(・_・;)
    真面目に考えず、ギャグとして多めに見てほしかったですね。
    • by 日月
    • 2009/01/19 10:12 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL