2009.03.15 Sunday

『人類は宇宙を目指した!』北野武×NASA50年

こどものころは宇宙飛行士になりたかったせいか、今でも宇宙関係の番組は欠かさず見ています。『人類は宇宙を目指した!』北野武×NASA50年は貴重映像や宇宙飛行士・毛利さん、JAXAのスタッフを呼んで大規模な番組になっていました。
NASA初期の映像、現在のNASAの様子、宇宙飛行士の一日、コロンビア事故、アポロ月着陸、アポロ13、かぐや、これからの宇宙開発まで、たくさんの映像で紹介されていました。

人類が月に行く最初のプロジェクトでは最初は試行錯誤の連続だったんですね。遊園地の乗り物のような機械でG実験をされたり、チンパンジーを乗っけてみたり。。
マーキュリー計画で最初に宇宙に出たアメリカ人、アラン・シェパードが失敗にビビるスタッフに「キャンドルに火をつけろ」と言い放つのを見て思ったんですが、アメリカ人てどんな時でもうまいセリフ言う人たちなんですねえ(^^;)

なかでも語り継がれる伝説の「アポロ13」。
実際の映像を見るのはこれが初めてだったのですが、これをみると映画のアポロ13は極めて実話に近くつくられているのがわかります。主任管制官ジーン・クランツの白いベストまで映画で再現されていたのにはびっくり。

宇宙の世紀/アポロ・月への旅 [DVD]
宇宙の世紀/アポロ・月への旅 [DVD]

アポロ13 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾) [DVD]
アポロ13 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾) [DVD]


ウェイクアップコール 〜宇宙飛行士が見つめた地球〜
映画 アポロ13 感想

ところでこんな説もあるのですが…(・_・;)
アポロ11号-月面着陸に隠された真実

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/813466

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM