海野つなみ作品集 「tsunamix」(ツナミックス)

2009.02.12 Thursday

0
    海野つなみさんは独特な感性をもつ稀有な漫画家さんです。

    関西出身のギャクセンス、思いもよらない視点から描かれる恋愛の切なさ、甘さは独特な世界をつくりだしています。

    そんな海野つなみワールド作品を集めた「tsunamix」(ツナミックス)。まだ「なかよし」で描いていたころの少女漫画ぽい画風から、最近のものまで、読みきり作品を集めた集大成。SF、ホラー、ファンタジー、ホームコメディなど、海野つなみの福袋的コミックスです。




    なかでも私がお気に入りはこちら↓

    ●世界の終りに君を思う(tsunamix)


    中学の同級生が集団自殺をするというショッキングな内容からはじまり、そこから時間軸がもどり、彼らがどうして追い詰められていったのかが描かれています。仲の良い浅野先生が転任になると聞き、その原因となった教師を面白半分で「チキ様」という呪いを行う生徒たち。

    やがて呪いは吉良教師を襲うが、やがて浅野先生が亡くなり、呪いが自分たちに跳ね返っていると思い込んだ生徒たちは…

    海野つなみ先生には珍しいホラーチックな作品です。思いが交錯して行き違いや思い込みでどんどん事態が悪い方向へいってしまう。その恐ろしさと純粋な生徒たちの思いが切ない。


    ●リフォームとうさん(tsunamix)
    母を亡くし、久しぶりに実家を訪れた圭太が見たものは、ハワイ風にリフォームされた部屋だった。どうやら親父はリフォームに生きがいを見つけたらしい。

    ところが家だけでは飽き足らず、今度は圭太のアパートまでリフォームが始まる。はじめは嫌々ながらだったリフォームも、いらないものを整理し、組み立てなおすことでどんどん生活が楽しくなっていく。

    新しい部屋にわくわくする感じがつたわってきます。


    ●2番目に好きなひと(tsunamix2)
    「付き合ってくれ」と告白してくれた鷲塚くん。彼は梢にとって、「2番目に好きなひと」だった。
    1番目の彼・高瀬くんはあこがれるだけの存在で声も聞いたことがない。でも、鷲塚くんのことも結構いいと思っていた。

    思い悩んだ末、今の気持ちを素直に伝えてしまう梢。それでもがんばると言ってくれた鷲塚。しだいに鷲塚に魅かれていき、うまくいくかと思いきや、今度は鷲塚君が2番目の状態に我慢できなくなり、喧嘩をしてしまう。

    「だまってつきあっちゃえばいいのに」とも思うんですが、素直すぎる梢と、お茶らけながらも真剣な鷲塚くんの関係に読んでるこっちもやきもきしてしまいます。

    梢ちゃんが鷲塚君を好きな理由のひとつが「ちょっとしたボケにもちゃんとツッコんでくれること」という、きわめて関西的な理由が面白かった。( ̄▽ ̄)




    ●その他の海野つなみ作品
    デイジー・ラック1〜2
    回転銀河1〜4→
    回転銀河5
    回転銀河6
    後宮1
    海野つなみ作品集 「tsunamix」→
    「キスの事情」→
    「彼はカリスマ」→
    「くまえもん」→
    「豚飼い王子と100回のキス」→
    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こんばんは。先日はコメントとトラックバックありがとうございました。
    ごあいさつが遅くなってしまってすみません!

    「世界の終りに〜」と「リフォーム父さん」、私も特に大好きな作品です。
    読後感もテイストも全く違うこの二編を、同じ方が描かれたというのもスゴイですよね…。
    「tsunamix2」のほうはまだ読めていないので、近いうちに読もうと思います! 楽しみです☆

    それでは!

    三森紘子さま
    ありがとうございます。
    ファンタジーぽいものから、恋愛まで実に多彩で、視点が「現実」に近く、それでいて物語性もあるという、あの海野ワールドが大好きです。
    「tsunamix2」もぜひ。( ̄▽ ̄)
    また感想をお聞かせください。
    • by 日月
    • 2009/02/24 2:24 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL